ピーター ティール。 ピーター・ティールがトランプ支持の本当の意味——テクノロジーが政治を飲み込み始めた

ビジネスマフィアであるピーターティールがトランプ大統領を作った

ピーター ティール

ピーター・ティールって何者?徹底解説!全て教えます。 ビルダーバーグ会議に参加したり、都市伝説に出てきたり、裏の大統領と言われたり色々と騒がれる人物ですが、全て解説していきます。 マーフィーブログのマーフィーです。 先日の やりすぎ都市伝説にも出てきたピーター・ティールと言う人物何者なのか。 疑問に思った方もいると思います。 そんな方のためにも解説していきます。 僕は割とファンかもしれないです。 何もないところから学生が事業を作り出し、世界を変えていくことを常に後押ししているのが好きで、生粋のリバタリアンというのも好きです。 では、初めていきますが、記憶も曖昧なところがあったりする可能性もあるし、あまり本のネタバレしないように紹介していきます。 幼少から学生時代まで まずは学生時代まで軽く説明 生まれは? 生まれはドイツですぐにアメリカに移住します。 ここからも様々あるのですが、飛ばしてスタンフォード大学に入学します。 そしてロー・スクールに行って、最高裁の法務事務官を目指すわけです。 頭がキレキレの卒業生、何万人同士が競い合ってなれるのは数十人だそうです。 そんなところに最後の面接まで行ってあと少しのところで落ちたみたいです。 落ち込んだものの金融のトレーダーになり、起業するわけですが 起業した後にロー・スクール時代の友人にあったそうです。 そこで友人は 「法務事務官にならなくてよかったな」と言ったそうです。 そこでピーターティールは競争は消耗してしまうと気づいたみたいです。 ピーター・ティールのビジネス ここからはピーターティールのビジネス面を少し見ていきます。 ドルの代わりになるもの 彼はペイパルという会社を立ち上げるわけですが、当時はドルの代わりになるインターネット通貨ようなものを作りたかったそうです。 パームパイロットという携帯端末間のサービスにしたもののうまく行かずメール決済にシフト。 友人紹介キャンペーンなどを通してユーザーを獲得したみたいです。 そのサービス名がペイパルという名前。 ここで ペイパルマフィアというのが登場するわけですが、すごいですよ!! Youtubeの創業者、Linkedinの創業者、Yelpの創業者などなど。 もうビジネス界のレジェンドが実はピーターティールと一緒に働いていたのです。 すごくないですか?! 後に強豪として張り合っていた イーロン・マスクも加入というか合併みたいな感じになるわけですが、今誰もが使っているサービスの創業者たちが周りにいたピーターティールは凄まじいですよね。 そこからイーベイというECの会社に買収されて、そのお金を投資しまくるわけですが、その中に初期の頃のフェイスブック。 学生時代のマークザッカーバーグが投資されるわけです。 その模様が描かれたのがこの映画ですね。 痺れますよ。 まだ見てない人はお勧めします。 巨万の富を得て、さらに昔の同僚たちにも投資していくわけで。 最近でもないですけど、話題になったのは パランティアという会社を共同創業したこと。 その会社はCIAやFBI、米国の国防産業をクライアントに持つビッグデータ解析企業と言われています。 国家機密の情報の解析までいくのか?!とびっくりした記憶があります。 ピーター・ティールという人の頭の中 ピーターティールの考え方は強烈です。 競争は負け犬がするもの 超有名な言葉だと思います。 初めて聞いたときは 「何、いってやがる」と思いました。 でも、ピーターティールの本を読んでいくと確かに理解できるのです。 その他にも、 「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」も有名ですよね。 僕の中でもめちゃくちゃ響いた言葉でした。 まさしく、ピーターティールを表したのはこの言葉だなと思うので紹介します。 新しい何かを作るより、在るものをコピーする方が簡単だ。 おなじみのやり方を繰り返せば、見慣れたものが増える、つまり1がnになる。 だけど、僕たちが新しい何かを生み出すたびに、ゼロは1になる。 人間は天から与えられた分厚いカタログの中から、何を作るかを選ぶわけではない。 むしろ、僕たちは新たなテクノロジーを生み出すことで、世界の姿を描き直す。 それは幼稚園で学ぶような当たり前のことなのに、過去の成果をコピーするばかりの世の中で、すっかり忘れられている。 しかし、トランプ大統領を支援している。 ピーターティールはどっち側なのだろうか。 ここからは予測ですが、 ピーターティールはグローバリゼーションを否定しています。 ただのコピペだと それを真に受けるなら裏で牛耳る組織と対立する立場なのかなとも思います。 そして、 AIは人間と共存してこそ力を発揮するともいっており、共産主義者だとも言っています。 そう考えると見えてきますね。 ピーター・ティールをもっと知りたい人は? 彼が携わっている本で有名なのは2冊あります。 その本というのがこちら 1冊目はゼロ・トゥ・ワン。 一定層には相当な刺激を与えてくれたビジネス書です。 僕もかなり刺激もらいました。 ピーターティールの考えが詰まった本だと思います。 これを読んだら世界の次の展開が1500円くらいでわかっちゃうかも.

次の

『ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望』ピーター・ティールがシリコンバレーを離れる日

ピーター ティール

ピーター・ティールって何者?徹底解説!全て教えます。 ビルダーバーグ会議に参加したり、都市伝説に出てきたり、裏の大統領と言われたり色々と騒がれる人物ですが、全て解説していきます。 マーフィーブログのマーフィーです。 先日の やりすぎ都市伝説にも出てきたピーター・ティールと言う人物何者なのか。 疑問に思った方もいると思います。 そんな方のためにも解説していきます。 僕は割とファンかもしれないです。 何もないところから学生が事業を作り出し、世界を変えていくことを常に後押ししているのが好きで、生粋のリバタリアンというのも好きです。 では、初めていきますが、記憶も曖昧なところがあったりする可能性もあるし、あまり本のネタバレしないように紹介していきます。 幼少から学生時代まで まずは学生時代まで軽く説明 生まれは? 生まれはドイツですぐにアメリカに移住します。 ここからも様々あるのですが、飛ばしてスタンフォード大学に入学します。 そしてロー・スクールに行って、最高裁の法務事務官を目指すわけです。 頭がキレキレの卒業生、何万人同士が競い合ってなれるのは数十人だそうです。 そんなところに最後の面接まで行ってあと少しのところで落ちたみたいです。 落ち込んだものの金融のトレーダーになり、起業するわけですが 起業した後にロー・スクール時代の友人にあったそうです。 そこで友人は 「法務事務官にならなくてよかったな」と言ったそうです。 そこでピーターティールは競争は消耗してしまうと気づいたみたいです。 ピーター・ティールのビジネス ここからはピーターティールのビジネス面を少し見ていきます。 ドルの代わりになるもの 彼はペイパルという会社を立ち上げるわけですが、当時はドルの代わりになるインターネット通貨ようなものを作りたかったそうです。 パームパイロットという携帯端末間のサービスにしたもののうまく行かずメール決済にシフト。 友人紹介キャンペーンなどを通してユーザーを獲得したみたいです。 そのサービス名がペイパルという名前。 ここで ペイパルマフィアというのが登場するわけですが、すごいですよ!! Youtubeの創業者、Linkedinの創業者、Yelpの創業者などなど。 もうビジネス界のレジェンドが実はピーターティールと一緒に働いていたのです。 すごくないですか?! 後に強豪として張り合っていた イーロン・マスクも加入というか合併みたいな感じになるわけですが、今誰もが使っているサービスの創業者たちが周りにいたピーターティールは凄まじいですよね。 そこからイーベイというECの会社に買収されて、そのお金を投資しまくるわけですが、その中に初期の頃のフェイスブック。 学生時代のマークザッカーバーグが投資されるわけです。 その模様が描かれたのがこの映画ですね。 痺れますよ。 まだ見てない人はお勧めします。 巨万の富を得て、さらに昔の同僚たちにも投資していくわけで。 最近でもないですけど、話題になったのは パランティアという会社を共同創業したこと。 その会社はCIAやFBI、米国の国防産業をクライアントに持つビッグデータ解析企業と言われています。 国家機密の情報の解析までいくのか?!とびっくりした記憶があります。 ピーター・ティールという人の頭の中 ピーターティールの考え方は強烈です。 競争は負け犬がするもの 超有名な言葉だと思います。 初めて聞いたときは 「何、いってやがる」と思いました。 でも、ピーターティールの本を読んでいくと確かに理解できるのです。 その他にも、 「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」も有名ですよね。 僕の中でもめちゃくちゃ響いた言葉でした。 まさしく、ピーターティールを表したのはこの言葉だなと思うので紹介します。 新しい何かを作るより、在るものをコピーする方が簡単だ。 おなじみのやり方を繰り返せば、見慣れたものが増える、つまり1がnになる。 だけど、僕たちが新しい何かを生み出すたびに、ゼロは1になる。 人間は天から与えられた分厚いカタログの中から、何を作るかを選ぶわけではない。 むしろ、僕たちは新たなテクノロジーを生み出すことで、世界の姿を描き直す。 それは幼稚園で学ぶような当たり前のことなのに、過去の成果をコピーするばかりの世の中で、すっかり忘れられている。 しかし、トランプ大統領を支援している。 ピーターティールはどっち側なのだろうか。 ここからは予測ですが、 ピーターティールはグローバリゼーションを否定しています。 ただのコピペだと それを真に受けるなら裏で牛耳る組織と対立する立場なのかなとも思います。 そして、 AIは人間と共存してこそ力を発揮するともいっており、共産主義者だとも言っています。 そう考えると見えてきますね。 ピーター・ティールをもっと知りたい人は? 彼が携わっている本で有名なのは2冊あります。 その本というのがこちら 1冊目はゼロ・トゥ・ワン。 一定層には相当な刺激を与えてくれたビジネス書です。 僕もかなり刺激もらいました。 ピーターティールの考えが詰まった本だと思います。 これを読んだら世界の次の展開が1500円くらいでわかっちゃうかも.

次の

ピーター・ティールがトランプ支持の本当の意味——テクノロジーが政治を飲み込み始めた

ピーター ティール

ジェイコブ・ロスチャイルド(第4代ロスチャイルド男爵)• イーロン・リーヴ・マスク• ニック・ボストロム• マーク・ザッカーバーグ• ピーター・ティール• ビルゲイツ やり過ぎ都市伝説でもこちらの6名について順番に紹介がされました。 名前 ジェイコブ・ロスチャイルド(Jacob Rothschild) 生年月日 1936年4月29日 配偶者 セレナ 子供 ナサニエル・フィリップ 職業 貴族院議員(1999年まで) 出身大学 オックスフォード大学・クライスト・チャーチ ジェイコブ・ロスチャイルドは第4代ロスチャイルド男爵です。 ロスチャイルド家はケンブリッジ大学へ進学する伝統がありましたが、このジェイコブはオックスフォード大学・クライスト・チャーチに進みました。 このロスチャイルド家は金融グループを3つも運営していて、古くからかなり影響力を持つ家系で「都市伝説」などで度々「ロックフェラー家」と共に話題になっています。 2020年のやり過ぎ都市伝説2020春では、ロスチャイルド家は明治維新を裏で操ったともされている「巨大財閥」として紹介されていました。 スポンサーリンク イーロン・リーヴ・マスク 次にイーロン・リーヴ・マスクです。 名前 イーロン・リーヴ・マスク(Elon Reeve Musk) 生年月日 1971年6月28日 出身 南アフリカ共和国のハウテン州プレトリア 現在 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス 出身 ペンシルバニア大学 職業 起業家、エンジニア 妻(1人目) ジャスティン・マスク(離婚) 妻(2人目) タルラ・ライリー(離婚) 子供 5人 イーロン・リーヴ・マスクはアメリカのエンジニアであり実業家です。 なんと10歳の時にパソコンを買ってプログラミングを独学で学んだイーロン・マスク。 マスク財団の会長で、スペースXの創設者、テスラの共同設立者でCEOです。 スペースXは名前の通り、宇宙関連を経営した会社です。 頭にチップを埋め込まれた人間が生活する事に近い内なるという説明の中でIT技術が紹介された時にサラッと触れられた程度で、他の方より紹介部分は少なかったですね。 スポンサーリンク ニック・ボストロム 次はニック・ボストロムです。 名前 ニック・ボストロム(Nick Bostrom) 生年月日 1973年3月10日 専門 人体冷凍保存、トランスヒューマニズム、クローニング 職業 オックスフォード大学教授 ニック・ボストロムについては、もう専門を見て頂ければ分かるように、「人体冷凍保存」「トランスヒューマニズム」「クローニング」などなど、都市伝説では有名な方です(笑) マイクロチップの話で以前にも都市伝説に出ていますよね。 「人体冷凍保存」については101歳で亡くなったとされている「デイヴィッドロックフェラー」がもしかして肉体を冷凍保存するか意識を既にデータ化して復活しているかも…もしかすると今後復活して降臨するかもと触れられていました。 どうなんでしょうね…。 このマーク・ザッカーバーグについてのお話も凄かったんですよ! まずはプロフィールをご覧ください…表向きのです。 名前 マーク・ザッカーバーグ(Mark Elliot Zuckerberg) 生年月日 1984年5月14日 出身地 アメリカ合衆国ニューヨーク州ホワイト・プレインズ 出身大学 ハーバード大学工学部(中退) 職業 起業家 アメリカで両親ともにお医者さんの家庭の第2子です。 2003年に友人と共に開発した音楽再生用のフリーソフトがマイクロソフトなどに目に留まったほどで、ハーバード大学に入学したあとも様々な開発を続けていました。 そしてハーバード大学のコンピュータのセキュリティを破って動くプログラムを作ってしまい処分されますが、その後にFaceBookを立ち上げて大学を休学、最終的に中退しました。 やり過ぎ都市伝説では、マーク・ザッカーバーグが実は ロックフェラーの子孫ではないかとの話になり、話しがかなり飛躍していくんですよね…。 さらにアメリカのトランプ大統領を支持していたということで、「やり過ぎ都市伝説」でこの件について話題になっていました! 名前 ピーター・ティール(Peter Andreas Thiel) 生年月日 1967年10月11日 出身地 西ドイツのフランクフルト・アム・マイン 出身大学 スタンフォード大学(ロースクール) 職業 起業家、投資家 ピーター・ティールは西ドイツで産まれていますが、1歳の時にアメリカに移住。 スタンフォード大学で哲学を学んだあとで、ロースクールにも進学しています。 2018年頃の純資産は25億ドルとも言われている投資家で、FaceBookの取締役でもあります。 そしてトランプ大統領が選挙活動を行う際にチームメンバーになり、ITの分野からトランプ大統領をサポートしました。 名前 ビルゲイツ 生年月日 1955年10月28日 出身地 アメリカ合衆国ワシントン州シアトル 出身高校 ハーバード大学 職業 実業家、プログラマー ビルゲイツ氏は誰でも知っている有名人ですよね。 あの「マイクロソフト」の創業者です。 やり過ぎ都市伝説ではこのビルゲイツがコロナウイルスについて「予言」していたと紹介がありました。 また、コロナウイルスの治療薬をFaceBook創業者の「ザッカーバーグ」と「イギリス」と組んで作成しているという話も…。 たった1回の放送でかなりの情報量でちょっと混乱していたので情報を整理する意味で数記事に分けてまとめています。

次の