プラス トークン 最新 情報。 【徹底検証!】2019年最新情報!Plus Token(プラストークン)は危険?詐欺の可能性大・ポンジスキームか!?

200億円近くの仮想通貨イーサ、”史上最大の出資金詐欺”プラストークン関連アドレスから移動 執筆: Cointelegraph

プラス トークン 最新 情報

2020. 残念ながら2019年5月頃に出金できなくなり、やがてアプリも動作しなくなり、飛んだとされた。 ユーザーが入金した仮想通貨をアービトラージやトレードで運用し、日利0. 3%、月利で約10%の配当がつく。 今考えれば、 高配当、高紹介報酬、仮想通貨、アービトラージと、まさにHYIP案件のキーワードが全部入った案件だった。 しかし、配当型ウォレットアプリの先駆けだったので、知識がないオヤジは疑うことなく2018年9月から始めて最大170万円ぐらい入れて、毎月15〜20万ぐらい数ヶ月配当を得ていた。 ただ、もうひとつ運用していたアービトラージ案件が2019年1月に飛んで大きな損失を出したことで、プラストークンからも約30万円分(小遣い程度は欲しいので)を残して出金した。 結果的にはこれで大やけどしなくて済んだし、収支は何十万円もプラスになった。 プラストークンはユーザーが多かったこともあり、アクセスできなくなってから、何回も復活の噂が広がった。 それがけっこう真実味があって、本当に復活するかもしれないと何度か思ったが、結局復活することはなかった。 年末ぐらいからは、そんな噂が出ることはなくなり、オヤジももう忘れかけていた。 ネットワークやサーバーの状況なども細かく調べた状況が提供されていたり、何と言ってもウォレットアプリのベータ版が実際に提供されたことから、これまでの復活話より信憑性が高いのだ。 ただ、気になる点もある。 オプチャでの内容をまとめると、次のようになる。 アプリには、2. 0になかったゲームが多数収納されている。 全ユーザーの再発行と同期は準備でき次第、順番に行う。 全ユーザーに同期が拡大する際にも入金が必要かは今はわからない。 現時点では、元資金がアプリに反映された例はない。 プラストークンの公式サイトは、以前も今回もないので、公式発表はまだない。 ウォレット3. 0でアリペイの支払い試験が完了したというニュースもある。 オプチャにはすでに登録した人が、アプリ画面を載せてくれているので、引用させてもらう。 その人はすでに入金して画面にその分は反映してあるが、まだ当時のデータとの同期はされていない。 つまり、 プラストークン復活を装った詐欺という可能性も残っているのだ。 元資金を反映させるために入金が必要というのはいかにも怪しい。 さらに、大事な秘密鍵も伝えてしまうので、ここで入金分だけでなくアカウント情報と秘密鍵まで盗られてしまったら、仮に今後本当にプラストークンが復活したときに、すべて抜き取られることもありうる。 まあ、今回が偽物だったら、もう本物の復活はないだろうけど。 プラストークンにまだ資金が残っている人もいると思うので、 このブログでも新情報が入り次第お知らせしていく。 ただ、もし本物だとして、オヤジは登録できたら、すぐに全額出金するだろう。 おそらく多くの人が出金すると思うが、資金は大丈夫なのか。 今日も読んでくれて、ありがとう!.

次の

最新情報

プラス トークン 最新 情報

プラストークン PlusToken は詐欺案件!? ここまでプラストークンに関して簡単にご紹介いたしましたが、実際のところはどうなのでしょうか?実際、SNSやネットでは「詐欺じゃないか?」「参加しないほうがいい」などの声が多数上がっています。 では、なぜそのような事態になっているのでしょうか?その理由をご紹介いたします。 1、複数ドメインを使いまわしている アプリのダウンロードページがオフィシャルHPと別のドメインとページを用意していますが、その形式は 詐欺などを行う企業に多いパターンだと言われています。 複数のドメインを使いまわしている事は普通の仮想通貨やウォレットのサイトでは見られない形式だと言われています。 なぜ、詐欺企業に複数ドメインが存在するのかというと、当時、悪質サイトがよく行っていたのが「ドメイン検索されても実際の評判が分かり難くする為」「直ぐにサイトを移行出来る様にする為」だったため、プラストークンも同じ詐欺なのではないか?と疑われているのです。 本来であれば公式サイト内でアプリを配布すれば良いのですが、プラストークンがそれをしていないのはなぜなのか不可解であると噂されています。 2、検索結果が日本語、中国語が多いこと オフィシャルサイトによると「韓国発」のウォレットであることが記載されていて、PR活動が中国と日本で積極的に行われています。 しかし、公式サイトでは30か国以上で展開していると謳っているので、なぜ他の言語や、英語のページほとんど表示されないのか不穏視されています。 実際、韓国版のGOOGLEで検索したところ、中国語や日本語のアフィリエイトページの様なものばかりで、主に 日本人や中国人を標的とした詐欺ではないか?と言われています。 3、マルチ商法 プラストークンの登録には紹介コードが必要となっており、マルチ商法 MLM によって展開されているのではないか?と言われています。 紹介者には被紹介者の得た利益が報酬として支払われるのですが、紹介報酬が大きく膨らんだ場合、運営がパンクしてしまう、もしくは配当を払わずに逃げてしまうのではないか?と噂されています。 高配当を謳っているMLMについてはそのほとんどがポンジスキームで自転車操業だと言われていて、プラストークンに関しても注意が必要だと言われています。 4、公式ストアからアプリダウンロードが出来ない プラストークンのアプリはiOS iPhone 版、Android版のどちらもストアに登録されていません。 公式ストア経由で無い場合は中身がセキュリティ面が安定していないのと多くの詐欺アプリはストアに登録が出来ないので、オフィシャルサイトから直接ダウンロードを促すことが多いです。 5、アフィリエイター プラストークンに関して検索すると「詐欺である」「危険」などと書いてあるサイトか「絶対安心」「稼ぐならプラストークン!」などのアフィリエイトサイトの両極単なサイトばかり表示されるため、中身や実態に関して詳しく記載したものがほとんど存在しません。 さらにアフィリエイターの中には過去に詐欺師ではないか?と噂されている人物がいたりするため、ネットではやはり怪しいのではないか?と評価されています。 6、運営者 公式サイトによると SAMSUNGとGoogle Payの下技術開発チームが開発と書かれていますが、通常の案件なら顔を出してチーム1人1人の詳細プロフィール等が書かれているところが、詳しいプロフィールが記載されていません。 このような不透明な運営に対して投資するのはとてもリスクが高いと言えるでしょう。 7、ホワイトペーパー 一般的なホワイトペーパーを見た場合は、その中身はプロジェクトやトークンに関することができるだけ詳細にかつ具体的に記載されていますが、プラストークンのホワイトペーパーの中身はしっかりと読んでも中身があまり具体的でなく、詳細に書かれていない印象があります。 さらに、ホームページで閲覧やダウンロードなどができないため、かなり信頼度が低い案件であると評されています。 zhihu. 詳しく調査した人の結果が掲載されています。 ほぼ全ての仮想通貨やウォレットでは創業チームのプロフィール、運営企業情報などがあるけど、プラストークンにはそれらが無いな。 プラストークンウォレットは、分散型ウォレットの業界標準を満たしていないし、検索しても英語ページは無く中国語ページだけ。 など、中国でも詐欺案件だろうと評価されています。 「プラストークンのアフィリエイターがこぞって出金できたと記事にしてるが、ポンジスキームは正常にお金が回っている様に見せて急に出金できなくなると言う手口だからかなり注意が必要である」とネットでは言われています。 詐欺の根拠 1、取引所の認可 プラストークンは各国で取引所として認可が下りているとアナウンスし、証明書も同時に公開しています。 しかし、実際は証明書をよく見ると 取引所の認可が下りたなどとは一切記載されていないことが判明したと言われています。 そして、書面には「プラストークン」ではなく「プラスコイン財団」として記載されているため証明書に記載されている運営会社は会社名が違う企業なのでは?と言われています。 つまり、 取引所の認可が下りているというの証明は難しいのではないか?と結論付けられているのです。 2、利用規約 プラストークンの公式サイトは運営元が韓国なので韓国語で作成されているのですが、利用規約に記載されているはずの運営会社名が確認できないと言われています。 また、韓国発の配当型ウォレットで 70万DLを超えていると公式発表されているのにも関わらず、ハングル文字で記載されている利用規約に運営会社名がない事をなぜ70万の韓国人が誰一人として気が付かなかったのか、明らかに不自然であると言われています。 このような事実から韓国人は誰もサイトを閲覧していない可能性があるのでは?とも言われています。 3、日本サポート 「プラストークン日本サポート」というプラストークン情報について日本語でまとめているサイトがありますが、ドメイン契約者名の項目には 「當間 健作」という名前が確認できます。 この人物はネット上では詐欺師と呼ばれていて 「与沢翼の弟子」などとして紹介されています。 まとめ.

次の

プラストークンの最新情報・復活するのか?

プラス トークン 最新 情報

出金停止 プラストークンは2019年6月29日に突然出金停止となったあと 7月11日現在も再開されていません、ネット上では 「飛ぶのでは?」という噂が広まっています。 ETBOXでは、プラストークンの価格操作の疑惑もあるし、かなり不安。。 現在もプラストークンから仮想通貨を出金できない状況が続いています泣 プラス はやっぱり燃え尽きたっぽい。 仮に出金開始しても無口な期間が長すぎて、取り付け騒ぎで資金もシステムも耐えられない。 7月11日現在、まだ運営からは、いつ出金が復活するのか発表されていません。 一部ではハッキング対策により出金停止しているとの情報がでていますが実際のところはまだ確認できていません。 プラストークン創設者逮捕 今月2日にはプラストークンの創設メンバー6名が バヌアツで逮捕されたとのニュースが報じられました。 中国のブロックチェーンメディアが1日公式SNSアカウントを通じ、不法的なインターネット詐欺の疑いで中国人6名を逮捕されたと報道し、プラストークンの創立メンバーだと推定されると述べました。 一部ではフェイクニュースの可能性が高いとされていますが、 逮捕者とプラストークン関係者の名前は一致しているとのことです。 もしニュースが本当であれば、プラストークンは運営者が6人も抜けてしまい、正常に運営ができていない状況であると言えるでしょう。 日本でイベント開催 創設者が逮捕、そして、配当が停止され、出金もできない状況の中で、日本ではユーザー主催でイベントが開催されました。 ユーザーの間では「飛ぶまでの時間稼ぎではないか?」という説が有力視されています。 取引量の偽装 以前から取り沙汰されていた 取引所(PsEx)の取引量偽装も、配当停止と同タイミングで停止していると見られています。 こちらのチャートを見れば一目瞭然、典型的な偽装です。 ユーザーはいよいよ飛ぶ準備を始めたのでは?と憶測しています。 今後は? もしも、復旧することがあったとしても、この騒動でほとんどのユーザーは資金を引き上げると予想されるため、新規が入ってこなくなり、仮にもしポンジスキームだとしたら 破綻は確定的でしょう。 今後も新しい情報が入り次第お知らせいたします、 情報を見逃さない為にもぜひLINE@のご登録をお願いいたします!.

次の