三菱ケミカルhldgs 配当。 4188 三菱ケミカル HD

三菱ケミカルHLDGS<4188>を徹底企業分析

三菱ケミカルhldgs 配当

配当性向 2008年3月 (連) 12. 上記の基本的な考え方及び当期の連結業績予想の修正を踏まえ、1株当り期末配当金を、前期実績及び当初予想である6円から1円増配し、7円と配当予想を修正致します。 当期は、石油化学関連事業等において固定資産の減損損失を計上したこともあり、親会社株主に帰属する当期純利益は前期に比べて減少しましたが、中期経営計画「APTSIS15」のもと、中期的な収益基盤の強化・底上げを図り、営業利益が最終年度の計画値を達成するとともに、当社として過去最高益を計上しました。 上記の方針並びにこれらの状況及び今後の事業展開などを総合的に勘案して、1株当り期末配当金を、前期実績及び当初予想である7円から1円増配し、8円と配当予想を修正いたします。 当期は、石油化学関連事業等において固定資産の減損損失を計上したこともあり、親会社株主に帰属する当期純利益は前期に比べて減少しましたが、中期経営計画「APTSIS15」のもと、中期的な収益基盤の強化・底上げを図り、営業利益が最終年度の計画値を達成するとともに、当社として過去最高益を計上しました。 上記の方針並びにこれらの状況及び今後の事業展開などを総合的に勘案して、1株当り期末配当金を、前期実績及び当初予想である7円から1円増配し、8円と配当予想を修正いたします。 このような方針のもと、最近の業績動向を踏まえ、財務体質の強化や株主の皆様に対する利益の還元の充実について総合的に勘案し、2017年3月期の期末配当金予想を前回発表予想から2円引き上げ、12円に修正致します。 これにより、年間の予想配当金は、前期実績から1株当たり5円増配の20円となります。 このような方針のもと、最近の業績動向を踏まえ、財務体質の強化や株主の皆様に対する利益の還元の充実について総合的に勘案し、2017年3月期の期末配当金予想を前回発表予想から2円引き上げ、12円に修正致します。 これにより、年間の予想配当金は、前期実績から1株当たり5円増配の20円となります。 このような方針のもと、2018年3月期の中間配当金予想を前回発表予想から3円引き上げ15円に、期末配当金予想につきましても前回発表予想から3円引き上げ15円に修正いたします。 これにより、年間の予想配当金は、前期実績から1株当たり10円増配の30円となります。 このような2方針のもと、本日公表の2018年3月期通期連結業績を踏まえ、期末配当金予想を前回発表予想から2円引き上げ17円に修正いたします。 これにより、年間の予想配当金は、前期実績から1株当り12円増配の32円となります。 なお、当社は本日(2018年5月10日)、「自己株式の取得及び自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株式の買付けに関するお知らせ」を公表しております。 このような2方針のもと、本日公表の2018年3月期通期連結業績を踏まえ、期末配当金予想を前回発表予想から2円引き上げ17円に修正いたします。 これにより、年間の予想配当金は、前期実績から1株当り12円増配の32円となります。 なお、当社は本日(2018年5月10日)、「自己株式の取得及び自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株式の買付けに関するお知らせ」を公表しております。 当期の期末配当予想につきましては、上記の通り、コロナ禍の拡大等により通期の親会社の所有者に帰属する当期利益予想を前回から30. 9%下方修正すること、また、コロナ禍の影響が現時点でも引き続いていることに伴い、誠に遺憾ながら、1株当り期末配当金を前回発表予想から8円減配の12円に修正致します。 これにより、1株当り年間配当予想は32円となります。 なお、当社は取締役会決議により期末配当を行うことができる旨を定款に定めております。

次の

[4188]三菱ケミカルホールディングスの株価・配当金・利回り

三菱ケミカルhldgs 配当

三菱系の総合化学メーカー。 2017年に三菱化学・三菱レイヨン・三菱樹脂が合併。 住所は丸の内1丁目1-1。 住所はかっこいいですけど丸の内の外れにあります。 高配当につられて買ってしまった主力株。 マネー系雑誌の常連ですね。 2020年3月期は微減益予想で配当予想は据え置き。 業績次第です。 主要株主(金融機関) 5年程前の株主構成をみると、金融機関で占められているのは変わりないですが三菱UFJ銀行が2. 三菱系企業の持ち株解消が進んでいるのでしょうか。 三菱総研なんかもそうでした。 来季も増収減益の会社予想。 巨大企業でセグメントは以下通りに分かれてます。 数年前からMMAに頼らない事業ポートフォリオを目指しているようですが、現在もMMAの活躍が目立ちます。 事業内容はアクリル樹脂素材と汎用品の製造。 いつかは追いつかれて陳腐化するのでしょうが、技術盗まれないように頑張ってほしいですね。 炭素繊維、産業ガス、ヘルスケア等成長の期待できる利益率高い事業も抱えてますが、ヤフー掲示板を覗くと子会社の生命か爆インスティテュートが取り組んでいるMuse細胞・再生医療への期待が非常に大きいんですよね。 株価が低迷している中の希望の光のようです。 治験中ですが利益につながるのは早くても数年先だと思うので私は全く期待してませんが・・・。 指標 低い自己資本率・流動比率で安全性があるとは言えないような。 むしろ大変低い。 借金も物凄い額ですね。 また近年の買収の影響でのれんを含む無形資産が積み重なってます。 IFRS採用してるので突然の巨額減損や金利上昇等が怖くなってきました。 ポジトーク(700株所有、Cランク) 現在の配当水準のキープを期待して継続保有します。 高配当が魅力ですが、財務が弱いので積極的な買い増しは少し怖いのでCランクにいれておきます。 kabu-baystan98.

次の

三菱ケミカル(4188)株価分析。配当利回り5%だが・・・

三菱ケミカルhldgs 配当

期 配当金 増減率 2005年03月期 10. 0円 66. 0円 -20. 0円 75. 0円 14. 0円 -25. 0円 -33. 0円 25. 0円 0. 0円 20. 0円 0. 0円 8. 0円 15. 0円 33. 0円 60. 0円 6.

次の