きめ つの や い ばね ず こ イラスト。 鬼滅の刃 キャラクター名タイピング

鬼滅の刃 キャラクター名タイピング

きめ つの や い ばね ず こ イラスト

【必見】独学でも絵が上手くなる3つのおすすめ練習法 今回は僭越ながら、絵を描くのが苦手な方へ…「 こうやれば上達するよ!たぶん!」という自己流練習法のご紹介です。 私生活というか、イラストにおいても学歴なし、キャリアなし…な人の言うことなので、話半分に聞いてくださったらちょうどいいと思います。 絵を描くのが好きなわたしが、上手くなるためにやってきた方法ですが、いかんせん 自己流なのでいろいろとご容赦ください。 ご紹介する方法は時間はかかりますが、やっていれば上手くなるのは確かな方法だと思っているので、気長にお付き合いくださると幸いです! それでは、ここから先、お付き合いいただける方はどうぞご覧ください。 絵ってどれだけ描けば上達するの? 「さっさと描き方教えなさい!」という方はこの項目をスルー推奨 絵が上手くなりたい!という方が一番気になるところはここじゃないでしょうか? 結論から言うと、 どれだけ描けば上手になるのかは「人それぞれ」です。 …が、 描けば必ず上手になるのが絵です。 一応、ブロガーでもあるので、最初だけ ブログに例えてお話ししますね。 ブログは「100記事」書けば、成長なり成果なり…何かしら得られると言われています。 ブログと同じで、絵 イラスト は「100枚」描けば上手になるのでしょうか。 答えは、これもブログと同じで、「 効果的にやらないと無意味」です。 むやみやたらに描いても(書いても)上手にはなりませんが、ポイントを押さえてやれば、独学であっても、必ず上手になります。 ただし、 一朝一夕には上達しないので、じっくり取り組む忍耐力も必要です。 では、具体的にどんな方法を取れば上手になるか、お伝えしていきます。 おすすめの絵(イラスト)練習法はこれ!• パーツの構成を学ぶ• 下手でもいいから完成させる はい、初っ端から出ました「模写」です。 「絵 上達 方法」とかで検索すれば、大体上位に来る練習法です。 これ、飽きるんですよね… 飽きるんですが、結局のところ、 効率が良い練習法って「模写」だったりします。 下記で改めて説明しますが、形をなぞるだけでも勉強になったりするんです。 が超おすすめ。 ふたつめは「パーツの構成を学ぶ」こと。 「模写」で形をなぞり、パーツを意識しながら「どこがどこへ繋がるのか」を意識すると、自然な絵が描けるようになってたりします。 最後の 「下手でもいいから完成させる」は、ある意味一番大事かもしれません。 デジタルだとなぜか上手に見えてしまうので、実力がモロに出るアナログでやることが多いです。 模写 用意するもの• 鉛筆 Bか2Bあたりがおすすめ 筆圧が高い人はHB• トレーシングペーパー トレス台があれば不要• 白い紙(コピー用紙でもなんでも)• 模写したい写真やイラストなど 鉛筆は基本的になんでもいいのですが、おすすめなのが「ステッドラー製鉛筆」です。 芯が硬めで折れにくく、粒子は細かいのでどんな紙でもフィットする描き心地がお気に入り。 わたしはあまりデメリットに感じませんが、思ってたより色が薄いと言われることが多いみたい ステッドラー 鉛筆 ルモグラフ 12硬度 12本 トレーシングペーパーは消しゴムを使っても破れにくいものがおすすめです。 かといって、分厚いものだと透けにくく使いにくいので、ちょうどいい感じのがこちら。 コクヨ トレーシングペーパー 薄口 A4 50枚 この機会にトレス台買うか!という方はこちら。 ぶっちゃけ 無くてもいいけど、あると便利な代物です。 これの旧型を愛用してます。 日本製 トライテックのトレース台 トレビュアー LED A3 薄型 8mm 7段階調光可 模写の対象物は「」や「」あたりがおすすめ。 「」は理論やコツを優しく教えてくれる超優良サイト。 サイト下部に人物以外の描き方も載ってるので参考になります! 媒体にこだわらず、模写できればなんでもいいんですけどね。 まずは対象物をトレス(写し)しましょう! トレーシングペーパーでなぞってもいいし、見ながらコピー用紙に写しても構いません。 なぞり終えたら、 次は何も見ずに記憶だけを頼りに再現してください。 これを繰り返すうちに、 手が慣れてきて早く描けるようになるのと同時に、対象物をしっかりと観察するようになるので観察力も鍛えられます。 形を追うことに慣れてきたら、次はパーツの構成を意識していきましょう! 2. パーツの構成を学ぶ ここで大事なのは、 人体や動物の骨格、背景のパーツをそれぞれ分解して考えてみること。 想像して描けるようになると、自分の絵が各段に上手くなります、たぶん。 アニメ系や、萌え系、リアル系など… 「イラスト」に関して言えば、実体が無いものを描くので、上手くなるには想像力を働かせることが大事だと思っています。 模写でなんとなく形が取れるようになったら、次はパーツの構成を考えながら描いてみましょう! 今回は「手」を例に挙げてみます。 「なんとなく」なぞっただけの絵がこちら。 1枚目のと比べると差は歴然! 上の絵をさらに関節や土台の骨…言わばパーツを意識したものがこれです。 どこが動いて、どこが動かないパーツなのか…が分かると、描いたときの不自然さはなくなるね 絵が上手くならないのは、 描いた絵のどこかに不自然な部分があるからだと考えていて、これさえ クリアできればあとは上達あるのみ!だと思ってます。 下手でもいいから完成させる 長くなりましたが、これが最後のポイントです。 ある意味、一番大事なポイントでもあります! どうしてか…と言いますと、 完成しないと「どこが変でどこが上手く描けたか」がわからないからです。 どんなに下手くそでも、どんなに時間がかかろうとも、完成させることを目標にしてください。 これは描けるけど、これが上手く描けないからやめる…は何の成長にもならないんです。 失敗から学ぶことは多いので、諦めずに最後まで描き切りましょう! 完成した作品がたとえ納得いかなくても、次に描いた作品はどこか成長しているはず! 絵が上手に描けるコツ…のようなものって、描き終えてから掴むことが圧倒的に多いんですよ。 絵は描いた(完成させた)数だけ上手になる!:まとめ 実はこの記事、自戒を込めまくってます。 こんな記事を書いておきながら、わたし自身は絵が少し描けるだけで苦手な構図いっぱいありますし、背景は特に苦手です。 練習法は事実ではありますが、最近はできてなかったなぁ…と反省しております。 描けば描くほど上手くなるってわかってるのに、鉛筆が進まないなんてことよくありますし、セルフブーメランもいいところです。 この記事を書いたことを機に、これからは絵に触れる時間を少しでも長く作れるよう心がけます!.

次の

誰でも描ける!ミニキャラ・チビキャラのコツ

きめ つの や い ばね ず こ イラスト

鬼滅の刃のアニメ第2期についての質問です。 今作品は2020年に映画の続編が決定してますがジャンプで連載してる原作はもうすぐ終了しそうな流れです。 もし、仮に2,3ヶ月後に鬼滅の刃の原作が終了したらアニメの2期はやるのでしょうか。 1期の円盤は昨今では珍しく1万枚以上の売り上げを見せています。 注目度も非常に高く今度の映画も大きな利益を出すと思います。 しかし、アニメの製作会社のufotableは高クオリティの代わりに制作に時間を多く費やす会社だと思います。 私は映画も来年に公開されないで延期されるのではないかと思うのですが、そんな中、二期をやるとしたら2022年以降になると思います。 また、アニメ化するにあたって原作者の負担がどれくらいのものかはわかりませんが広告や特典に向けて多くの書き下ろしイラストをかいたり、脚本のチェックなど割と負担は大きいのではないでしょうか。 作者が、今後、今作品の続編にあたるものや全くの新作を発表し連載するとしたら過去作のアニメ化作業を現在の作品と並行して行わなければならずとてもめんどくさいのではないかと思います。 原作が終了しているのにアニメの続編がでても、原作の売り上げは新規の人が買うだけでそこそこの売り上げ程度しか、でないのではと感じました。 以上より、私は今作品は製作者サイドの都合から映画以降アニメ化作品が出ないと考えているのですがネットでこのような意見が見当たらなかったので皆さんの私の意見に対する考えを教えて欲しいです。

次の

誰でも描ける!ミニキャラ・チビキャラのコツ

きめ つの や い ばね ず こ イラスト

ミニキャラ、SDキャラ、ちびキャラを描く ミニキャラは、SDキャラ、ちびキャラなどと言われることもありますが、通常の頭身のイラストをデフォルメにして、2~4頭身にしたイラストをさします。 キャラクターグッズや、ギャグテイストのとき、かわいいイメージにしたいときなどに活躍します。 今回は、このミニキャラの描き方について解説していきたいと思います。 ミニキャラは、描き方さえわかるようになれば普通の頭身のキャラクターよりもはるかに描きやすく、それでいてカンタンに「カワイイ」キャラクターが描けるようになります。 そのため、6頭身の女の子でも8頭身のおじさんでも、皆等しく2~3頭身という決められた枠に当てはめて描くことになります。 いいかえれば、ミニキャラを描くための要素とパターンを覚えておけば、誰でもどんなキャラクターでも描けるようになります。 それぞれのキャラクターの目立つ部分、個性的な部分(具体的には目、髪型、服装など)をより強調することで、キャラクターの個性を出す必要があります。 どの頭身が良いとかは決まっているわけではなく、自分の絵柄が2頭身に合ってる、3頭身くらいのほうが描きやすいなどで決めてかまいません。 自分が描きたいと思う頭身でミニキャラを描く練習をしましょう。 自分が描くときの、2頭身の場合、3頭身の場合の体バランスをおぼえておくと、すべてのキャラクターを描くときに共通になります。 バランスについては個人差がありますので、「3. 実際に描いてみよう…体を描いてみよう」の項を参照してください。 まずは顔からです。 ミニキャラを描くときにまず意識してほしいのが【丸み】と【顔は球体】ということです。 デフォルメというとどうしても平面的に考えて考えてしまいがちですが、アニメキャラクターのフィギュアなどの制作・販売をしている株式会社グッドスマイルカンパニーの主力商品「ねんどろいど」を見てもらえればその立体感がわかりやすいと思います。 とくに体のふくらみに比べて、顔がとにかく丸くて大きいのです。 普通に考えれば頭が重すぎて起き上がることもできないくらいに(笑) ただ、立体感があると、ミニキャラの可愛さは抜群に上がりますので、常に意識して描いてみてください。 先ほど述べたように、こちらは円を描けばOKです。 通常の頭身と違うところは、ミニキャラは頬からあごにかけての シャープさをほぼ描かないという点です。 【丸み】を意識すると言いましたが、ミニキャラに尖った部位はあまりなく、尖っているところは柔らかな曲線に置き換えていきます。 先ほども述べたように、【球体】を意識するために、とくにナナメの顔を描くときは直線のアタリではなく、曲線のアタリを描きます。 (地球儀の緯度線経度線がイメージとしてわかりやすいと思います)ミニキャラは顔の中で 目が占める割合がかなり大きいので、横のアタリはやや下のほうに入れておきます。 ミニキャラの感情表現は主に目なので、大きくわかりやすく描きます。 ギャグ顔っぽい線のような目もミニキャラならなんでもありです。 口は控えめに、鼻はなくてもかまいません。 あっても点で表現する程度です。 尖った部分は丸みに変更するので、鼻のような尖り部分はできるだけ排除していきます。 ミニキャラの髪はボリュームたっぷりに輪郭に乗せます。 通常の場合より、「房」の数を減らし、シンプル化します。 髪先も尖りをやや柔らかくします。 これで顔が描けました。 通常の顔を描くときに比べて、線はできるだけシンプルに、簡略化します。 情報をできるだけ減らしつつ、特徴をしっかり残すのがミニキャラを描くときのポイントです。 横顔の場合は、球体を意識させるためにしっかり後頭部を描きましょう。 とくに横顔を描くときに難しいのは首の位置だと思います。 耳の下に描き入れます。 そのキャラクターがツリ目なのかタレ目なのか。 丸い目か細長いのか。 どんな表情をするのか、目が違うだけで全然違うキャラクターにもなりますので、目が一番重要です。 ミニキャラならではのギャグっぽい表情なども全然ありですので、感情表現も豊かにしましょう。 ミニキャラは見た目が小さくなるのと同時に、性格や動きもやや子供っぽく表現するのがポイントです。 弾力性とはどういうことかというと、ぬいぐるみのような感覚のもちもち感、ぷにぷに感を意識します。 また、ミニキャラには骨格や関節という概念をあまり考えないほうがいいでしょう。 もちろん体の基本は知って描くのと知らないで描くのでは違いますが、厳格にしばられる必要はありません。 そもそも頭が大きすぎる時点で普通は体が頭を支えられないので(笑)重力などは無視して、自由に描けるのがミニキャラの良さだと思います。 ただし、ミニキャラの場合はこうしないといけない!という決まりはありません。 胴体を長くすると、人形のような、より可愛らしいミニキャラになります。 逆に足を長くすると、同じ頭身でもやや大人っぽい雰囲気になります。 自分の好みで変えていいでしょう。 ・首 首は2頭身の場合はなくなってしまうこともあります。 あっても短く細くちょっとだけ描きます。 ミニキャラの場合、省けるところはどんどん省いていくので、首はなくても構いません。 ただし、顔と胴体がちゃんと正しいバランスでくっついているところだけは注意してください。 ・肩 肩をしっかり描いてしまうと、いかつくなってしまい、ミニキャラの可愛らしさは出ません。 男女ともになで肩でOKです。 ・胴体 通常頭身であれば、女の子の場合は胸のふくらみがあり、お腹から腰にくびれがあり、お尻のふくらみがあり……となりますが、ミニキャラの場合はそれらの情報をばっさりとカットします。 (たとえば胸の大きい女の子キャラで、胸が特徴的なら描いても良いですね) 胴体 全体的にふくよかな感じの丸みを帯びた胴体を描きます。 ミニキャラは「可愛い」ことが一番のポイントです。 体の凹凸などは描けば描くほど実際の体に近づいてしまうため、幼児のような体型を描きましょう。 ・手足 あまり細すぎると幼児らしさが損なわれてしまうので、手足もやや太めで、関節や筋肉などの凹凸の情報は完全にカットします。 足先にかけて少し細くする……くらいの情報はあってもいいですが、足も完全に円柱のように太さが変わらない場合もありますので、自由に描いてください。 手や足先は、指まで描くかどうかは好みですが、2頭身の場合は手だけしっかり描いても違和感があるため、指は省略したり、親指とその他の4つの指をまとめて描く、くらいにするのがいいでしょう。 3頭身くらいになれば、手も指までしっかり描いても良いと思います。 特に胸、腰、お尻などの曲線を描くことで、2頭身のときよりは大人っぽく描くことができます。 ミニキャラはどのキャラも同じ体型になっているため、キャラの差別化がしにくく、ぱっと見わかりにくくなってしまいます。 ではどこでキャラの違いを描き分けるのか? それはずばり、 キャラの特徴を誇張して描くことです。 眼鏡キャラなら眼鏡を大きく、長髪キャラならよりロングに、服装についても、そのキャラクター特有のアイテムなどをより大きく描きます。 こうすることで、いろんなキャラクターを描いてもきちんと描き分けできるようになります。 とくにボリュームアップしやすいのは髪です。 髪の量を増やしたり、重力に逆らってみたり、キャラクターの髪型をより特徴的にすると、わかりやすく変化します。 アクリルグッズの作り方 同人誌を作るのは敷居が高いし、漫画を描くのは苦手。 でも同人活動をしてみたい……という人は、同人グッズ制作からまずは初めてみるのはいかがでしょうか。 今回は、同人グッズの中でも、比較的簡単に作れてしかもミニキャラだとよりカワイイ! アクリルキーホルダー・アクキーのデータの作り方についてご紹介します。 (アクリルスタンドなど、アクリル系グッズは基本的に同じ作り方でOKです) アクリルキーホルダー・アクキーを作るときに必要なデータは3つ。 この3つのデータをそれぞれレイヤー分けして、1つのデータにまとめて入稿します。 イラストデータ• 白押さえデータ• カッティング指示データ この3つのデータをそれぞれレイヤーごとに分けて、印刷所の指定するテンプレートに貼りつけて入稿します。 ・イラストデータ 自分の作りたいデータで大丈夫です。 中央上部にチェーンを通すための穴を指示しておきます。 その部分には基本的にはイラストがかからないようにしましょう。 ・白押さえデータ イラストの地になるデータです。 この白押さえがないと、透明なアクリル板の上にイラストが載ってしまうので、絵が見えにくく、色合いなども薄目に感じてしまいます。 自分のイラストをしっかり見せたいなら、白押さえデータを作ったほうがいいでしょう。 作り方は簡単で、イラストのレイヤーを複製し、それを黒に塗りつぶせば完成です。 基本的にはイラストの下に敷くものなので、イラストと同じ形に塗りつぶされたデータがあればOKです。 背景など一部分を透明に見せたいという場合は、そこの部分だけ塗らないようにしましょう。 ・カッティングデータ これはアクリル板をどういう形に切り取るかを指定するデータになります。 色は黒一色で構いません。 イラストを一回り大きく囲むように塗りつぶします。 あまり複雑なラインだとカットできないこともあるので、その点だけ注意です。 アクリルキーホルダーを作ることができたら、あとは他のアクリルグッズも同様に作成できます。 それぞれのサイズのみきちんと把握しておきましょう。 いかがだったでしょうか。 最初にも述べたとおり、ミニキャラは1人描けるようになれば、あとは同じ体型でいろいろなキャラを描くことができるため、顔の描き方、体のバランスなどをテンプレート化して描けるようになります。 あとは、同じベースから髪型、目、服装などで個性を加えていけば、差別化もしっかりできます。 また、ポーズについても、ミニキャラには重力などは関係ないので、気にせずいろんなポーズを描くことができます。 ちょっと無理のある姿勢でも、ミニキャラなら「可愛さ優先」で描いていくことが大事です。 (執筆・イラスト:ときお) (制作:株式会社ビーコム).

次の