エロ 体験 談。 出会い系の体験談ブログ!素人女性100人とタダでセックス

実際にあったエロい体験談

エロ 体験 談

オレがたまに行っているおしゃれ雑貨のお店がある。 ここには主に食器関係を買いに来ることが多いのだ。 そこまで高くはないけど、100均ほどシンプル過ぎないものを見つけようとしたらこの店に辿りついたのである。 ここは女性店員しかいない。 まあ確かに女が好むようなものがほとんどなので、店員も女性で固めたほうがいいのかもしれないのだが。 オレは何回かこの店に来ていると、店長の久代朋子と仲良くなっていく。 彼女は現在32歳で既婚者、ショートヘアーで可愛らしい顔をしたスレンダーな女である。 一見してスタイルも良いしモテそうな女だ。 まあ結婚しているしその辺は問題なく幸せなのだろう。 ただ、この店は店長以外は皆若い。 20代半ばくらいまでが揃っているのだ。 すると、32歳の朋子はちょっと大人になってしまう。 まあみんなそんなことを言うわけはないが、おばさんと言う意識が出てしまうのだろう。 しかし朋子だってまだ女として劣っているわけでは無い。 オレのようなアラフォーからしたら、朋子くらいの方が女の魅力があると思っている。 20代前半は見ている分には良いが、若すぎて面倒なこともあるものだ。 それでも若い女達に囲まれている朋子は、密かにスタッフたちに嫉妬をしているっぽい。 お店が閉店になり若い女達を返す朋子。 オレは仲良くなったことを良いことに、閉店後でもお邪魔しているのだ。 朋子が逆にいてほしいという誘いをしてくるのがきっかけである。 「実際、やっぱり疲れるわよ…若い子たちって」 朋子は閉店作業をしながら軽く愚痴っぽいことを言ってきた。 まあ彼女なりに話を聞いてもらいたかったのだろう。 「キャピキャピしてるし…まあ若いうちが花だけどね…」 何か僻みにも聞こえてしまう朋子の言葉。 そんな朋子を励ましてやろうとオレも話しを返す。 「オレは朋子さんが一番だけどね」 「あら、ありがと。 お世辞でも嬉しいわ」 「お世辞じゃないよ、朋子さんは魅力あるから」 オレはそう言いながら朋子に近づいて、パソコンで売り上げ処理をしているところを後ろから胸を揉んだ。 「やん…ちょっと、こら…!急に何…!?」 朋子は驚いてパソコンから手を離してしまう。 「だから、魅力のある女だからこうしたいんだよ」 オレは服の中に手を入れて、ブラもずらして生チチをまさぐる。 「ヤダ…!ちょ、やめ…バカぁぁ、あん…!」 「ほら、こんなにエロい声出しちゃうんだから」 「バカ…変なこと言わないでよ…あん…」 「オレもこんなに興奮してるし」 オレは固くなってしまった肉棒を朋子のお尻に擦りつける。 「もう…ここはお店だから…誰か来たらどうするの…?」 「お店閉めたんでしょ、誰も来ないよ」 オレは勢いで片方の手を朋子のスカートの中に入れて、アソコを摩り始めた。 「ダメ…そこはあぁぁ…ハァぁん…」 「アレ、止めてほしいの?」 「ダ、だって…ァぁあん…アタシ結婚してる…」 「止めてほしいなら止めるけど、その割に抵抗してこないね」 「バ、バカなことは…言わないでよ…あふん…」 オレの指がクリトリスを刺激して、だんだんと朋子は吐息を乱しはじめてくる。 指をアソコの中に入れると、完全にクチュクチュという音が鳴った。 「はあ、ぁっぁあん…!あ、ヤァん…!」 「気持ちいいんでしょ、正直に言いなよ」 「っぁん、気持、いい…ハァぁあ…あん…」 「もっと気持ち良くしてほしい?」 「は、はい…」 「正直でエロい女だね、じゃあお尻付きだして」 オレは朋子のパンティーを脱がして後ろからクリトリスを立ちバッククンニする。 「やあっぁぁあ…す、すごい…!!やぁぁん、ハァァん…!」 「朋子さん、アソコがすごいことになっているよ。 ここはどうかな」 オレは朋子の膣内に指を入れてGスポットをいじりながらクンニをする。 「やあぁ!!ダメダメ…!ハァぁあん…イッちゃう…!!」 朋子は一気に身体を熱くしてしまい、そのまま絶頂に達してしまった。 立ちバッククンニでイカされてしまった朋子。 そのまま崩れ落ちるように床に座りこんでしまう。 「ハァぁん…良かった…」 朋子は若い子がちやほやされているところを見て、密かに良い思いはしていなかったのだろう。 しかしオレが身体を求めてきてクンニしてあげたことで、自分の女としての本能が目覚めたのだ。 朋子は床に座り込みながらも、オレの肉棒を求めてくる。 そしてパンツを下してフェラをしてきた。 「このおチンチン…欲しいの…」 「挿れちゃっていいの?結婚しているのに」 「大丈夫…バレなければいいの…」 「スケベだな、朋子さんは。 じゃあしっかりフェラして」 「うん…いっぱいい舐めてあげる…」 朋子は無我夢中という感じでオレのペニスを口に含んでフェラをしていた。 奉仕していることで、また女として開花したのだろう。 「朋子さん、気持ちいいよ。 そろそろ挿れてあげようか」 「はい…お願いします…」 オレは朋子を四つん場にさせて、再び後ろから挿入した。 「ハァァぁ…んんん…やあっぁあ…すごいわ…!!」 朋子のアソコにオレの肉棒がピストン運動していく。 奥まで突かれてしまった朋子はひたすら喘ぐばかりだ。 「朋子さんのアソコ、あったかくて気持ちがいいな」 「あぁぁ、あん…!アタシも…気持ちがいい…はあっぁあん…!!」 「朋子さん、イっていい?」 「あん…!出して…いっぱい…!!」 オレは遠慮なく朋子に中出しをした。 閉店はしても光は煌々としている店の中で、オレは朋子の女としての寂しさを紛らわしてあげたのである。 タグ :.

次の

大学生のエッチな体験談 : エッチで抜ける体験談

エロ 体験 談

オレがたまに行っているおしゃれ雑貨のお店がある。 ここには主に食器関係を買いに来ることが多いのだ。 そこまで高くはないけど、100均ほどシンプル過ぎないものを見つけようとしたらこの店に辿りついたのである。 ここは女性店員しかいない。 まあ確かに女が好むようなものがほとんどなので、店員も女性で固めたほうがいいのかもしれないのだが。 オレは何回かこの店に来ていると、店長の久代朋子と仲良くなっていく。 彼女は現在32歳で既婚者、ショートヘアーで可愛らしい顔をしたスレンダーな女である。 一見してスタイルも良いしモテそうな女だ。 まあ結婚しているしその辺は問題なく幸せなのだろう。 ただ、この店は店長以外は皆若い。 20代半ばくらいまでが揃っているのだ。 すると、32歳の朋子はちょっと大人になってしまう。 まあみんなそんなことを言うわけはないが、おばさんと言う意識が出てしまうのだろう。 しかし朋子だってまだ女として劣っているわけでは無い。 オレのようなアラフォーからしたら、朋子くらいの方が女の魅力があると思っている。 20代前半は見ている分には良いが、若すぎて面倒なこともあるものだ。 それでも若い女達に囲まれている朋子は、密かにスタッフたちに嫉妬をしているっぽい。 お店が閉店になり若い女達を返す朋子。 オレは仲良くなったことを良いことに、閉店後でもお邪魔しているのだ。 朋子が逆にいてほしいという誘いをしてくるのがきっかけである。 「実際、やっぱり疲れるわよ…若い子たちって」 朋子は閉店作業をしながら軽く愚痴っぽいことを言ってきた。 まあ彼女なりに話を聞いてもらいたかったのだろう。 「キャピキャピしてるし…まあ若いうちが花だけどね…」 何か僻みにも聞こえてしまう朋子の言葉。 そんな朋子を励ましてやろうとオレも話しを返す。 「オレは朋子さんが一番だけどね」 「あら、ありがと。 お世辞でも嬉しいわ」 「お世辞じゃないよ、朋子さんは魅力あるから」 オレはそう言いながら朋子に近づいて、パソコンで売り上げ処理をしているところを後ろから胸を揉んだ。 「やん…ちょっと、こら…!急に何…!?」 朋子は驚いてパソコンから手を離してしまう。 「だから、魅力のある女だからこうしたいんだよ」 オレは服の中に手を入れて、ブラもずらして生チチをまさぐる。 「ヤダ…!ちょ、やめ…バカぁぁ、あん…!」 「ほら、こんなにエロい声出しちゃうんだから」 「バカ…変なこと言わないでよ…あん…」 「オレもこんなに興奮してるし」 オレは固くなってしまった肉棒を朋子のお尻に擦りつける。 「もう…ここはお店だから…誰か来たらどうするの…?」 「お店閉めたんでしょ、誰も来ないよ」 オレは勢いで片方の手を朋子のスカートの中に入れて、アソコを摩り始めた。 「ダメ…そこはあぁぁ…ハァぁん…」 「アレ、止めてほしいの?」 「ダ、だって…ァぁあん…アタシ結婚してる…」 「止めてほしいなら止めるけど、その割に抵抗してこないね」 「バ、バカなことは…言わないでよ…あふん…」 オレの指がクリトリスを刺激して、だんだんと朋子は吐息を乱しはじめてくる。 指をアソコの中に入れると、完全にクチュクチュという音が鳴った。 「はあ、ぁっぁあん…!あ、ヤァん…!」 「気持ちいいんでしょ、正直に言いなよ」 「っぁん、気持、いい…ハァぁあ…あん…」 「もっと気持ち良くしてほしい?」 「は、はい…」 「正直でエロい女だね、じゃあお尻付きだして」 オレは朋子のパンティーを脱がして後ろからクリトリスを立ちバッククンニする。 「やあっぁぁあ…す、すごい…!!やぁぁん、ハァァん…!」 「朋子さん、アソコがすごいことになっているよ。 ここはどうかな」 オレは朋子の膣内に指を入れてGスポットをいじりながらクンニをする。 「やあぁ!!ダメダメ…!ハァぁあん…イッちゃう…!!」 朋子は一気に身体を熱くしてしまい、そのまま絶頂に達してしまった。 立ちバッククンニでイカされてしまった朋子。 そのまま崩れ落ちるように床に座りこんでしまう。 「ハァぁん…良かった…」 朋子は若い子がちやほやされているところを見て、密かに良い思いはしていなかったのだろう。 しかしオレが身体を求めてきてクンニしてあげたことで、自分の女としての本能が目覚めたのだ。 朋子は床に座り込みながらも、オレの肉棒を求めてくる。 そしてパンツを下してフェラをしてきた。 「このおチンチン…欲しいの…」 「挿れちゃっていいの?結婚しているのに」 「大丈夫…バレなければいいの…」 「スケベだな、朋子さんは。 じゃあしっかりフェラして」 「うん…いっぱいい舐めてあげる…」 朋子は無我夢中という感じでオレのペニスを口に含んでフェラをしていた。 奉仕していることで、また女として開花したのだろう。 「朋子さん、気持ちいいよ。 そろそろ挿れてあげようか」 「はい…お願いします…」 オレは朋子を四つん場にさせて、再び後ろから挿入した。 「ハァァぁ…んんん…やあっぁあ…すごいわ…!!」 朋子のアソコにオレの肉棒がピストン運動していく。 奥まで突かれてしまった朋子はひたすら喘ぐばかりだ。 「朋子さんのアソコ、あったかくて気持ちがいいな」 「あぁぁ、あん…!アタシも…気持ちがいい…はあっぁあん…!!」 「朋子さん、イっていい?」 「あん…!出して…いっぱい…!!」 オレは遠慮なく朋子に中出しをした。 閉店はしても光は煌々としている店の中で、オレは朋子の女としての寂しさを紛らわしてあげたのである。 タグ :.

次の

実際にあったエロい体験談

エロ 体験 談

夕雅(まみりん)です。 小学校から中学校まで、書道教室に通っていました。 毛筆30分硬筆30分です。 同じ学年で大西君という男の子がいました。 毎回、夕雅の後ろの席か、斜め後ろの席に座って夕雅のことをじっと見ていました。 夕雅がホットパンツで行くと、目を見開いて足をガン見していました。 中学1年の時、大西君から 「展覧会やコンクールに入選したら、相手は1日何でもいうことを聞く。 」 という賭け?を提案されました。 しかし、お互いなかなか入選できませんでした。 中学3年生の時、大西君が市のコンクールに入選しました。 約束なので、11月の日曜日、大西君の家に遊びに行きました。 ランチを食べて、お昼過ぎに行きました。 大西君は弟と妹がいます。 タグ : これは四年前の話・・・ 会社の事務に33才の綺麗な顔をしたMという女性が居ます。 こんな綺麗な人が世の中に居るのかと思うぐらい、顔も身体も完璧で社内ではアイドル的存在です。 ただ、友達以上の関係は難しい感じでアプローチもしてみたが、相手にされないでいました。 その日もいつものように、酒を飲み談笑していたら、店員さんが日本酒をすすめてくれたのでMは調子にのって何杯も飲み、酒に強く普段から酔わないMも、かなり酔っ払ってました。 私は酒が飲めないで、そろそろ送って行くからと、近くの駐車場に置いてある車に連れて行こうとすると、何故か旦那の名前を大声で叫びながらキスして来ました 爆 周りには沢山の人が居て、酔っ払って絡むMを皆が見ています・・・慌てて、車の中に連れて行きました!Mは車に乗るなり、靴を脱ぎ捨て、脚を運転席の私の方に投げ出し眠ってしまいました・・・私はドキドキです・・・Mは細身なのですが、スリムのジーンズを履いているせいか、脚から腰にかけてのラインがはっきり見えますし、上はTシャツ一枚とラフな格好で胸の膨らみがはっきりわかります・・・憧れのMが私の脚に脚を乗せて眠ってる・・・下を向けばMのアソコがジーンズの下にあるんだと思うと気がおかしくなりそうです・・・しばらく、Mの顔を見ていましたが、本当に綺麗な子です・・・こんな綺麗な子がどんな下着を?どんな身体を?しているのかが、気になってしまい、我慢出来なくなりました・・・ゆすっても起きないので、Tシャツを下から捲りあげると、黒に白い水玉のブラジャーが見えました。 ブラジャーの上から触っても起きません・・・ 思い切ってブラジャーを持ち上げておっぱいを出しました。 あまり大きな胸ではありませんが、綺麗なピンクの乳輪と小さな乳首が見えました。 子供が居るとは思えない綺麗な乳首です。 触ったり舐めたりしていたら、すぐに固くなりましたが、まったく起きる気配はありません・・・ しばらく、左手でおっぱい、右手はジーンズの上からMのアソコを割れ目にそって縦に撫でてました。 しばらくして気がついたのですが、ジーンズが湿ってます・・・ さすがにジーンズが湿るほど濡れる訳はないと思いましたが、勇気を出して、ジーンズのホックを外し、チャックをおろすとブラジャーとお揃いのパンティが出て来ました。 スリムなジーンズなので、あまり下ろすことが出来ないので、手をMの大事な部分をパンティの上から触ると、お漏らししたのかってぐらいにグチョグチョです・・・もう我慢出来なくて、パンティを持ち上げると薄い毛が見えたと共に、女の匂いがしました。 タグ : 絵里とはその後は一緒に遊ぶことがあっても、しばらく何もありませんでした。 僕の頭の中は常に絵里のマン毛を見たいと考えていましたが、なかなか言い出せませんでした。 絵里は小柄で顔も可愛く、基本的に優しい女の子でした。 僕はたぶん絵里のことが好きだったのかもしれません。 AやBは相変わらず遊びに来ていましたが、3人とも絵里のマン毛については語りませんでした。 絵里を含めて4人で遊んだ時もゲームばっかりしていた気がします。 そのまま何もなく6年生になった頃、Aがうちに遊びに来た時にAもチン毛が生えてきたと聞かされました。 Bも呼ぼうということになりBを呼んで「Aもチン毛、生えてきたんだって」と伝えるとBが「俺も生えてきてるよ」と言うではありませんか。 僕はショックでした。 僕はまだ生えてきてなかったからです。 久々に3人で絵里のマン毛の話しになり、絵里を呼んで知らせようということになりました。 僕はまだだったので嫌でしたが絵里を呼びました。 何も知らない絵里は君江という同じクラスの女の子と一緒にやってきました。 どうやら絵里の家に遊びに来ていたらしいです。 君江は背も高く小6にしては大人びた感じの女の子です。 女子は発育が早く、君江も絵里もオッパイが膨らみ大人の女性に近くなってきていました。 AもBも君江が一緒だったことは誤算でした。 絵里が来てもチン毛のことは言い出せませんでした。 5人でトランプをしてるときに何か罰ゲームを設けようということになりました。 1番の人がビリに、2番の人がビリ2に何かさせるということになり、最初はものまねをさせたり凸ピンをしたりしていたのですがBが1番、僕が2番、君江がビリ、絵里がビリ2になった時です。 Bは調子に乗って「女子はもうブラジャーしてるんだろ?見せてくれ」と言いました。 君江は「えー!嫌だよ」と言いながらも笑っていてそんなに嫌な感じはありません。 Bは罰ゲームなんだからと言い張り、ついに君江はBだけに見せることになりました。 君江は僕達に背を向けてBだけを呼び、来ていたトレーナーをたくし上げました。 Bは「おぉー!」と歓声をあげます。 するとAが瞬時に君江の前に移動して一緒に見てしまいました。 君江は「Aはダメじゃん!」と言ってすぐにトレーナーを戻しました。 僕も見たかったのにずるいな!と思いましたが同時に僕も絵里のブラジャー見せてもらおうと思いました。 僕の番です「僕も絵里のブラジャー見せて」と言うと、絵里は「じゃー他の人に見られないように廊下に行こう」と言われました。 てっきり拒否されるかと思っていたのに驚きでした。 タグ : これは僕が芸能事務所で働いていた時の話です。 僕が働いていた事務所に、当時大人気の子役の男の子が所属していました。 その子はまだ8歳という幼少ながら、当時人気ドラマや映画、CM等に引っ張りダコの超人気子役でした。 人気がすべてのこの業界においては、年齢はあまり関係ありません。 そんな年齢でVIP待遇を受けている影響もあり。。。 フクシは表の愛くるしいキャラクターとは裏腹に、 僕達業界人の中ではかなりの超わがままな子としても有名でした。 そんなわがままな子役に、僕がお世話になっている先輩が当時担当としてついていました。 ある日その先輩から、僕にフクシのことについて相談があると連絡ありました。 「実は、、、フクシがな、、今度のドラマに出たくないって言いやがるんだよ。。 もう勘弁してくれよって感じだよ。。 」 先輩はそう言って ため息をつきました。 「はぁ。。。 またですか」 フクシはよくドラマやCM直前になって「出たくな~い!!」言って、駄々をこねます。 しかし超人気子役ゆえ、誰も言えず、最近は親が言っても いうことを聞きません。 なんというか親のほうも もうすでにフクシの言いなりのような感じでした。 そうなると、こちら側はフクシの駄々を聞いてご機嫌を取るしかありません。。。 もうなんというか大物俳優並みの待遇です。 タグ : 私は24才独身保育士です ある連休のとき私が通う園の子が 先生のおうちに泊まりたいとやんちやを言ってきました 一晩だけならと園児の母親とも相談し 一晩だけあずかることになったのですがそれを友達に話たのか先生僕もと…結局 三人あずかることになりました 一人も三人も同じかと考え その夜園児たちをお風呂に入れさせ もちろん 私も裸です 三人の園児にマジマジとみられてしまいましたが子供とはいえ男ですねかわいいあそこが ピンとしてましたね先生オッパイとせがんできましたがダメ ダメ とあしらいました 夜 みんなでざこねしたんですが 夢かと思うほど 感じてきたんです ふと 目をさますと 私は全裸にされて 園児二人にオッパイをしゃぶられ 一人はあそこをいじってました 園児に感じさせられ 思わず声をだしてしまいました… タグ : 4人とも中学生になり、部活動が始まります 僕は陸上、Aは野球部、Bと絵里はバドミントン。 それぞれ忙しくなり、なかなか会って遊ぶこともなくなってきました。 僕は同じ陸上部のCとDと遊ぶことが多くなりました。 それでも休みが合う日はAやBとも遊びました。 最初の頃は絵里と一緒に通学もしていましたが、部活の朝練などもありそのうちバラバラに通学するようになりました。 そして絵里とは遊ばなくなりました。 僕は小学生まで絵里とエッチな遊びをしていたことも忘れて中学生活を送っていました。 2年生の文化祭の日にBと絵里が付き合うことになったと聞かされました。 Aと二人でBを冷やかしていたのを覚えています。 たまに2人が一緒にいるところを見ました。 冬休み、部活も休みで連日僕の家にA、B、C、Dの4人が集まり一緒に遊びまくりました。 Cが兄貴が持っていたAVを持ってきて、「見てみようぜ!」というので4人で見ました。 その頃には僕もチン毛は生えていて、オナニーも覚えていました。 ワクワクしながらAVを見始めましたが、驚きでした。 モザイクがかかっていましたが、明らかに女のオマンコを男が嘗め回しています。 そして女が男のオチンチンを咥えて舐めています。 男が射精をするときに、女の顔に精液を掛けたり、そのオチンチンを女が舐めたり吸ったりしてたりしていました。 エッチな事に疎かった僕はほんとうに驚きでした。 Cはエッチに詳しく、AVを見ながら色々教えてくれました。 オマンコにはオシッコをする穴とは別にオチンチンを入れる穴があるとか、そこから赤ちゃんが生まれてくるとか。 クリトリスというのがあってそこが女は気持ちが良いらしい。 女は感じてくるとオマンコが濡れるらしい。 お尻の穴にもオチンチンを入れたりするなど・・・ みんなは「お尻の穴かよ~きったねぇな~!」など笑いながら聞いていました。 Cは「まだ兄貴が色々持ってるから、また一緒に見ようぜ」と言いました。 見終わった頃には、勃起は当然でしたが僕のパンツが我慢汁でいっぱい濡れてしまっていました。 その夜は、みんなで見たAVを思い出しながらオナニーしました。 それからというもの、5人集まってはAVを見まくりました。 みんなで「勃起しまくり!」と言いながら、ズボンの上からでしたが硬く大きくなったオチンチンを見せ合ったりバカなことばかりしていました。 ある日、みんなが集まってAVを見ているときに、Bに絵里とはエッチなことをしたのか聞きました。 するとBは「はっきり別れたわけじゃないけど、自然消滅ってやつかな?2ヶ月もしないうちに遊ばなくなった。 Dランドに一緒に行った時に手を繋いだ程度だよ」と言いました。 タグ : 初めに私の身の回りの話をします。 年齢48歳(土建業) 妻43歳(美羽)・子供20歳(他県の就職し1人暮らし) 郊外に小さいながらも一軒家を建て、今は妻と2人暮らし。 妻は肉付きも良くなり中々のエロボディで胸は垂れているがGカップの巨乳。 ちょっと前に、古くからの友人(ヨッさんとヒィさん)と酒を飲んだ時の話をします。 2人は転勤で、移動してから10年以上も経ちます。 年齢も同じで、話も合う事からお互いの部屋を行き来する仲でもありました。 その日、ヨッさんの宿舎で飲もうと言う事になり夕食を兼ねて3人で飲む事にしたんですが、 妻も行きたいと言うので連れて行きました。 まぁ妻も2人とは何度も酒を飲んだり、旅行に出掛けたりした事もあるので、友達みたいな 者でした。 その日は4人共酒が進み、いい感じに酔っていたんです。 男の飲み会ともなれば下ネタに花が咲き、妻も大盛り上がりです。 ヨッさんもヒィさんも妻を下手褒めし、妻も上機嫌になっていたんです。 私には誰にも言えない苦しい思い出があるんです。 夫(40歳)と結婚して数年、1人の子供(男)を授かりました。 夫も課長へ昇進し、生活費も十分だった事もあり私は専業主婦をさせて頂いています。 子供も小学生になり、昼間は自由な時間・・・とは言っても掃除に洗濯、主人と子供を送り出し 午前中は忙しく過ごしています。 子供も習い事を始め、帰宅は5時を過ぎる日々。 そんな幸せな生活が、あの出来事で一遍したんです。 我が家は街外れの静かな場所にありました。 本道から山道を昇った所に、地元の高校があり当時は凄く荒れていると聞いていたんです。 もちろん近所で髪を金髪にした柄の悪い高校生がタバコを吸っているのを見かけた事が度々です。 そんな高校生にまさか私が性のターゲットにされる何て想像もしていませんでした。 その日、買い物を済ませ家路に向かっていると、公園の前で柄の悪い高校生が私の方を見ていました。 慌てて道を戻ろうとすると反対側にもさっきの高校生が歩いて来て、5人に囲まれた私は、彼らから逃げる様に 更に奥地にある沼池に進んでしまったんです。 そこは地元の人もほとんど入る事の無い場所で、昼間でも静まり返っていたんです。 あっと言う間に私は彼らに囲まれイヤイヤする中、衣服を脱がされ始めたんです。 タグ : 俺が昔、スロットで生活してた頃の話だけど、けっこう良い思いをしてた。 今となっては信じられないかも知れないけど、昔のスロットは、技術介入とハイエナ狙いで、確実に食えた。 閉店間際に天井近い台をメモして、次の日の朝一狙いをするだけの簡単なお仕事なのに、なぜみんなやらないのかと不思議に思うくらいだった。 そして、負けてるヤツを見て、正直心の中で笑っていた。 フラッと店に来て、適当に台を選んで、ジャブジャブお金を解かしていく姿は、勝っている人間から見ると、俺の養分wて言いたくなる感じだった。 そして、そんな負け方をする人間に、若い女性が多いのもあの頃の特徴だった気がする。 5号機になってからは、俺はスロットは打たなくなったけど、たまに1パチとかで遊んだりする時に、スロットの島を見ると、本当に女性というか、打つ人間そのものの数が減ったと思う。 確かに、今のスロットはストレスしかたまらないw 当時は、アホみたいに金を溶かし続ける女の子を見て、止めときゃ良いのにと思いながら、俺はマジで出しまくっていた。 あの頃は、負けてるヤツは額もハンパではなくて、死んだ魚のような目で打ってて怖かった。 レギュラーボーナスが確定しているのに、必死な顔で、すがりつくようにビッグを目押しし続けるヤツとか、溶かしすぎて震えながら打つヤツ、台を壊れるまで殴り続けるヤツ、ホールのトイレで自殺するヤツまでいたような時代だった。 そして、俺が箱を積んで打っていると、たまに女性に声をかけられた。 初めはけっこう驚いたけど、1万で口、2万で最後までとか、風俗より安上がりだったから、ちょくちょく買ってたw とは言っても、向こうも早くスロットを打ちたいばっかりで、とにかく早くイカせようとするし、移動の時間がもったいないからか、駐車場の隅とか、車の中とか、トイレの中がほとんどだった。 なので、ムードも何もないんだけど、けっこう若い女の子も食えたし、驚くほど可愛い子もいたりで、それなりに良い思いはしていた。 そんなある日、環奈に出会った。 後でわかったことだけど、環奈は26歳の人妻で、結婚して2年も経っていない、ほぼ新婚さんだった。 俺がいつものように、朝イチで並んだ台で打っていて、宵越しのハイエナが上手く行き、1G連も引いて幸先良いなと思っていた時、隣の台に座ったのが環奈だった。 タグ : 春、いろんな人が激変した環境に何とか馴染もうと必死で頑張ってる姿をたくさん見かける。 初々しいスーツ姿にまだ角が張った黒い革鞄を抱えた新社会人、自分が大学を卒業した頃を思い出して微笑ましくもなる。 ただしその姿も週末の終電間際になると様子が異なってくる。 俺がこの季節狩場にしているのは主に大箱の居酒屋かチャージがかからないカジュアルなバーだ。 特に俺が好成績を収めている店は、ノーチャージでカウンターでの都度払い、ダーツが2台設置してあるもののこじんまりとした、そして価格帯の安さから若い子で賑わうお店だ。 普段はクラブが主戦場だが、ほぼリクルートスーツに毛の生えたような格好をした新社会人たちは飲みに出てもその格好のまま金曜日のクラブへ出向くことは少ない。 4月初頭のある金曜日、この日も18時を過ぎると新社会人の歓迎会的な集まりが繁華街のアチラコチラで催されている。 俺も同じ業界の合同新歓的な集まりに顔を出さなければならなかった。 狭い業界内の女の子には手を出さない、まして社内の子などもってのほかという主義を持っていたので、粒ぞろい女の子が集まるこの業界に身を置いたことを嘆きつつ、1軒目をさらっと流して悪友と一緒に狩りへと街に繰り出した。 俺、隆と裕也は高校からの親友、マーチを出てネット中心の新興代理店に就職した俺とは違い一流大学から大手広告代理店を経て30前にしてさっさと独立を果たした裕也とは、現在のステータスこそ違えど普通に仲が良いことはもちろん、女の趣味が真反対ということで一緒に飲みに繰り出してはナンパに励んでいる戦友でもある。 その日飲み会を抜けだした俺達がまず向かったのは大箱の居酒屋。 いい大人になった俺達は普段ならもうほとんど行くことがないこの手の店だけど今日の目的はあくまで狩りだ。 トイレに向かう動線上の半個室席を確保して着席、不味い酒を飲まされないためにボトルのスパークリングワインをオーダして二人で飲みつつ、トイレに向かう女の子をチェックする。 夜の9時を回った頃だというのにすでにいい具合に酔いが回った女の子が列に並んで頻繁に入れ替わっているのがわかる。 しばらく飲み進めた時、その女の子は少し赤くなった顔で、でもまだしっかりした足取りでトイレに向かう列の最後尾にならんだ。 就職活動に合わせて黒くしたのか、濡れるような黒髪にまだ真新しいスーツ、むっちりとしたおしりを包む膝丈のタイトスカートの上からでもその太ももはイヤラシくその存在を主張していた。 顔は一瞬しかチェックできなかったけど意志の強そうなくっきりとした目元(お酒で少しやわらかくなってはいたが)にぽってりとした唇、そんな俺好みの顔立ちだったし、なにより、白いブラウスの下からスーツの胸元をきつそに押し上げる、その大きすぎる胸に目が釘付けになった。 裕也に「俺が行くね」的なアイコンタクトを送るとすかさず立ち上がり、そのコの後ろに並ぶ。 トイレは男女兼用の個室が3つ、そこに一列で順番待ちをするようになっている。 ざっと見てそのこの前に並んでいるのは6人、時間にして約3分ほど話をする猶予がありそうだ。 「並んでますねー、今日は街にもいっぱい人出てたしどこのお店も満杯ですね」 「そうなんですよー、このお店入る前に2軒も断られちゃいました」 最初の印象通り、気の強うそうなはっきりした目元だがさり気なく話しかけると思いの外ノリよく付き合ってくれる。 サラサラのロングヘヤーに目が行って気付かなかったが小顔でパーツがはっきりしたかなりの上玉だ。 「俺もこのお店学生時代以来かもしれないくらい来てなかったんだけどどこも空いてなくて久しぶりに入ったよ、今日はここ一軒目ですか?」 「いえ、会社の飲み会あったんですけど一次会で解散だったんで、同期の子たちと二軒目にきたんです。 やっぱり先輩や上司と一緒だと食べてても飲んでても全然緊張しちゃって、かえってストレス溜まっちゃいますよねー、あそう、私まだ就職したてなんですけど、ホントこの先ちゃんとやっていけるか不安ですよー」 酔いも手伝っているのか思った以上に饒舌にしゃべりまくる、どうやら本当にストレスが溜まっているようだ。 この時点で並んでいるのはあと3人だ、もうちょいいけそうだ。 「新社会人だ、なんかそんな気してたよwどんな業界ですか?」 タグ :.

次の