ご確認の程よろしくお願い。 「ご査収」の意味と正しい使い方は?「ご確認」との違いや類語も

「ご確認」の意味と使い方!「ご査収」との違い、類語、英語も紹介

ご確認の程よろしくお願い

私達は、日常生活で、相手に何かを確認してもらいたい時や、チェックしてもらいたい時、「確認」という言葉をよく使います。 ビジネスの場でも、資料やデータのやり取りをする際などに、「ご確認」という言葉をよく使うと思います。 ビジネスシーンでは、敬語や丁寧語が基本とされている為、相手に確認を頼む際も、「ご確認下さい」など、丁寧な表現を使うことが一般的です。 しかし、「ご確認」のフレーズはたくさんあり、使い方も幅広くあります。 その為、誤った使い方で覚えてしまいがちな言葉でもあるのです。 以下で、「ご確認」の正しい使い方や例文をご紹介していくので、確認していきましょう。 「ご確認」は「ご」+「確認」の【丁寧語】 また、「ご確認のほど~」という言い回しも、よく見掛けるフレーズの1つです。 「ご確認」以外にも、敬語などでよく使われる「~のほど」というフレーズ。 この「ほど」という言葉には、断定や強制を避け、柔らかい雰囲気やニュアンスを演出する効果があると言われています。 上記でご紹介した「ご確認ください」は、確認することを相手に義務づけたり強制したりしているイメージが、少しありますね。 しかし、「ご確認のほど~」というように、「ほど」を付けることで、強制的な印象が弱まるのです。 では、「ご確認のほど~」の言い回しを、例文で確認していきましょう。 ・ご確認のほど、お願い申し上げます。 ・ご確認のほど、宜しくお願い致します。 「~のほど」は、今回のテーマである、「ご確認」の他には、「ご協力のほど~」「ご支援のほど~」といった使い方があります。 また、「ご確認の上~」という言い回しも、ビジネスメールではよく使われます。 上記でご紹介した「ご確認のほど~」などの言い回しは、「お願い致します」などの言葉が続くことが多く、相手に確認をお願いする場合に使われる言葉となっております。 ただ確認をお願いするだけでなく、確認した上で何か動作や反応をお願いする際に使われる表現なのです。 実際に、例文を通して、「ご確認の上~」という表現の使い方を学んでいきましょう。 ・数量をよくご確認の上、受領印を押してください。

次の

敬語「ご確認」の使い方と例文|ご確認のほど・ご確認お願いします

ご確認の程よろしくお願い

「ご確認のほど」とは、ビジネス上のやりとりにおいて、 相手に自分の意見や主張、指示などを確認してもらいたいという気持ちを柔らかく伝える敬語表現です。 「ご確認」の「ご」は2つ意味があり、自分が相手に確認してもらいたい場合は謙譲語、逆に相手が自分に確認してもらいたい場合は、相手に対する尊敬語の意味を持ちます。 どちらにしても相手に対する敬語として使うことが多いです。 「のほど」は、「~してもらいたい」という意味をやわらかく表現している言葉で、相手に対して確認を強く求めるというよりは、「確認してもらっていいですか」というような依頼のニュアンスを含んでいます。 「ご確認のほど、〜」は目上の人にも使えるのか? 「ご確認のほど」の類語で「ご査収のほど」に言い換えることがあります。 この言葉もビジネスメールでは非常によく使う言葉です。 「査」は調べる、「収」は受け取る・おさめるという意味があり、「査収」とはメールや資料などを「しっかり調べて受け取る」という意味を持ちます。 この「査収」に「ご」を付けて敬語表現として使いますが、例文からも分かるように 資料などの確認すべきものがあるのが前提です。 メールの場合は添付ファイル、書面の場合は同封資料がある時に、上司や取引先などの相手にその資料を確認してほしいことを伝える場合に使います。 単にメールの内容を確認してもらいたい場合には、査収する物がないため使いません。 「ご査収のほど、」の使い方 「ご確認のほど」の類語として「お取り計らいのほど」と言い換える場合があります。 「取り計らう」という言葉には、相手に対して配慮したり気配りをしたりする意味があり、 「ご確認のほど」よりも相手に配慮や気配りをしてほしいと丁寧に頼む際に使うものです。 ビジネス上の取引先や外注先など、社外の相手に対して使われる敬語表現ですので、この後出てくる例文で確認しておきましょう。 相手に対してお願いをする時に使うのは一般的に「よろしくお願いいたします」だけですが、「お取り計らいのほど」を付けることでより堅く真面目な印象を相手に与えられます。 こちらからの頼みをどうにかして聞いてもらいたいというニュアンスを含んだ類語です。 「お取り計らいのほど、」の使い方 「ご確認のほど」の類語として「ご検収のほど」という言葉があります。 「検収」という言葉は「納品した商品が発注した通りなのかを検査して受け取る」という意味を持ちます。 つまり、 資料などではなく、ビジネス上の取引で現物やサービスをやりとりしている場合にのみ使いますから、使用する場面はやや限定的です。 発注した商品が数量通りか、傷が入っていないかをチェックしたり、会社で使用するシステム開発が希望通り使えるのかをチェックする、いわば検査・検証を求める言葉です。 例文でも示したように、商品やサービスを納入する際に、納品者から発注者に向けて使いますが、見積書などを上司に確認してほしい場合にも使うことがあります。 「ご検収のほど、」の使い方 「ご確認のほど」の類語として「ご高覧いただく」を使う場合があります。 「高覧」とは、見るという言葉を最大限丁寧に表現した言葉です。 「見る」という言葉が「見ていただく」となり、さらに敬語表現として「ご覧いただく」になりますが、これに丁寧な気持ちをさらに加えて言い換えた言葉が「ご高覧のほど」です。 かなり堅い言葉なので、丁寧過ぎてかえって失礼にあたるシーンでは使いません。 そのため、 取引先の代表者など、ビジネス上の重要人物や顧客に対して言い換えて使う類語と言えます。 相手を最大限敬い、目上である相手に見てもらいたいという気持ちをもっとも丁寧に伝える際に使いますので、例文で確認しておきましょう。 「ご高覧のほど、」の使い方• We kindly ask for your confirmation. (ご確認のほどよろしくお願いいたします)• I am sorry to trouble you, but I would really appreciate it if you could confirm. (お手数をおかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします)• Please take a look. (ご査収のほどよろしくお願いいたします)• I am sending you an invoice. Please check the contents. (請求書を送付いたしますたのでご査収のほどよろしくお願いいたします)• Please read through the document I sent. (配布資料をご一読のほどよろしくお願いいたします)• please take actions on this matter. (どうぞお取り計らいのほどよろしくお願いいたします).

次の

「ご確認のほど」の意味とは?敬語での使い方やメールの例文を紹介

ご確認の程よろしくお願い

「ご確認」の読み方・意味・敬語 「ご確認」の読み方は「ごかくにん」 「ご確認」の読み方は「 ごかくにん」です。 「ご確認」は、「確認」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついた言葉です。 「確」は音読みで「かく」と読み、訓読みで「たしか・たしかめる」と読みます。 「確」は「たしか・まちがいない・たしかめる」という意味があります。 「認」は音読みで「にん」と読み、訓読みで「みとめる」と読みます。 「認」は「みとめる・ゆるす・みきわめる」という意味があります。 「ご確認」の意味は「相手が確かにそうだと認めること・たしかめること」 「ご確認」は、「確認」という言葉に丁寧の「ご」をつけたこ言葉です。 「確認」は、「 確かにそうだと認めること」「 また、はっきり確かめること」を意味します。 「確認」に、「ご」をつけることで「 相手がそうだと認めること・たしかめること」という意味合いをもつようになり、 目上の人やビジネスシーンで使用できるようになります。 「ご確認」は丁寧語 「ご確認」は、 丁寧語です。 上司や取引先など目上の人に使用する「ご確認ください」は、 尊敬を表す接頭語「ご」+「確認」+丁寧語「ください」で成り立っています。 「 たしかめてください」「 認めてください」というような意味合いで使用されます。 「ご確認」の主な使い方を例文でつきで紹介しますので参考にしますので参考にてくださ 「ご確認」の使い方と例文 基本的な使い方は「ご確認ください」 「ご確認」の基本的な使い方は「 ご確認ください」です。 「ご~する」という表現は謙譲語の形で、「ご」を使用した語尾は「ください」となります。 よって、「ご確認してください」とう表現は誤用になりますので注意しましょう。 「ご確認ください」は、「確認してほしい」ということを丁寧に伝えることができる言い回しです。 ・ご確認なさってください ・ご確認の程お願いします ・ご確認くださいますようお願い申し上げます ・ご確認くださいませ ・ご確認していただけますか ・ご確認いただければ幸いです ・ご確認願います などと表現すると、より丁寧になります。 例文 「お時間のあるときに、資料をご確認いただければ幸いです」 「詳しい当日のスケジュールについてはパンフレットをご確認ください」 「会場のアクセス方法はホームページをご確認ください」 「注文内容にお間違いがないかご確認いただけますか」 「今一度、持ち物をご確認の程お願いします」 「お忘れ物のないよう、ご確認願います」 「ご確認お願いします」は丁寧な表現 「ご確認お願いします」は、「ご確認」の丁寧な表現です。 「ご確認お願いします」は、「確認」という言葉と「願う」という言葉から成り立っています。 つまり「ご確認お願いします」は、「ご確認」という言葉に、丁寧語の「お」をつけた「願う」という言葉をつけ、更に「する」の丁寧語である「します」をつけた丁寧な表現ということになります。 例文 「こちらに記載の内容にお間違いがないかご確認お願いします」 「会議の内容については先日お渡しした資料のご確認をお願いします」 「予約の有無については日によて異なりますのでホームページでご確認お願いします」 「アルバイトの募集を開始いたしました。 詳しくは募集要項をご確認お願いします 「お忘れ物のないよう十分にご確認お願いします」 目上の相手には「ご確認お願いいたします」 目上の相手には「 ご確認お願いいたします」という言い回しを使用します。 目上の人に「確認してください」とお願いをする場合は、 相手に対する「尊敬」や「謙譲」を言い方をする必要があるので丁寧語である「ご確認お願いします」よりも、謙譲語である「ご確認お願いいたします」を使用するべきだということがわかります。 しかし、お同じ社内の人間には「ご確認お願いします」という表現をすることが一般的になってきました。 相手との関係性によっては、目上の人であっても「ご確認お願いします」を使用することができます。 例文 「企画書を提出させていただきましたのでご確認をお願いいたします」 「大変恐縮ではございますが、資料のご確認をお願いいたします」 「お手数をおかけしますが、見積書のご確認をお願いいたします」 「お忙しいところ申し訳ありませんが、内容のご確認をお願いいたします」 「各位、資料のご確認をお願いいたします」 「ご確認のほど〜」は「確認してくれるよう〜」という意味 「ご確認のほど~」は「 確認してくれるよう~」という意味で使用される言い回しです。 「ほど~」は、 限定を避ける表現方法で「~してもらえるよう」というような意味合いのある言葉です。 「してもらえるよう」という表現方法は、「~してください」と強制的なニュアンスで伝えるよりも柔らかい印象でお願いをすることができます。 「ご確認のほど~お願い申し上げます」というような使い方をします。 確認後に何かアクションを要望するときに、「ご確認ください」とするのではなく「ご確認のうえ」という言い回しをします。 例えば、確認した後に連絡してほしいという場合は、「ご確認のうえ、ご連絡くださいますようお願いいたします」というように言い表します。 「査収」は「 よく調べたうえで受け取ること」を意味しています。 「ご査収ください」は 相手に何か渡す際に使いますが、ただ受け取るのではなく、中身や内容の確認をしたうえで受け取ってくださいということを伝えたい場合に使います。 「ご確認」は、 様々な場面で使用することができる言葉です。 「メールを送らせていただいたのでご確認お願いたします」というように使うことができますが、この場合は調べるものがないので「ご査収してください」と使うことはできません。 ・明日の会議の資料をメールに送付したのでご査収ください。 ・ご注文のお品を本日発送させてただきましたので、ご査収ください。

次の