クリスティ マック。 クリスティ・マクニコル

ロナウドが幼少期の恩人「マックの女性従業員」探し

クリスティ マック

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド(34)が、貧しかった幼少期にハンバーガーをくれたマクドナルドの従業員だった女性を探していると呼びかけた。 18日付英紙サン電子版によると、英メディアTVのインタビューの中で「僕らは少しおなかが減っていた。 マクドナルドは、スタジアムの横にあったんだ。 ドアをノックして、ハンバーガーが余っていないか聞いていた。 いつもエドナさんと、他に2人の女性がいたけど、もうそこにはいない」と、マクドナルドで働いていたエドナさんにハンバーガーをくれるように乞うていたと明かした。 現在、そのマクドナルドは閉店しているという。 インタビューが放送されたあと、番組で司会者を務めたピアーズ・モーガン氏がツイッター上で、エドナさんが見つかったかもしれないと明かした。 ロナウドは、インタビューの中でエドナさんに何かお返しがしたいと口にしていた。 (A・アウグスティニャク通信員) photo• 海外サッカー 本田圭佑、キャプテンマーク巻き6ゴール大勝導く []• 海外サッカー [6月29日 1:02]• ブンデス [6月29日 0:26]• 海外サッカー [6月28日 23:15]• スペイン [6月28日 19:46]• スペイン [6月28日 12:43]• スペイン [6月28日 11:51]• プレミア [6月28日 10:35]• 海外サッカー [6月28日 10:01]• スペイン [6月28日 10:00]• オランダ [6月28日 9:47]• セリエA CロナPK決め3点絡む ユベントス快勝2位に4差 []• セリエA [6月27日 7:29]• セリエA [6月26日 13:49]• セリエA [6月25日 12:42]• セリエA [6月25日 8:56]• セリエA [6月25日 7:15]• セリエA [6月23日 18:00]• セリエA [6月23日 11:23]• セリエA [6月23日 8:47]• セリエA [6月23日 8:34]• セリエA [6月22日 9:57]• セリエA [6月22日 9:56]• セリエA [6月21日 8:47]• セリエA [6月20日 12:32]• セリエA [6月19日 12:38]• セリエA [6月18日 8:17]• ブンデス 遠藤航のシュツットガルト、最終節敗れるも1部昇格 []• ブンデス [6月29日 0:26]• ブンデス [6月28日 9:04]• ブンデス [6月28日 9:01]• ブンデス [6月28日 9:01]• ブンデス [6月28日 8:53]• ブンデス [6月28日 8:00]• ブンデス [6月28日 7:58]• ブンデス [6月28日 0:23]• ブンデス [6月22日 13:46]• ブンデス [6月22日 10:53]• ブンデス [6月22日 10:08]• ブンデス [6月21日 12:16]• ブンデス [6月21日 8:47]• ブンデス [6月21日 7:56]• ブンデス [6月21日 1:23]• プレミア 南野V一夜明け「実感ない。 いずれ貢献して優勝を」 []• プレミア [6月28日 10:35]• プレミア [6月27日 11:59]• プレミア [6月27日 10:01]• プレミア [6月27日 7:37]• プレミア [6月26日 18:00]• プレミア [6月26日 17:11]• プレミア [6月26日 11:43]• プレミア [6月26日 11:04]• プレミア [6月26日 10:37]• プレミア [6月26日 10:36]• プレミア [6月26日 9:17]• プレミア [6月26日 9:16]• プレミア [6月26日 8:48]• プレミア [6月26日 8:44]• プレミア [6月26日 8:07]• スペイン 久保建英がRソシエダードへ期限付き移籍か 地元紙 []• スペイン [6月28日 19:46]• スペイン [6月28日 12:43]• スペイン [6月28日 11:51]• スペイン [6月28日 10:00]• スペイン [6月27日 23:27]• スペイン [6月27日 23:08]• スペイン [6月27日 18:14]• スペイン [6月27日 11:05]• スペイン [6月26日 21:24]• スペイン [6月26日 21:15]• スペイン [6月26日 10:36]• スペイン [6月26日 8:57]• スペイン [6月26日 7:55]• スペイン [6月25日 20:28]• スペイン [6月25日 10:53]•

次の

Watch

クリスティ マック

1980年の初め、クリスティ・マクニコルはティーンのトップアイドルだった。 他にも、ジョディ・フォスター、テイタム・オニール、ブルック・シールズ、ソフィーマルソー、ダイアンレインなどがいた。 ふつうにメジャーだったのは、最初のお二人でしょうね。 双葉十三郎先生はボクがヒッチコック先生の次に尊敬する映画の専門家である。 その双葉先生はクリスティ・マクニコルとダイアンレインがゴヒイキだった。 双葉先生は当時でも70才を越えてられたけど、感覚が若く、スクリーン誌の『ぼくの採点表』はいつも、立ち読みしていた。 双葉先生は今も、ご健在だ。 双葉先生、永遠なれである。 双葉先生がボクと同じ若いアイドルが好きなのが、とってもうれしかった。 でも、クリスティの映画のDVDは『パイレーツ・ムービー』しかない。 以下、記憶が頼りだが、思い込みが激しいから、随分、間違えが多いでしょうね。 『リトル・ダーリング』の冒頭で、ジーンズにくわえタバコだったときに、衝撃が走った。 ダイアモンズに『リトルダーリン』という大ヒット曲があったから、音楽映画かなぁと思っていた。 黒いタンクトップにジーパン、くわえタバコで、ちょっと粗野で、ボーイッシュ。。。。 生意気だけど、かっこよかった。 会社のOLは、『ハンサムな女の子』な~んて、言っていた。 テイタム・オニールを完全にくっていた。 最初、この役は逆だったそうだが、テイタム・オニールが嫌がって、エンジェル役がクリスティになったという。 おいしい役どころなのにー、テイタム・オニールは損したね。 映画自体は、サマーキャンプでパイ投げがあったりして、食べものは大切にしないといけないよ~なんて思った記憶がある。 作品的には、どってことない。 つづく『泣かないで』や『さよならジョジア』は映画的にもよ~くできてた。 『泣かないで』はニールサイモンらしいセンチメンタルな、せつない味の佳作だ。 アル中の母 (マーシャ・メイソン)と娘(クリスティ・マクニコル)の話だった。 『さよならジョジア』が一番、好きだ。 ジョージアって言ったって、缶コーヒーは無関係ですよ。 女性にだらしなくて、ホントどうしようもないダメ男の兄をデニスクェイドが演じた。 クリスティはダメな兄貴を呆れながら、愛さずにはいられない、健気でシッカリ者の妹だ。 クリスティは確か、二曲くらい歌っていた。 映画の原題は、『The night the lights went out in Georgia』だから、ジョージアの灯りが消えた夜。。。 とか訳すのだろう。 『ジョージアの灯は消えて』というタニヤ・タッカーの歌も流れたが、どうにも暗くてあんまり好きではない。 ジョージア州には随分、松の木が多いなぁと思った。 クリスティがナッシュビルに向かう映画のラストに余韻が残る。 楽しく、いい後味なのだよねー。 また、観たいなぁ。 『白いロマンス』のクリスティは片方の足が不自由な役だが、モンブランの麓のスキー場がよかった。 『殺られる』のエドゥアール・モリナロ監督、頑張りました。 なんたって、クリスティの笑顔が可愛いのだ。 昨日、『パイレーツ・ムービー』のDVDを、やっと観る。 ヤッパ、空前絶後の駄作だった。 全篇、オーストラリア・ロケだし、才人のケンアナキン監督なのにね~。 ケンアナキンは『史上最大の作戦』、『バルジ大作戦』そして映画詩でもある『素晴らしきヒコーキ野郎』など好きな作品が多い。 この二十三日に亡くなったそうだ。 でもメガネのクリスティは可愛かったですよ。 『君がほほえむ瞬間』でもメガネをかけてたけれど、もう、クリスティのよさは消えていたな。 クリスティ・マクニコルは時に思慮深く、時に気難しく、時に傷つきやすく、そして時にリスのような瞳がステキだ。 そしてすぼめた口もとと笑顔が抜群だった。 破顔万両なのである。 ああ、今でも大好きだ。 この記事を書いてよかったと思ったのは、 下のクリスティの歌がYOUTUBEで見つかったことだ。 消されちまっただ、残念。 ------ まいどドーモ、ドーモ、獰猛なワタクシです。 あ、そうでしょうね。 ドリューバりモアから、ナタリーポートマンやキルスティン・ダーンストが子役世代ですよネー。 ------- 柏原芳恵説はボクも、よ~く記憶しています。 ついこの間のような気がしますが・・・ボクくらいになると、時の流れが急流のごとく速い。 役に立ちますか?この豆知識。 ------ ええ、とってもためになりました。 たとえ、世のため人のためにならづとも、ワタクシのためにはなりました。 --------- はじめまして、ようこそ。 読みに来ていただいて、レスまでつけていただき、古い記事、大歓迎です。 -------- ボクは当時、ハイライトをすっていて、軽いからとすすめられセブンスターにしたら量が倍になりました。 マルボロ、これも何度も試しましたが、いがっらっぽい本格派のタバコって感じでした。 --------- おお~~、トレイシーハイド。 パステル画のような色調の『小さな恋のメロディ』のメロディー?でしたっけ。 どちらかというと、きりっとした系アイドルですよね。 ボクも好きです。 ちなみに、『小さな恋のメロディー』のころ、大学生でした。 ゆうに一回り以上、ボクが年長ですね。 -------- ブログやって、よかったな。。。。 って思う瞬間です。

次の

チキンクリスプの値段が安い理由とは

クリスティ マック

1977年頃のフォト クリスティンは、チキン・シャックのツアーを通じてしばしば一緒になった当時のの大ファンだった。 チキン・シャック脱退後、ソロアルバム『クリスティン・パーフェクト(Christine Perfect)』を制作したが、彼女には、ソロがいい仕事だとは思えなかった。 のベーシスト・ジョン・マクヴィーと結婚した後の、彼女は、「クリスティン・マクヴィー」としてに参加した。 既に彼女は、「 Kiln House 」においてバックボーカル、キーボード、ジャケットアートでに貢献していた。 当時バンドは、創設メンバーのを失ったばかりで、メンバーはグリーン抜きでのツアーを少々恐れていた。 クリスティンは、ピーター・グリーン時代のフリートウッド・マックの大ファンであり、彼らの歌の全ての歌詞を知っていたので、すんなりとバンドに溶け込み、程なくしてグループに不可欠なメンバーにして、沢山の素晴らしい楽曲の作者になった。 そして、そのポジションを25年近くも維持し続けた。 初期は、バンドにとって困難な時期だった。 メンバーが次々に入れ替わり、アルバム『 ()(Bare Trees)』と『 ()(Mystery To Me)』だけはそこそこ成功したが、の偽物が許可なく全米をツアーするという事件が起きた。 ジョン・マクヴィーの飲酒癖は耐え難いほどになり、クリスティンは、ミュージックプロデューサーと関係を持ち、彼とソロアルバムを作るため、近いうちにジョンと離婚しバンドからも脱退するつもりだった。 しかし、ミュージックプロデューサーが妻の元に帰ったため、彼女も元の鞘に収まった。 、クリスティンは、バンドが活動拠点を米国に移して新たなスタートを切ることに、いやいやながら同意した。 その年、「バッキンガム・ニックス」のとがバンドに参加した。 彼らは、音楽に新しい息吹を吹き込んだ。 彼らが参加した最初の作品である『』からは数曲のヒット曲が出た。 クリスティンの「(Over My Head)」「(Say You Love Me)」はどちらもシングルチャートのTOP20に入った。 、クリスティンは、バンドのツアー・と付き合い始め、そのことにインスパイアされて「ユー・メイク・ラヴィング・ファン(You Make Loving Fun)」を書いた。 この曲は、市場最もよく売れたアルバムの一つである『』に収録され、全米TOP10ヒットになった。 彼女の最大のヒット曲は、シングルチャート3位を記録した「」だ。 この曲は、の大統領選挙キャンペーンソングになり、1993年の大統領就任式で演奏された曲 として永遠に記憶されている。 「噂」のツアーの終わりに、マクヴィー夫婦は離婚した。 の二枚組アルバム『(Tusk)』からは、3曲のTOP20ヒット 「Tusk」「Sara」「Think About Me」 が産み出されたが、結局何一つ前作「噂」の成功を上回ることができなかった為、期待外れの結果であると考えられてきた。 「タスク」ツアーは、まで続き、それに続いてバンドは冷却期間をおいた。 彼らは、になると次作『』を録音するためにフランスの城に再集結した。 1982年にリリースされたこの作品は、再び全米アルバムチャートの1位を獲得した。 この作品には、クリスティンの作による全米シングルチャート5位を獲得した「Hold Me」が含まれている。 この曲は、バンドにとって初のミュージックビデオでもある。 この曲は、彼女とビーチボーイズののねじれた関係からインスピレーションを得ている。 ウィルソンは、数年後に事故で溺死し、彼女をひどく悲しませた。 、バンドの主立ったメンバーと同様に、ソロ作品を制作することに決めた。 彼女は、「Got a Hold on Me」 POPシングルチャートでTOP10、アダルトコンテンポラリーチャートで1位 、「Love Will Show Us How」のヒット曲を作り出した。 シンセサイザーを多用した曲は、彼女のクリアな声と合わないようにも見えたが、「多分、この作品は世界で最も大胆なアルバムではありませんが、私は、自分の耳に正直に満足させたかったのです」と、クリスティンは自分のソロアルバムについて「The Billboard Book of Number One Adult Contemporary Hits」の中で語っている。 この作品で彼女は、12歳年下のキーボーディストEddy Quintelaと出会い、10月に結婚した。 エルビス・プレスリーのスタンダードナンバー「Can't Help Falling In Love With You」を、Howie Mandel filmの「A Fine Mess」のためにカバーした後、彼女はに再合流し、アルバム『(Tango in the Night)』を録音した。 同アルバムは10年前の『噂』以来の大きな成功をバンドにもたらした。 この作品からの最大のヒットは、クリスティンが夫のQuintelaと共作した「Little Lies」で、アメリカでもイギリスでもTOP5ヒットになった。 、リンジー・バッキンガムを除いたバンドは『(Behind the Mask)』を録音した。 しかしセールスは上がらず、シングルも小さな成功に留まった。 クリスティンは、いつでもツアーに対しては気が重く、家族や友人に囲まれて家で過ごすことが好きだった。 「Behind the Mask」ツアーの年、クリスティンの父:シリル・パーフェクトが死に、彼女は、ツアーに参加しないことを決心をした。 スティーヴィー・ニックスが脱退しても、クリスティンはミック・フリートウッドと彼女の元夫と行動を共にし、バンドののアルバム『(Time)』のために5曲を録音した。 この作品は、ファンに馴染みの薄い顔ぶれによる作品であったことと宣伝不足に苦しみ、商業的に失敗した。 バンドは、解散したように見えた。 リンジー・バッキンガムのソロプロジェクトのために、ミック・フリートウッド、ジョン・マクヴィー、スティーヴィー・ニックス、リンジー・バッキンガムが再び一堂に会するまでは。 彼らは、最後にもう一回、一緒にレコーディングとツアーをするように、クリスティンを説得した。 のライブアルバム『(The Dance)』は、チャートのNO. 1を獲得した。 クリスティンは、バンドのツアーに従い、のグループの「the Rock and Roll Hall of Fame」入りやグラミー賞、英国のBRIT Awards等でのパフォーマンスを行った後、フリートウッド・マックから完全に引退した。 「The Dance」の後の数年間、クリスティン・マクヴィーは、ほぼ完全に公の場から姿を消した。 わずかに、にイギリスのグリニッジ大学から音楽の名誉博士号を受けるために姿を現したぐらいである。 数年後の12月、彼女は、フリートウッド・マックの「Say You Will」ツアーのロンドン公演最終日を見に行ったが、昔のバンドメンバーと一緒にステージに上がることはなかった。 クリスティンは、イギリスのケントの改装された納屋で彼女の甥であるダン・パーフェクトと共にこの作品を制作した。 ダン・パーフェクトは、ギターを演奏し、バックボーカルを歌い、曲を提供した。 この作品に伴うツアーは行わず、イギリスとアメリカの一部のプレスによるインタビューを受けた。 、クリスティンは、ロンドンのサヴォイホテルで、彼女の功績に対してthe British Academy of Composers and Songwritersの金バッジを与えられた。 、16年ぶりに「」へ復帰。 、バンドの同僚 とのデュオアルバムを発表。 ディスコグラフィ [ ] ソロアルバム [ ] 年 アルバム 備考 1970 クリスティン・パーフェクト - - フリートウッド・マックのカヴァー、「ホエン・ユー・セイ」を収録。 1984 クリスティン・マクヴィー 26 - マクヴィーのソロ最大のヒット「恋のハート・ビート Got A Hold On Me 」(アメリカ10位)を収録。 2004 イン・ザ・ミーンタイム - - マクヴィーはこのアルバムを甥のダン・パーフェクトと共同プロデュースした。 デュオアルバム [ ]• Lindsey Buckingham Christine McVie 2017 シングル [ ] 年 曲 アダルト・コンテンポラリー アルバム 1984 " 恋のハート・ビート Got a Hold on Me " 10 1 クリスティン・マクヴィー 1984 " 愛のてだて Love Will Show Us How " 30 - クリスティン・マクヴィー 2004 " フレンド" - 29 イン・ザ・ミーンタイム チキン・シャック名義 [ ] 年 アルバム 備考 1968 Forty Blue Fingers, Freshly Packed And Ready To Serve - 12 - 1969 OK Ken - 9 - フリートウッド・マック名義 [ ] 年 アルバム 備考 1968 - 10 マクヴィーが外部ミュージシャンとして参加した最初のアルバム。 1969 192 6 マクヴィーはこのアルバムにおいて外部ミュージシャンとして参加した。 1970 69 39 マクヴィーはアルバムジャケットを作成した。 1971 91 - マクヴィーがフリートウッド・マックの正式メンバーとなった最初のアルバム。 1972 70 - - 1973 49 - - 1973 68 - - 1974 34 - - 1975 1 23 スティーヴィー・ニックスとリンジー・バッキンガムが参加した最初のアルバム 1977 1 1 彼女のフリートウッド・マック時代最大のヒット「ドント・ストップ」(アメリカ3位)を収録 1979 4 1 - 1980 14 31 クリスティン・マクヴィーの新曲「ワン・モア・ナイト」収録 1982 1 5 - 1987 7 1 - 1987 14 3 マクヴィーの「ユー・フォロー As Long As You Follow 」を含む新曲2曲を収録 1990 18 1 このアルバムができてからマクヴィーはフリートウッド・マックのツアーへの参加を停止した。 1995 - 47 - 1997 1 15 マクヴィーは、彼女自身最後のフリートウッド・マックのツアーへ参加し、その後グループを脱退した。 2003 3 6 マクヴィーは外部ミュージシャンとして名を連ねた。 彼女はキーボードと「ブリード・トゥ・ラヴ・ハー」、「スティール・ユア・ハート・アウェイ」の2曲でバックボーカルを務めた。 脚注 [ ] []• 数日後にスーパーボウルが開催された同地で、クリスティン以下「噂」発売当時のメンバーが再結集しライブ演奏した。 10年後に離婚した。 BARKS 2014年1月15日. 2018年1月11日閲覧。 Mikiki 2017年8月18日. 2018年1月11日閲覧。

次の