とあるエイワス。 【まとめ】作中における『ドラゴン』の意味や謎をまとめてみた!【とある魔術の禁書目録】

エイワス◆ovWgAQvoZA

とあるエイワス

に登場する。 元ネタについてはそちらを参照して下さい。 概要 CV: 名前の初出は7巻、登場は19巻 魔術師に「」の霊智を授けた高次知性体。 「」「シークレットチーフの真なる者」「地球外生命体」「」など様々な称号で呼ばれている。 本人曰くドラゴンの方が本質により近い。 同書はテレマ僧院、そして テレマ僧院を科学に擬態させた「」を始めとする魔術師クロウリーの科学思想の土台となった。 クロウリー曰く、十字教が支配する「 オシリスの時代 アイオーン 」は「法の書」が世に投下された1904年に崩壊し、現在は人類が真なる目覚めを果たす新たな時代「 ホルスの時代 アイオーン 」を迎えているらしい。 「テレマ」 意志 と同じ「 93」の数価を背負う聖守護天使エイワスの召喚は、クロウリーにとって最大の転換点でもあった。 クロウリーが後年に変更して対応させている。 その思想は作中時代に至るまでのクロウリーの足跡にもはっきりと表れている。 「法の書」以外で最も有名なのが「」だろう。 これはクロウリーが晩年に編纂したタロットで、十字教の誕生からハルマゲドンの到来、すなわちエイワスの接触があった1904年を起点に、次の時代を謳歌する配列が組み込まれている。 作中ではで匿われる謎の存在として初登場。 「オシリスのアイオーン」の力に囚われたを叩きのめした。 その後、携帯電話らしきものを使ってクロウリーと通話し、これまでの全てを見据えて自身が感じた三種のヒーロー像をクロウリーに伝えている。 科学の世界 純粋なる物理法則の世界 新約18巻で『』により、エイワスが最下層の世界「 純粋なる物理法則の世界」に佇む天使ということが明かされた。 この純粋なる物理法則の世界とは、全ての位相の下地となる世界である。 オティヌスは新約9巻で「 科学の世界」と呼んでいた。 科学的とはクロウリーにとって「霊的・物理的問わず物事の順序を筋道立てて説明できること」を意味し、すなわち「純粋なる物理法則」こそがクロウリーの定義する科学でもある。 あらゆる魔術的な異世界 重なった位相 の一番下の世界に、テレマの聖守護天使である筈のエイワスがいる理由は未だ不明。 何度も書くようだが本作のはテレマ僧院を科学に擬態させた巨大機関であった。 魔術師クロウリーの同名の思想と直結していることは決して無関係では無いと思われるが…。 強さ 詳細不明。 新約18巻曰く「理論値でに対抗出来る」とか。 少なくとも素の状態での「」 成長途中の不完全な状態? を戦闘開始早々潰せる程度には強い。 新約19巻戦の描写によると、どうやら地球から離れると力が解放されていくらしい。 地球外生命体説とは一体…。 史実のクロウリーの作品には、作品の結末や主題として地球外の超越存在を扱ったものが複数あり、そのオマージュと思われる 性格 対の様な存在のに対してはかなり口が悪く、毎回汚い物や酷い物に例えて呼び、事あるごとに貶して詰るなど徹底的に蔑む。 見た目も価値観も超然としているが「全ての命は幸せになるための努力を怠ってはならない」という考えを持っており、命ある者への態度はやや暑苦しく意外とフランクな事もある。 予め身籠っていたに憑依してクロウリーの娘「」の生命力を位相に退避させ、救ったのもエイワスだった。 この時の彼のセリフにその熱が感じ取れるのではないだろうか。 作者はあとがきにて「 エイワスは善人ではない」と言っていたが、これが何かの布石でないことを祈りたい。 主にクロウリーと読者のメンタルのために。 やっぱり… は新約10巻でエイワスを 失敗作と断言し、今後クロウリーがエイワスの存在に頭を抱える事になると予告した。 そして新約22巻の最後で、契約者であるクロウリーに背く。 そもそも エイワスは最初からに奪われたの器の奪還を目的に行動していた。 つまりクロウリーに真意を告げていなかったのである。 もクロウリーの件も、全ては 本物の シュプレンゲル嬢が仕組んだ 予言した? 悪趣味なお遊びに過ぎなかった。 シュプレンゲル嬢の器の奪還が達成された後、彼女と共に瀕死のクロウリーを見下しつつ彼の元から離れた。 多分、〈銀の星〉が新たな時代の薔薇十字だからだろうか? 関連タグ :元ネタ。 二重神ホルス ホールパールクラアト の使者。 クロウリーにセレマの概念を伝え、新たな時代の薔薇十字〈銀の星〉や悪名高い〈テレマ僧院〉をクロウリーが創るきっかけとなった。 別名はセト、シャイタン、またヨグ・ソトースとこじつけられることも。 関連記事 親記事.

次の

エイワス (えいわす)とは【ピクシブ百科事典】

とあるエイワス

全体的にと記述が一部似てますが、同一によるものでではないです。 書き直し大歓迎。 聖守護天使エイワスとは、• のに「法の書」の知識を授けた高存在。 本記事で解説する。 のエイワスについてはへどうぞ。 史実のエイワス のに「 法の書」の知識を授けた高存在。 同時に「 ・・アト の使者」であり、「 秘密の首領 」「 外生命体」など様々な的を内包する。 はwsもしくは。 ではワス、ワズとも表記される。 聖守護天使 HGA というは結社『 団』 マグレガー・ザースがして広めた「 の書」において登場する。 古来より・のでは、が内包する的な一面 例えば「 高次の自己 ヤー・フ 」「 ジース」「 アウゴ」等 が提唱されていた。 はそれらと酷似したで 、個々人にとって一二の霊的存在にしてたる高との媒介者である。 『団』他、新旧問わず オィスト と呼ばれる者達は各々のと対話し、「の意志」を見出す事を標に掲げている。 リーはエイワスをこのだと確信していたが、後年になるとリーの見解には変遷が見られ、自己とはした別個の存在として扱われるようになった。 リーは聖守護天使エイワスを「 秘密の首領 」 界から人類を導く究極の高存在の総称 とも見做しており、その全体像が全に固まっていない。 ちなみに・アクィが成立させた「」はまた別のである。 法の書 - テレマ教の始まり 14年。 リーは1人の妻・リー との新婚中、 ロ でにを披露する。 そのはの精の召喚だったが、召喚作業の途中でに正体不明の高存在がしていることに気付く。 そのの一部を抜すると「あなたはのを怒らせた」「々の分点が到来し、人類史の画期的な新時代が始まっており、リーは霊のを人類とを結びつける鎖となる」という。 この秘的存在〈 エイワス〉を不審に思ったリーだが、その宣託通り~10日の三日間にさらなる啓示を得て、霊界通信の内容を「一冊の書」に自動で書き殴った。 Had! The manon of Nt. ハド! ヌイトの顕現よ。 The uni of the a of hen. 上の一団がヴェールを上げる。 ry man and ry w a. 全てのはである。 ry nuer ; t no d. 全ての数は限。 そこには如何なる差異もし。 H me, o wr lo of Thes, in my uni before the of men! が秘密の中枢たる ハディートよ、がそしてが舌となれ! Beh! ea by ws the er of Hoor--. 見よ! それは ・・アトに仕える エイワスによりて啓示された。 上の節から始まるこの書の名は「 法の書 」。 リーは同書を典に「 テレマ教」を立ち上げ、新しい時代 の のであると自称した。 ので霊的存在との接触が箔付けとして重要なのはが明している。 エイワスとの交信は、間違いなくリーのを左右する分岐点であった。 それはかつて・ が賢人ニウスと接触した事や、「団」・・コットが秘密の首領・シュプルに結社設立を貰った事のように ただしのシュプル書簡については偽造である…。 リーに否定的な ・ズはエイワスをして「秘的な知性がない」「人的存在とは相容れない」と冷笑的に記した。 結局、エイワスが〈団〉の後継に収まろうと考えたリーの意識のなのか、の知性なのか、本当に秘的知性なのかは定かではない。 ・リディは次のように書いた。 「その書がエイワスと名付けられた人の知性によって書き上げられた物でも、リーの創造的観点から咲いた物でも、大した違いはない。 要は、その書は生まれた、そして時代の代弁者となって、これまでどこのもが表現しなかった々の時代の的性格を見事に表現してくれた」。 確かに後世の秘学者にはエイワスの正体を探る行為が物事のをつまらなくしていると考える者が多いという。 いずれにせよ、のアエール、・・ディズ、など、リーにを与えた高存在の中でも特に重要な存在であることは間違いない。 ホルスの時代 アイオーン テレマ創始者のリーく、前の原始が蔓延る「 イシスの時代」を原初に、やがてが支配する「 の時代」が到来。 その時代は「法の書」が世に投下された14年を以て終焉を迎え、今の時代はがの意志に覚めてとなる「 の時代」である。 ただし、リーとの関係が深いあるは、エイワスを邪悪と見做し、の新時代は到来しなかったという事 あと二重進行説も 提唱している。 このはー・カド という有名なセレで、リーとも 破門されるまでは 親交があった。 セトの時代 アイオーン はに 新たな時代を宣告、さらに新団体「 の」を設立し、後にリーとその子・の正当な後継的存在「第二の 」を自称した。 このに何があったのか、率直に言えば14年の再来である。 「の」 ェイ と袂を分かったは自らの針を仰ぐべくの召喚を試みたのだが、の前に現れたのは をった死と破壊の「」であった。 く、 は14年にリーの前に現れた「エイワス」と同一存在であり、 にェイを導いたでもあるという。 新時代の起は一九〇四年まで遡ることができる。 はこの時、のエイワスに化け、ロにいた彼の前に現れた。 そしてリーを「 の永劫 」の幕開けの布告者と宣言した。 一九六六年、ィは の永劫を導いた。 それは耽溺を徴する中間段階である。 その後に の永劫が訪れ、教化をもたらすのだ。 ・ズ「術の」 邦訳 はの宣告を機に『 of i Foh by Nht』 に現れしことの書 を世に送り出しており、これが「の」の典となっている。 関連項目• :とあるにおける同じ存在。 というか団の教義、関連書籍では諸にヤーフ扱いされている。 異論もあるらしいが• このとき第一子ニュイ・マ・ヌール・・・・がおの中にいて、を急遽取りやめていた。 リベル・ス、もしくはリベル・・・ス。 節からなるため「の書」ともいう。 名著である「第4の書」「の書」以上にリーのとしての格を押し上げた。 の中の祖とも呼べる偉大な。 様やリーにもを与えた。 ちなみにリーは・の生まれ変わりを自称している。 本名・ド・。 リーの的な。 セレマ系団体「の AA 」の一員にして「堂団 O. 」州の• リー系のでマート・の提唱者。

次の

とある魔術の禁書目録で現在アレイスターやエイワスより強い...

とあるエイワス

19巻に出てきたコードネーム『ドラゴン』のエイワスについて調べてみました。 公式サイトより• 概要 1904年にとその妻ローズ・ケリーの旅行の際に行われた空気の精シルフの召喚作業で、ローズに謎の高次元存在が憑依しました。 この時に聞いた「声」の内容を不審に思ったは、三日かけてさらなる啓示を得ることに成功して、霊界通信の内容をこのように書き留めていました。 Had! The manifestation of Nuit. ハド!ヌイトの顕現よ。 The unveiling of the company of heaven. 天上の一団がヴェールを上げる。 Every man and every woman is a star. 全ての男女は星である。 Every number is infinite; there is no difference. 全ての数は無限。 そこには如何なる差異も無し。 Help me, o warrior lord of Thebes, in my unveiling before the Children of men! 我が秘密の中枢たる汝 ハディートよ、我が心臓そして我が舌となれ! Behold! it is revealed by Aiwass the minister of Hoor-paar-kraat. 見よ! それはホール・パール・クラアトに仕えるエイワスによりて啓示された。 エイワスの知識はの「テレマ」の土台となりました。 テレマの神秘体系において、エイワスからの啓示があった1904年は新たな時代「ホルスの時代 アイオーン 」の幕開けと考えられました。 この時よりは「新時代の」を自称し始めました。 それまでの旧時代はの奴隷であるの時代、原始宗教が蔓延るイシスの時代等と呼びます。 のエイワス 『ドラゴン』の符丁を冠する、謎の存在です。 アレイスター=の『プラン』の要になっていました。 その正体は、全ての位相を取り除いた最下層である『純粋な物理法則の世界』における『天使』です。 故に天使でありながらあらゆる宗教、神話、伝承に属しません。 テレマと同じ九三の数字を背負い、霊的や物理的を問わず「順序立てて因果を説明できる」という科学的理論の頂点に立つ存在です。 1904年にはアレイスターの妻ローズに宿り、その身体を借りて口伝によって『法の書』 を授けました。 アレイスターは、エイワスが「一切の魔術に関わらない純粋な物理の世界に属する」 という点に『プラン』への利用価値を見出しているらしく、 エイワスの制御法を確立した上で、その力でもって全ての位相を破壊しようとしていました。 19巻では、『ドラゴン』の情報を求めて乗り込んだ潮岸のシェルターでグループの前に現出したが、 一方通行以外には興味がなかったため、 戦う以前に一瞬で一方通行以外の人間を気絶させました。 「興味を覚えた」という言葉通りに一方通行の疑問に解答を始めますが、 「その現出には打ち止めに多大な負荷を掛け、いずれ必ず崩壊する」 という下りを聞かせたために一方通行を逆上させ、攻撃を受けます。 本人に反撃の意志は特にありませんでしたが、 アレイスターに自殺防止装置のようなものを組み込まれていたらしく、 「輝きすぎるほど輝く翼」で一方通行に反撃しました。 この翼は『通常の物理法則』とは違う法則を持つために、反射をすり抜けてダメージを与えました。 その後、黒い翼を出した一方通行に対しても余裕を崩し ませんでした。 『現出』にヒューズ=を必要とするという性質上ミサカネットワークが必要不可欠であり、 そこを突こうとした一方通行に杖のジャミング装置を利用したネットワークの妨害を行われます。 ミサカネットワークという『結晶の核』を抜き取られたエイワスは構成を保てなくなり、崩壊を始めます。 その時、割れて覗いた頭部の中心には三角柱のようなものが存在していました。 一方通行に銃弾でそれを打ち抜かれ砕ける音こそしたものの、何事も無かったかのように存在していました。 本来ならば数年は出てこれない状態になるとの事だが、アレイスターが厳重に張り巡らせた防壁がそれを阻みます。 その後、反撃を受けたことなど気にした風も無く、打ち止めの治療法を求める一方通行に、 『』という言葉を頼りにエリザリーナ独立国同盟に行くことを薦めました。 新約18巻では、アレイスターの儀式によって降臨 しました。 新約19巻では、コロンゾンと交戦します。 しかし、エイワスはコロンゾンの討伐を「しあわせになるための努力」をする現世に生きる人間達に託します。 そして、上位次元から俯瞰する事に徹します。 新約22巻では、アレイスターと出会う以前にアンナ=シュプに召喚され、現在もなお使役され続けていることが判明しました。 エイワスが指示された殺害対象はアレイスターではなく、アンナの肉体を100年間乗っ取っていたマダム=ホロスでした。 クイーン号での戦闘終了後、死の際のアレイスターの前にアンナと現れ真実を明かし、『隠身』の術式で何処かへ姿を消しました。 また、エイワスは、一方通行、浜面仕上の三人のヒーローをこう評価していた。 『 誰に教えられなくても、自身の内から湧く感情に従って真っ直ぐに進もうとする者』 『過去に大きな過ちを犯し、その罪に苦悩しながらも正しい道を歩もうとする者』 『誰にも選ばれず、資質らしいものを何一つ持っていなくても たった一人の大切な者のためにヒーローになれる者』 まとめ とあるの世界も現実の世界のエイワスも同じような存在でした。 がエイワスをモデルにして描いたんでしょうね。 アレイスターにとってエイワスとの出会いが運命の分岐点になりました。 tako931.

次の