副鼻腔炎 市販薬 漢方。 【医師監修】副鼻腔炎は市販薬で治せる?症状緩和のためにできる対策とは?

後鼻漏(こうびろう)と漢方

副鼻腔炎 市販薬 漢方

【錠剤】 辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ) 湯エキス粉末2. 0g 1日量(8錠中) 原生薬換算量 【顆粒】 辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ) エキス粉末2. 0g 1日量(2包中) 原生薬換算量 シンイ:1. 5g、オウゴン:1. 5g、チモ:1. 5g、サンシシ:0. 75g、ショウマ:0. 75g、ビャクゴウ:1. 5g、バクモンドウ:3. 0g、ビワヨウ:0. 5g、セッコウ:3. ビャクゴウ(百合) ユリ科のオニユリ、またはハカタユリ、その他の同属植物の鱗茎(りんげ)の鱗片(りんぺん)を乾燥させたもの。 オウゴン(黄芩) シソ科のコガネバナの根。 周囲の皮をのぞいて使い、熱や炎症をやわらげる作用がある。 中国の山西、山東、河南省などが産地。 バクモンドウ(麦門冬) ユリ科の植物、ジャノヒゲの根の膨大部の芯を抜き取り、乾燥させたもの。 チモ(知母) ユリ科のハナスゲの根茎。 消炎・解熱・抗菌などの作用がある。 中国河北省が主な産地。 ビワヨウ(琵琶葉) バラ科の植物、ビワの葉を乾燥させたもの。 サンシシ(山梔子) アカネ科のクチナシ、またはその同属植物の成熟した果実。 セッコウ(石膏) 天然の含水硫酸カルシウム。 ショウマ(升麻) キンポウゲ科のサラシナショウマ、または、その他の同属植物の根茎。 服用後どのくらいで効果があらわれますか? 症状や体質によって効果のあらわれる時期は異なります。 比較的早く効果を感じる場合は3~4日、一方1ヶ月程度かかる場合もあります。 1ヶ月位服用しても症状の改善が見られない場合は、体質や症状に合っていない可能性があります。 服用は中止し、医師や薬剤師、登録販売者にご相談ください。 どのくらい続ければよいでしょうか? まず1週間続けてみて、効果を確認することをおすすめします。 飲んですぐに症状の改善がみられても、膿などがまだ残っている場合があります。 効果があっても1週間は続けて飲んでいただくことをおすすめします。 なお、1ヶ月続けて服用しても効果がない場合は体質や症状に合っていない可能性があります。 服用は中止し、医師や薬剤師、登録販売者にご相談ください。 子供が使用しても良いですか 顆粒タイプのチクナインaは2歳からお飲みいただけます。 錠剤タイプのチクナインbは5歳以上からお飲みいただけます。

次の

副鼻腔炎の市販薬のおすすめは抗生物質ジスロマック?効かない?

副鼻腔炎 市販薬 漢方

Contents• 抗生物質 ・レボフロキサシン錠100mg ・クラリス錠200 上咽頭炎、後鼻漏の定番処方薬、クラリスです。 この名前を見ると、思わずルパン3世を思い浮かべてしまいます(笑) 何度ももらったので、クラリスはお腹いっぱいでした。 効果なし! ・フロモックス錠100mg ・セフゾンカプセル100mg ・クラリシッド錠200mg ・ジスロマック錠250mg ただの後鼻漏なのに強力なジスロマック錠まで処方される始末・・・。 これでは、体が蝕まれます! 抗生物質ばかり飲んでも、上咽頭炎、後鼻漏は治りません! 漢方薬 ・柴朴湯(さいぼくとう) 漢方の古典「傷寒論」(しょうかんろん)、「金匱要略」(きんきようりゃく) いずれも後漢時代 収載の薬方を基本とした我が国経験処方に基づいて作られたエキスです。 小柴胡湯と半夏厚朴湯の合方であり、両方の処方から1文字ずつ取って名付けられました。 気管支の痙攣(けいれん)による咳嗽に有効ですが、小柴胡湯も半夏厚朴湯も、どちらも気道を乾燥させる作用が強いそうです。 乾燥して、スッキリしてくれたら良かったのですが、上咽頭炎のネバネバは乾燥できませんでした・・・。 ・六君子湯 (りっくんしとう) 漢方の原典である『万病回春(まんびょうかいしゅん)』に記載されている漢方薬です。 胃腸が弱く、食欲がなく、疲れやすく、貧血性で日常手足が冷える方の「胃炎」、「胃腸虚弱」、「胃下垂」、「食欲不振」、「胃痛」等に用いられています。 後鼻漏による鼻水を飲み続けているせいか、げっぷが良く出るので、処方されたみたいです。 主薬である人参、朮、茯苓、甘草及び陳皮、半夏の6生薬を使っているため六君子湯と名付けられています。 4週間ほど飲み続けましたが、残念ながら胃腸関係の薬なので効果なし! ただ意外と美味しいので、飲んでいると違う意味で健康になるんじゃないかと思いました・・・ ・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう) 『一貫堂(いっかんどう)』という漢方医学の一派が経験に基づき処方した漢方薬で、「蓄膿症」、「慢性鼻炎」、「慢性扁桃炎」、「にきび」に用いられています。 喉がスッキリ!この薬を飲めば、治るのか!?と思ったのもつかのま、1週間ほどで薬に対する感受性が悪くなったのか、全く効かなくなりました。 単に対処療法の薬なので、これを飲んでも解決にはなりません。 ・メイアクトMS錠100mg ・ロキソプロフェナトリウム錠60mg ・スリノフェン錠60mg ・ロルカム錠4mg ロルカム錠も定番の薬です。 炎症を抑える形なのですが、おさまりません! ・アクディームカプセル90mg ・セレスタミン配合錠 ・トランサミン錠250mg トランサミンも、「バカのトランサミン覚え」というか、よく処方された薬でした。 効果なし! ・メチコバール錠500 ビタミンB12の補給、 ・プロドナー錠50 血液が固まるのを防ぐ 血が固まらなくなる薬なんて、まったく後鼻漏と関係なし!こんな薬を飲む方が危険です! ・アデホスコーワ顆粒10% めまいの改善 めまいも上咽頭炎、後鼻漏と関係なし! この薬は、神田にある耳鼻咽喉科の権威的な病院で処方してもらいましたが、ダメでした。 ・オノンカプセル112. 5mg たまに出てくる薬です。 オノンという響きが、ほのぼのしていますが、何に効いているのか、さっぱり分からん薬でダメダメです。 ・エンピナースP錠 18000 「18000」という数字の多さから、かなりヤバい薬なのではないかと思いましたが、全く効きませんでした・・・。 ・デカドロン錠0. 5mg ・ノイチーム90mg ・セルベックスカプセル50mg 一通り試しましたが、治ることはありませんでした・・・ 私の結論としては、後鼻漏、上咽頭炎は、内服薬では治らない! 後鼻漏を治すヒント 半夏、柴朴湯、麦門冬湯、後鼻漏にいいと言われた辛夷清肺湯、荊芥連翹湯も試し漢方は目眩以外のは続けて意味があるのはわかっているけれど、結局嘔吐してしまいやめ。 荊芥連翹湯はサッパリするのはあったかな。 東洋合ってるんだけど、口の中も喉も気持ち悪い中、粉がきつくなり…いよいよベンザブロックの 痰切り。 で誤魔化しつつ、立君子湯は胃が弱って後鼻漏になることもあるからかもしれませんね。 淡路町の病院は結構、三半規管や難聴に重点を置いているから目眩の薬も出たのかもしれませんね。 私は実際、難聴を経験しているせいか目眩もきました…リステリン届きましたよー! あとホノミビスキンはいま困っていて私のように食欲もなく時間もない方には今、一番おすすめですね。 あとササエキス。 私は重度の偏頭痛なので、首から上の手術には、結構リスクがあり、とりあえず歯医者へ行きレントゲンとり、歯科医のレントゲンだとそんななかなかうつらないらしいですが、一応、ジョサマイシンを出してもらいつつ、やってます。 名前:ひろゆき 年齢:30代 趣味:ピアノ、ハイキング ドラッグストア勤務の健康マニア。 薬や病気の知識は詳しいですが、西洋医学よりは東洋医学に興味があり、漢方薬やマッサージ、鍼灸の勉強中。 凝り性なので、何かあったらいろいろ自分なりに研究するのが大好き。 ちなみに好きなドラマはJIN。 慢性上咽頭炎、後鼻漏に悩んで約5年。 今まで共存の道を歩んできましたが、やはりスッキリした方が自分にとっても快適な人生が過ごせるために、自分で治療する方法を編み出して病院に何度通っても治せなかったこの病気をようやくほぼ治すことができました。 このブログではその治療方法を公開したいと思っています。 あと上咽頭炎、後鼻漏になったからこそ気づいたダイエット方法や健康マニアならではの健康情報もどんどん書いていきたいと思います• ありそうでないのが、後鼻漏の粘液(痰)画像。 そもそも痰なんて汚いので、そんな画像を見せてくれるなと思う... 6件のビュー• 上咽頭炎、後鼻漏、副鼻腔炎として下記の薬は全て耳鼻科医から処方された薬です。 下の写真は、ほんの一部です... 5件のビュー• 塩化亜鉛とはどんな薬なのか? 上咽頭炎、後鼻漏には、直接炎症を起こしている部分にアプローチしていくしかありま... 4件のビュー• 上咽頭炎があると新型コロナウィルスに感染しにくくなるのではないか説 いま世の中では、新型コロナウイルスで... 4件のビュー• 前回、ペルテソン式、ハルトマン式の咽喉綿棒(いんこうめんぼう)を入手された方は、次に脱脂綿(だっしめん)を買っ... 3件のビュー• 注意:通常は耳鼻科医が行う行為です。 くれぐれも注意して行って下さい。 詳細に解説しますが、あくまでも実体験に基づ... 2件のビュー• 上咽頭炎と副鼻腔炎の違いは何かを把握するためには、副鼻腔炎が何たるかを理解しないといけません。 副鼻腔の仕組... 1件のビュー• 今回もメッセージに回答する形で、ブログをアップしていきたいと思います。 以下、改めてメッセージを転載させ... 1件のビュー• 上咽頭炎と副鼻腔炎の違いを見極める! 喉に痰や粘液が落ちてきたからといって、それですぐに上咽頭炎と決められる... 1件のビュー• 私も以前、上咽頭炎という病気が分からなかった時には、原因追求のためにMRIのお世話になりました。 MRI... 1件のビュー.

次の

副鼻腔炎(蓄膿症)の漢方治療法|【漢方誠芳園薬局】

副鼻腔炎 市販薬 漢方

副鼻腔炎(ちくのう症)を漢方薬で治療する場合、よくあるのが 『副鼻腔炎に効く、専用の漢方薬がある』という 勘違い そんなものは ありません! なぜなら、副鼻腔炎というのは、西洋医学の病名で、体質でもなんでもないからです。 漢方薬は東洋医学的な体質と原因を分析して、その体質や原因に対して、最適なものを選びます。 シャレにならないことに、プロであるはずの医者が、 『副鼻腔炎に効く専用の漢方薬がある』と勘違いしているので始末が悪いです。 それでは、本来、漢方薬で副鼻腔炎(ちくのう症)を治す場合は、どのように治すのかを紹介したいと思います。 病院の副鼻腔炎(ちくのう症)の実際の治療 漢方の前に西洋医学では副鼻腔炎(ちくのう症)をどう治すのかサラッと知っておきましょう。 「こんなんじゃ、治らないじゃん!」と思った方は、病院に行かなくてもよいので手間が省けますね。 副鼻腔炎の原因は、ウィルス、細菌、アレルギー反応だと言われています。 もちろん、西洋医学、お得意の 正確には原因はわかりません 実は、ちゃんとわかってないけれど、 わかっているフリ! これが西洋医学の王道ですね。 鼻が詰まり、鼻水がたまり、喉の後ろに流れる後鼻漏を起こしたり、副鼻腔炎による頭痛を起こしたりします。 レントゲンやCT検査、生検などで、副鼻腔炎の重症度を調べることもありますが、どちらにしろ、どんな検査をしても、治療は 鼻の粘膜の腫れを抑える薬と 抗菌剤です。 鼻の粘膜の腫れを抑える薬は言うまでもなく、対症療法で、次々、腫れてくるものを薬で抑えても、薬をやめれば、「ハイ、元どおり!」というもの。 抗菌剤も初期にはチャレンジしてもいいかもしれませんが、しばらくして、治らなければ、大して効果の変わらない抗菌剤を次々、出してくるだけで、治療は ドロ沼化です。 抗菌剤は平均4〜6週間位で治るはずなので、逆に1ヶ月半経っても、治らなければ、ドロ沼化に突入!ですね。 1ヶ月半経っても状態が変わらなければ、 『今後どうするのか?』をしっかり 問い詰めるようにしたほうがいいですよ。 こちらから、問い詰めなければ、治りも進展もしない治療を延々と続ける病院が多いので。 病院の副鼻腔炎(ちくのう症)の漢方治療の方法 病院でも、漢方薬を使いますが、医者は、漢方の医学理論を全く知りません。 あなたと一緒!素人同然! ですので、ツムラなどからもらったマニュアル本をみて、処方するだけです。 大好きなのは、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう) そう、あなたも、そこのあなたも、みーんな荊芥連翹湯! だって、医者は体質も原因も分析できませんから。 漢方薬だったら、なんとなく体質改善してくれるとでも、本気で思っているのでしょうか… もちろん、荊芥連翹湯は副鼻腔炎の薬ではありません。 なんとなく効くものでもなく、効くときは、ちゃんと東洋医学的な理屈があります。 「効くんだったら、効くんだもん!」 なんて漢方薬は、そんなファンタジーなものではなく、ちゃんと、 その人の体質や原因を見極めて、それに 最適な働きの漢方薬を選びます。 ちなみに荊芥連翹湯は、肩から上に熱がこもり、黄色の鼻水のように膿みやすく、精神的な緊張の強い体質を持っている人に使います。 もちろん、これだけでは、同じ条件で、他にも当てはまる漢方薬はありますので、より自分の体質に合ったものを選ぶために、全身の症状や状態を調べるのは 必須ですよ。 副鼻腔炎(ちくのう症)の漢方治療の方法とポイント それでは、本来の東洋医学理論に則った副鼻腔炎(ちくのう症)の漢方治療の方法を紹介します。 ここからは、本当の漢方治療の方法です。 方式は 日本漢方です。 漢方は、人それぞれの体質を分析して選んでいくので、基本的に 〇〇タイプに〇〇漢方薬というパターン化されたものはないし、また、そういったパターン化は、漢方薬で、全然、治せなくなるので、パターン化は ご法度です。 かといって、いきなり、何百種類もある体質のタイプを振り分けられるわけではないので、大まかな特徴をつかんで 治療方針を決めます。 まず、調べないといけないのは、 期間です。 どれくらい前から、副鼻腔炎なのか? 「この2週間前から左の鼻だけが詰まる人」と、「3年前から両方の鼻が詰まって、毎日、頭痛がある人」。 どちらも病名にしたら副鼻腔炎ですが、同じ体質、同じ原因なわけないですよね。 これが同じ漢方薬で治るのだったら逆に漢方の万能感、怖すぎです。 そんなファンタジーは、残念ながらないわけです。 次に原因を考えていきます。 副鼻腔炎体質の人の原因の要素は、「上焦熱」「心熱」「上焦の水滞」「脾の水滞」「腎虚」「実証」「表の寒証」「寒証」「虚証」「脾虚」「瘀血」の11要素です。 もちろん、原因は人、それぞれなので、これ以外も考えられますが、代表的なのは、こんな感じ。 要素と書いたのは、このうちの どれか1つというわけではないからです。 例えば、「上焦熱」+「上焦の水滞」+「実証」は、湿熱の実証というように体質がクラスチェンジとなり、これが副鼻腔炎の原因になっています。 簡単に言えば、パズルのように、いろいろな原因の要素が絡み合って、副鼻腔炎を起こしているわけです。 それぞれ、詳しく説明すると、 【上焦熱】は、肩から上に不要な熱がこもっている状態です。 【心熱】は、心の臓に熱に不要な熱がこもっている状態です。 【上焦の水滞】は肩から上の水の巡りが悪くなっている状態です。 【脾の水滞】は胃に不要な水が滞ってアレルギー状態を誘発しています。 【腎虚】は、体全体の水の巡りがうまくいってない状態です。 【実証】は、水や膿などを体に溜め込んでいしまう状態です。 【表の寒証】は、皮膚表面に不要な水が滞っている状態です。 【寒証】は、自分自身で十分な熱がつくれずに冷えて、水も血の巡りも滞っている状態です。 【虚証】は、体力がなく菌やウィルスに抵抗できない状態です。 【脾虚】は、消化器が弱って、免疫力や体力が少なくなり、菌やウィルスに抵抗できない状態です。 【瘀血】は、血の巡りが悪く炎症が解消できない状態です。 これらの原因が、いろいろ組み合わさるので、人によって副鼻腔炎の原因は、漢方的には何十パターンになってきます。 漢方薬としては、40種類くらい(40パターンの原因と体質)の中から、その人の原因、体質別に合わせて選びます。 荊芥連翹湯なんて、この一部でしかないのですね。 副鼻腔炎といっても、漢方的には人によって変わるわけです。 医者や漢方薬局のほとんどの先生は、 漢方薬の名前は知っていても、 漢方の医学理論を知らないことが多いので、なんとなく荊芥連翹湯をダラダラと飲み続けてもらったりしていますが、漢方は、上記のように 東洋医学独特の病気の原因を分析して、その原因に合わせて選ばないと、原因と漢方薬の効果がズレていたら10年飲んだって、効きませんよ。 本当に漢方薬で治したかったら 漢方薬の効果は、つまりは、 その「病的的な体質(原因)」を治すということです。 ややこしいですが、例えば、上焦の熱証なら、熱が上半身で滞っているので、上半身の熱を体の下方へと巡らせます。 体質さえ正確に診断できれば、使える漢方薬は自ずと決まってくるのですね。

次の