いっ しゅ の 石。 「キミ、どこ住み? え、俺は空中要塞住みだけど」 (MF文庫J)

「キミ、どこ住み? え、俺は空中要塞住みだけど」 (MF文庫J)

いっ しゅ の 石

銭貨で使われたのは主に4文銭です。 1文銭はその補助。 4文銭が鋳造され普及すると物の値段も4の倍数になったものも多いです。 そのほうが金のやり取りに便利だからですね。 茶代4文、蕎麦代6文髪結32文・・・など。 四文屋という何でも4文均一の店もありました。 今の100円ショップに相当します。 銭貨の上は朱・分などの金・銀貨の計数貨幣と重さを量る秤量(しょうりょう)貨幣があります。 定量の1匁銀~10匁くらいまでの小粒銀というのもあります。 一般庶民の財布の中には小銭(4文銭・1文銭)が数枚、せいぜい1朱銀1枚といったところでしょう。 飲食店で大きなお金を出しても釣銭に困り迷惑がられます。 1文100枚紐などで通したものは緡(ぜにさし)といって、実際には96文で纏めて100文で通用したようです。 普通の支払いなどには使わず両替をする時などに緡を出したのです。 江戸時代の貨幣制度は、金遣い、銀遣い、銭遣いみな概念がそれぞれありました。 大判は大名、家老クラスの恩賞など。 小判金は江戸中心の商売大規模取引、 旅行用に一分金、一朱金などですね。 刀のツバに一分金など入れる銭刀なんてのもありました。 丁銀は上方中心に商売大規模取引用なのですが、秤量貨幣なのでいちいち計って使っていました。 小粒なのが豆板銀という訳。 銀は後に明和5匁銀、南鐐ニ朱、天保一分銀と定位貨幣に変わっていきます。 銭は寛永一文さらに四文、天保銭(100文通用が40文に)などが有名ですが、庶民の普段遣いは銭でした。 旅行には「さし」と呼ばれる一貫文(一応1000文)も使われました。 江戸時代は長いので、インフレ時代もあり、また政策的なデフレ時代もあり、さらにインフレと銀の定位貨幣化、 開国による極端なインフレ化があります。 ですので一文が現在のいくらにあたるかは時代により全然違いますし、金、銀、銭の交換相場も変動しています。 お蕎麦を食べるのには金や銀なんか使わず、江戸初期は蕎麦がきで8文程度、江戸中期以降のいわゆるお蕎麦で16文、後期が32文です。 もしお武家様や大店のご主人様が蕎麦を食べようとするなら、まずは両替商で金を銭に両替してからです。 実はこうした事は日本に限らず、中国や英国でもありました。 中国はかなり複雑なので割愛しますが、 英国で第一次世界大戦前は、 ギニー金貨(医者や弁護士などの謝礼用)、ソブリン金貨(大口の取引、貿易など、通常はイングランド銀行券を使用) クラウン銀貨(比較的大きな取引、貿易など。 東洋貿易銀、中南米貿易銀は別体系) シリング銀貨(通常取引) ベニー銅貨(庶民の普段遣い) が基本でした。 現代の管理貨幣制度下では十進法が常識とされていますが、以前の貨幣制度はこのように違う論理(金の世界、銀の世界、銅貨の世界。 また地方による特色など)で動いていたのでした。

次の

昔の貨幣についてです。いっしゅが12500円、一文が10円として...

いっ しゅ の 石

「がんばえー、こばとがんばえーっ! 」 九年前、所沢市上空に出現した空中要塞こばと。 だがそれは既に市民に飽きられつつあった。 ある日、主人公の黒田洋平はなぜかこばとに連行される羽目に。 メイドと共に待ち構えていたのは七十三代当主、夢素香。 曰く洋平は王族の血筋を引いていて彼女と結婚する運命だと。 一先ずは補佐官としてこばとを取り巻く問題を解決することになった洋平。 日照権、反対派の抗議、グッズの在庫、風評被害、様々な無理難題が洋平に襲い掛かる! 奇才、川岸殴魚と豪華イラストレーター陣が放つゆるふわ 空中要塞だけに 日常ラブコメ! 「よく見ろって! このパイプも超古代技術らしいぞ! 」 川岸殴魚といったらガガガ文庫、というイメージだったのでMF文庫で新作を出すと聞いた時は非常に意外な印象を受けた。 レーベルが変わった事で何かしらの新境地を拓くのかな、という興味も手伝い拝読してみる事に。 物語の舞台は埼玉県所沢市。 地方の人間からすると「ああ、西武の本拠地がある」以外のイメージがあまり湧かないこの町の上空600メートルには空中戦艦の様な空飛ぶ城塞「こばと」が浮いていた。 「こばと」が姿を現してはや9年、所沢市民がその存在にあまり気を払わなくなった頃の6月、市内在住の平凡な高校二年生・黒田洋平がデザインセンスの古い(しかもカタカナ喋り)ロボットにより「こばと」へと拉致されるところから物語は始まる。 洋平を拉致したのは「こばと」の第73代当主である夢素香(むすか)。 いきなりの拉致に何事かと身構える洋平に対し夢素香は自分と結婚し子を成せといきなり要求。 訳の分からない洋平に対し夢素香の専属メイドである島元あかねは洋平が「こばと」の全能力を引き出せる王族の血筋を引く人間であり、夢素香を残して血筋の絶えかけた王族の血を残し「こばと」を守る為には洋平との結婚が必要な事情を明かす。 夢素香たちの抱える事情は理解したもののスマホの電波も入らず、宅配便で荷物が届く予定もある洋平は「やっぱり地上に帰りたい」と言い出してしまう…… 基本的に王道の「落ちもの」系ラブコメといった所。 ヒロインの名前から分かる様に「天空の城・ラピュタ」のパロディ要素もあるが「親方、空から女の子が」とはならず、逆に主人公がお空の彼方に拉致される所から始まるけど流れから言えば主人公の前に突然魅力的な女の子が現れて求婚してくるタイプの「落ちもの」以外の何物でもない。 美少女である夢素香との結婚自体は悪くないけど、スマホの電波が入らない所では生活したくないといういかにも現代高校生な洋平が基本自給自足で地上の事情に疎い夢素香にアルフォートや「まるごとバナナ」の味を教え「こういう美味しい物をもっと知りたくない?」と唆し地上の事情を教える特別補佐官としての地位をゲット、「こばと」と地上を往ったり来たり……うん、これだけでも十分にラブコメとしては成立する。 成立するけど……やっぱりそれだけじゃ「平凡」の域は出ない。 ある種の「現代文化無双」の亜流でしか無いし。 この作品に個性を与えているのはそんな適当な感じで生きてきた等身大の高校生である洋平が「こばと」を取り巻くトラブルを解決し、空中の民に「豊かさ」を齎そうという王族の使命感に目覚める展開を描いているからに他ならない。 基本的には現代日本が舞台ではあるのだけど、9年前に「こばと」が認識されるきっかけとして「大戦」と呼ばれる空中要塞同士が戦うガチの戦争があった事が匂わされている。 その影響からか基本的に「こばと」の存在に関心を示さない所沢市民の中にも「こばと」が上空に居座る事に反対する団体がいたり、その声を利用して地元の再開発利権に食い込もうとする地方政治家が蠢いていたりと妙に世知辛い話が後半になると動き始める。 この世知辛さが単に空中要塞に住むお姫様相手のラブコメに妙なリアリティを与えている。 なんというか世界が主人公とヒロインの二人だけで終わりがちなラブコメに世界観の広さや厚みみたいな物を生んでいると言っても良いかも知れない。 この厚みのある世界観を支えているのが作中の至る所に盛り込まれた埼玉・所沢のローカルネタ。 埼玉のローカルネタなんて「美味い美味過ぎる」の十万石饅頭みたいなネタを盛り込む作品なんて珍しくもなんともないし、と思う方もおられるかも知れないがこの作品のローカルネタの厚みは少しばかり桁が違う。 「西所沢駅前のデイリーヤマザキ」「スーパーヤオコー東所沢店」「スーパーオザム東狭山ヶ丘店」「業務スーパー所沢ファルマン通り店」「プロぺ商店街」「ぎょうざの満州・所沢ネオ東口店」……今回読みながらグーグルマップで検索しまくったのだけど全部実在の店舗だったので驚いた。 「ジャスコ」と違い現存の店舗やチェーン店を出しまくっているので担当の編集者さん大変だったんじゃなかろうかと。 これ以外にもローカルネタが頻出するのだけど、ローカルネタと言うのは旅行先で地元限定のスーパーに入る様な楽しさがある一方で背景にリアリティを与える要素にもなり得る。 「機動警察パトレイバー」がレイバーという現存しない技術の塊が登場する話にリアリティを与える為にレイバー以外の部分=警察組織や舞台となる東京の風景はひたすらリアルに描いたのと同じで「大きい嘘を成立させるためのディティールへの拘り」がここには感じられる。 有り体に言ってしまえば「空中要塞こばと」もそこに住むお姫様である夢素香も「大きな嘘」なのだけど、そんなウソの塊が存在する世界だけは徹底的にリアルに拘ったというか……地方政治家の世知辛さや抗議団体の面倒くささも含めて、これはこれで作品としての個性を出す為の演出としては「あり」かなと。 ガガガ文庫での前作「編集長殺し」も奇天烈な編集部員のキャラと妙に世知辛いというかリアリティの感じられる編集者家業の辛さが同居した作品であったし、こういうギャグとリアリティのバランスで読ませるのが川岸殴魚という作家の持ち味なのかなあ、という印象を受けた。 ドタバタではあっても世界観にリアリティを持たせて不思議な「厚み」を感じさせる、そんな感じのシリーズ第一巻であった。 埼玉県所沢市に突如として空中要塞『こばと』が現れた『あの大戦』の末期から九年。 彼等は 別に所沢を征服することもなければ、埼玉県とネーミングライツおよび治外法権に関する協定を 結ぶこと以外は積極的な交流を行うこともなく、県から支払われる契約金と『こばと』グッズの ライセンス料に依存した半自給自足の生活を送りながらただただ市内を浮遊し続けており、 すっかり日常の風景と化した今となっては多くの所沢市民の興味は『こばと』から失われていた。 そもそもなぜ空中要塞なるものが生まれたのか、夢素香を含む『こばと』に住む三百人に 満たない人々の先祖はもともとどういった人々だったのか、そしてなぜ浦和や大宮、 熊谷や川越ではなく所沢にこだわるのかといった謎は第二巻以降で明らかになるのだろう。 松が丘に『あの大戦』による瓦礫が集められているという描写から、暗に『あの大戦』の 時点で松が丘がゴーストタウンと化していることが示唆されている。 ちなみに松が丘は所沢駅から見て南西方向、西武園競輪場との間にある丘陵地帯を 1980年代に西武不動産 現:西武プロパティーズ が切り開いた分譲住宅地で、 高齢者にとってハードなアップダウンと二つの最寄り駅どちらに行くにもバスを 使わなければならない、90年代になってようやくスーパー いなげや ができたものの バブル崩壊を境に不動産価格が下落し続けるという『アレ』な場所である 高校からほど近いデイリーヤマザキ西所沢駅前店 この描写で洋平が市内トップ校である 所沢高校の生徒であることが示唆されている で調達したアルフォートとまるごとバナナで 懐柔する描写がありながら、ヤオコー東所沢店、オザム東狭山ヶ丘店、業務スーパー 所沢ファルマン通り店との『密貿易』 もしかしたら西友やイオン 旧ダイエー 、 新所沢パルコといった大型店を避けたのは目立ってしまっては密貿易にはならないという 彼等なりの矜持なのかそれとも作品世界では破壊されてしまったのかも知れない ではこれらの存在に気付いていないという描写を通じ、『こばと』の人々が少々おまぬけで あることを暗喩しているのが分かる。 また、『こばと』というネーミングは県鳥シラコバトのみならず、小手指町にある 『こばと児童館』から名付けられたまったくうまくないダブルミーニングなのだろう。 あと、三重県出身の作者がどうして埼玉県から門外不出である、かつて埼玉県じゅうの 中等教育関係者とズブズブの関係だった北辰テスト 北辰図書 の存在を知っている?

次の

国石 ヒスイの古代史(翡翠)(4)縄文中期 ギルド工房・匠の技から生まれる大珠(たいしゅ)北・東日本に流通

いっ しゅ の 石

銭貨で使われたのは主に4文銭です。 1文銭はその補助。 4文銭が鋳造され普及すると物の値段も4の倍数になったものも多いです。 そのほうが金のやり取りに便利だからですね。 茶代4文、蕎麦代6文髪結32文・・・など。 四文屋という何でも4文均一の店もありました。 今の100円ショップに相当します。 銭貨の上は朱・分などの金・銀貨の計数貨幣と重さを量る秤量(しょうりょう)貨幣があります。 定量の1匁銀~10匁くらいまでの小粒銀というのもあります。 一般庶民の財布の中には小銭(4文銭・1文銭)が数枚、せいぜい1朱銀1枚といったところでしょう。 飲食店で大きなお金を出しても釣銭に困り迷惑がられます。 1文100枚紐などで通したものは緡(ぜにさし)といって、実際には96文で纏めて100文で通用したようです。 普通の支払いなどには使わず両替をする時などに緡を出したのです。 江戸時代の貨幣制度は、金遣い、銀遣い、銭遣いみな概念がそれぞれありました。 大判は大名、家老クラスの恩賞など。 小判金は江戸中心の商売大規模取引、 旅行用に一分金、一朱金などですね。 刀のツバに一分金など入れる銭刀なんてのもありました。 丁銀は上方中心に商売大規模取引用なのですが、秤量貨幣なのでいちいち計って使っていました。 小粒なのが豆板銀という訳。 銀は後に明和5匁銀、南鐐ニ朱、天保一分銀と定位貨幣に変わっていきます。 銭は寛永一文さらに四文、天保銭(100文通用が40文に)などが有名ですが、庶民の普段遣いは銭でした。 旅行には「さし」と呼ばれる一貫文(一応1000文)も使われました。 江戸時代は長いので、インフレ時代もあり、また政策的なデフレ時代もあり、さらにインフレと銀の定位貨幣化、 開国による極端なインフレ化があります。 ですので一文が現在のいくらにあたるかは時代により全然違いますし、金、銀、銭の交換相場も変動しています。 お蕎麦を食べるのには金や銀なんか使わず、江戸初期は蕎麦がきで8文程度、江戸中期以降のいわゆるお蕎麦で16文、後期が32文です。 もしお武家様や大店のご主人様が蕎麦を食べようとするなら、まずは両替商で金を銭に両替してからです。 実はこうした事は日本に限らず、中国や英国でもありました。 中国はかなり複雑なので割愛しますが、 英国で第一次世界大戦前は、 ギニー金貨(医者や弁護士などの謝礼用)、ソブリン金貨(大口の取引、貿易など、通常はイングランド銀行券を使用) クラウン銀貨(比較的大きな取引、貿易など。 東洋貿易銀、中南米貿易銀は別体系) シリング銀貨(通常取引) ベニー銅貨(庶民の普段遣い) が基本でした。 現代の管理貨幣制度下では十進法が常識とされていますが、以前の貨幣制度はこのように違う論理(金の世界、銀の世界、銅貨の世界。 また地方による特色など)で動いていたのでした。

次の