金田 朋子 キャンピングカー。 ヒロミのキャンピングカーが完成!八王子リフォームの結果は?【有吉ゼミ】|ニュースハイ

金田朋子、家のようなキャンピングカーで過ごした娘との時間「広くてサイコー!」 (2020年3月11日)

金田 朋子 キャンピングカー

リビングテーブル作り 最初は、運転席の後ろに リビングテーブル作りです。 運転席の後ろにはエンジンがあるので、形が非対称。 イビツな形に合わせて作るのは至難の業です。 そこで使った道具が、 です。 型取りゲージを使うと、イビツな形でも綺麗にサイズを測れます。 そのサイズをプラスチックべニアに下書きし確認。 問題なければ、薄いべニアに下書きしカット。 それを定規にして、本体に使う厚いべニアをカットします。 ですが、一発でカットせず、 ジグソーで荒切り。 さらに トリマーで丁寧に調整していきます。 助手のジェシー君が担当し、一回は失敗するも再度挑戦して成功。 カットした板材に オイルステインで塗装して組立てます。 マジックテープをタッカーで留めて、車に接着して完成です。 床材を高級ホテル風にクッションフロア張り 床材には、を使います。 柄は ヘリンボーン柄で、高級ホテルの印象を与えてくれます。 ボンドを専用のコテで塗って、クッションフロアをカットします。 ここで使うのが普通のカッターでなく、 フックカッターです。 先端がフックになってるので、 車本体を傷つけずにカットできます。 収納キャビネット作り 次は、側面の上部に 収納キャビネットをつくります。 平らな場所に取り付けしないので、テーブルと同じように 型取りゲージを使います。 サイドパネルを 型取りゲージを使って作成。 本体をヒロミさんお馴染みの ジョイントカッターを使って組立て。 本体とサイドパネル、扉を組み合わせてキャビネットの完成です。 後は、車にサイドキャビネットを 金属用のビスで固定していきます。 車本体にビスで留めて大丈夫?と思いますが、今回使うワゴン車だと内壁と外壁の間に空洞があります。 なので、ビスで留めても問題ありません。 スポンサードリンク 便利なコンパクトキッチン作り 次は、車の後部座席、後ろタイヤの位置に キッチンを作ります。 板材をオイルステインで塗り、ボックス型に組み立てます。 そしてシンクをつけるために、ジグソーとトリマーで四角にカット。 天板には、アイカの メラミン化粧材を張りつけます。 前回のでは、ピンク色の化粧材を使ってましたね。 ゴムハンマーを使って、しっかりと圧着していきます。 側面には、ひもを取り付けしてキッチンを外に運べるような細工をします。 ひもは白色だと微妙なので、 コーヒー染めでアンティーク風に。 座席シートをナチュラル風に 次は、ノーマルの座席シートを ナチュラル風に変えていきます。 オーダーで、 若草色とベージュ色のシートを発注。 座席シートはフラットにもでき、隙間にはクッションを置きます。 すると、簡易的な ベッドとしても使えるんですね。 そして、ベッドとキッチンの間には 間仕切りの壁を作ります。 べニアを組み合わせて、中には21インチのテレビを設置。 ボタン一つで、 自動で上部に上がってくる仕組みもアリ。 これは、ウインドウガラスと同じ原理を使っています。 あとは、バックドアの手前に ベビゲートを作ります。 子供が自由に遊んでても危なくないようにですね。 板材に 自由ぎりを使って、色んなサイズの穴を開けていきます。 ゲートの役割も果たせて、中が見えるような細工をしてるんですね。 車の外観をラッピングシートで変身 バスとかに使う ラッピングシートを、車全体に張っていきます。 裏面がシールになっていて、平な場所なら簡単に貼ることができます。 住宅でもを張ったりしますね。 ですが、車だと湾曲なので、空気を抜くのがかなり難しいですね。 ヒートガンで温めながら、丁寧に張っていきます。 どうしても空気が溜まる場所は、小さな貼を刺してエアを抜きます。 あとは、タイヤのホイールを交換したり、 カッテイングシートで切り文字を張ります。 ターゴイズブルーを使った、爽やかなキャンピングカーの出来上がりです。 アウトドアを楽しめる工夫 最後はキャンプが目的なので、ベンチやテーブルを作ります。 板材を組み合わせて、足には 脚立用の伸縮足を取り付けします。 外だとデコボコの段差ばかりなので、 伸縮足で調整できるんですね。 調整できるので、ベンチだけでなくテーブルとしても使えます。 ベンチとして使うときには、車のベッドにもなるクッションを敷きます。 他にも、冷蔵庫用の電源もあるし、シャワーも設置したりですね。 シャワーには、 オーバーヘッドシャワーを使い高級感をアップさせてます。 まとめ【9月16日更新】 最終的には、• 工事期間は 5日間• 合計 40時間 の大掛かりな車のリフォームでした。 最終的には、タレントの森さん、声優の金田さんも大喜びでしたね!.

次の

【有吉ゼミ】ヒロミさんジェシーさん手作りのキャンピングカーが来たぁあああ!

金田 朋子 キャンピングカー

リビングテーブル作り 最初は、運転席の後ろに リビングテーブル作りです。 運転席の後ろにはエンジンがあるので、形が非対称。 イビツな形に合わせて作るのは至難の業です。 そこで使った道具が、 です。 型取りゲージを使うと、イビツな形でも綺麗にサイズを測れます。 そのサイズをプラスチックべニアに下書きし確認。 問題なければ、薄いべニアに下書きしカット。 それを定規にして、本体に使う厚いべニアをカットします。 ですが、一発でカットせず、 ジグソーで荒切り。 さらに トリマーで丁寧に調整していきます。 助手のジェシー君が担当し、一回は失敗するも再度挑戦して成功。 カットした板材に オイルステインで塗装して組立てます。 マジックテープをタッカーで留めて、車に接着して完成です。 床材を高級ホテル風にクッションフロア張り 床材には、を使います。 柄は ヘリンボーン柄で、高級ホテルの印象を与えてくれます。 ボンドを専用のコテで塗って、クッションフロアをカットします。 ここで使うのが普通のカッターでなく、 フックカッターです。 先端がフックになってるので、 車本体を傷つけずにカットできます。 収納キャビネット作り 次は、側面の上部に 収納キャビネットをつくります。 平らな場所に取り付けしないので、テーブルと同じように 型取りゲージを使います。 サイドパネルを 型取りゲージを使って作成。 本体をヒロミさんお馴染みの ジョイントカッターを使って組立て。 本体とサイドパネル、扉を組み合わせてキャビネットの完成です。 後は、車にサイドキャビネットを 金属用のビスで固定していきます。 車本体にビスで留めて大丈夫?と思いますが、今回使うワゴン車だと内壁と外壁の間に空洞があります。 なので、ビスで留めても問題ありません。 スポンサードリンク 便利なコンパクトキッチン作り 次は、車の後部座席、後ろタイヤの位置に キッチンを作ります。 板材をオイルステインで塗り、ボックス型に組み立てます。 そしてシンクをつけるために、ジグソーとトリマーで四角にカット。 天板には、アイカの メラミン化粧材を張りつけます。 前回のでは、ピンク色の化粧材を使ってましたね。 ゴムハンマーを使って、しっかりと圧着していきます。 側面には、ひもを取り付けしてキッチンを外に運べるような細工をします。 ひもは白色だと微妙なので、 コーヒー染めでアンティーク風に。 座席シートをナチュラル風に 次は、ノーマルの座席シートを ナチュラル風に変えていきます。 オーダーで、 若草色とベージュ色のシートを発注。 座席シートはフラットにもでき、隙間にはクッションを置きます。 すると、簡易的な ベッドとしても使えるんですね。 そして、ベッドとキッチンの間には 間仕切りの壁を作ります。 べニアを組み合わせて、中には21インチのテレビを設置。 ボタン一つで、 自動で上部に上がってくる仕組みもアリ。 これは、ウインドウガラスと同じ原理を使っています。 あとは、バックドアの手前に ベビゲートを作ります。 子供が自由に遊んでても危なくないようにですね。 板材に 自由ぎりを使って、色んなサイズの穴を開けていきます。 ゲートの役割も果たせて、中が見えるような細工をしてるんですね。 車の外観をラッピングシートで変身 バスとかに使う ラッピングシートを、車全体に張っていきます。 裏面がシールになっていて、平な場所なら簡単に貼ることができます。 住宅でもを張ったりしますね。 ですが、車だと湾曲なので、空気を抜くのがかなり難しいですね。 ヒートガンで温めながら、丁寧に張っていきます。 どうしても空気が溜まる場所は、小さな貼を刺してエアを抜きます。 あとは、タイヤのホイールを交換したり、 カッテイングシートで切り文字を張ります。 ターゴイズブルーを使った、爽やかなキャンピングカーの出来上がりです。 アウトドアを楽しめる工夫 最後はキャンプが目的なので、ベンチやテーブルを作ります。 板材を組み合わせて、足には 脚立用の伸縮足を取り付けします。 外だとデコボコの段差ばかりなので、 伸縮足で調整できるんですね。 調整できるので、ベンチだけでなくテーブルとしても使えます。 ベンチとして使うときには、車のベッドにもなるクッションを敷きます。 他にも、冷蔵庫用の電源もあるし、シャワーも設置したりですね。 シャワーには、 オーバーヘッドシャワーを使い高級感をアップさせてます。 まとめ【9月16日更新】 最終的には、• 工事期間は 5日間• 合計 40時間 の大掛かりな車のリフォームでした。 最終的には、タレントの森さん、声優の金田さんも大喜びでしたね!.

次の

金田朋子、家のようなキャンピングカーで過ごした娘との時間「広くてサイコー!」 (2020年3月11日)

金田 朋子 キャンピングカー

9月16日 月 放送の 【有吉ゼミ】は『ヒロミの八王子リフォーム』 ヒロミさんとジェシーさんがこれまで 造ってきた夢のキャンピングカーが完成です! 声優の金田朋子さん一家のために 普通のワゴン車を高級ホテル風のキャンピングカーにしちゃうんだとか!? キャンピングカーと言えば漢のロマン! 泊まれる車とか秘密基地感が最高です。 そんなキャンピングカーが高級ホテル風ですから キャンピングカーに憧れを持つ身としてはたまりません! 果たしてその完成度とはいかに? 元は普通のワゴン車ですから どこまで改造することができたのか楽しみです。 ヒロミのキャンピングカー造りの道 ことの発端は金田朋子さん一家が 旅行が趣味だが子育てに追われて難しいという 悩みから元々キャンピングカーだった中古のワゴン車を なけなしの貯金で購入したところヒロミさんが 高級ホテル風に作り変えるという話から始まりました。 ヒロミさんが考えた改造プランはこちら プラン• ドリンクホルダー• ホテル感を出す床• 収納たっぷりキャビネット• 便利なコンパクトキッチン• ベッドルームとキッチンを分ける壁• 安全を考えたベビーゲート• 外で活躍!機能的テーブル 前回は座席から床からはがしまくり 高級感あるシートに張り替えました。 凸凹した車内を採寸し 木材をカットし後部ピッタリなドリンクホルダーを作成 さらにキャビネット設置! 前回はここまで完成させました。 今回はコンパクトキッチンからの作成ですが 果たしてその出来栄えは…? ヒロミのキャンピングカーの完成度は? ヒロミさんとジェシーさんの八王子リフォーム 今回は声優・金田朋子さん一家の 普通のワゴン車を高級ホテル風の キャンピングカーにリフォームしちゃうということで 注目度が高い内容となっています。 四苦八苦した結果ようやく完成した キャンピングカー 金田朋子さん一家がその姿を目にすると 「きゃーーーーー!!」 金田朋子さんは開いた口がふさがらない状態になりました。 それがこちら かなりお洒落な仕上がりの外装! かわいい!! そして気になる内装はというと… はいオシャレ! そしてシートを寝かせると… さらに車のウィンドウの仕組みを活かして 現れるのはテレビ!! こんなのわくわくせずにはいられませんよ! テレビが召喚される車なんてロマンしかありません。 こちらキッチンになりますが なんだこのオシャレ空間は!という感じ ヒロミさんが改造したキャンピングカー こりゃたまらんですな! こんなの毎週キャンプに行きたくなりますよ。 まずはシートの外し方から調べよう。

次の