シモヘイヘ。 伝説のスナイパー“白い死神”シモ・ヘイヘのありえない武勇伝 スコープなしの狙撃で542人のソ連軍を葬った男の正体

ノート:シモ・ヘイヘ

シモヘイヘ

アールネ・エドヴァルド・ユーティライネン(14年~)は、の軍人である。 あのの上で、こちらも負けず劣らず強な軍人であった。 概要 アールネ・エドヴァルド・ユーティライネンはの軍人である。 がの飯より大好きなで、「にいくかのようにはしゃいで」5両を撃破したり、軍の地に押し入って地にあったを全部略奪したり、軍の撃が降り注ぐ中でにくつろいで本を読んだり、を持ってに座り、その姿を見て釣られた兵をしたりとやりたい放題な逸話が残っている。 に属してで戦っていた時期があり、ついた渾名が「の恐怖」。 これは短縮されて単に「恐怖」とだけ呼ばれることもあった。 また、部下のたちからはその胆さと気遣いから非常に慕われ、「(パッパ)」と呼ばれた。 軍歴、というよりその生涯 陸軍士官にするが、本人く「ちょっとした規則違反」を3回やらかし、まで残り4カの時点で停学1年の処分をくらう。 停学中はとしてある大隊に所属するが、そこで「を楽しんだ」ため3回も拘禁処分を言い渡され、とうとう士官を退学させられることになってしまう。 その後は船員になり、甲の掃除に飽きた頃、新聞での記事を発見する。 記事の内容に強く惹かれたは即断して船員を辞め、へと向かって0年にに入隊する。 新兵として訓練を受けている間に問題を起こして監にぶち込まれるが、釈放された後は面に訓練を受けたようである。 その後、同僚の人と暑さにやられてしたり、上の下士官を罵倒したりして5年間を勤めあげ、なお続行を要請されるが遂に除隊。 5年のにに帰する。 帰後、陸軍の連隊で長を任される。 が、酔っ払って寝てしまったところを同僚たちににされて放置されたところをお偉方に見つかり、除隊勧告を受けて除隊させられてしまう。 その後は職を転々とし、再びに戻ることを考えるようになるが、の願いで出発は先延ばしにしたところで再招集がかかる。 再訓練の後にとなり、第12師団第連隊第6中隊、通称「カワウ中隊」の揮を任されることとなる。 では同中隊を率いて奮戦。 開戦当初の遅滞やコッの戦いで軍を苦しめた。 の経歴を見て彼をあえてのに所属させず、の任務を与えたり、軍が撃を加える中で毅然と行事を行ったりと、は部下の才を見と人心を握する手腕を持っており、部下達からは「(パッパ)」と呼ばれて親しまれた。 後はし、駐屯地で教官の任務についている。 では第9連隊に所属し、続く紛争では大隊として参戦する。 しかし、こうしてから活躍し多大な戦功をたてるも、口論であるの足を撃ち抜いた事件が尾を引き、が軍人になることはできなかった。 最終階級は。 その後はな生活に染めず生活は破綻。 で受けた傷が痛み、におぼれ、軍の部からを回してもらって生計を立てた。 、その存在を忘れられたまま没する。 エピソード 完璧な装備 前、軍は物資が不足していたが、は「のには璧な装備が必要だ」と断言。 彼の揮する中隊は他の部隊を押しのけてでも装備の 略奪調達を強行した。 しかし、とうとう装備調達は行き詰まり、の机の上に領収、命書、嘆願書などの書類が詰みあがって補給担当たちがを投げてしまう。 が、諦めかけた補給担当達に中はのようにした。 「君らはを持っているだろう。 それでうまくやりたまえ」 結果、彼の第6中隊は十分な装備をもってに臨むことが出来た。 はこの強引なやり方をされても「中は何でも許される」「弾の破片が額に飛んで来た時に『をかぶっていればよかった』と文句を言っても手遅れだ」と意に介さなかった。 いやはや・・・・・・ 武器を取るのは個人の自由、見張りに立つのは兵士の義務 中のある日、でのを部下達に披露していた中の元に補充兵2名がやってくる。 彼らは 自らの良心に従ってを手に取るのをと中に宣言した。 の部下達のなを受けながら、気分をしたもなくプにを詰めて再び火をつけると、は補充兵たちに告げる。 「を持つことは強制しない、個人のだ。 だが見りの当番はにに割り当てる、義務だからな。 当然達にも見りに立ってもらう。 なに、 リュッシャ(兵)が来たら玉でもぶつけてやれ。 らを通さなければそれで良い」 この返答に兵たちが吹いたり咳込んだりしている中、「手ぶらじゃ理です……」と補充兵たちが旗をあげたため、は部下の分の一人に案内を命し、再びを披露し始めた。 人物関係 ノ・・はであり、ネがマンフレート・フォン・ホーフェンのを与えた事がノをへのを歩ませることとなった。 は部下の一人であり、彼の才を見抜いての任務を与えた。 また、から取材を受けた際にの功績を紹介し、彼が世間に知られる発端となった。 が負傷し後送された後、しばらくは彼が死んだものと思っていたため、彼のを聞いた時は祝宴を開くほど喜んだ。 10年のには療養中のにを送っている。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

伝説のスナイパー“白い死神”シモ・ヘイヘのありえない武勇伝 スコープなしの狙撃で542人のソ連軍を葬った男の正体

シモヘイヘ

ドイツ在住なので自国のチート軍人を紹介します。 ・ハンス・ウルリッヒ・ルーデル 史上最大の対地撃破記録保持者。 通称「スツーカ大佐」。 Ju-87急降下爆撃機、通称「スツーカ」で以下の撃破記録を作った。 戦車519輌以上、トラック800台以上、上陸用舟艇70隻以上、火砲150門以上、戦艦1隻、航空機9機など。 対空砲によって30回撃墜され、5回負傷、うち1回は機関銃弾が脚に直撃して脚を失うも義足をつけて飛び続けたとか。 ソ連軍に2億円相当の懸賞金がかけられた。 戦後は米軍の対地攻撃機の開発に関わったりしたらしい。 その攻撃機は現在も中東で大活躍中。 この人物に関してはwikiを参照したほうがいいかも。 他の方が書かれている通り語りつくせません。 ・エーリヒ・ハルトマン 通称「黒の悪魔」 史上最大の撃墜数記録保持者。 22歳で352機のソ連軍機を撃墜したパイロット。 ちなみに自分が率いる飛行隊で終戦まで1人も死者を出さなかったらしい。 名言、「僚機を失ったものは戦術的な敗者だ。 」 ・オットー・カリウス 戦車撃破王。 戦車で150輌以上の敵戦車を撃破。 東部戦線で殴り込みを仕掛けてきたソ連軍戦車部隊を2輌の戦車で迎え撃ち、返り討ちで17輌撃破したりしている。 ちなみに存命。 薬局を経営してるらしい。 ミヒャエル・ヴィットマン 同じく戦車エース。 特質すべきはノルマンディー戦線のヴィレルヴォカージュ村で、進撃してきた英軍第7機甲師団先鋒(戦車、装甲車200台前後、歩兵数千名)に自分の指揮する戦車1輌で殴り込みをかけた。 あわてるイギリス軍をちぎっては投げちぎっては投げ。 やがて他の部隊や自分の部下の戦車もやってきてドイツ軍勝利!! 戦いが始まる前、布陣していた英軍を見て「あいつら勝った気でいるぞ。 」と言った戦友に対し、「いいだろう、教育してやる。 」といったとか。 ・ゲルト・フォン・ルントシュテット ドイツ陸軍元帥。 ドイツ軍長老。 終戦時70歳。 ヒトラーに向かって「馬鹿者が!!いつまで戦争しておる、終わらせろ!!」といった人物。 それでもヒトラーに信用されていたとか。 ・エルヴィン・ロンメル 通称砂漠のキツネ。 アフリカでわずかなドイツ軍と貧弱なイタリア軍を指揮して数十倍の英軍を幾度となく打ち破ったチート指揮官。 フランスでは迫ってきたフランスの戦車部隊に、対空用の高射砲を水平射撃して撃滅したとか。 イギリスの首相が「ナポレオン以来の戦術家だ!」と絶賛したほど。 ちなみに息子は自分の住んでる町の元市長だったり。 探せば山のようにいますがこの辺で。 坂井三郎 第二次世界大戦時の日本海軍のパイロットで撃墜王。 60機以上の敵機を撃墜したと言われている。 通称「大空のサムライ」 ガダルカナル島の上空において敵機と交戦した際に後部旋回連装機銃の集中砲火を浴びそのうちの1弾が頭部に命中、右側頭部を挫傷し左半身麻痺状態で急降下するも水平飛行を回復。 重傷のまま約4時間操縦し自力でラバウルまでたどり着き生還を果たす。 ソロモンにて同じく撃墜王であった西沢広義と太田敏夫の3人により、無断でセブンマイル飛行場上空で三回連続編隊宙返りをしたりした。 後に露見して厳重な注意を受けたそうだ。 ジャワ島にてオランダ軍の大型輸送機を発見した際、そこに民間人の母子が乗っているのを目撃してこれを意図的に見逃している。 当然重大な軍律違反であったため坂井氏はこれを長く語らなかった。 その輸送機に乗っていた看護婦が後に坂井氏との面会を果たしている。 硫黄島戦において偵察機で出撃した際に敵戦闘機15機に囲まれる。 15対1という圧倒的不利な状況にも関わらずこれを振り切り、全ての射弾を回避した。 米海軍航空隊のランシー・リッチ少尉によると、数で圧倒していたにもかかわらず米軍側は押され気味となり、守勢にまわっていたという。 のちに第二次世界大戦に参加した日米の戦闘機乗りによる交流会が行われた際、米軍兵が 「あの時貴方を追っかけたF6Fに乗っていた者です」 と自己紹介したところ 坂井氏は「このヘタクソ!」と米軍兵に言って互いに爆笑したという。 戦後に車が空中で一回転するほどの大事故に見舞われるも戦闘機の不時着の際の姿勢を取ったためにまったくの無傷であった。 しかもこの時、空中でエンジンキーをひねってポケットにしまいこんだらしい。

次の

白い死神「シモ・ヘイヘ」の伝説まとめ【フィンランドのスナイパー】

シモヘイヘ

シモ・ヘイヘが使用していた、モシン・ナガンは3. 5〜4倍の倍率のスコープが装着可能でした。 ですが彼は標準装備のアイアンサイトのみで狙撃を行いました。 理由として、軽量化、猟師時代からの慣れ、などがあったそうです。 その中でも、スコープの光の反射によって相手に位置を悟られるのを避けるためというのが大きな理由だったそうです。 実際に彼が、スコープによる光の反射で、敵兵の位置を特定し狙撃した話もあります。 スコープなしでも、300m以内であれば確実に敵兵の頭部を狙撃することが可能でした。 また、450m以上離れた敵も狙撃したことがあるそうです。 ソ連軍が有利の状況の中、フィンランド軍は、カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム元師の下、必死に抵抗します。 大軍で攻めるソ連軍でしたが、幅の広い道路がなく、森と湖の多いフィンランドでは、中々進軍することができませんでした。 また、フィンランド軍は、休息地になりそうな建物などを予め破壊しておく焦土作戦を取っていたのもあり、粘りを見せていました。 また、シモ・ヘイヘは予備役兵長としてこの戦争に参加しました。 彼は白いギリースーツを着用し、その活躍によって、赤軍兵士から「白い死神」と呼ばれ、恐れられました。

次の