自己 紹介 例。 自己紹介の仕方OK・NG例|好印象を与える方法と文例(会社・バイト・パート先別)│#タウンワークマガジン

【例文あり】面接の自己紹介があなたの第一印象を左右する!

自己 紹介 例

就活の面接では自己PRや志望動機は必ず聞かれる質問なので、ほとんどすべての学生さんが準備してきます。 しかし、面接が始まって一番最初に「簡単に自己紹介をしてください」と言われた時に、準備不足で慌ててしまう学生さんがたくさんいらっしゃいます。 自己紹介とは自己PRとはどう違うのでしょうか?何を話したらよいのでしょうか?これらの疑問を解決すべく、自己紹介と自己PRの違いと自己紹介で話すべき内容についてご説明していきます。 自己紹介をしてくださいと言われても慌てないように、しっかり自己紹介の内容を把握していきましょう。 「自己紹介」と「自己PR」の違い• エントリーシートがあるにも関わらず、面接で自己紹介を実施する理由• 面接で自己紹介に要する時間の目安• 面接の自己紹介に必ず必要な情報• 面接でよくあるダメな自己紹介の例文• 面接で他者と差をつける、魅力的な自己紹介の例文• 面接でうまく自己紹介をするコツ• まとめ 「自己紹介」と「自己PR」の違い もっともよくある事例は「自己紹介をしてください」と言われているのに自己PRをしてしまうことです。 ここでまず気をつけなくてはならないのは、自己紹介=自己PRではないということ。 では、そもそも自己紹介と自己PRは何が違うのでしょうか。 「自己紹介」はあなたを知ってもらうための手段 自己紹介とは、初対面の相手に対してあなたが「どこ」の「誰」であるのかを紹介するためのものです。 具体的には、氏名、所属、経歴、趣味や特技を紹介します。 そのため、「簡単に自己紹介をしてください」と言われたら、これらの要素を簡潔に伝えます。 「自己PR」はあなたの強みを売り込むための手段 自己PRとは、あなたの強みを伝えるものです。 つまり、あなたの「魅力」や「長所」を売り込み、相手にアクションを起こさせるための手段です。 そのため、企業側が「あなたを採用したい」と思うようなあなたの資質や経験、実際の経験談などを含みます。 このように、 自己紹介が「知ってもらう」ことを目的としているのに対し、自己PRは「自分を売り込み」「相手にアクションを起こさせる」目的があり、両者には明確な違いがあります。 就職活動で問われる、自己PRや長所。 あなたは、この2つの違いを明確に定義できますか?残念ながら、「自己PR」と「長所」のように就職活動の定番の質問ほど、質問の意図を忘れがちです。 採用担当者は、「自己PR」や「長所」を質問することであなたの何を知りたいのでしょうか。 今回は、自己PRと長所の違いを明確にした上で、その裏に隠された意図を探っていきたいと思います! エントリーシートがあるにも関わらず、面接で自己紹介を実施する理由 エントリーシートに住所や出身大学、趣味など記載があるにもかかわらず、どうして面接時に自己紹介を求められるのでしょうか。 これには2つの目的があります。 まず、何よりも大きな目的は 「アイスブレーキング」をするためです。 初対面の人間が集うと、どうしても緊張や不慣れから会話がスムーズに進まないことがあります。 そのため、お互いの緊張をほぐすために自己紹介を実施します。 とりわけ、就職活動における面接では学生がコチコチに緊張してしまうケースが多々あるため、自己紹介や雑談によるアイスブレーキングを実施する企業が多くあります。 もう一つの目的は、目の前にいる学生を「知る」ためです。 面接官は1日に何人もの学生と面接するため、とりわけ選考初期の段階ではエントリーシートの内容すべてに目を通しているとは限りません。 また、もし目を通していたとしても一人一人の内容を覚えておくのは至難の業です。 そのため、 自己紹介を通して「どこ」の「誰」と面接するのかを知る、という企業側の意図がある場合があります。 面接で自己紹介に要する時間の目安 自己紹介をしてくださいと面接で言われた場合には、 おおよそ1分程度を想定しています。 とても短い時間に、多くの学生さんが驚かれますが、1分間で思っているより多くのことが話せます。 自己PRと間違えて一人で5分以上話してしまう学生さんいますが、それは質問に対する回答ができないとみなされてしまうため、注意が必要です。 稀に2分で自己紹介をして下さい、などと時間を指定される場合があります。 そんな時のためにも、自己紹介のパターンを事前にいくつか用意しておいて、時間を指定されたときに応用ができるようにしておきたいですね。 就活面接の自己紹介に必要な情報 面接の自己紹介に必要な内容は主に情報のような内容です。 必ず必要な情報• 大学名・学部名・学科名• 自分が学生時代に主に時間をかけてきたこと(趣味・学問・バイト・サークルなど)• 面接を受けるにあたってのあいさつ 時間があれば追加したい情報• 出身地• やってみたい仕事やこの会社に興味を持ったポイント• 意気込み 面接の際には具体的な指示がなく、初めに「簡単に自己紹介をしてください」と言われることがありますが、その際には「必ず必要な情報」をシンプルにまとめて伝えましょう。 時間の余裕がある場合は、「時間があれば追加したい情報」を盛り込んでも良いでしょう。 いずれの場合も、「自己紹介は自己PRではない」ということを意識して、リラックスして話しましょう。 面接でよくあるダメな自己紹介 それでは面接でよくあるダメな自己紹介の例を挙げていきましょう。 【ケース1】 私は〇〇大学〇〇学部で〇〇を選考しています。 私はサークルで会長をやり、協調性があって周りからも信頼される人物です。 普段からの計画性を大切に何事にも取り組んでまいりました。 御社に入社できた際にはコミュニケーション能力の向上をモットーに御社の成長に貢献していきたいと思います。 本日はよろしくお願いいたします。 緊張でコチコチに固まってしまった学生さんがやりがちな「氏名を言い忘れてしまう」という初歩的なミスがあります。 自己紹介は、あなたが「誰であるのか」を伝える目的があるので、忘れずに言いましょう。 また、「協調性」や「コミュニケーション能力の向上」など抽象的な内容が多いのも、あまりいい印象を与えません。 せっかく伝えるのなら、 手短にかつ具体的に伝えましょう。 【ケース2】 初めまして。 〇〇と申します。 〇〇大学〇〇学部で〇〇を選考しています。 本日が所属しているゼミでは毎年弁論大会に出場しているのですが、その参加に当たっては情報収集能力と、人前では話すプレゼンテーション能力が必要でした。 その能力のおかげで、昨年度は30校の参加校の中で特別賞をもらうことができたと感じています。 私はゼミで培ったこれらの能力を活かして、御社で活躍して行きたいと思います。 本日はよろしくお願いいたします。 こちらのケースは、完全に自己PRの内容になっています。 就活の面接では、自己紹介の後に「では自己PRをしてください」と言われるケースが多々あります。 自己紹介と自己PRの違いをきちんと理解し、しっかり使い分けられるよう練習が必要です。 私は元からモノ作りに興味があり、家電の開発に高い関心があります。 実際にカメラやパソコンの新作が出ると店頭にチェックしに行って、新製品がどのように進化しているのか見るのが好きです。 御社ではカメラの設計に取り組めるとのことなので、このたびは応募をさせて頂きました。 御社に入社できた際にはぜひ、第一線でカメラの設計に関わり、多くのユーザーのために役に立つ新製品の開発に取り組んでいきたいです。 このケースでは、内容が志望動機になっているため、これも自己紹介としては不適切です。 ものづくりへの興味をアピールしたくても、ここでは「家電の開発に関心があります」などとしておくのが無難でしょう。 もし面接官が「もっと話を聞きたい」と思うなら、必ず質問してくるはずです。 また、自己紹介の最後に挨拶の言葉がないのもマイナスポイント。 「宜しくお願いします」の一言がなければ、まだ続くのかと思わせてしまう可能性があります。 そのため、 最後には必ず締めの挨拶をひとこと添えましょう。 方言は避けるべき? 中には、面接までに方言や訛りは直しておくべき?と不安に思う学生がいるかもしれません。 しかし、ほんの数カ月で完璧な標準語をマスターするのは至難の技。 方言はどの程度直すべきか、こちらの記事で解説しています。 気になる方は、ぜひチェックしてみて下さいね。 就職活動の面接で方言や訛りを使ってしまうと、選考に不利になったり、落とされてしまうのではないか、と不安に思っている方も多いはず。 今回は、面接で方言や訛りを使っていいのかどうか、またどのような点に気をつけるべきかを紹介します。 面接で他者と差をつける、魅力的な自己紹介の例文3つ それでは他者に差をつける魅力的な自己紹介の例文についてご紹介していきましょう。 私は学生時代に主に洋服の販売のアルバイトに力を注いできました。 お客様に喜んでもらえるような販売員になることを目指していきたいです。 本日はよろしくお願いいたします。 こちらの例文は、学生時代に打ち込んだことが簡潔に書いてあり、「自己PR」や「志望動機」に話を繋げやすい内容になっています。 このように応募する職種にあった自己紹介をすることで、熱意ややる気をアピールすることができ、とても効果的です。 【ケース2】 初めまして。 〇〇県出身の〇〇と申します。 現在〇〇大学で〇〇を専攻しており、実際に一般企業と共に〇〇の開発プロジェクトに関わっています。 本日はよろしくお願いいたします。 この例文は、現在行っている活動を端的に紹介することで、面接官の興味をぐっと惹きつけ、自分の存在を強く印象付けることができます。 また、出身地の情報を加えることで、その後の話題を広げるきっかけにもなり、大変魅力的な自己紹介になっています。 大学時代は洋服のデザインを学んできました。 本日は洋服のデザインに関わる御社での面接ということではりきっていますが、少し緊張しています。 できるだけわかりやすく丁寧に話していきたいと思いますので、本日はよろしくお願いいたします。 こちらの例は、必要な情報を簡潔に述べているため、相手に好感を与えます。 また、緊張していることを伝えることで、面接官もあなたが話しやすい雰囲気を作ろうと工夫してくれる可能性があります。 英語面接の場合も同様です。 日本語の場合と同様、必要な情報を簡潔に相手に伝えましょう。 外資系企業や海外展開をする企業を志望する学生は、就活の面接で英語面接が待ち受けているかもしれません。 また、国内展開がメインの企業でも、訪日外国人を相手に英語を使って接客をする機会が増えたので、英語力が求められる傾向がますます強くなっています。 就活で英語の面接が待ち受けていた時、どのような準備をすべきでしょうか。 今回は、自己紹介から志望動機、強み・弱みまで効果的に伝えるための例文と、英語面接を突破するコツを紹介します! 面接で上手に自己紹介するコツ 面接で自己紹介をする際には以下のポイントで自己紹介の準備をしておきましょう。 実際に自己紹介の内容を作成して声に出して話し、かかる時間を把握しておく• 手短に話すということを意識する• 表面的に聞こえのいいことではなく、正直な内容を相手に伝えることを意識する• ゆっくり話すよう意識する 面接当日は緊張してしまい、事前に自己紹介の内容を考えても忘れてしまうことがあります。 そうならないためにも実際に声に出して練習をしておきましょう。 時間をはかったり、何分くらいを目安に答えるということを意識したりして何度も繰り返し練習すると、面接会場でもある程度滑らかに話すことができます。 マニュアル通りに聞こえないように、正直にあなたのことを自己紹介しましょう。 面接官は何人もの学生を面接していますので、ありきたりなマニュアル通りの自己紹介では他の学生に埋もれてしまいます。 派手な経歴ではなく、地味な内容でもあなたの真実の内容であれば面接官の印象にも残りやすいのではないでしょうか。 自己紹介は面接での初めの導入部分ということを意識して、手短に話すようにしましょう。 まとめ 面接で自己紹介を答える際には以下のポイントを押さえておきましょう。 自己紹介と自己PRは違うことを意識する• 自己紹介は30秒~1分程度に収める• 自己紹介は学校名や自分が打ち込んだことなどを簡潔に答える• 自分だけの正直な内容を伝える• マニュアル通りにならないように気を付ける• 家で口頭での練習をし、話すのにかかる時間を把握しておくと良い 上記内容を把握して、面接で自己紹介をしてくださいと言われても慌てないようにしましょう。 自己紹介と自己PRを勘違いしている学生も多いので、簡潔に自己紹介を行うことでも他の学生に差をつけることができます。 イメージトレーニングをして本番に備えましょう。 【こちらもおすすめ】•

次の

自己紹介の例を紹介!文を作って準備を

自己 紹介 例

派遣の顔合わせでは、どんな自己紹介をすればいいんだろう? 派遣会社から仕事の紹介を受けて、派遣先企業との顔合わせが決まったあなた。 顔合わせはもう何度もしているという方から、未経験という方まで状況は様々でしょう。 派遣会社を通しての仕事探しなので、 顔合わせ=採用と安易に考えないこと。 企業が派遣会社を通して人材を探すメリットとしては、「希望するスキルを持つ人材を手っ取り早く探せる」という点が大きいです。 しかし、いくらスキルがあるからといって、実際に顔合わせをして好ましくない人物であれば採用はされません。 そう、そこで大切になってくるのが 自己紹介! 自己紹介の仕方によって、採用されるかどうかが大きく関わってきます。 派遣 の 顔合わせ での 自己紹介は、どんな内容にすればよいのでしょうか? そこで今回お伝えするのが、 状況別の自己紹介の例文。 具体的には、次の3パターンでご紹介します。 それが・・・• 基本的なパターンの例文• 未経験の場合の例文• 職歴が多い場合の例文 それぞれの状況に合わせて、例文をご活用くださいね! 顔合わせは、スキルや経験ばかりではなく、 人間性をチェックされる場でもあります。 質問にハキハキと答えられるか、コミュニケーション能力はどうか、人当たりはどうかなど基本的な点も見られるでしょう。 そのため、 どんな内容で話すか準備をしておくことが大切。 営業事務では主にエクセル・ワード・パワーポイントを使い、営業担当者の資料作成の補助業務を行いました。 コールセンターではA社のお客様相談窓口でした。 最初はマニュアルに沿っての対応でしたが、お客様のニーズを聞き出し丁寧に対応するよう心掛けました。 経理事務は主に会計ソフト〇〇を使用して仕事を行いました。 働き始めた当初は簿記の資格がありませんでしたが、会計に関する知識を習得したいと感じるようになりました。 簿記3級を取得した結果、数字の意味を理解して仕事を行うことができました。 どんな仕事に従事していたのかについて、2〜3つ程度端的に伝えましょう。 ただし、単に仕事を経験をしたという事実のみだとアピールが弱いです。 そこでぜひ取り入れたいのが、 身につけたスキル・資格・使えるツール(Word・Excelなど)を伝えること。 そうすることによって、派遣先にあなたの強みを訴えることができます! 特に、資格を取得した実績があれば、向上心のアピールにも繋がるでしょう。 派遣で仕事をしていると、 様々な業種での経験があることは強みです。 通常の採用試験では職場がコロコロ変わるというのは不利になりがちですが、契約満了で様々な仕事を経験しているのは有利な点。 ぜひ意識しておきましょう! ちなみに、派遣が未経験の場合だと、どんな内容にすればよいのでしょうか? 次の見出しでお伝えしていきますね。 会議準備では資料作成をワードやエクセルで行っていました。 また、パワーポイントで資料を作成して、プレゼンテーションの経験もあります。 社会経験は浅いですが、与えられた仕事に丁寧に対応して参ります。 御社のお役に立てるよう精一杯努力しますので、よろしくお願いいたします。 このように派遣の仕事が未経験の場合だと、一見アピールできることがないと思うかもしれません。 ですが、今まで正社員・契約社員・アルバイト・パートなど、何らかの形で勤めた経験はあるはず。 そこでの 経験や身につけたことを伝えることが大切。 あなたができることをしっかりと伝えてくださいね! また、「未経験だけど、やる気だけは誰にも負けない!」と 前向きな気持ちを添えると良いでしょう。 「スキルや経験は豊富だけれど、やる気がない」という人と、「派遣は未経験だけど、凄くやる気がある」という人では、どちらが採用したいと思うでしょうか? そう、やはり 後者ですよね! 未経験の場合には、 やる気・意気込みをアピールすると採用される可能性がグッと上がりますよ。 次の見出しでは、職歴が多い場合の自己紹介について見ていきましょう。 私は事務の仕事であれば、幅広く経験を積んでいます。 会計事務や労務管理、社会保険に関する知識など、今までの仕事を通して学ぶことができました。 そのおかげで、繁忙期の忙しい職場で即戦力として採用していただくことが多いです。 また、同じ企業から翌年も指名していただけることもあります。 働き方改革の一環の就労規則や労務管理の見直しの事務補助業務でも、今までの経験を活かして御社のお役に立てると思います。 「仕事をあれこれ変えている」と思われると、マイナスになりがちです。 そのため、契約満了できちんと終わっていること、繁忙期の雇用が多いなどの理由を自己紹介の中で上手く伝えましょう。 そして、幅広い経験をしているというように、 プラスの方向に変換してPRをすることがとても大切。 また、指名で仕事をもらえることがあるというのは、大きなPRポイントになります。 そうすれば、派遣先企業が求める人材とのミスマッチを防ぐことができ、あなたの強みをアピールしやすいです! ちなみに、職歴が多いということは、 アピールする材料に優れているということ。 引き出しが多い分、有利なのは間違いありません。 何をアピールすれば好印象を獲得できそうかを考え、言うことを上手に選んでいきましょう! ここまで3つのパターンの自己紹介の例文を見てきました。 未経験でも職歴が多い場合でも、 意識しておくべきことがあります。 そのポイントが3つ。 次の見出しでは、自己紹介時に意識すべきポイントについて、見ていきましょう。 スポンサーリンク 自己紹介で意識すべき3つのポイント 顔合わせの自己紹介では、どんなことを意識すればよいのでしょうか? 特に大事なポイントが次の3つ。 それが・・・• 相手の聞きたい情報を意識すること• 内容は具体的に話すこと• 派遣会社の担当者と事前に打ち合わせをすること それぞれについてお伝えしていきますね! 相手の聞きたい情報を意識する 派遣先が主に知りたいのは、あなたの 職歴(経歴)やスキル。 今までの経験を通して、あなたに何ができるかが重要となります。 派遣先の仕事に結び付けられるような内容を伝える意識が大切です。 新人を採用して一から育てるという場合は、正社員を雇うでしょう。 ですが、派遣社員を求めているということは、ある程度即戦力となる人材を求めています。 そのため、あなたを採用すると どんなメリットがあるか、 どう貢献できるのかを伝えてくださいね! スキルや資格があれば強みとなるので、忘れずに伝えましょう。 内容は具体的に話すこと 自分の実績を話すときには、抽象的な内容はNGです。 相手の頭の中にイメージを湧かせることができるよう、数字や具体的な内容を入れてくださいね。 例を挙げてみます。 まずは悪い例から。 【良い例】 総務課で会議の時間が無駄という話題になりました。 会議の時間を短縮するために、会議資料はその場で配布するのではなく、2日前にメールで配信しました。 また、会議室にアラーム付きの時計を設置し、終了予定時刻の10分前に鳴らすことにしたのです。 こうした取り組みで、会議終了予定の時刻を超えることをなくすことができました。 数字や具体的な単語を盛り込むことによって、一気にイメージしやすくなりましたよね。 抽象的な内容ではなく、相手が理解できる内容にすることを心掛けましょう! 派遣会社の担当者と事前に打ち合わせをすること 派遣会社の担当者は、派遣先の企業から どのような人材が必要かを聞いています。 つまり、担当者はどういう人材がこの仕事にマッチしているか、おおよそ理解がついているということ。 そのため、 顔合わせ前の情報収集が非常に大切。 どの部分を中心にPRするとよいか、事前に担当者と打ち合わせをしておきましょう。 何も情報がない状態で顔合わせに臨むのと、情報を仕入れた状態で臨むのでは、優位度が大きく異なるので。 担当者と事前に 自分のどこを売り込むかの作戦を練っておきましょう。 質問された時点で、何を伝えようか頭の中をグルグルさせている状態はNG。 「この人に仕事を任せたくないな…」と判断され、不採用の可能性が高くなってしまいます。 そうならないためには、上記の 3つのポイントを意識すること。 相手の立場になって考え、 どんなことを話せば相手のニーズに合致するかをしっかりと考えてくださいね! また、 事前に派遣会社の担当者と打ち合わせをしておくと、本番でミスをする確率がグッと減るので、ぜひ活用しましょう。 顔合わせでは自信を持った自己紹介を行い、採用を勝ち取りましょう! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

【例文あり】面接の自己紹介があなたの第一印象を左右する!

自己 紹介 例

自己紹介の例文2 はじめまして。 大学では4年間サッカー部に所属しておりました。 インターカレッジの大会ではベスト16まで残りましたが、夕方遅くまで仲間同士で自主的に練習に励み結果を残せたと思います。 同時に、敗れた試合では対戦相手にまったく歯が立たず惨敗を喫しました。 このときの悔しさを忘れることができず、引退するまで練習に打ち込みました。 スポーツを通じて乗り越えてきた厳しい経験を生かして、御社でも活躍したいと思っております。 本日はよろしくお願いいたします。 学生時代に打ち込んだことを簡潔に述べており、コツコツと努力を積み重ねてきたこと、負けた悔しさをバネに成長できたことを簡潔に伝えることで、 後の自己PRにつなげることができます。 学生時代にサークルやアルバイトなど特段目立った活動をしていないという人は、「話ができるネタがない」と不安を感じるかもしれませんが、趣味や特技などを書いても問題ありません。 子どもの頃からの趣味がある=根気よく物事を継続することができる。 何か特技ある=人とは違う個性がある。 PCの画像編集ツールが使える=資料やプレゼン資料が制作できる。 といった具合に、プロフィールには書かれていないスキルや資質を面接官に伝えることができれば、好印象を与えることができるはずです。 自己紹介の注意点とは? 第一印象に影響を及ぼす自己紹介では、 身だしなみはもちろん、 話し方のマナーにも気をつける必要があります。 適切な敬語を使うことはもちろん、声は小さすぎず、大きすぎず、早口にならないようわかりやすい速度を心がけます。 伝える内容は、 1分程度にまとめる(文字数の目安で300文字程度)のが無難です。 ただし、場合によっては面接官の方から時間指定されることもあるので、さまざまな時間を想定し、どのような話をするのか、あらかじめ考えておくとよいでしょう。 自己紹介の内容を考える際、どうしても「自己PR」の文と混同してしまいがちですが、この2つの面接における役割は大きく異なるため、注意が必要です。 自己紹介は、会話に入る前のあいさつのようなもの。 先に挙げた自己紹介例でも、学生時代に力を入れていたことを話してはいますが、 簡潔な内容に留めています。 「自分はこんなことができる」「そのためにこのような努力をしてきた」と、ついそのまま自分の強みをアピールしたくなってしまいますが、それらは自己PRについて聞かれた段階で話すようにしましょう。 後に聞かれるであろう自己PRとうまくつながるように、 端的に触れておくことが大切です。 まとめ 面接でよい評価を得るためには第一印象が重要です。 自己紹介に絶対的な正解はありませんが、紹介した例文や解説の中から、自分に合ったアプローチ方法を選択し、魅力的な自己紹介を練り上げ、面接突破の糸口としてください。 (学生の窓口編集部).

次の