周知 の 通り。 「ご存知」の意味と使い方、例文、敬語・謙譲語、類語、「ご存じ」との違いを解説

「周知する」は誤用なの!?「周知」の意味と使い方

周知 の 通り

意味:広く知れ渡っていること。 また、広く知らせること。 例文1:「インフルエンザの対策を周知させる」• 例文2:「ソフトの使い方を皆に周知する」 意味としては大きく分けて2つ。 「広く知れ渡った状態」、もしくは「広く知らせる行動」。 多くの場合は前者の意味で使われ、例文1のように「〇〇を周知させる」というように使役形にして使います。 そして「周知する」という使い方を誤用であると主張する人も見かけます。 しかし周知には後者の意味をもって例文2のように「〇〇を周知する」というような使い方もできるのです。 「周知する」も「周知させる」も同じように『周りに広く知らせる』という意味になります。 一般的には「周知させる」という使い方をよくしますが、テレビや新聞、さらに国会議事録や白書など厳格な書面でも「周知する」という言葉は使われています。 『周知』の使い方 さらに周知の使い方について詳しく見ていきましょう。 状況に応じて主に4つの使い方に分類されます。 周知する、周知させる、周知を図る• 周知徹底• ご周知ください、ご周知願います• 周知の事実 1. 周知する、周知させる、周知を図る 周知する、周知させる、周知を図る、これらはすべて同じ意味で、「広く知らせる」、「伝達する」というような意味合いで使われます。 周知徹底 周知という語を使った四字熟語に『周知徹底』という言葉があります。 意味は 「全ての人にしっかりと知れ渡らせること」なので、言葉の通り周知をもれなく徹底的に行うことを指します。 使う場面は前項の「周知する」などとほぼ変わらず、「周知徹底する」といった使い方です。 ご周知ください、ご周知願います ビジネスシーンなどで敬語を相手に周知の要望をする際に使う表現が「ご周知ください」「ご周知願います」という言葉です。 以下のような使い方をします。 「眠気で仕事の生産性が落ちるのは 周知の事実。 眠気対策を今一度考えてみましょう」• 「痩せる薬がこの世に存在しないことは、今や 周知の事実です」• 「あのアスリートは戦績だけでなく人間性も素晴らしいというのは 周知の事実」 『周知』と『衆知』の違いについて 周知と似た言葉に『衆知』というものがあります。 『周』と『衆』は意味も似ているため、『周知』も『衆知』も同じような意味だろうと考える人は多いのではないでしょうか。 しかし、『衆知』とは 「多くの人々の知恵」という意味で、周知とは全く異なる意味になります。 周知と同じように「情報を衆知する」「衆知の事実」というような使い方はできないのです。 例文としては以下の通り。

次の

「周知のように」という表現

周知 の 通り

意味:広く知れ渡っていること。 また、広く知らせること。 例文1:「インフルエンザの対策を周知させる」• 例文2:「ソフトの使い方を皆に周知する」 意味としては大きく分けて2つ。 「広く知れ渡った状態」、もしくは「広く知らせる行動」。 多くの場合は前者の意味で使われ、例文1のように「〇〇を周知させる」というように使役形にして使います。 そして「周知する」という使い方を誤用であると主張する人も見かけます。 しかし周知には後者の意味をもって例文2のように「〇〇を周知する」というような使い方もできるのです。 「周知する」も「周知させる」も同じように『周りに広く知らせる』という意味になります。 一般的には「周知させる」という使い方をよくしますが、テレビや新聞、さらに国会議事録や白書など厳格な書面でも「周知する」という言葉は使われています。 『周知』の使い方 さらに周知の使い方について詳しく見ていきましょう。 状況に応じて主に4つの使い方に分類されます。 周知する、周知させる、周知を図る• 周知徹底• ご周知ください、ご周知願います• 周知の事実 1. 周知する、周知させる、周知を図る 周知する、周知させる、周知を図る、これらはすべて同じ意味で、「広く知らせる」、「伝達する」というような意味合いで使われます。 周知徹底 周知という語を使った四字熟語に『周知徹底』という言葉があります。 意味は 「全ての人にしっかりと知れ渡らせること」なので、言葉の通り周知をもれなく徹底的に行うことを指します。 使う場面は前項の「周知する」などとほぼ変わらず、「周知徹底する」といった使い方です。 ご周知ください、ご周知願います ビジネスシーンなどで敬語を相手に周知の要望をする際に使う表現が「ご周知ください」「ご周知願います」という言葉です。 以下のような使い方をします。 「眠気で仕事の生産性が落ちるのは 周知の事実。 眠気対策を今一度考えてみましょう」• 「痩せる薬がこの世に存在しないことは、今や 周知の事実です」• 「あのアスリートは戦績だけでなく人間性も素晴らしいというのは 周知の事実」 『周知』と『衆知』の違いについて 周知と似た言葉に『衆知』というものがあります。 『周』と『衆』は意味も似ているため、『周知』も『衆知』も同じような意味だろうと考える人は多いのではないでしょうか。 しかし、『衆知』とは 「多くの人々の知恵」という意味で、周知とは全く異なる意味になります。 周知と同じように「情報を衆知する」「衆知の事実」というような使い方はできないのです。 例文としては以下の通り。

次の

「周知」の意味と使い方は?類義語や言い換え方・例文を調査!

周知 の 通り

「周知の事実」の意味とは? 「周知の事実」の類語• 「周知の事実」を使った例文• 「周知の事実」を分解して解釈• 「周知の事実」について徹底解説 「周知の事実」の意味とは? 「周知の事実」とはどのような意味の言葉でしょうか。 「みんなが知っている事」、 「広く知れ渡っている事実」というような意味があります。 「誰もがすでに知っている」という事、 「本当の事」という要素が含まれている場合に、 「周知の事実」という言葉を使います。 「常識」になっているほど知れ渡っているという点がポイントになります。 またそれほど知れ渡っていない場合でも 「周知の事実」だという事で、社会的に知られている事を強くアピールする事ができます。 一方で 「知らないと恥ずかしい事」という意味に転じる事もあります。 目上の人に最近のカルチャーについて説明する時に 「それは周知の事実です」と言うと、相手の感情を損なってしまう可能性があります。 「周知の事実」という言葉を使う時は、スマートに相手の気持ちを傷つけないように注意を払う必要があります。 ただし使い方や意味を知らないと、ビジネスシーンでは恥ずかしい言葉でもあります。 できるだけ意味に精通して、使い方には注意する、そんな言葉になりそうです。 一般常識【いっぱんじょうしき】 「周知の事実」は 「一般常識」という言葉と意味が似ています。 「周知の事実」は 「広く知れ渡っている」上に、 「事実」でもあります。 広く知れ渡っている事実は 「一般常識」と言っても過言ではないでしょう。 それでも入社時の試験に出るほど、確定した事実ではないため、 「周知の事実」は 「一般常識」よりも未成熟な知識で、やや範囲が狭い知識といえるかもしれません。 「これは一般常識ですよ」というよりも、 「周知の事実ですよ」と言った方が、表現として柔らかく感じるのはそのせいかもしれません。 社内や業界で最近、一般常識的に扱われるようになった出来事を 「周知の事実」などと表現するとスマートかもしれません。 ビジネスシーンでの「周知の事実」を使った例文 ビジネスシーンで 「周知の事実」という言葉を感じ良く使うための例文を紹介します。 例えば会社の同じ職場に、尊敬できる先輩がいるかもしれません。 その先輩はとても努力していて、結果も出しているのに、イマイチ存在が地味で上司や同僚へのアピール度が少ないかもしれません。 そんな先輩を尊敬している後輩の立場で、先輩を励ますために 「周知の事実」という言葉を使ってみましょう。 「先輩はすごいですよ」と褒めると、先輩は 「そんな事ないよ、全然アピールできてないから評価が低い」と言うかもしれません。 そこで 「そんな事ありません! 先輩がすごく頑張っているという事は、周知の事実です! 」と言いましょう。 「先輩が頑張っている事、優秀な事は、すでに職場のみんなが知っています」という意味の言葉で、先輩を励ます事ができます。 恋愛シーンで「周知の事実」を使った例文 恋愛シーンで 「周知の事実」という言葉を使う時は、どのような場面で、どのような例文になるでしょうか。 例えば社内恋愛をしているカップルがいます。 社内恋愛をしている事がばれると面倒だと思い、男性も女性も、付き合っていないかのように振る舞っています。 しかし、すでに職場のみんなが付き合っている事を知っていて、 「堂々と付き合ってくれた方が気が楽だ」と思っているとします。 周知の事実ですよ」と声を掛けてみましょう。 否定するかもしれませんが、 「すでに周知の事実になっているならば」と、観念して付き合っている事を認めるのではないでしょうか。 次の飲み会で、付き合っている女性を呼び出してお祝いをすれば、公然のカップルが誕生します。 恋愛が成就するかどうか分からないカップルに、このようなおせっかいをする必要はありませんが、結婚待直のようなカップルや、発表したくてもできないようなカップルがいる場合は、 「周知の事実」という言葉を使って、みんなが知っている事を伝えましょう。 「周知の事実」と「承知の事実」の違い 「承知」という言葉があります。 例えば 「そんな事はとっくに承知だ」とか、何かを頼まれた時に 「承知しました」というように使います。 特にビジネス用語として 「承知しました」は良く使います。 ちなみに 「了解しました」は目上の人が目下の人に使う言葉です。 ビジネスマナーとして 「承知しました」が正解ですので知っておきましょう。 このように 「知っている事」 「理解している事」を 「承知」と言います。 また何かを頼まれた時などに、その依頼や要求を 「受け入れる事」を 「承知」と言います。 そして 「承知の事実」という言葉は実はありません。 似たような言葉で混同しがちですが、やはり 「誰もが知っている事実」という言葉の意味にするためには 「周知の事実」という言葉が適切です。 つい間違えてしまいがちですが、間違ってしまうと恥ずかしい思いをしてしまいます。 「承知の事実」という言葉はなく 「周知の事実」が正解だという事を知っておきましょう。 「周知の事実」と「衆知の事実」の違い 「周知」と 「衆知」は 「しゅちうち」と読み方が同じです。 しかし意味が違います。 広く知れ渡った事実という意味の 「周知」に対して、 「衆知」には、多くの人々の知恵という意味があります。 「衆知」という言葉は、むしろ 「英知を集める」というような意味があります。 そのため、間違って 「衆知の事実」という言葉を使う人がいますが、実はそれは誤った使い方という事になります。 「衆知の事実」という言葉は無く、 「事実」とつなげる時は 「周知」という言葉になります。 「衆知」という言葉を使う時は 「集める」が正解です。 例えば、たくさんの人の知恵を集めてプロジェクトを成功させようとする時に、 「衆知を集めて、プロジェクトを成功に導きましょう」などと使います。 感じの雰囲気と、読み方が同じなのでつい混同してしまいますが、 「周知」は 「事実」、 「衆知」は 「集める」ものだと覚えておきましょう。

次の