そっくり さん テレビ。 【伊達みきお】そっくりさんのレベル超える激似のドッペルゲンガー伊達が話題!過去にも別のそっくりさんが!?

「そっくりさん」投稿

そっくり さん テレビ

この項目では、読売テレビのバラエティ番組について説明しています。 のバラエティ番組については「」をご覧ください。 そっくりショー ジャンル 出演者 を参照 製作 制作 放送 放送国・地域 そっくりショー(第1期)• スターと共にそっくりショー• 勝ち抜きそっくりショー• そっくりショー• そっくりショー日本一! 放送期間 1964年11月3日 - 1969年3月25日 放送時間 火曜 19:30 - 20:00 放送分 30分 新そっくりショー(第2期) 放送期間 1970年10月16日 - 1971年9月24日 放送時間 金曜 19:00 - 19:30 放送分 30分 そっくりショー(第3期火曜時代) 放送期間 1973年4月3日 - 1974年3月26日 放送時間 火曜 19:30 - 20:00 放送分 30分 そっくりショー(第3期土曜時代) 放送期間 1974年4月6日 - 1974年9月28日 放送時間 土曜 19:00 - 19:30 放送分 30分 そっくりショー(第4期) 放送期間 1977年1月8日 - 1977年9月24日 放送時間 土曜 19:00 - 19:30 放送分 30分 『 そっくりショー』は、1964年11月3日から1977年9月24日まで4期にわたってで放送されていた製作のである。 1966年9月までは『 スターと共にそっくりショー』(スターとともにそっくりショー) 、1966年10月から同年12月までは『 勝ち抜きそっくりショー』(かちぬきそっくりショー)、1968年5月21日から1969年3月25日までは『 そっくりショー日本一! 』(そっくりショーにっぽんいち) 、1970年10月16日から1971年9月24日までは『 新そっくりショー』(しんそっくりショー)と題して放送されていた。 概要 [ ] 毎回視聴者から推薦されたある有名人のそっくりさんを5人迎え、その中から1人のチャンピオンを決めていたで、有名人本人もゲストに迎えていた。 ゲストが歌手の場合、そっくりさんたちはその人の持ち歌を歌っていた。 歌を出していない有名人がゲストであった場合には、その者のイメージに合った歌を歌ったり、振り付けをしたりしていた。 審査方法は審査員がそっくりさんたちのエントリーナンバーを提示していく方式で、最も多くの支持を集めたそっくりさんがチャンピオンとなり、中規模のと賞金5万円が贈られた。 番組は、チャンピオンが何人か出揃ったところで「チャンピオン大会」を行っていた。 この大会でグランドチャンピオン(審査員の合計得点によって決められる)を達成すると天井から紙吹雪が降り、ゴールデントロフィーならびに推薦者と行くヨーロッパ旅行(当初はが協賛)と副賞の賞金10万円が授与された。 また、チャンピオンになれなくても審査員に強いインパクトを与えた出場者には、特別賞(審査員が口頭で発表)として小規模のトロフィーと賞金3万円が贈られた。 こちらも何人か出揃ったところで「特別賞大会」を行い、やはりチャンピオン大会同様の流れでグランドチャンピオンを達成した者には、チャンピオン大会でのグランドチャンピオン達成者と同じ海外旅行と賞金が贈られた。 司会は、放送開始からが担当していたが、1968年5月21日の『そっくりショー日本一! 』改題時に・に交代した。 司会者交代について当時の番組プロデューサーは、番組のマンネリ化と、番組に新鮮さを出すため、当時の児童から人気があったはるお・あきおを起用したと述べている。 また、内容も一部変更されて、ゲストと親しい著名人を審査員として迎える趣向を取り入れていた。 『新そっくりショー』時代には、二部構成となり、第一部では、毎回10人のそっくりさんを迎え、そのままの衣装で予選を行い、5人が通過。 第二部では本戦となり、有名人本人と同じ衣装やメイクをした歌合戦形式で行われた。 当初はの一社提供で、その当時は番組も『 エースコック そっくりショー』と同社の名を冠していたが、1967年10月にの一社提供になってからは社名が外された。 第2期で再びエースコックの一社提供に戻ったが、第3期でと(エベレスト名義)の二社提供になり、第4期は加美乃素を筆頭とする複数社提供で放送されていた。 読売テレビ製作の影響か、関西の企業がスポンサーに付くことが多かった。 最高は、1966年2月8日放送分の43. 放送時間 [ ] いずれも。 火曜 19:30 - 20:00 (1964年11月3日 - 1969年3月25日)• 金曜 19:00 - 19:30 (1970年10月16日 - 1971年9月24日)• 火曜 19:30 - 20:00 (1973年4月3日 - 1974年3月26日)• 土曜 19:00 - 19:30 (1974年4月6日 - 1974年9月28日、1977年1月8日 - 1977年9月24日) 出演者 [ ] 司会 [ ]• (第1期)• ・(『そっくりショー日本一! 』時代)• (第2期『新そっくりショー』時代)• (第3期)• (第4期) アシスタント [ ]• 中川まさこ(『そっくりショー日本一! 』時期)• 中本ミカ(『新そっくりショー』時期) 審査員 [ ]• テーマソング [ ] なべおさみ時代(第3期)には、「」の替え歌をテーマソングにしていた。 井上順時代のテーマソングとオープニングの口上「(井上)あっという間の1週間、やって来ましたそっくりショー!今週は第1回!(観客)チャンピオン大会!」は、からリリースされた『オリジナル版 懐かしのTV番組テーマ大全集』に会場の音源とともに収録されている。 また『読売テレビ50年社史』付属のDVDには、小野栄一時代の『そっくりショー日本一! 』で行われたチャンピオン大会のロケの模様が収録されている。 放送局 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年5月)• (製作局)• :金曜 19:00 - 19:30(『新そっくりショー』)• :日曜 18:00 - 18:30(1966年7月 - 1969年4月)• :日曜 16:00 - 16:30(1974年4月から9月まで放送)• :日曜 9:00 - 9:30(第4期。 1977年4月から10月まで放送)• :金曜 19:00 - 19:30(第4期1977年)• (第1期・第2期を放送)• (第3期・第4期を放送)• (第2期までの放送対象地域はのみ)• (当時の放送対象地域はのみ)• 備考 [ ] 番組の賞品は、当時としては非常に豪華なものであった。 それゆえに賞品を目当てに応募してくる者も少なくなく、番組の趣旨を無視した応募者も少なからず存在した。 その最たる例は1968年4月23日放送の「のそっくりさん」(青春歌謡特集)の回で、当時は厳正なはなく写真応募のみであったこともあり、応募者数は番組史上最高の1万人に達した。 当然応募してきた全員が吉永そっくりというわけでなく、同封されていた写真には女装した男性の写真や、スタッフが思わず「一瞬、足の裏の写真かと思った」という吉永に似ても似つかないとんでもない写真もあったという。 1966年6月1日に公開された映画『』(監督:)には、演じるヒロイン・白川道子が「園まりに似ている」という理由から本番組に出演する場面がある。 劇中では園自身が番組の審査員役で出演しており(道子との二役)、また番組セットにはエースコックの子ブタのマークや、「エースコック ワンタンメン」と「エースコック焼タンメン」(当時エースコックが製造・販売していた即席麺)の看板も掲げられていた。 番組収録場所のバンドボックスには読売テレビの略称「YTV」ではなく日本テレビの略称「NTV」が付されているが、これはので収録したという設定があるためである。 また番組の司会役は、当時の司会担当者である小野栄一ではなくが務めた。 第4期放送当時の1977年9月3日、当時現役のプロ野球選手であった(、当時。 現球団会長)が本番組放送中の19:10に通算本塁打世界新記録となる756号を記録した。 日本テレビ系列では19:30からのでこの記録がかかった試合(巨人VS戦 - )を放送する予定であったが、20分早い記録達成のため、ナイター中継の製作局である日本テレビなどに巨人ファンや視聴者からの苦情が殺到した。 『大衆とともに25年:沿革史』日本テレビ放送網、1978年、461 - 467頁。 本作広告より。 『』1968年5月15日付朝刊、7面。 『大衆とともに25年:沿革史』日本テレビ放送網、1978年、473 - 511頁。 2013年6月25日時点のよりアーカイブ。 2016年5月28日閲覧。 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争 そのとき一億人が感動した』、2004年、3頁・223頁。 『』1966年3月2日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1967年9月5日 - 9月26日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1974年4月6日、1977年1月8日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1966年3月1日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1974年4月6日 - 9月28日テレビ欄。 『』1977年1月8日 - 9月24日付テレビ欄。 『』1966年7月3日 - 1969年4月6日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1974年4月6日 - 9月28日、1977年1月8日 - 1977年9月24日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1974年4月7日 - 9月29日付朝刊、テレビ欄。 『日刊スポーツ』1977年4月3日 - 10月23日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1977年1月14日 - 9月30日付テレビ欄。 『』1964年12月1日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1971年5月14日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1973年4月3日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1974年4月6日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1977年6月4日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1965年4月7日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1973年4月3日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1977年6月4日付朝刊、テレビ欄。 『テレビ50年 in 』『テレビ60年 in TVガイド』()1977年 [ ] 系列 火曜19:30枠 前番組 番組名 次番組.

次の

スッキリ大募集|スッキリ|日本テレビ

そっくり さん テレビ

注意事項 「そっくりさん」を投稿する前に、以下の注意事項をお読みください。 これをお守りいただけない投稿は受け付けられません。 投稿できるのは 実在の人物のみです。 人物の名前・芸名は正確に入力してください。 人名に誤字がある場合は一切承認されません。 中国、台湾、韓国、北朝鮮の人物で、漢字で表記するのが一般的な人物はこの限りではありません。 その人物を表す情報(所属グループ、職業、素性など)を入力する必要はありません。 ただし、同姓同名の有名人がいる場合や、名前だけではどの人物を指すのか不明瞭な場合は、その人物を表す情報を名前の後ろに括弧書きで併記してください。 情報の記入がなく、どの人物を指すか特定できない場合は、非承認とすることがあります。 また、 括弧()以外に人名以外の情報を記入した場合は、非承認といたします。 日本人の姓名の間に「・」を入れないでください。 投稿された人物名は管理人が修正する場合があります。 人名の表記は原則としてに従うものとしますが、他の表記のほうが一般的であると管理人が判断した場合はこの限りではありません。 「宮沢喜一」「宮澤喜一」や「シルベスタ・スタローン」「シルヴェスター・スタローン」のような表記ゆれは、管理人のほうで修正いたします。

次の

「そっくりさん」投稿

そっくり さん テレビ

この項目では、読売テレビのバラエティ番組について説明しています。 のバラエティ番組については「」をご覧ください。 そっくりショー ジャンル 出演者 を参照 製作 制作 放送 放送国・地域 そっくりショー(第1期)• スターと共にそっくりショー• 勝ち抜きそっくりショー• そっくりショー• そっくりショー日本一! 放送期間 1964年11月3日 - 1969年3月25日 放送時間 火曜 19:30 - 20:00 放送分 30分 新そっくりショー(第2期) 放送期間 1970年10月16日 - 1971年9月24日 放送時間 金曜 19:00 - 19:30 放送分 30分 そっくりショー(第3期火曜時代) 放送期間 1973年4月3日 - 1974年3月26日 放送時間 火曜 19:30 - 20:00 放送分 30分 そっくりショー(第3期土曜時代) 放送期間 1974年4月6日 - 1974年9月28日 放送時間 土曜 19:00 - 19:30 放送分 30分 そっくりショー(第4期) 放送期間 1977年1月8日 - 1977年9月24日 放送時間 土曜 19:00 - 19:30 放送分 30分 『 そっくりショー』は、1964年11月3日から1977年9月24日まで4期にわたってで放送されていた製作のである。 1966年9月までは『 スターと共にそっくりショー』(スターとともにそっくりショー) 、1966年10月から同年12月までは『 勝ち抜きそっくりショー』(かちぬきそっくりショー)、1968年5月21日から1969年3月25日までは『 そっくりショー日本一! 』(そっくりショーにっぽんいち) 、1970年10月16日から1971年9月24日までは『 新そっくりショー』(しんそっくりショー)と題して放送されていた。 概要 [ ] 毎回視聴者から推薦されたある有名人のそっくりさんを5人迎え、その中から1人のチャンピオンを決めていたで、有名人本人もゲストに迎えていた。 ゲストが歌手の場合、そっくりさんたちはその人の持ち歌を歌っていた。 歌を出していない有名人がゲストであった場合には、その者のイメージに合った歌を歌ったり、振り付けをしたりしていた。 審査方法は審査員がそっくりさんたちのエントリーナンバーを提示していく方式で、最も多くの支持を集めたそっくりさんがチャンピオンとなり、中規模のと賞金5万円が贈られた。 番組は、チャンピオンが何人か出揃ったところで「チャンピオン大会」を行っていた。 この大会でグランドチャンピオン(審査員の合計得点によって決められる)を達成すると天井から紙吹雪が降り、ゴールデントロフィーならびに推薦者と行くヨーロッパ旅行(当初はが協賛)と副賞の賞金10万円が授与された。 また、チャンピオンになれなくても審査員に強いインパクトを与えた出場者には、特別賞(審査員が口頭で発表)として小規模のトロフィーと賞金3万円が贈られた。 こちらも何人か出揃ったところで「特別賞大会」を行い、やはりチャンピオン大会同様の流れでグランドチャンピオンを達成した者には、チャンピオン大会でのグランドチャンピオン達成者と同じ海外旅行と賞金が贈られた。 司会は、放送開始からが担当していたが、1968年5月21日の『そっくりショー日本一! 』改題時に・に交代した。 司会者交代について当時の番組プロデューサーは、番組のマンネリ化と、番組に新鮮さを出すため、当時の児童から人気があったはるお・あきおを起用したと述べている。 また、内容も一部変更されて、ゲストと親しい著名人を審査員として迎える趣向を取り入れていた。 『新そっくりショー』時代には、二部構成となり、第一部では、毎回10人のそっくりさんを迎え、そのままの衣装で予選を行い、5人が通過。 第二部では本戦となり、有名人本人と同じ衣装やメイクをした歌合戦形式で行われた。 当初はの一社提供で、その当時は番組も『 エースコック そっくりショー』と同社の名を冠していたが、1967年10月にの一社提供になってからは社名が外された。 第2期で再びエースコックの一社提供に戻ったが、第3期でと(エベレスト名義)の二社提供になり、第4期は加美乃素を筆頭とする複数社提供で放送されていた。 読売テレビ製作の影響か、関西の企業がスポンサーに付くことが多かった。 最高は、1966年2月8日放送分の43. 放送時間 [ ] いずれも。 火曜 19:30 - 20:00 (1964年11月3日 - 1969年3月25日)• 金曜 19:00 - 19:30 (1970年10月16日 - 1971年9月24日)• 火曜 19:30 - 20:00 (1973年4月3日 - 1974年3月26日)• 土曜 19:00 - 19:30 (1974年4月6日 - 1974年9月28日、1977年1月8日 - 1977年9月24日) 出演者 [ ] 司会 [ ]• (第1期)• ・(『そっくりショー日本一! 』時代)• (第2期『新そっくりショー』時代)• (第3期)• (第4期) アシスタント [ ]• 中川まさこ(『そっくりショー日本一! 』時期)• 中本ミカ(『新そっくりショー』時期) 審査員 [ ]• テーマソング [ ] なべおさみ時代(第3期)には、「」の替え歌をテーマソングにしていた。 井上順時代のテーマソングとオープニングの口上「(井上)あっという間の1週間、やって来ましたそっくりショー!今週は第1回!(観客)チャンピオン大会!」は、からリリースされた『オリジナル版 懐かしのTV番組テーマ大全集』に会場の音源とともに収録されている。 また『読売テレビ50年社史』付属のDVDには、小野栄一時代の『そっくりショー日本一! 』で行われたチャンピオン大会のロケの模様が収録されている。 放送局 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年5月)• (製作局)• :金曜 19:00 - 19:30(『新そっくりショー』)• :日曜 18:00 - 18:30(1966年7月 - 1969年4月)• :日曜 16:00 - 16:30(1974年4月から9月まで放送)• :日曜 9:00 - 9:30(第4期。 1977年4月から10月まで放送)• :金曜 19:00 - 19:30(第4期1977年)• (第1期・第2期を放送)• (第3期・第4期を放送)• (第2期までの放送対象地域はのみ)• (当時の放送対象地域はのみ)• 備考 [ ] 番組の賞品は、当時としては非常に豪華なものであった。 それゆえに賞品を目当てに応募してくる者も少なくなく、番組の趣旨を無視した応募者も少なからず存在した。 その最たる例は1968年4月23日放送の「のそっくりさん」(青春歌謡特集)の回で、当時は厳正なはなく写真応募のみであったこともあり、応募者数は番組史上最高の1万人に達した。 当然応募してきた全員が吉永そっくりというわけでなく、同封されていた写真には女装した男性の写真や、スタッフが思わず「一瞬、足の裏の写真かと思った」という吉永に似ても似つかないとんでもない写真もあったという。 1966年6月1日に公開された映画『』(監督:)には、演じるヒロイン・白川道子が「園まりに似ている」という理由から本番組に出演する場面がある。 劇中では園自身が番組の審査員役で出演しており(道子との二役)、また番組セットにはエースコックの子ブタのマークや、「エースコック ワンタンメン」と「エースコック焼タンメン」(当時エースコックが製造・販売していた即席麺)の看板も掲げられていた。 番組収録場所のバンドボックスには読売テレビの略称「YTV」ではなく日本テレビの略称「NTV」が付されているが、これはので収録したという設定があるためである。 また番組の司会役は、当時の司会担当者である小野栄一ではなくが務めた。 第4期放送当時の1977年9月3日、当時現役のプロ野球選手であった(、当時。 現球団会長)が本番組放送中の19:10に通算本塁打世界新記録となる756号を記録した。 日本テレビ系列では19:30からのでこの記録がかかった試合(巨人VS戦 - )を放送する予定であったが、20分早い記録達成のため、ナイター中継の製作局である日本テレビなどに巨人ファンや視聴者からの苦情が殺到した。 『大衆とともに25年:沿革史』日本テレビ放送網、1978年、461 - 467頁。 本作広告より。 『』1968年5月15日付朝刊、7面。 『大衆とともに25年:沿革史』日本テレビ放送網、1978年、473 - 511頁。 2013年6月25日時点のよりアーカイブ。 2016年5月28日閲覧。 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争 そのとき一億人が感動した』、2004年、3頁・223頁。 『』1966年3月2日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1967年9月5日 - 9月26日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1974年4月6日、1977年1月8日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1966年3月1日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1974年4月6日 - 9月28日テレビ欄。 『』1977年1月8日 - 9月24日付テレビ欄。 『』1966年7月3日 - 1969年4月6日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1974年4月6日 - 9月28日、1977年1月8日 - 1977年9月24日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1974年4月7日 - 9月29日付朝刊、テレビ欄。 『日刊スポーツ』1977年4月3日 - 10月23日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1977年1月14日 - 9月30日付テレビ欄。 『』1964年12月1日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1971年5月14日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1973年4月3日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1974年4月6日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1977年6月4日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1965年4月7日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1973年4月3日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1977年6月4日付朝刊、テレビ欄。 『テレビ50年 in 』『テレビ60年 in TVガイド』()1977年 [ ] 系列 火曜19:30枠 前番組 番組名 次番組.

次の