コロナ ウイルス 居酒屋。 来週末に幼稚園のクラスの謝恩会(居酒屋)があります。

居酒屋が新業態で勝負 ワタミは焼き肉、塚田農場は定食 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ ウイルス 居酒屋

お酒を飲みながらチアリーダー姿の店員のダンスなどパフォーマンスを楽しめる居酒屋「チアーズワン銀座店」(東京・中央)。 店では新型コロナウイルスの感染対策としてスタッフ全員がフェースシールドを着けて接客し、希望すれば客にも貸し出す。 間隔を十分確保するため、通常の半数しか客を入れられないが、午後7時の時点で満席となった。 友人と訪れた男性会社員(37 は「チアのパフォーマンスに加え、新型コロナ対策もきちんとしていると噂に聞いていたので、以前から一度訪れたいと思っていた」と話した。 女性客の姿も目立ち、同店を初めて訪れたカップルの20代の女性は「緊急事態宣言中はずっと家で自炊をしていたので飽き飽きしていた」と笑顔を浮かべた。 オーナーの船原新さん 52 は「感染状況がいつ悪化するかは誰にもわからない。 お客様に安心して楽しんでもらうためには一切妥協しない」と強調する。 彼女にとって4回目の無観客ライブ配信だ。 オンラインの観客はインターネットの「投げ銭」サイトでアーティストに課金する。 「カメラの向こうに、いつもより大勢のお客さんがいることもある。 新しい方法で表現することにも慣れていきたい」と前向きだ。 西村康稔経済財政・再生相は感染防止策がとれれば6月中下旬にライブハウスの休業要請を解除すると表明したが、具体的な見通しはたっていない。 高円寺ウーハ店長の瀧川誠さん(57)は4月上旬から機材をそろえ、いち早くライブのオンライン配信を始めた。 「ライブハウスも新たな営業スタイルを模索せざるを得ないが、お客さんと出演者の安全を最優先にしたい。 長期戦を覚悟している」と厳しい表情で話した。 それでも小雨のせいもあってか、この日の新橋の繁華街は客の姿がまばらだった。 都内に住む男性会社員 53 は「今日はまだ飲みにはいかない。 今まで散々自粛と言われていて、解除されたといってもまだ実感が湧かない」と苦笑い。 一方、この日を心待ちにしていた都内の男性会社員 36 は居酒屋で友人との食事を楽しみ、「営業時間が午後10時まででもまだ短い。 おいしいお店でお酒を夜遅くまで飲むのが楽しみだから早く自粛を全面解除してほしい」と笑いながら話した。 女性ネイリスト 22 は「最初は距離感を保つのが難しかったが慣れてきた。 客も自分も、お互いに安全でいい」と話す。 都内で5店舗経営しているミリオンオークス 東京都渋谷区 の播磨明子社長は「新型コロナは施術時の衛生対策を見直すきっかけにもなった」といい、客とネイリストの間には飛沫を防止する透明板を設置するなどした。 播磨社長は「当面は対策を続ける。 当たり前のことにしていきたい」と話した。 経営するトレーナーの内藤隆さん(42)は「会員からの要望もあり、これ以上、休業を続けられない」と話す。 約2カ月に及ぶ休業中はエクササイズの動画配信などで顧客対応してきたが、売り上げは6分の1ほどに落ち込んだ。 都の休業要請の解除を見据え、「これからは免疫力を高めるためにも、ジムでの運動を取り入れたいと考える人が増えるはず」と考えている。 青梅市の無職男性(69)は「ようやく投げられて嬉しい。 ずっと自粛していたから良いストレス発散になった」と笑顔を見せた。 ボウリング場の部長、吉野正博さん(71)は「まずは検温をお願いします。 体調はどうですか?」と客一人ひとりに声がけする。 入り口と各レーンに消毒スプレーを設置したほか、使用レーンや椅子を制限するなど感染拡大防止に努める。 客足は休業前の2割減にとどまり、吉野さんは「高齢の常連客が多く、外出を怖がる方はまだ戻ってこない。 今日は再開で賑わっていても明日からは少なくなるだろう」とみている。 同店では紙のメニュー表を一時廃止し、客は卓上に置かれた紙に記載されたQRコードをスマートフォンで読み取ってからオーダーを店員に伝える。 会社の同期と来店したアパレル会社勤務の女性会社員 26 は「客同士で同じものを触れることで感染する可能性を考えると、理にかなっている」とし、「ここ最近はずっと家と職場の往復で、3ヶ月ぶりくらいの外食。 ずっと楽しみにしていた」と話しながらワインを飲んだ。 同店は料理やワインをドライブスルーで持ち帰りできるサービスも始めた。 運営会社のサニーテーブル 同区 の山田志樹社長は「工夫して安全を保ちながら営業していきたい」と話した。 東京都文京区の会社員宅では、小学6年の男子児童(11)がビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使った塾のオンライン授業に臨んだ。 授業開始の5分前、母親に促され慣れた手つきで勉強机の上のノートパソコンを操作し、ヘッドセットを装着した。 だが、接続できないトラブルが発生。 「お母さん、つながらないよ!」。 母子で慌ててパソコンの設定をチェックし、ようやく授業に参加できたが、数分遅刻してしまった。 宣言の解除を受け、6月から学校と塾通いが再開する。 男児は「オンライン授業は便利だけど、やっぱり友達と会えるのが楽しみ」と話した。 それぞれ一定の距離を保ちながら、お昼を過ごす。 「宣言解除で店は混み始めるだろうから、ランチ休憩は公園がちょうどいい」。 事務職の男性(56)はコンビニの弁当とテークアウトのコーヒーを持って公園のベンチに腰を下ろした。 新型コロナウイルスの感染が拡大する前は行きつけの飲食店で毎日のように昼食をとっていたが、営業自粛による経営悪化で閉店したという。 「今度は美味しいテークアウトの店でも見つけようと思う」と寂しげだった。 緊急事態宣言中も生徒や保護者の求めに応じて4月下旬から教室を開けてきた。 同グループは約2畳のスペースでの講師と生徒の個別指導が特徴。 2人の間は1メートル四方のビニールカーテンで仕切られ、講師は顔をフェースシールドとマスクで覆う。 練馬区の私立高3年の男子生徒 18 はこの日、数学の確率の授業を受講。 「教室が開いているので勉強の心配はないが、特に夜の電車の人出が増えてきたので健康面が心配」と話していた。 引き続き感染拡大の防止に努めたい」と話していた。 場所は副学長室。 ホワイトボードを示しながら、カメラに向かって話しかけるオンライン授業だ。 学生たちは自宅などで、薬剤師の国家試験対策として生物の問題演習を行った。 「オンライン授業はトラブルの連続。 教員の工夫の見せどころで、楽しんでやらないと」と都築副学長。 映像・音声の乱れのほか、資料を共有する上でのトラブルは日常茶飯事だが、カメラを複数台用意するなどの対策をとっている。 カメラの向こうで「学生が聞いていないのではないか」との懸念もあるが、出欠をとる手間が省けたり、学生からオンラインで質問を受けたりと「一長一短ですね」と話す。 通常の講義に戻った場合は「自宅での授業に慣れた学生たちは苦労するでしょうね」と笑った。 平日ということもあってこの日は買い物客らの姿はまばらだったが、「とげぬき地蔵」で親しまれる高岩寺には次々に参拝客が足を運んだ。 東京都台東区で商店を営む男性(80)は「父の命日は昨日だったが、緊急事態宣言の解除に合わせて今日お参りに来た。 これで店の営業も安心して再開できる」と笑顔。 1歳の娘を連れて散歩に来た近所の30代女性は「解除され、どんな様子か見に来た。 子どもが小さいので行ける場所は限られるが、お参りができてよかった」話した。 職員はマスクやフェースシールド、ガウンを着用。 エントランスには発熱をチェックするAIサーモカメラを設置し、来館後に発熱した場合に備え連絡先の記入もお願いする念の入れようだ。 長谷川邦男館長 66 は「『いつ開館するか』と多数問い合わせを頂いていた。 お客さんあっての博物館なので、再開館できてうれしい」と話す。 年に10回ほど来るという成田市在住の浦橋一さん 52 は「待ちに待っていた。 飛行機が飛ぶのを高台から見ることができるし、館内で写真を撮るのも好き。 戻ってこられてうれしい」と話す。 東京都渋谷区のセンター街のビル前では、入居する中華料理店とイタリア料理店が6月1日から店内での営業再開を告知する掲示板を置いた。 都は緩和指針の「ステップ1」で飲食店については午後10時までの営業を認めているが、両店を経営する会社の統括部長、太田康信さんは「当面は客が戻らなさそう。 まずはランチ営業を午後8時までのばし、夜の営業は様子をみながら徐々に戻していく」と手探り状態だ。 営業自粛は約2カ月に及び、アルバイトには休んでもらっている。 25日から店頭で弁当販売を始めるも「売り上げは微々たるもの」といい、「宣伝効果があればいいが」と話していた。 22日から希望者に無料で予約資料を郵送するサービスを開始したところ、数日間で500冊近い申し込みがあった。 この日も予約済み資料が詰まったカートがずらりと並び、スタッフが黙々と本の箱詰め作業をしていた。 6月1日からはネットで予約した本の窓口での受け渡しも始める。 全面的な開館は7月になる予定で、谷沢真一郎館長(53)は「開館を待ちわびている人には申し訳ないが、感染症対策を取りながら段階的に開館していくつもりだ」と話す。 立ち入りを禁止するためのネットの仕切りや、遊具を覆ったブルーシートを取り外していくと、児童らが早速ブランコをこいだ。 祖母(70)とともにジョギングをしていた同区の小学2年、藤田悠佑君(7)は「運動は走ってばかりだったので、早く鉄棒で遊びたい」とうずうずした様子。 祖母も「公園に子供たちの姿が戻ればうれしい」と顔をほころばせた。 管理所の担当者は「利用後の手洗いうがいなど、感染症予防の注意は忘れずに」と呼びかけていた。 宣言が解除されてからも勤務先はリモートワークを推奨しているといい、「職場まで電車で1時間半もかけて向かう必要がないのは感染リスクを避けられるし、仕事に割ける時間が増えるのでとても助かる」と喜ぶ。 自宅には同じく在宅勤務中の夫がおり、保育園の登園自粛が続く3歳と1歳の子どもたちの面倒を交代制でみている。 「自宅では仕事がはかどらないが、シェアオフィスがあることで生産性が上がっている。 会社が多様な働き方を認めてくれるようになり、働き方改革がより進んでいるように感じる」と語った。 宣言解除を受けて、仕事に復帰する家庭が増えてきたという。 板橋区に住む介護士の女性(30)は、宣言発令以降祖父の家に2歳と3歳の男児を預けていたが、5月に入ったころから週2、3回ほど登園させている。 仕事を休むこともできず、祖父も疲れてしまったためで、「子どもたちは元気いっぱいなので、公園でも遊具にテープが貼られるなど満足に遊べず窮屈そうだ。 保育園に通って友達と会えることをうれしがっている」と話していた。

次の

居酒屋 ひょうたん メニュー:コロナウイルス対策

コロナ ウイルス 居酒屋

全面禁煙となり灰皿を片付ける居酒屋の店主=1日未明、東京都新宿区 飲食店などに原則禁煙を義務付ける改正健康増進法が1日、全面施行された。 東京都新宿区歌舞伎町の飲食店では、同日午前0時とともに店内から灰皿が下げられる光景が見られた。 歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」で16年続く居酒屋「ばるぼら屋」。 店舗面積は100平方メートル以下で、同法では例外的に喫煙が認められるが、より厳しい都条例が適用され、全面禁煙となる。 店の壁は、やにと油で茶色く染まり、17ある席はどこに座っても灰皿に手が届く。 「吸えなくなったら二度と来ない」と常連客に告げられたという店主笠井正美さん(65)は「影響は不安だが、煙を嫌って入店しない人もいる。 実は禁煙にしたかったので、いい機会になった」と打ち明けた。 「禁煙店になった」。 午前0時を回ると、笠井さんは複雑な表情を浮かべながら、「従業員のためにも」と店の扉に禁煙のステッカーを貼り、13個あった灰皿を片付けた。 今後、一服したい人には店を出て敷地内で吸ってもらうという。 一方、「4月より全席禁煙」の貼り紙がある串焼き店では、日付が変わった後も都内の男性会社員(30)がたばこをふかしていた。 「居酒屋で吸えるのが最後と思うと感慨深い」と漏らし、「路上でも吸えない。 増税して1箱1000円払ってでも吸いたい」とやけ気味に話した。 男性従業員(25)は「新型コロナウイルスの影響で、ただでさえ客が減っているのに追い打ちだ」とうなだれた。

次の

【新型コロナウイルス】居酒屋は大打撃もビール系飲料の販売好調 家飲みが増加か|ニフティニュース

コロナ ウイルス 居酒屋

ウイルスの感染対策には水を飲むのが有効?! ここ数週間、中国の武漢で発生した新型の肺炎「 コロナウィルス」の世界中への蔓延が話題になっています。 東京などの都市圏、さらに 世界有数の観光地である京都では、この「 コロナウィルス」に感染する可能性が高いと判断して、 飲食店巡りを控え気味にしてきました。 もちろん、京都の飲食店事業者にとっても、この「 コロナウィルス」は注意すべきものです。 そんな中、いつもよく行くさんが気になるTweetをしていました。 お医者さんが風邪を患者さんから貰わないためにこれをしていると聞きました。 実際、友人の医師もそれは正しいと言っておりました。 今回のコロナウィルスに対してこれが有効なのかは不明ですが、こまめに水分を撮るようになってから風邪をひかなくなりました。 オススメです。 私も大量に水分を飲むのですが、ここ20年で風邪をひいたのは2回程度とかなり少ないので、これはそうなのだろうなと思いました。 コロナウイルスに怯える皆様へ。 マスクのできないホテル勤務の母から聞いた話ですが、30分おきの手洗いのついでに『何か飲む』といいらしいです。 ゆすぐだけでは喉の奥に入った菌が取れないので、そのまま飲んでください。 胃酸で菌が死ぬそうです。 世界各国から宿泊客がやってくるホテルにとっても感染病というのは対策すべきものだからです。 それによると 「うがいではなく水を飲む」のが良いそうです。 ウイルスは胃酸にやられるためという理由が記載されていました。 コロナウィルスによる京都の飲食店事情 京の台所「錦市場」は中国人観光客で賑わっています 先日、祇園の飲食店さんに立ち寄った時のことです。 日本語を話す私に安堵の表情を見せていた店主さんに、ピンときて「 中国・武漢で発生したコロナウィルス」の話をしてみました。 すると店主さんは「 中国からのお客様はなるべくお断りしたいです」と話してくれました。 これは 本音でしょう。 実際にはお断りするのは営業的にも難しいので、公然と断わっているわけではないとも話してくれました。 ただ、ちょっと前に中国からの団体客はお断りしたそうです。 私のように街中を歩いているだけであれば、中国人の方に近づく機会はよほどの混雑地域でもなければ少ないです。 しかし、 ホテルの従業員、 タクシーのドライバー、 飲食店の店員さんはそういうわけにもいきません。 特に飲食店は感染経路の一端になる可能性もあります。 完全に感染を防ぐのはとても難しいことだとは思いますが・・・・ こまめな手洗い、そして水分を摂るという方法をこういった職業の方々にも実践してもらえれば拡散を防ぐことになるのではないでしょうか。

次の