猫 爪とぎ 目的。 猫の「スリスリ」には3種類ある!目的と理由を解説|ねこのきもちWEB MAGAZINE

猫のケージに必要なグッズ・おすすめのレイアウト術とは?

猫 爪とぎ 目的

今までの爪とぎスペースを見直したり、新しく爪とぎを用意してあげた後は、現在失敗してしまう場所に爪とぎをしないように保護しましょう。 失敗してしまう壁に、市販の平面状の爪とぎを付けてしまうという方法が効果的です。 今までと同じ場所で"正しい爪研ぎ"の経験を積むことで、爪研ぎ台で爪を研ぐことが習慣付きやすいです。 壁につけられない場合には、ホームセンターなどで売っている板やパネルで、物理的に壁に触れないようにしてしまうという方法があります。 また、猫が嫌がる香りで近寄りたくなくなる「ひっかき防止スプレー」や、引っかきに強い素材の「引っかき防止シート」などの保護アイテムも販売されています。 ただし、猫が嫌がる匂いを部屋付けることは猫ちゃんのストレスになる恐れがあるため、引っかき防止スプレーは最終手段にすることをおすすめします。 ちなみに我が家では、新入り猫を迎え入れた時に、必ず私が爪とぎのデモンストレーションを見せてきました。 実際に新入り猫の前で「こうするんだよ~」などと猫にしゃべりながら私がガリガリと爪を研ぐのです。 だいぶシュールな光景ですね。 しかし、そうすると「なんだか楽しそうだね」と真似っこして爪とぎを使ってくれ、それ以降すっかり爪とぎで正しく爪を研いでくれています。 ただ、私の場合は新入り猫がみんな子猫だったため、成猫の場合にこのデモンストレーションが有効かは断言できませんが、好奇心が強い猫に「楽しそうだ」と思ってもらえたことが良かったのかもしれません。 ただ、我が家では壁や柱は守れていますが、ソファーやイスなどファブリック製品は守り切れずに壊滅しています…。 愛猫の爪とぎで壁がボロボロになってしまうと、修繕するのに手間も費用もかかってしまうので大変ですよね。 猫ちゃんに正しい場所で思う存分に爪とぎしてもらうには• 現在の爪とぎの環境を見直す• ストレスを抱いていないか見直す• 好みの爪とぎを用意してあげる• 失敗箇所の壁を保護する の4つの対策を行ってみましょう。 いつも失敗してしまう場所の環境、体勢、素材感が好みであるというヒントにもなりますので、失敗してしまう壁と似たような爪とぎを選んであげることも効果的であると考えられます。 猫ちゃんがグーンと立ち上がって爪とぎができるくらい、余裕のある高さのものを選んであげるのも良いかもしれません。 みなさんもぜひ猫ちゃんの快適な爪とぎライフをサポートしてあげてください。

次の

猫の爪とぎのしつけ方法!ガリガリから家具を守るアイテムも紹介

猫 爪とぎ 目的

爪の手入れ 猫は爪のメンテナンスをするために、爪とぎをしていることがあります。 猫の爪は常にシャキーンと鋭く尖っていますが、これは爪とぎをしているからです。 猫は本来狩りをして生活していた生き物なので、爪を武器として使っていました。 外敵との戦いや木登りなど、爪は様々な場面で役に立ちます。 特に、猫の前足は狩りをするために大切な部分なので、普段から爪を研いでおく必要があったのです。 狩りをしていた頃の本能が残っており、今でも爪とぎをします。 家猫になっても本能が消えることはありません。 猫の爪は古くなるとかさぶたのように剥がれて、新しい爪が生えてきます。 ただ、室内で飼っている猫は土の上を走ったり、かつてのように狩りはしていないので、古くなった爪が自然に剥がれることが少ないです。 そのため、猫は自らガリガリと爪を研ぎ、古くなった爪を剥がし、新しい鋭い爪を生やしていくのです。 特に若い猫の場合は爪が伸びるのも早いので、頻繁にお手入れのため爪を研ぎます。 ちなみに、猫の爪とぎは前足だけで後ろ足は研ぎません。 猫の爪が伸びるのは前足だけで、後ろ足は走ったりするときに削られるので爪が伸びにくいからです。 また、猫が狩猟で使っていたのは前足の爪なので、爪を研ぐのは前足だけで十分だったのです。 後ろ足は口の前方にある門歯を使って古い爪を剥がします。 ストレス解消 猫はストレス解消のために爪を研ぐこともあります。 知らない人が家に来た時、怒られた時、引っ越しをして環境が変わった時など、猫はストレスを感じたら発散させるために爪を研ごうとします。 人間でも、何かに失敗した時などに頭を掻く仕草をしますよね。 猫の爪とぎもそれと同じで、猫の行動学で「転位行動(てんいこうどう)」と言います。 何かにストレスを立て、バリバリ爪を立てたくなるのです。 転位行動とはストレスを和らげるためにする行動のことです。 たとえば、飼い主さんに怒られたり、無理やり抱っこさせられたり、何かに飛び乗ろうとして失敗した時に転移行動を起こします。 他にも転位行動には何度もあくびや伸びをしたり、激しく体を舐める毛繕いをしたり、鼻や肩、足を舐めたりなどの行動があり、その中に爪とぎも転位行動の1つしてあります。 頻繁に猫が爪とぎをしていたら、ストレスによる転位行動かもしれません。 ストレスを溜め込んでいる可能性があるのでその場合は対策をとるようにしましょう。 ちなみに、ストレス以外にも気分転換のために爪を研ぐことがあります。 たとえば、寝起きなどに気分を変えるために爪とぎをしたり、興奮したときに冷静を取り戻そうと爪とぎをします。 猫の爪切りをこまめにする まず、猫の爪とぎの防止として、こまめに爪を切ってあげましょう。 爪を切っておくことで、もし猫が爪とぎして欲しくない場所で爪を研いでも、傷が軽くて済みます。 猫用の爪切りであれば家でもできることなので、試してみましょう。 ちなみに、猫の爪は肉球を押せば出てきます。 注意したいことは、猫の爪の根本にあるピンクの部分は血管と神経が通っているので、誤って切らないようにすることです。 また、猫の爪が伸びすぎると血管や神経も共に伸びていきます。 長い時間放置していると、爪と一緒に血管や神経を切る必要が出てくるので、猫にとって痛い思いをすることになるので気をつけましょう。 もし、爪切りが苦手であれば、動物病院で切ってもらうことができます。 爪の切り方もその時に教えてくれます。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

猫が爪とぎをするのはなぜ?その理由と爪とぎ対策

猫 爪とぎ 目的

では今回は鈴木さんのために、猫の爪とぎの場所のしつけ方法、そして猫の爪とぎから家具を守るアイテムもご紹介したいと思います。 猫の爪とぎの目的 狩りで獲物を捕まえるため 野生化の猫は狩りをして獲物を捕まえていました。 そのため、 狩りで重要になる爪は鋭く尖っていなければ、小動物や昆虫を捕まえることができません。 外敵から身を守る また野生化の猫は外敵から襲われる可能性もあるため、 素早く逃げたり身を守るためにも、爪は万全の状態にしておく必要があります。 現在の室内飼いの猫は、食べ物や外敵の心配がなくなりましたが、その名残りや本能から、猫は今も爪を研いでいます。 猫の爪とぎ場所のしつけ方法 猫の爪研ぎの正しい場所をしつける方法をご紹介します。 音を使ったしつけ 爪とぎをしてほしくない場所や家具で爪とぎをしていた場合、 猫が嫌いなスプレーの音や、アプリでクラップ音やを慣らしたりするしつけ方法があります。 猫をびっくりさせることで、 ここでは安心して爪とぎができないと思わせることで、特定の場所の爪とぎを回避できるようしつけることができます。 爪とぎ器でガリガリさせてみる 爪とぎ器を使わないのは、爪とぎ器に気づいていないから、また 爪とぎ器を爪をとぐための道具だと認識できていないからかもしれません。 一度、猫を爪とぎ器の前に連れて行き、飼い主さんが前足を持って爪をとぐような動きで猫の爪とぎを促してみましょう。 ここで爪をとげると猫が認識し、爪とぎ器が気に入れば、次回からは爪とぎ器を使ってくれるかもしれません。 この方法は 爪とぎを始める子猫の時期に始めるのがおすすめです。 猫は生後2ヶ月くらいから爪を固い木などを使って爪を研ぎ始めるので、猫が別の場所で爪とぎを始める前に、爪を研ぐ場所を早々に覚えさせることで家具や壁がボロボロにならずに済むこともあります。 家具で爪を研いでしまう理由 家具がちょうどいい 猫が家具で爪を研いでしまう理由としては、 野生の猫のように爪をとげる固い木のようなものがないこと、そして家具が猫にとって最も爪が研ぎやすいからだと思います。 家具は猫にとって高さもちょうど良く、よりかかっても支えてくれる安定感があり、木製の家具なら固さも猫にとってはちょうど良いのではないでしょうか。 用意された爪とぎが気に入らなかった また猫に用意した爪とぎ器が気に入らなかったため仕方なく家具で爪とぎをしている可能性もあります。 爪とぎ器の場所が猫にとって安心できる場所ではない場合なども、爪とぎを使用してくれないかもしれません。 猫に自主的に爪とぎ器を使用させたい しつけというよりも、猫が自主的に「ここで爪をとぎたい」と思ってほしいという方は、様子を見ながら爪とぎ器に移行してもらう方法を使ってみましょう。 爪とぎ器にマタタビを塗る 爪とぎ器に特にニオイがないようなら、 マタタビの匂いがするスプレーを吹きかけて猫にとって良いニオイを付ける方法もいいかもしれません(爪とぎ器によってはすでにマタタビの香りがついている物もあります)。 マタタビのニオイで引き寄せられた猫が爪とぎの場所を変えてくれるかもしれません。 爪とぎ器を変える 用意した爪とぎ器とは違った材質の爪とぎ器を用意してみるのも一つの手です。 猫によって気に入る爪研ぎの材質は違ってきます。 そのため、もし猫が爪とぎ器を使ってくれないのは、猫が用意した爪とぎが気に入っていないからかもしれません。 気に入らない爪とぎ器よりも、家具や壁の方が爪とぎには良いと感じている可能性もあるので、お気に入りの家具に似ている材質の爪とぎ器を用意してみましょう。 家具に爪とぎを移動 猫を爪とぎ器に向かわすのではなく、 猫が好きな家具の場所に爪とぎを設置してしまう方法もあります。 爪とぎシートを貼る、爪を研ぐ場所に爪研ぎ器を置く、など猫が気に入っている場所に爪とぎ器を移動させてしまうことで、猫もストレスなく自分の好きな場所で爪をとぐことができます。 猫の爪とぎ器の種類 最近は爪とぎ器と言っても様々なタイプがあります。 おしゃれなデザインでとても爪とぎ器には見えない物まで登場してきています。 猫が気に入る爪とぎもきっと見つかると思います。 ここで猫の爪とぎ器の種類をいくつかご紹介したいと思います。 キャットタワー・ポールタイプ キャットタワーやポールタイプの爪とぎ器は、猫が木登りや運動をする目的としても利用できるので、爪とぎと一石二鳥のアイテムです。 猫が安心できる場所となりやすく、自然とその場所で爪とぎを覚えてくれる猫もいるかもしれません。 シンプルで小さめデザインのものは比較的安価ですが、キャットタワーとして大きくて立派な物だと根は張ります。 ただ爪とぎ器を別に買うよりは安上がりかもしれません。 お洒落なベッドタイプ 次に紹介する爪とぎ器は、お洒落なデザインが多いベッドタイプの爪とぎ器です。 猫がくつろぐベッドとしての役割も果たしつつ、ゴロゴロしながら爪を研ぐこともできるアイテムです。 お洒落な爪とぎ器の多くはこのベッドタイプの爪とぎ器なので、部屋の雰囲気やインテリアにこだわりがある方は必見です。 壁を守るシート・マットタイプ 最後にご紹介する爪とぎ器は、家具や壁を覆うことができるシートタイプ・マットタイプの爪とぎ器です。 壁を守るシートタイプ・マットタイプの爪とぎ器は、 爪とぎ器でありながら家具を守ることも同時にできる優れもの。 よく爪とぎをしている家具や壁に貼ったり巻いたりすることで、猫の爪とぎを邪魔せず家具も守ることができます。 猫の爪とぎまとめ.

次の