さい の くに 東 大宮 メディカル センター コロナ。 新型コロナウイルス感染症の発生について(その2)

新型コロナウイルス感染症の発生について(その2)

さい の くに 東 大宮 メディカル センター コロナ

先進医療を積極的に取り入れ、人々の暮らしに一番近いところで、命と健康を守り続けています。 そんな私たちが目指すのは、地域医療を支える基幹拠点「地域医療支援病院」へと生まれ変わることです。 「地域に役立つ仕事に末永く携わりたい」そんな方の応募をお待ちしています。 チームに分かれて業務を行っていますが、連携やフォローなどを行い働きやすい環境作りをしています。 積極的に科内研修も行いスキルアップも図っています。 科内は若いスタッフが多く、熱意を持ってリハビリを提供し在宅復帰に向けて一丸となって努力しています。 施設見学も随時行っておりますので、まずはご連絡をお待ちしております。 ぜひ一緒に働きましょう!! 所在地・勤務地 埼玉県さいたま市北区土呂町1522彩の国東大宮メディカルセンター リハビリ分類 地域・在宅, 急性期 主な疾患 脳血管, 運動器 内科疾患 採用条件 採用人数 PT:若干名 OT:若干名 ST:若干名 雇用形態 常勤 業務内容 【一般病棟でのリハビリテーション充実のための募集です。 (HPからも可能) また、採用試験ご希望の方はTEL後当院宛に履歴書を郵送下さい。 書類が届き1週間以内にこちらからご連絡させていただきます。 施設見学の対応 施設見学可 施設見学を希望される場合はご連絡ください。 NETを見ました」とお伝えください。 採用担当者からの メッセージ 当院のリハビリテーション科は、外来・急性期・訪問と幅広く業務を行っております。 365日対応を開始をし、リハビリ職員で再度情報共有を大切にし仕事をしています! 年齢層も若く、活気がある職場です。 私自身もよくリハビリ科の職員をお話をしますが、みなさんとても気さくで仲良くさせていただいてます。 新しくなった当院で、一緒に盛り上げていただければと思います。 何かありましたら、遠慮なくご連絡いただければと思います。

次の

さいたま市/新型コロナウイルス関連情報

さい の くに 東 大宮 メディカル センター コロナ

先進医療を積極的に取り入れ、人々の暮らしに一番近いところで、命と健康を守り続けています。 そんな私たちが目指すのは、地域医療を支える基幹拠点「地域医療支援病院」へと生まれ変わることです。 「地域に役立つ仕事に末永く携わりたい」そんな方の応募をお待ちしています。 チームに分かれて業務を行っていますが、連携やフォローなどを行い働きやすい環境作りをしています。 積極的に科内研修も行いスキルアップも図っています。 科内は若いスタッフが多く、熱意を持ってリハビリを提供し在宅復帰に向けて一丸となって努力しています。 施設見学も随時行っておりますので、まずはご連絡をお待ちしております。 ぜひ一緒に働きましょう!! 所在地・勤務地 埼玉県さいたま市北区土呂町1522彩の国東大宮メディカルセンター リハビリ分類 地域・在宅, 急性期 主な疾患 脳血管, 運動器 内科疾患 採用条件 採用人数 PT:若干名 OT:若干名 ST:若干名 雇用形態 常勤 業務内容 【一般病棟でのリハビリテーション充実のための募集です。 (HPからも可能) また、採用試験ご希望の方はTEL後当院宛に履歴書を郵送下さい。 書類が届き1週間以内にこちらからご連絡させていただきます。 施設見学の対応 施設見学可 施設見学を希望される場合はご連絡ください。 NETを見ました」とお伝えください。 採用担当者からの メッセージ 当院のリハビリテーション科は、外来・急性期・訪問と幅広く業務を行っております。 365日対応を開始をし、リハビリ職員で再度情報共有を大切にし仕事をしています! 年齢層も若く、活気がある職場です。 私自身もよくリハビリ科の職員をお話をしますが、みなさんとても気さくで仲良くさせていただいてます。 新しくなった当院で、一緒に盛り上げていただければと思います。 何かありましたら、遠慮なくご連絡いただければと思います。

次の

事業所の詳細

さい の くに 東 大宮 メディカル センター コロナ

さいたま市は122万人を有する政令指定都市です。 以前は平均年齢が若い都市でしたが、現在は全国で最も高齢化が早く進行している都市のひとつとなっています。 しばらくは人口も緩やかにしか減少しないと推計されています。 しかし、以前より埼玉県は人口比の医師数や病床数が最も少なく、医療資源の乏しい地域であると指摘されています。 現在、地域の病院や診療所の医師が、かかりつけ医として地域医療を支えています。 今後の日本社会の急速な高齢化を踏まえると、健康にかかわる問題について適切な初期対応等を行う医師が必要となることから、総合的な診療能力を有する医師の専門性を評価するために、新たな基本診療領域の専門医として総合診療専門医が位置づけられました。 そして、医療資源の少なく、高齢化が急速に進んでいる当地域においては、総合診療医に対するより高いニーズがあると考えています。 このような背景の中で、彩の国東大宮メディカルセンター総合診療専門研修プログラム(以下、本研修プログラム)は病院、診療所などで活躍する高い診断・治療能力を持つ総合診療専門医を養成するために、ER型救急や急性期専門各科を有する地域の中核病院のなかで、専門各科と協働し全人的医療を展開しつつ、自らのキャリアパスの形成や地域医療に携わる実力を身につけていくことを目的として創設されました。 医療資源の乏しい埼玉県さいたま市、そこに居住する地域住民、各種団体、ボランティアや当院の全職員などの理解と協力のもとで研修できる環境を整えています。 また、当院は2017年7月に国際的な医療施設評価認証機構JCI Joint Commission International の認証を取得しています。 総合診療医の育成においても、国際的な認証水準の医療の質と安全に関する継続的な改善の重要性や実践方法を指導していきます。

次の