地縛少年花子くん67。 【花子くん】68話ネタバレ考察!どうやって境界から脱出する?

地縛少年花子くん【最新第66話】スミレ ネタバレと感想!

地縛少年花子くん67

地縛少年花子くん【最新第66話】スミレ ネタバレ 地縛少年花子くん【最新第66話】スミレ 七不思議・六番の記憶。 洞穴で雨宿りしている六番と着物を着た女の子。 女の子は、ずっとそばにいることを約束してほしいと、六番に言った。 場面は変わって、暗闇の中にいる八尋は、これまでの経緯を思い出す。 ふと気が付くと、八尋と花子くんは、たくさんの地蔵がある山の中にいた。 2人がここはどこだろうと考えていると、近くで物音がした。 そこには1人のおじいさんがいて、八尋と花子くんを見るなり、物の怪だ! と大声で叫んだ。 すると、その場にたくさんの人が集まってきて、2人はあっという間にその人たちに取り囲まれてしまう。 花子くんたちを取り囲む人々は、2人を殺そうと考える。 花子くんは、話し合いは無理そうだと考え、武器を取り出した。 その時、この場に現れたのはスミレという着物を着た女の子。 花子くんたちが物の怪だとの報告を受けたスミレは、2人は自分が預かると言って、周りの人たちを持ち場へと戻らせた。 スミレは、2人のことを飼ってあげると言い、自分の家へと連れて行く。 スミレの家へと連れてこられた八尋と花子くんは、すぐさま逃げ出そうとするが、結界が張られていて外に出すことができない。 スミレは、逃げたところでまた村の人たちに捕まるだけだと言う。 何故なら、明日は大切な祭事が行われるため、山の中には見張りが多くいるからだった。 その祭事とは、スミレの結婚式。 ここでスミレが自分の名前を名乗り、八尋たちに名前を訊く。 スミレは、名前を言った八尋の手を握り笑いかける。 八尋は、スミレがどことなく赤根に似ているような気がした。 その後、花子くんは縁側に座り、白杖代にこの空間のことを探らせていた。 花子くんは、そこにやってきた八尋に、自分たちがまだ六番の境界の中にいることを告げる。 続けて、スミレは六番の眷属だから気を付けた方がいいと言った。 2人が話しているところにスミレがやってくる。 スミレは、一緒にお風呂に行くと言って、八尋を連れて行く。 お風呂場にやってきた八尋とスミレ。 スミレは、花子くんは八尋の恋人か? と訊く。 それを必死に否定する八尋を見て、自分もヒトではない方を慕っていると話すスミレ。 その話を詳しく聞いた八尋は、スミレが慕っている人物が六番であることを察した。 八尋は、あなたは何者なのか? とスミレに訊く。 スミレの首筋には、「封」書かれた札が張られていた。 スポンサーリンク 地縛少年花子くんの最新話を含む「月刊Gファンタジー」を今すぐ無料で読む 地縛少年花子くん【最新第66話】スミレ のネタバレはどうでしたか? ここまで読んでいただいた方の中には• 「文章だけでは分かりにくい」• 「登場人物の動きや表情も気になる」 と、思った方もいるのではないでしょうか? 「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい! 」 そんな方におすすめしたいのが U-NEXT という動画配信サービスです。 あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは? この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。 そして、今回登場したスミレという女の子。 どことなく葵に似ているなと思いましたが、六番が葵を連れて行った理由はここにありそうです。 明日はスミレの結婚式とのことですが、スミレはあまり嬉しそうには見えなかったので、政略結婚か何かなのでしょうか? この辺りも気になります。 最後にスミレの首筋に張られていたお札。 ということはスミレが依代? 花子くんたちがここからどうやって抜け出すのか? 次回が楽しみです! まとめ ということで、 この記事では、2020年5月18日発売の『月刊Gファンタジー2020年6月号』に掲載された 地縛少年花子くん【最新第66話】スミレのネタバレと感想を紹介しました。 今回のお話を簡単にまとめると、• 八尋と花子くんは、スミレという女の子に捕まる。 スミレの家には結界が張られていて、花子くんたちは逃げることができない。 明日はスミレの結婚式。 花子くんの調べによると、ここはまだ六番の境界。 スミレは六番のことが好き。 スミレの首筋には、「封」書かれた札が張られていた。 という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の

地縛少年花子くんとは (ジバクショウネンハナコクンとは) [単語記事]

地縛少年花子くん67

Gファンタジーで連載中の 「地縛少年花子くん」話は 学園七不思議の怪異の恋愛ファンタジー。 八尋 寧々が学園の七不思議トイレの花子さんに願いを叶えてもらうと言う事から始まる。 前回までのあらすじ 話は13巻からの続き。 七不思議六番に連れ去られた 葵を助けに行ったはずが、なんと 葵に蟲だらけの穴に落とされた!?そこに落ちた者は二度と戻ってくることが出来ない六番のゴミ箱と言われている。 だが茜は いつもと雰囲気が違う葵の変化に気づいて落ちていなかった。 葵は いつかとおいところへ行きたいと願っていた。 だから 茜はもういらないと攻撃をするが、茜はその願いは叶えてあげられないと葵の攻撃をかわす。 ずっと葵の事が好きな茜に 「もう好きじゃなくていい」と茜の腹を突き破るがこのまま茜を突き落として 六番のもとへ戻るならば…葵を抱きしめて茜はゴミの穴へと 一緒に落ちていくのだった…。 この記事では地縛少年花子くん67話ネタバレをご紹介します! もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならデジタル月刊Gファンタジーで無料で読めますよ! \ 600円分のポイントがもらえる/• 地縛少年花子くん66話ネタバレ 奈落の底に落とされた寧々と花子くんは。 葵に 蟲だらけの穴に落とされた寧々と花子くん。 自分はどうなってしまったのだろうと、目が覚めたらなんとまあー 花子くんにガッチリ抱きしめられてます。 意識が覚醒し周りを見渡せばお地蔵だらけの場所に座り込み辺りを見渡します。 寧々は花子くんにここはどこかと聞くが、花子くんも分からないようです。 しかも手を繋いだまま! 立ち尽くす二人に、寧々はもしかしてここはあの世ではないかと慌てふためきます。 寧々は率先して声をかけてみるが、老人は 「物の怪じゃあああ」と大叫びで殺されると叫び、茂みから 面を被った人が現れ二人を災いだと包囲します。 話し合いは無理だと感じた 花子くんは臨戦態勢になったところで、 一人の少女が現れます。 村人のリーダースミレと出会う。 自分の庭でなにを騒いでるのかと、短刀を握って花子くん達の前に 一人の少女が現れます。 仮面の男たちは花子くん達を縄で縛りながら 「切り株の物の怪を捕らえたところです」と少女を スミレと呼び、即座に膝まづいて報告します。 どうやら ここの主は スミレという少女のようです。 物の怪と言われ、スミレは二人を見てここは自分が引き受けるので、明日の準備の方へと指示を出し男たちを追い払います。 二人を改めて見たスミレは、 丸っこく泥まみれで迷子の狸と例えます。 「可哀想だから、わたくしが飼って差し上げますわ」とふわりと微笑むその笑みはまるでどことなく葵にそっくり。 二人は飼うという言葉に、 「どういうこと…? 」と唖然としてしまいます。 スミレと寧々、花子くんは。。 有無を言わせずスミレは、二人を屋敷に連れていきます。 「喉が渇いてるでしょ?」といい縄をチョキンと切ってあげるが、二人はすかさず逃げようと出口に向かってダッシュ。 だが一歩外に出ようと足を出したとこで 呪符が雷を出し花子くんを焼いちゃいます。 どうやら入り口には 結界があったようで、花子くんは目を回し寧々は出られないことに困惑します。 スミレは、悪い子と言いながら転がる二人に近づいて 「室内飼いがいいの」と二人の頭を撫で逃げたところでまた村の者に捕まると警告します。 スミレは翌日花嫁に 明日は大切な祭事がある為、今夜は見張りが多いと語ります。 それに寧々が問返すと、スミレは少しためて、自分の結婚式と言うのです。 結婚式という単語に寧々がときめくと、ニコニコとスミレが、 結婚式という特別な日だから、御馳走に二人を狸鍋にしようと…冗談を言うが花子くんは寧々を 庇いながらスミレを疑いつつ黙って話を聞くと、スミレが名前を聞いて寧々だけ名乗ります。 結論から言うと二人はまだ六番の境界の中にいるのだと。 だが 境界と言えば 水が張っているはずなのに、ここはまるで 現世そのものであえてそう六番が作っているのか、主人… 六番の記憶が反映されているのかどちらにせよ スミレは六番の眷属だから気をつけるべきだと、用意したお茶を寧々から奪い捨てます。 なるべく早く現世に戻るには、依り代が見つかれば…と話してるところにスミレが「なんのお話?」とニコニコ寧々の横に 気配なく座って声をかけます。 これに花子くんは 「カンケーないよ」と反抗的なのを気にもせず、寧々に聞くからとズイズイ寧々を連れていく事に、慌てて寧々の手を掴み 自分もついていくと言うと、 お風呂についてくるとは無粋だと言い、 寧々の裸が見たいのかと言われ慌てるとこで二人は風呂場へ消えてしまいます。 花子くんは すぐに追いかけようとしますがスミレに言われたことを思い出し、寧々に 「エッチ! 嫌い」と言われるのを 恐れ入り口前で倒れてしまいます。 とはっとして、お風呂を断ろうとするが、スミレは ゴン=花子くんは 恋人? と問われ慌てふためきます。 その姿に、 素直じゃないのねぇと笑うとまた寧々は スミレの姿に葵を思い出します。 素直じゃない寧々にスミレは、 この世なざるモノに心惹かれる事は禁忌だが、それもまた仕方ないと思いふける。 自分も 慕う人はヒトではない不死の鬼で、幼い頃から一緒にいてくれたと惚気出します。 あまりに照れ屋で被り物をして顔をみせてくれず、それに怒り 被り物を隠したのがあるので寧々にも見せてあげると取り出した被り物は、六番が被っていたものと同じだと気づき、 もしかしてスミレの旦那さまは…と疑いつつ 「スミレちゃんって一体何者なの…? 」と問い髪を纏めた スミレの首筋に札が寧々目に止まり…。 66話が終了。 地縛少年花子くん66話まとめ 感想 66話は13巻の続きで 寧々と花子くんが穴に落とされたお話でした! なんとそこはまだ 六番の境界。 穴に落ちたらもう二度と現世に戻れないというハラハラが待ち構えているのかと思えば、なんともまあ花子くんと寧々ちゃんの 抱きしめ回でしたね。 なんと ハグコマ10個です。 物の怪と言われたり、( 切り株の足はきっと寧々ちゃんの大根足ですよね! ) 狸と言われたり、 スミレの手のひらで転がされる、七不思議の七番様! 何かあれば、 自分が前に出て寧々を守ろうとする姿はもうナイトそのもの。 そしてスミレが寧々ちゃんに、 禁忌な思いは仕方ないと言ってるとこを見るとスミレは花子くんと寧々ちゃんが ヒトと この世ならざるモノと分かっていると言うことになりますね。 ただスミレがニコリと笑わないと葵に似ていると寧々ちゃんは気づかなかったようですが、登場からもう似てないですか? 実はスミレは葵の血縁関係者ということでしょうか? ここも 気になるとこですね。 血縁関係者ならば 葵がカンナギ様というのが理解できます。 そう言えば 葵は寧々ちゃんに何度か打ち上げようとしてるシーンがありましたが、それはこのお話で伏瀬回収でしょうか? 目がますます離せません! 今回 66話は花子くんの男の子ぽいシーンも見れて満足です! 妄想で寧々ちゃんに 「エッチー嫌い」と言われてショックを受けてるとこは、 嫌われたくないんだねとほのぼのしちゃいます。 さてさて67話はこのまま寧々ちゃんと花子くんの話で、寧々ちゃんが 依り代を壊すのか? はたまた 茜くんと葵の落ちた先の話か気になるとこですね! 特に1番ツッコミたいのは、 寧々ちゃんお湯でも魚になっちゃうの? こういうのはファンレターで作者さんに聞くほうがいいのかな? 漫画で読むことで背景の細かさや絵のタッチがより楽しめます!.

次の

地縛少年花子くん66話ネタバレ感想!スミレは翌日花嫁に☆

地縛少年花子くん67

スミレは6番の依代 だったのです! 寧々が頼まれたこと スミレは寧々が巫であることを知っており、自分を壊せる存在であるとわかっていました。 そのため交渉に出ます。 スミレは 「構いませんわよ。 寧々がそうしたいならこの札を剥がしてくださっても。 でも1日だけ待ってくださらない? 言いましたでしょう?明日は私の結婚式なの。 だからお願い私が依代だということ明日まではゴン(花子くん)にも内緒にしておいて欲しいの。 明日はとても大切な日ですから。 」 と言いました。 この時点でスミレは花子くんは容赦無いが、寧々は情で動きやすく騙されやすいとわかっていたようです。 かなりのやり手ですね。 そしてスミレは寧々にお守りとして自分もつけている鈴のブレスレットを渡しました。 翌朝寧々に起きたこと 翌朝寧々が目を覚ますとそこにはお面をつけた人たちがいました。 お面をつけている人たちはどうやら寧々をスミレだと勘違いしているようで、結婚式のための準備をさせられてしまいます。 「スミレでは無い。 人違いです。 」というも信じてくれる人はおらず、寧々は運ばれてしまったのです。 そしてそんな寧々を影から見ながらスミレは「ごめんなさいね。 二人とも。 」 と謝りました。 その側には戦ったが負けてしまったらしい花子くんが横たわっていました。 巫の役目 6番の境界は過去の6番の見てきた世界観で出来上がっていました。 そのため、その村の風習が語られていきます。 その村では巫を生贄にして村の平穏を保とうとしていたのです。 寧々は抵抗しましたが、霊薬を飲まされ意識が朦朧としてしまします。 そんな寧々はスミレの過去を垣間見ました。 寧々が見た幻想 意識が朦朧とする中お面の人たちに引き連れられて寧々は歩きます。 そこで寧々が見たものはスミレの過去の出来事でした。 一人ぼっちで泣いているスミレのそばには世話役である、現死神がいました。 その村では何人もの巫を生贄にして平穏を保とうとしてきました。 スミレもその一人になろうとしていたのです。 死神はえらく正直でスミレのために嘘をつけるような人ではありませんでした。 それでもスミレは死神を慕い、二人は仲良く日々を過ごしていました。 ついにスミレが生贄に捧げられる日、死神はいつものような顔でスミレを見つめています。 スミレは「もう。 そこは嘘でも悲しむそぶりを見せるところだわ。 本当に正直なひと…。 」 といって崖から落ちていきました。 寧々も同じ道をたどる まさに今寧々もその幻想と同じ道を辿っているところでした。 本来であれば死神はここで葵に生贄になってもらう予定だったのでしょう。 しかし、先に落ちてしまったのが寧々だったからなのか、スミレの策略なのか寧々が崖にたちます。 崖にある鳥居でスミレにもらった鈴のブレスレットが反応し、寧々はなんとはじかれます。 ここにきて寧々は意識を取り戻し、村の人々は「さてはお前偽物か!」と気づいたのです。 さらに「赤根の子が門に拒まれるなど今までなかったことだぞ。 儀式はどうする?失敗か?ええいその子で構わん放り込め!」 と口々に言い始めます。 ここでスミレは葵と同じく赤根家の子供であったとわかりました。 そして寧々が窮地に追いやられたところで「やだ…花子くん!!」と叫ぶと「はーあーいー」と言いながら寧々を助けにきました。 「遅くなってゴメンね」といいながら花子くんは優しく寧々を抱きしめ 「悪いけど結婚式は中止だよ どこの誰だあわかんないヤツのとこに俺の助手を嫁がせるわけにはいかないからね」 と言いました。 67話ネタバレの感想 それではネットの反応からご紹介していきます! ネットの反応 はっ…待って花子くん本誌…やば息できない…落ち着け落ち着け…— su su31754530 読み終えた感想 いやもう!やばすぎる!!ww スミレちゃんに関してこんなに早く情報が出るとは驚きでしたが、なんだか切ない過去ですね。 報われているといいのだけど。 そして少し葵との関係も読めてきた気がしますね。 ここにきて唐突な花寧々供給の嵐にちょっと心がざわついていますww しんどすぎる! 来月まで待ちきれません…。 【花子くん】67話ネタバレ!ついにあの子の正体が判明!:まとめ いかがでしたでしょうか? 早く葵とスミレの関係が知りたいところですね! なんだか複雑な関係の予感…。 次回が待ち遠しいですね。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の