中島 リフティング ドリブル。 サッカーの試合中のリフティングは挑発行為?侮辱や煽りになるのはなぜ?海外の反応は|RealVoice

中島翔哉リフティングドリブルとポルト監督激怒を検証!動画はあるの?

中島 リフティング ドリブル

「自己責任」「ひどいタックル」「ショーをした罰」「おそらく主審は…」海外は中島翔哉のリフティングをどう報じた? 問題のシーンが起きたのは、5日に行われたキリンチャレンジカップのパラグアイ戦 2-0 だった。 日本が2点をリードして迎えた前半アディショナルタイム1分、左サイドのスペースでボールを持った中島はリフティングを交えたドリブルで前進。 すると、後ろから追っていたパラグアイのFWアルナルド・サナブリアが危険なスライディングタックルを見舞い、他の相手選手も腹を立てた様子で中島に詰め寄った。 サナブリアはこのプレーでイエローカード。 中島はハーフタイム中にMF原口元気と交代し、試合はそのまま日本が2-0で制した。 この場面について、アルゼンチン版『ESPN』は「サナブリアが中島にキックを見舞った」「才能のある日本人選手は後半にピッチへ戻ってこなかった」と報道。 中島がプレーするポルトガルのメディアも反応し、『オ・ジョゴ』は「中島がパラグアイを怒らせた」、『レコルド』は「中島はショーをやろうとして、キラータックルを受けた」と伝えた。 そのほかの欧州メディアでは、オランダ『VTBL』が「自己責任」「中島翔哉は負けている相手がフラストレーションをためている時に、ボールを浮かせることを考えた。 その結果? 古典的な南米の削りだ! 」とレポート。 ベルギー『フットバル・プリムール』も「日本のショーがパラグアイのハードタックルによって罰を受けた」「対戦相手の怒りを呼び起こした」と、中島のプレーがパラグアイ側を挑発してしまったと指摘している。 一方、ハンガリー『オリゴ』は「ひどいタックルを受けた」と中島に同情し、「サナブリアは レッドではなく イエローカードだったが、おそらく親善試合だったことで主審が考慮したのだろう」と見解を示した。 なお、中島本人はスライディングを受けたシーンについて「特に何も考えていなくて、ああいうプレーで気分を害した人がいるなら、それを目的にはしていないので謝りたい」と釈明。 「相手選手も怒っていたので謝りました」と直接謝罪したことを明かしている。 43 常識的に考えたら、怪我を厭わないファウルした方が悪いってことになるのに ほぼ中島が悪者になってる。 どれだけ中島がマナーから外れた非常識なプレーだったのか分かるな。 blogimg. 70 ジダンは中島以上にリフティングしてたぞ。 26 痛いンゴする人達なのにショーはダメなんだな.

次の

中島翔哉が舐めプで制裁受ける!煽りのリフティングドリブルとは?

中島 リフティング ドリブル

前半終了間際、中島のプレー直後に相手3人が取り囲んで感情露わ 日本代表は5日のキリンチャレンジカップでパラグアイ代表に2-0と勝利した。 スタメン出場した10番MF中島翔哉(ポルト)が前半終了間際に華麗なリフティングドリブルを披露したなか、これに怒りを露わにしたパラグアイ選手が足裏タックルでお見舞いし、直後に感情を露わにした相手3人が囲むというシーンが生まれ、ファンの間でも賛否が分かれている。 試合は前半23分に日本が左サイドを崩し、DF長友佑都(ガラタサライ)のクロスからFW大迫勇也(ブレーメン)が合わせて先制。 その後も日本ペースで試合が進み、同30分には中島、DF酒井宏樹(マルセイユ)とつないでMF南野拓実(ザルツブルク)が追加点を奪った。 2-0と日本がリードして迎えた前半アディショナルタイム、自陣でのこぼれ球に中島が反応。 わずかに浮いたボールを右足で軽く蹴り上げると、そのまま2回、3回と右足でリフティングしながらドリブルを披露した。 すると、このプレーに腹を立てたパラグアイ代表FWアントニオ・サナブリアが斜め後方から猛然とダッシュし、足裏を見せながら強烈タックル。 中島は両足を刈られてピッチに倒れた一方、危険プレーのサナブリアにはイエローカードが提示された。 中島の華麗なリフティングドリブルは観客の目を引いたが、その一方で相手を煽る形となったのも事実。 パラグアイの3選手が倒れた中島を取り囲み、感情を露わにして抗議していた。 10番アタッカーのプレーを受けて、SNS上では「かっこよすぎ」「ボール持つとワクワクする」「サッカー小僧を地で行く」と称賛の声が上がった反面、「中島が煽り行為」「挑発リフティング」「キレられても仕方ない」など疑問視する意見も寄せられている。 中島は幸いにも大事には至らなかったが、負傷しても不思議ではないほどのタックルを受けてファンをひやりとさせた。 中島の圧巻スキルを巡って様々な声が飛び交っている。 中島翔哉、リフティングドリブルに相手が怒りの危険タックル 華麗美技にファンも賛否• All Rights Reserved.

次の

中島翔哉が、リフティングドリブルして報復された理由を動画とともに公開!

中島 リフティング ドリブル

5日に行われたサッカーの日本-パラグアイ戦の前半ロスタイム、自陣からドリブルで攻め込んだ中島翔哉にパラグアイのサナブリアが後方から激しいタックルを見舞ったうえ、激高した数選手が詰め寄る場面があった。 原因は中島がリフティングをしながらドリブルをしたことだった。 2点のリードを許していた上に試合も支配されていたパラグアイ側は、中島のプレーを挑発行為とみて反発。 米大リーグで大量リードした場面での盗塁などが挑発行為ととらえられ、故意死球による報復につながるのと同じ構図だ。 中島に挑発の意図はなく「何も考えていなかった。 気分を害する人がいたら謝りたい」と反省し、相手選手にも謝罪したという。 サナブリアはイエローカードを受けたが、危険なタックルは負傷につながりかねないだけに今後も注意する必要がありそうだ。 2度としてはいけない• 何故中島が謝る? サッカーは意味がわからん• 意図的なファールはレッドカードにするべき。 挑発されてファールする奴は猿と同じだろ。 中島の方が一枚上手ですね。 確かに挑発行為と捉えられても仕方ないプレーだったかもしれないけど、、。 それよりも重大な怪我を負う可能性のあるスライディングタックルの方がよっぽど悪質な気がする。 中島本人も反省しているし、パラグアイの選手にも謝罪しているんだからもう記事にしなくていいんじゃないの??• 彼は愛すべきKYサッカー小僧 笑 楽しんでプレーし続けて欲しい。 それをさせたパラグアイが緩かったということ• メジャーリーグとサッカーを比べるのが恐ろしくナンセンス• サッカーに限らず、スポーツの所謂「暗黙の了解」みたいなのが理解出来ない。 別に正式なルールを破った訳でもないのに「やった方が悪い」だの「報復されても仕方ない」だの、じゃあ正式にルールにすれば良いのに。 多分またやるよ。 というかサッカー小僧の中島にはそうであって欲しい。 世界で戦うなら緩い日本基準ではダメなこともある訳で。 一つ勉強して少し賢くなったね中島さん。 削られても立ち向かって行く勇気があるなら続ければ良いよ自分の所属チームで、しかし代表では辞めてね他の選手に迷惑かかるから。 スポーツの報復って文化、ちょっと時代遅れな感じしますよね。 それで行くならそれでも良いけど、だったらスポーツマンシップがどうとか言わないでほしいし。 そんなのが挑発行為って騒がれるってアホくさ!• そんなら国際ルールに取り込めなよ そんなこと知らないよな• 余裕があって良いと思う。 キレキレでの動き素敵でした。 息子もサッカーしていますが、中島選手が一番好きです。 大人しい、お利口すぎる日本がやるといちいちうるさい。 もうそうゆうの解き放ってイキイキとプレーして下さい。 応援してます。 あんくらい良いだろ別に相手も勝つ気になって良い練習になるわ• なんも思わない人もいれば楽しく見る人もいて、挑発と受け取る人もいる いろんな見方があって普通なんだから自分の考えと違って当然• あれは挑発行為とみなされる。 知らなかったなら仕方がないじゃ済まないんだよ。 サッカー大好き青年は悪意ゼロ.中島選手のキャラも浸透しつつある.けど,挑発と思う人は思うよね.大事にならなくて良かったです.• 日本でのプレー経験しかない選手とは違うのだから、そういう意図はなかったなんて言い訳は通用しないでしょ。 痛い目に遭わないとわからないのかな?• 悪意は無かったのだろうが挑発行為と勘違いされる位に余裕のプレーをパラグアイ相手に出来る事自体が凄い!• 国内のオールスター的なお祭り試合じゃドンドンやってくれ。 スポンサーリンク.

次の