たか けいしょう 今日 の 結果。 貴景勝(たかけいしょう)が貴乃花部屋移籍後に初優勝は必然か?

貴景勝V逸「優勝の資質なかった」 初場所:時事ドットコム

たか けいしょう 今日 の 結果

「優勝する資質がなかったということ」。 結果と課題を胸に落とし込むように話した。 天覧は幕内後半だった。 1敗同士の正代-徳勝龍戦は2人とも前頭。 取組順は対戦力士の番付や東西で決まるため、幕内前半に組まれた。 徳勝龍が勝って注目の一番が終わった後、天皇ご一家をお迎えした後半戦。 焦点は、貴景勝が優勝争いに踏みとどまるかどうかに移った。 低く当たった貴景勝。 突き放しながら出る。 一瞬、朝乃山の腰が入りかける場面もあった。 懸命に回り込む朝乃山を、左もはずに当てる絶好の形で追撃する。 しかし、攻め切れない。 残され、土俵際から戻された瞬間に、与えてはいけない左上手を取られた。 止まればさらに不利になる貴景勝は休まず、自らも右の下手を引いて寄る。 残しながら、体を開いて上手投げを打つ朝乃山。 下手投げを打ち返して寄り立てる貴景勝。 だが、ここでも寄り切れず、最後は引きずるような上手投げに土俵へ落ちた。 慣れない優勝争いで、初々しい正代-徳勝龍のドタバタした「大一番」も観客を楽しませたが、さすがに貴景勝と朝乃山の一番は、天覧にふさわしい力相撲だった。 「2人ともよく残った。 勝った朝乃山も立派だし、貴景勝も大関として立派な相撲を取ってくれた」。 ご説明役を務めた八角理事長(元横綱北勝海)も、優勝争いとは別に両力士の敢闘をねぎらった。 支度部屋の貴景勝は「しっかり準備はできたと思うので。 残念です。 まあ、しょうがないですけどね」と切り出した。 この後は充足感と無念さを整理しながら言葉をつなぐ。 朝乃山(左)に敗れた貴景勝=25日、東京・両国国技館 「もっと強くならないと。 「優勝する資質がなかったというだけのこと。 資質のある者は13日目時点で2敗しない」。 2日目の北勝富士戦、9日目の正代戦の黒星を悔いた。 「優勝は成績で決まっちゃうから。 きょうの相撲より前の2敗が大きかった」「きょうが大事だったんじゃないのかな。 きょう勝った者にしかあしたは来ないから」。 行きつ戻りつする言葉から、落胆も素直にのぞく。 大関の優勝は、翌場所が綱とりになる。 賜杯と同時にその可能性も消えた黒星だった。 千秋楽に勝って12勝し、徳勝龍か正代が13勝の優勝となっても、横綱挑戦につながる「優勝に準ずる成績」とは見なされないだろう。 千秋楽まで優勝争いに残れず、大関が前頭2人の後塵(こうじん)を拝したとなれば評価は下がる。 正代との直接対戦でも負けている。 とはいえ、多くの親方衆やファンが、近い将来の白鵬、鶴竜なき後を託せるのは貴景勝と朝乃山だと見ている。 この日は、その期待を高める一番でもあった。 朝乃山にも言えることだが、取りこぼしを減らし、白星を着実に上積みするには何が必要か。 安定感のある右四つの型を目指す朝乃山に対し、押し相撲の貴景勝には不安を抱く向きもある。 この日は、上手を取られても投げの打ち合いで粘り、逆に追い詰めた。 四つ身の可能性を見るか、やはりまわしを取られては厳しいと見るか。 貴景勝自身は「突き押しをもっと強くして頑張るという感じですね」と、自分の横綱像を見据え直すように話した。 (時事ドットコム編集部).

次の

朝乃山の取組結果と本日の動画【2020年1月初場所】

たか けいしょう 今日 の 結果

「優勝する資質がなかったということ」。 結果と課題を胸に落とし込むように話した。 天覧は幕内後半だった。 1敗同士の正代-徳勝龍戦は2人とも前頭。 取組順は対戦力士の番付や東西で決まるため、幕内前半に組まれた。 徳勝龍が勝って注目の一番が終わった後、天皇ご一家をお迎えした後半戦。 焦点は、貴景勝が優勝争いに踏みとどまるかどうかに移った。 低く当たった貴景勝。 突き放しながら出る。 一瞬、朝乃山の腰が入りかける場面もあった。 懸命に回り込む朝乃山を、左もはずに当てる絶好の形で追撃する。 しかし、攻め切れない。 残され、土俵際から戻された瞬間に、与えてはいけない左上手を取られた。 止まればさらに不利になる貴景勝は休まず、自らも右の下手を引いて寄る。 残しながら、体を開いて上手投げを打つ朝乃山。 下手投げを打ち返して寄り立てる貴景勝。 だが、ここでも寄り切れず、最後は引きずるような上手投げに土俵へ落ちた。 慣れない優勝争いで、初々しい正代-徳勝龍のドタバタした「大一番」も観客を楽しませたが、さすがに貴景勝と朝乃山の一番は、天覧にふさわしい力相撲だった。 「2人ともよく残った。 勝った朝乃山も立派だし、貴景勝も大関として立派な相撲を取ってくれた」。 ご説明役を務めた八角理事長(元横綱北勝海)も、優勝争いとは別に両力士の敢闘をねぎらった。 支度部屋の貴景勝は「しっかり準備はできたと思うので。 残念です。 まあ、しょうがないですけどね」と切り出した。 この後は充足感と無念さを整理しながら言葉をつなぐ。 朝乃山(左)に敗れた貴景勝=25日、東京・両国国技館 「もっと強くならないと。 「優勝する資質がなかったというだけのこと。 資質のある者は13日目時点で2敗しない」。 2日目の北勝富士戦、9日目の正代戦の黒星を悔いた。 「優勝は成績で決まっちゃうから。 きょうの相撲より前の2敗が大きかった」「きょうが大事だったんじゃないのかな。 きょう勝った者にしかあしたは来ないから」。 行きつ戻りつする言葉から、落胆も素直にのぞく。 大関の優勝は、翌場所が綱とりになる。 賜杯と同時にその可能性も消えた黒星だった。 千秋楽に勝って12勝し、徳勝龍か正代が13勝の優勝となっても、横綱挑戦につながる「優勝に準ずる成績」とは見なされないだろう。 千秋楽まで優勝争いに残れず、大関が前頭2人の後塵(こうじん)を拝したとなれば評価は下がる。 正代との直接対戦でも負けている。 とはいえ、多くの親方衆やファンが、近い将来の白鵬、鶴竜なき後を託せるのは貴景勝と朝乃山だと見ている。 この日は、その期待を高める一番でもあった。 朝乃山にも言えることだが、取りこぼしを減らし、白星を着実に上積みするには何が必要か。 安定感のある右四つの型を目指す朝乃山に対し、押し相撲の貴景勝には不安を抱く向きもある。 この日は、上手を取られても投げの打ち合いで粘り、逆に追い詰めた。 四つ身の可能性を見るか、やはりまわしを取られては厳しいと見るか。 貴景勝自身は「突き押しをもっと強くして頑張るという感じですね」と、自分の横綱像を見据え直すように話した。 (時事ドットコム編集部).

次の

貴景勝(たかけいしょう)が貴乃花部屋移籍後に初優勝は必然か?

たか けいしょう 今日 の 結果

前頭十二枚目 石 浦 9勝6敗• 前頭十三枚目 碧 山 11勝4敗• 前頭十七枚目 大奄美 5勝10敗• 前頭十一枚目 照 強 9勝6敗• 前頭十一枚目 千代大龍 8勝7敗• 前頭十六枚目 志摩ノ海 9勝6敗• 前頭十枚目 佐田の海 6勝9敗• 前頭十四枚目 錦 木 6勝9敗• 前頭十八枚目 琴ノ若 9勝6敗• 前頭九枚目 栃ノ心 6勝9敗• 前頭十七枚目 明 生 7勝8敗• 前頭六枚目 輝 8勝7敗• 前頭六枚目 妙義龍 4勝11敗• 前頭十枚目 栃煌山 3勝12敗• 前頭五枚目 竜 電 6勝9敗• 前頭十六枚目 東 龍 5勝10敗• 前頭十四枚目 魁 聖 8勝7敗• 前頭四枚目 阿 炎 7勝8敗• 前頭四枚目 炎 鵬 6勝9敗• 前頭十二枚目 勢 8勝7敗• 前頭五枚目 阿武咲 9勝6敗• 前頭三枚目 御嶽海 10勝5敗• 前頭三枚目 豊 山 8勝7敗• 前頭十五枚目 千代丸 7勝2休6敗• 前頭七枚目 玉 鷲 6勝9敗• 前頭二枚目 徳勝龍 4勝11敗• 前頭二枚目 隠岐の海 8勝7敗• 前頭十三枚目 琴奨菊 7勝8敗• 前頭筆頭 大栄翔 8勝7敗• 前頭八枚目 霧馬山 9勝6敗• 前頭七枚目 宝富士 9勝6敗• 小結 遠 藤 7勝8敗• 小結 北勝富士 4勝11敗• 前頭八枚目 松鳳山 4勝11敗• 前頭九枚目 隆の勝 12勝3敗• 関脇 正 代 8勝7敗• 大関 貴景勝 7勝8敗• 関脇 朝乃山 11勝4敗• 横綱 白 鵬 13勝2敗• 横綱 鶴 竜 12勝3敗.

次の