キリコ キュービック。 甲型龍帝式 キリコ3(コウガタリュウテイシキ キリコ キュービック)(スーパーレア)|デュエマシングルカード通販のカードミュージアム

《甲型龍帝式 キリコ³》

キリコ キュービック

「むせる炎」とか文中に仕込むのやめろww -- 名無しさん 2013-12-30 23:15:16• 月リコは構築次第で面白い展開に持ち込めるんだが... 如何せん能力と進化元がなー。 -- 名無しさん 2013-12-30 23:21:29• 仮に元がプレ殿カードなんだから、またバランス崩壊な強さにしてどうすんだというのもある -- 名無しさん 2013-12-31 19:50:03• 装甲歌姫デュエマス -- 名無しさん 2014-01-02 14:08:53• 推奨BGM 炎のさだめ -- 名無しさん 2014-03-29 12:36:25• 「3枚」と聞いて最初に思い出したのはヘヴィデスメタル。 -- 名無しさん 2014-05-26 16:57:36• 新たなる転生きたな -- 名無しさん 2014-06-28 18:42:02• まぁた蘇りやがったな! お前は異能生存体か何かか!? -- 名無しさん 2014-06-28 19:24:56• 地味に3枚の呪文なのが青軸サイクリカキューブを押し上げそう。 5cサイクリカキューブには事故要員になる気もシなくもないけど -- 名無しさん 2014-06-28 20:50:12• 新しいキリコの使い方として思い浮かぶのは…ティラノリンクノヴァ+神々の逆流+ロストソウルの超呪文コンボか、リバイブホールかボルシャックホールを3連打してガイアールオレドラゴンかシューティングガイアール位かな… いずれにしてもフルクリーチャー気味の構築にしないと生かせそうにないな。 -- 名無しさん 2014-06-28 20:58:48• 呪文をフォートレス、GILL辺りだけにして後はフルクリーチャーでも何とか回るかな?進化元はイノセント系列で。 -- 名無しさん 2014-06-28 22:48:14• ぶっちゃけ特にコンボも考えずに合いそうなデッキでも良さそう。 しかしキリコ3(キュービック)って絶対あいつ意識してるよな -- 名無しさん 2014-07-02 21:52:22• キリコキュービック… キリコキュービィ… はっ! -- 名無しさん 2014-07-02 22:12:04• キリコ3からキリコ・ムーンへの究極進化はやってみたい -- 名無しさん 2014-07-03 00:22:39• ポケモンカードのエモンガが彼女に似てる件について -- 名無しさん 2014-08-31 00:18:28• マシニクル「俺もキュービックって付けばなぁ……」 -- 名無しさん 2014-09-04 20:31:16• この項目は赤く塗らねえのか? -- 名無しさん 2014-11-17 19:02:02• …Heart ユウキ 氏が初めて描いたクリーチャーって云う所そんなに必要か? -- 名無しさん 2015-01-02 17:21:22• マジでトラウマカード。 -- 名無しさん 2015-01-03 17:42:06• 3貴様、塗りたいのか・・・!? -- 名無しさん 2015-02-21 02:59:02• 某異能者からキリコ温泉行き以前のDMに一言「所詮遊びだ」 -- 名無しさん 2015-02-21 03:02:26• プレ殿になってからその強さを理解した俺の殿堂ゼロの相棒。 -- 名無しさん 2015-06-03 17:53:41• そろそろ -- 名無しさん 2016-01-24 14:44:34• 「非進化クリーチャーだが、進化クリーチャーになって究極進化元にもなれる」ことからキリコ・ムーンとNEOクリーチャーとのシナジーが指摘されていたけど……? -- 名無しさん 2017-12-21 21:38:41• -- 名無しさん 2018-09-04 11:23:54• ザールベルグでマナ吹っ飛ばしたり、アマテラスでループさせてデルフィン、ギャラ、ハンゾウの布陣敷くの楽しかったな -- 名無しさん 2019-01-06 01:01:26• むせる方のキリコを忠実に再現したら火文明になって、どんな方法でも墓地に置く(死ぬ)事が出来ないんだろうな… -- 名無しさん 2019-07-09 14:57:07.

次の

甲型龍帝式 キリコ3(コウガタリュウテイシキ キリコ キュービック)(スーパーレア)|デュエマシングルカード通販のカードミュージアム

キリコ キュービック

甲型龍帝式 キリコ3(キュービック) SR 水文明 8 進化クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン 13000 進化-自分の水のドラゴン1体の上に置く。 このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札をすべて、好きな順序で山札の下に置く。 その後、自分の山札の上から、呪文が3枚出るまで、カードをすべてのプレイヤーに見せる。 こうして見せたそれ以外のカードをすべて山札に加えてシャッフルし、その後、その3枚の呪文をコストを支払わずに唱える。 T・ブレイカー は、となったの版と言える。 の代わりにを3枚踏み倒せるようになっており、をすべてに戻すことで3枚ものをできる。 やなどの1発でゲームエンドに持ち込める大型呪文ですら容易に3枚唱えることが可能。 また、を3回唱えればを1度に揃えることもでき、フィニッシュには苦労しない。 キリコの名に恥じない強力なカードと言えるだろう。 大型を安定してために、やはで賄う。 のであるを中心に、の、大型のを加えたで組まれることが多い。 《キリコ3;》の能力で複数枚唱えた場合その枚数分エクストラターンが加算される を獲得。 と違い手打ちは狙えないが水単色のため差別化は容易。 の踏み倒しはオマケ程度に考えた方が良いだろう クリーチャー1体に1ターンだけ呪文封じ&味方の数だけを付与。 超次元呪文等と併用することでの枚数は稼ぎやすい。 手札からドラゴン踏み倒し。 呪文と合わせて再び《キリコ3;》を出しさらなる展開も可能 踏み倒す超次元呪文の候補 [ ] でして ターン終了時にこのクリーチャーをへ。 疑似を持つため《母なる星域》の種にも で でをに ニンジャ・ストライク持ち。 で1、1、1枚墓地からマナブースト でから。 このデッキの戦い方 [ ] はに出しさえすればを3枚して多大なを得られる。 のやでする。 でにを準備したり、に落ちたをでに置いたりすることもできる。 にはのが便利。 やから気軽に出して妨害ができる。 他にはを使い終わったや、で出したなどが使える。 でを連打するだけでも十分に強力である。 7たまったらを唱えてから出す。 でを全てに戻した後、が3枚めくれるまでをにしていき、出たをでことができる。 内のを大型のみに絞ることで、やを撃って一気に勝負を決めることができる。 もしくはを何発か撃ってやを並べ、を完成させることもできる。 他のとは異なり、パーツが揃った時点でできるため、で即座に相手のを叩き割ることができる。 がもう1枚めくれた場合、別のを出すことで再び踏み倒しを実行できる。 そうなるともはやな程のを得られるだろう。 ただしマナゾーンに進化クリーチャーがいない場合でも必ず唱える必要があり、逆に盤面が減ってしまうこともあるため採用枚数には気を付けたい。 いずれによを出すこと自体がに近い威力になるように、には気を配りたい。 このデッキの弱点 [ ] の使用をするやは天敵。 のが完全に封じられてを失うだけになってしまう。 の都合上が入れづらい。 も基本的に苦手だが、でのをにしたり、各種を使うことで対抗できる。 型では相手がを使ってきた場合、を使うと《ドキンダムX》の封印が全て外れてしまい、逆にこちらのクリーチャーが全て封印されて一方的に負けてしまう。 不採用の型の場合、相手のによってが完全にしまう。 などのようなによる除去で対策を打っておこう。 の圧縮になりやすいカードの登場で多少はマシになったか。 その他 [ ]• でも分かる通り、大量のは勝利を決定付ける程の威力がある。 デッキに使えるカードが兎に角多いことや、相手によってデッキの勝ちパターンを変えやすいのも特徴。 を多めに使用するので構築費用はやや高め。 がである他、を有効に利用しようと思うと、が2枚以上必要になることもある。 といえば、で唱えたで踏み倒すが有名だったが、現在はどちらもとなっている。 のとはともにを唱えられないのが残念といえば残念か。 後ににて登場したによってある程度は再現可能となった。 しかし、と違い、ではないため《キリコ3》への進化は不可能となっている。 参考 [ ]•

次の

《エンペラー・キリコ》

キリコ キュービック

このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札をすべて、好きな順序で山札の一番下に置く。 その後、自分の山札の上から、呪文が3枚出るまで、カードをすべてのプレイヤーに見せる。 こうして見せたそれ以外のカードをすべて山札に加えてシャッフルし、その後、その3枚の呪文をコストを支払わずに唱える。 T・ブレイカー で登場した。 であるがしたの1つ。 を対象とした版であり、をすべてに戻すことで呪文を3枚唱える能力を持つ。 とに制約がないので、やなどの、1発でゲームエンドに持ち込める大型呪文ですら容易に3枚唱えることが可能。 と運次第では一気にを消し飛ばしてそのままを決められる。 他にはを3枚唱えればを1度に揃えることもできるため、フィニッシュには苦労しない。 《キリコ》の名に恥じず、ひとたびに出れば、それだけで勝敗を決しかねない強力なカードと言えるだろう。 要求されるはの。 無駄のない能力を持つやのほか、凶悪な能力を持ち、唯一のでもある、であるも進化元にできる。 のなので、や水文明のからもできる。 さすがには8とものの、その点については一旦に置いた後、ですることでカバーできる。 で固めた「」では存分に暴れてくれるだろう。 ルール [ ]• 唱えることになった3枚の呪文は、唱える直前までは山札にあるものとして扱われるが、その中の1枚でも唱えた瞬間に3枚全てが山札とは違う どこでもない場所()に置かれる扱い。 よって、その3枚は、唱えた呪文の山札に関する効果(サーチやドロー、シャッフルなど)の対象にならず、唱える前に別のゾーンへ移動して唱えることができなくなったという事は起こらない。 このため山札に関する呪文の効果は唱えることになった3枚以外の山札で処理される。 正式発売前の先行販売時点ではの裁定と合わせて、3枚のうち唱えていない呪文は山札の1番上からめくれた順にあるとして、唱えていない呪文が先に唱えた呪文によってドローやシャッフル等をされた場合は唱えられなくなるという裁定であったため一部で物議を醸した。 この裁定は正式販売と同時に公式HPにて上記に改められた。 唱えた呪文によってやが発動した場合、まず先にそれを処理する。 クリーチャーの能力の解決中でも、呪文の解決中でもの処理が割り込むのはルールである。 やがバトルゾーンに存在する場合、呪文を1枚唱えるごとにの効果が割り込んで、唱えた呪文を山札へ戻しシャッフルすることになる。 ただし、まだ唱えていない呪文はにあるため、唱えた呪文と一緒にシャッフルされて唱えられなくなる心配はない。 が捲れたら、下の呪文を唱えないでとして扱ってスルーすることはできない。 唱えるのは強制。 その為、唱えれば自分が不利になるような呪文でも唱えなければならない。 その他 [ ]• などの呪文封じには要注意。 唱えられなかった呪文がめくれた順に山札の上に戻ってしまうため、しばらく何もできなくなる。 そのようながいる場合にはに出すのを控えるべき。 で膨大なが取れる都合上、に対してもかなり強気に出られる。 軸の場合はを唱えた時点で原則として完全に勝負が決まってしまうため、上手く行けばを全く無視できる。 仮に捲れなかったとしても、のとしてのはなので、で出せるごと再してしまうとよい。 の「キュービック」とは、数学用語で「3乗の、立方の」という意味である。 余談だが、「キリコ・キュービック」という名前はTVアニメ「装甲騎兵ボトムズ」の主人公「キリコ・キュービィ」を彷彿とさせる。 にも「甲」の字が入っているが、果たして彼のように「異能」と呼ばれるだけの力を発揮できるかどうかは、次第である。 を見ても若干分かりにくいが、テキストの辺りに数字の「3」が見られる。 アニメ「VS」ではが戦で使用。 のでし、でを3回唱えた。 まさしくパーフェクトメガネと呼べるような戦いっぷりであった。 関連カード [ ]• 収録セット [ ]• illus. 参考 [ ]•

次の