猫 卵。 【獣医師監修】猫に卵を与えていい? 卵のメリットと注意点について

メディファス キャットフードの原材料・評判・安全性を徹底調査

猫 卵

猫に寄生する寄生虫の中で、回虫という名前の虫を聞いたことはありませんか?線虫類に属する寄生虫で、多くの哺乳類の小腸に寄生する厄介な虫なのです。 この回虫によって引き起こされる病気を「回虫症」と呼び、猫に寄生する虫の中で最も一般的な病気とも言われています。 猫が回虫症を発症するのにはどんな原因があり、どんな症状に陥るのでしょうか。 そして回虫症の治療法や予防法も、併せてご紹介していきます。 猫の回虫症はどんな猫に見られる? 猫の体内に寄生する虫の中には、鉤虫や条虫、フィラリアなども耳にしたことがあるかと思います。 体外であればダニやノミなどが、とても有名ですよね。 その中で、今回は 「回虫」にスポットを当ててご紹介していくのですが、この回虫は必ずしも全ての猫に寄生しているという訳ではありません。 この回虫症は、どんな猫に見られやすい病気なのでしょうか。 自然界で生きている鳥やネズミなどは、体内に寄生虫の幼虫や卵を保有していることが多いので、そのような獲物を餌にしてしまうと、猫自身の体内に取り込んでしまうことが多いのです。 母猫が外を自由に出入り出来る環境にあるのなら、注意が必要と言えるでしょう。 回虫が体内にいたとしても症状が出ない猫もいますが、免疫力が低下している場合は、何かしらの症状が出やすいとも言えるのです。 猫回虫の原因は? 多くの哺乳類に寄生している回虫ですが、猫には主に小腸に寄生すると言われています。 ネコ科の動物であれば猫回虫、イヌ科は犬回虫、人間は人回虫…というように、それぞれの動物に対して、固有の回虫が存在しているのです。 猫は獲物と思えば何でも捕獲してしまいますし、人間のように寄生虫の存在すらしりませんから、そのまま餌として食べてしまうこともしばしばです。 猫が興味を持つような 虫やネズミ、鳥などは様々な病原菌や回虫を体中に固有しています。 そして、 その獲物が排出する便にも、病原菌や寄生虫の卵が沢山含まれています。 獲物として食べてしまう以外にも、その便が付着した手で身体を綺麗にグルーミングして舐めてしまえば、簡単に猫の体内に取り入れられてしまうのです。 また、猫が実際に病原菌や回虫を持った獲物を食べてしまった場合、その猫に寄生するだけでなく、 猫の便や嘔吐物に幼虫形成卵が混ざる危険性もあります。 トイレが他の猫と共有の場合(野良猫も同様)、そこが感染経路となってしまうのです。 猫がネズミを捕まえる理由、猫がネズミを持ってくる理由、その時の対処法などについてご紹介します。 犬回虫は胎盤からも感染が確認されているそうですが、猫回虫は母猫の胎盤からはほぼ感染はしないと言われています。 こればかりは母猫が感染しているかしていないかが分からなければ、回虫症にかかっているかかかっていないかの判断は、とても難しいです。 ワクチンをしていなかったり、外に出たりすることもある母猫ならば、母にも子にも回虫症に感染している可能性は、考えておいた方が良いと言えるでしょう。 猫回虫の症状は? 実際に猫が回虫症に感染していたとしても、発症していない不顕性(ふけんせい)感染がほとんどです。 人間が回虫症とはっきりと理解できるとしたら、猫の便や嘔吐物に白く細長いヒモ状の物体を見つけたときぐらいだと思われます。 この場合、体内にはもっと回虫がいると疑った方がいいですし、様々な症状を発症させる前に動物病院などに、連れていってあげた方が賢明な対処と言えるでしょう。 苦しむのは、大切な愛猫ですから。 猫回虫による主な症状は、以下の通りです。 ・下痢や軟便 ・子猫時の発育不良 ・ご飯を食べても痩せている ・被毛に艶がなくなってきた ・腹部のふくらみに違和感を感じる ・お腹を痛そうにしている ・咳が出ている ・食欲不振 ・貧血を起こしている 回虫の姿を見なくとも、これらの症状が出ているのなら、回虫症を疑わなくてはいけません。 小腸の中で成虫となった回虫は、活発に動きますし、何より猫の栄養源を全て自分の栄養源へと変えてしまいます。 そのため、猫がどんなにご飯を食べても、痩せていき、毛ヅヤが良くなかったり貧血気味になったりしているのなら、活発に回虫が活動している証拠です。 中にはお腹の中が気持ち悪くて、食欲不振になってしまう子もいれば、お腹の調子が悪く嘔吐や下痢をしてしまう子も。 子猫にこのような症状が見られると、発育不良を起こし、酷い場合には腸閉塞を引き起こす可能性があるのです。 このような症状があるかないかを普段から注意し、愛猫の観察を怠らないようにしましょう。 猫回虫の治療法は? 猫回虫の治療には、回虫に有効な抗線虫薬を投与し、駆虫経過の観察を続け、卵や成虫が便や嘔吐物に混じっていないかの確認が必要となります。 回虫やその他の寄生虫に適した薬を投与するためにも、動物病院を受診して、症状を確認してもらった後に、適した治療をしてもらうことこそが望ましいです。 検査にかかる費用は動物病院にもよりますが、 1,500円~2,000円程で診てもらうことが出来ます。 受診後には室内飼いを徹底し、外に猫を出さないようにしましょう。 もし回虫が猫の体内で卵を産んでいた場合、その卵は2週間ほどで孵化し、成虫へと成長してゆきます。 ただ、この治療法は 一度して完全に回虫を完全に除虫するのは難しいとされているので、2週間間隔で複数回、駆虫薬の投与を続ける必要があります。 その投与期間中にも嘔吐や下痢が続く場合には、下痢止めや吐き止めを併用し、脱水症状を起こしてしまっているようでしたら、輸液治療も必要となってきます。 ただし、外に出ていた子をいきなり完全な室内飼いにすることは難しいことだと思います。 もし外にも出すようでしたら、定期的に検査を行う様にしてあげましょう。 室内飼いしていて外に逃げてしまったら、猫が無事でいるか、ちゃんと捕まえられるかどうか、とても心配になりますね。 猫が脱走する理由、できるだけ早く見つけるための探し方、見つけた時の捕獲の仕方についてご紹介します。 猫にとって恰好の獲物であったとしても、命の危険に関わる可能性が少しでもあるのなら、愛猫との距離を置くのが得策と言えるのではないでしょうか。 その場合は猫のトイレは分けるようにし、室内環境を清潔に保つよう、常に心がけてください。 その他、飼い主さんの心得として、外出したり野良猫を触ったりした際は、手洗いやうがいをしっかりし、愛猫に感染させないようにしましょう。 さらに悪臭成分もしっかり消臭。 まとめ 猫を家族として迎え入れたときから、飼い主さんには猫の健康を守らなければいけない義務が生じます。 どんなに具合が悪くても、辛いことがあったとしても、猫はじっとしていることしか出来ないのです。 私たちが健康診断をするように、猫にも定期的な健康診断が必要となってきます。 成虫であれば目で確認することも出来ますが、症状が出ないこともほとんどなので、命を預かったときに、まずは回虫症を含め感染症などの検査をしっかりしてあげてくださいね。 回虫症は一度検査をすれば、一生検査が必要なくなるという病気でもないので、日々の猫への観察が重要となってきます。 早期発見が出来れば治療費も安く済ませることが出来ますし、猫の苦痛も短いものとなるでしょう。 全国に14医院を展開。 内科、外科、整形外科、外科手術、アニマルドッグ(健康診断)など、幅広くペットの診療を行っている。 動物病院事業本部長である小椋功獣医師は、麻布大学獣医学部獣医学科卒で、現在は株式会社コジマ常務取締役も務める。 小児内科、外科に関しては30年以上の経歴を持ち、幼齢動物の予防医療や店舗内での管理も自らの経験で手掛けている。 — おすすめ記事 —.

次の

猫に生卵の白身が危険な理由とは?卵を猫に与える際の注意点や適量を詳しく解説!

猫 卵

目を離した隙に、 猫が飼い主さんの食事を食べる。 かなりよくある状況ですね。 卵焼きなんかは脂も入っているし、 猫にとってはとてもおいしく思える食べ物です。 でも、 人間のほうでよく聞く卵アレルギーは 猫にはないのでしょうか。 最近までコレステロールの高さからも 栄養が満点だけど食べ過ぎに注意と 言われていた卵ですが、猫が食べて 大丈夫なものなのか。 そこで、 猫が卵を食べるときに考えられる 危険性やアレルギーの症状などを 紹介していきます。 卵がどうこうではなく 人間の食べ物を猫が食べるのは味が濃すぎて 健康的ではないので、そもそも 食べられないように注意はしましょう。 1分だって油断できませんよ。 猫は卵を食べられるけれど食べさせる必要はない 猫は肉食動物ということはご存知ですね? そのため、動物性のたんぱく質を消化するのは 得意です。 当然卵も消化することができます。 ですがおうちで飼われている猫は ほとんどが総合栄養食である キャットフードを食べて生活しているので、 更に栄養のある卵を足す 必要はないです。 味も美味しいので好きな子も多く、 たまにだったらつまみ食い程度に あげても良いですが日常的にあげるのは 肥満のもとです。 猫につまみ食いさせるものとしては、 味付けしていなければ人用の鰹節や アイスクリームなどよりは健康的とも言えます。 でも、 基本はあげちゃダメですよ。 黄身は好きだけど白身は苦手な猫 卵は黄身のほうに沢山の栄養が含まれています。 そのため卵の黄身と白身だと 黄身のほうが好きな子が多いです。 また、生の白身にはアビジンという成分が 入っておりこれがビオチンというビタミンを 破壊してしまうので、継続的に食べていると ビタミン不足になるかもしれません。 白身ばかり大量に食べる猫もいないので 正直そんなに問題になることはないですが・・・。 猫用のフードもおやつも沢山売っているので、 心配なら上げない方が無難ではないでしょうか。 もし卵を与えたいときには、 せめて火を通しましょう。 生卵には菌がある場合があるので与えないように注意 日本の卵であれば、消費期限内の卵なら よほど心配ないことが多いです。 しかし、 免疫が落ちている猫に対しては 気を付けたいところ。 卵は鶏の産んだ食品です。 そのため、産まれた直後は糞に含まれている サルモネラ菌が殻に付着していることが ほとんどです。 この菌は動物(人もです)の腸内にいる細菌で 血清型も沢山あるのですが、 食中毒を起こす型がいるのです。 この型のサルモネラ菌を何らかの経緯で 経口摂取してしまうと、 食中毒を起こします。 日本の生卵はかなり清潔にしてから 出荷しており、消費期限内であれば 食中毒を起こす量のサルモネラ菌は 繁殖していません。 しかし、 高温の場所、消費期限切れ、破損などの ネガティブな要素が加わるとサルモネラ菌の 繁殖が活発になりやすいです。 人間でも免疫力が無い人が生卵を食べて 食中毒になることもあるので、 猫に対しても同じことが言えます。 しかも人間は身体が大きいですが 猫はせいぜい4kgくらいが平均値。 できれば火を通して、 食中毒対策をしてから 卵をあげましょうね。 猫も人間と同じように卵アレルギーがある 猫にもアレルギー体質の子がいます。 牛肉、豚肉などメジャーなものから、 羊肉など変わったものにまで アレルギーを起こす子もいます。 卵も代表的なアレルゲンのひとつ。 食物アレルギーの子が必ず卵に アレルギーを起こすわけではなくて、 その子の体質により違います。 もしおうちの猫が卵を食べた後 必ず下痢をしたりかゆくなったりということが あるなら、ちょっと怪しいかもしれません。 猫が卵を食べて食物アレルギーになった時の対処法 アレルギーはアレルゲンを摂取しないと 症状が発現しないので、普段は元気いっぱい。 そのため、アレルギー症状が出ると 飼い主さんはびっくりしますよね。 特に何かを食べたらいきなり下痢をしたり ひどい吐き気を催したりという現象が起きると、 凄く心配になってしまいます。 アナフィラキシーの状態でなければ 焦る必要はないので、 もしかしたら・・・と思ったら 以下のことを試してみましょう。 1、2を教えてもらえると病院側としては とってもありがたいです。 病院にきたときには症状が 治まってしまっている子もいるし 何を食べたかは 飼い主さんしか分からないので、 獣医さんが質問した時に「分からない」って いうのはなるべく避けましょう。 もし自分が猫のお世話をあまり やっていなければ、 お世話をしている人が 病院へ連れて行ったほうが良いです。 どれくらいの量の卵を食べたか確認 卵アレルギーの猫が卵を食べてしまったとき、 確認したいのは食べた量です。 アレルゲンを多く取れば、それだけ アレルギーの症状も 重くなりがちです。 これは 中毒性の物質(チョコレートなど)を 食べた時も同様なので、覚えておきましょう。 皮膚のかゆみ、嘔吐などのアレルギー症状の確認 猫が卵アレルギーの場合はもちろん、 分からなくても心配なら 何か症状が出ていないか確認しましょう。 アレルギー症状としてよくあるのは 皮膚のかゆみ、嘔吐、下痢などです。 ただし、もしその症状を呈していたとしても 1回の診察では アレルギーとは断定できません。 皮膚やお腹の調子が悪くなる原因を全て考え、 アレルギー以外が考えられなければ アレルギーになるんです。 初めてだし元気だから病院へ行くのは ちょっと・・・という場合には、 卵成分が完全にない生活を 1ヵ月くらい続けてみてから 再び卵を与えてみましょう。 もしそこで 同じ症状が出れば 卵アレルギーは疑わしいですし、平気なら 卵を食べたタイミングでたまたま猫が 調子を崩した、ということになります。 動物病院で診てもらう 1、2を考えても心配なとき、 病院へ行きましょう。 動物病院は1次診療施設が多いので、 なんでも気軽に相談できるのがメリットです。 自分で調べても不安だなあ・・・と 悩んで過ごすよりは、獣医師に聞いた方が 早いです。 最近猫も猫用のアレルギー検査ができるように なったので、治療をして食物アレルギーが 疑われるときは アレルギー検査も可能です。 ただし、検査は絶対ではありません。 飼い主さんがアレルギーを疑っていても 獣医師は「う~ん、もう少し治療の反応を 見てから判断しましょう」ということもあります。 食物アレルギーというのは 病気を全て除外した末に判断できるものなので、 確定診断には 最低1~2ヵ月はかかります。 猫が瀕死でなければ、焦らずに 経過を見てくださいね。 まとめ 猫と卵の関係はなんとなく分かりましたか? 愛猫の健康、心配ですよね? 実際に保険会社が調査した結果、 ペットが5歳になるまで手術費用を請求する 確率が80%というデータが出ています。 ・保険料が高くつきそう ・使わないともったいない ・どの保険が愛猫に合うのかわからない などの悩みありますよね? そんなあなたには、 ペット保険の資料一括請求がおすすめです。 ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。 ・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。 ・複数の保険会社間のサービスを比較できる など、ネットで申し込むだけで、 愛猫にピッタリな保険がわかります。

次の

卵料理とお酒 猫と卵(東通り・堂山/居酒屋)

猫 卵

猫にとっての卵 猫は真性肉食動物です。 つまり、生きていくために必要なのは「お肉」です。 そのため、猫の消化系は肉の構成要素でありタンパク質を処理する能力に長けていることが特徴です。 (裏を返せば、肉以外は不得意ということです。 ) この点に関して言えば、卵は猫が食べても問題ないと言えます。 というのも、ご存知のように、卵は世界的に見ても動物性のタンパク質の手軽な摂取源としての呼び声が高い食材だからです。 特に良質な動物性タンパク質に豊んでおり、卵黄にはビタミンA、やビタミンD、ビタミンE、リン、鉄、亜鉛や銅といったミネラルも含まれています。 卵黄にはその他必須アミノ酸も多くま含まれています。 生卵 このように卵の成分自体は猫に良いことがわかりましたが、生の卵は与えても良いのでしょうか? 生の卵を食べる習慣がある国は世界的に見るとそれほどないようですが、日本では生卵を食べているのを見ても驚きはしませんよね。 しかし、生の卵は猫に与えてはいけません。 この点については多くの獣医師やASPCAなどが一致した見解を示しています。 (*ただし、一部の自然派の食事を推進する団体では猫に新鮮な卵を与えることを推奨していることもあります。 しかし、一般的な卵の品質を考えると生卵はやはりおすすめできないと思います) 病原菌 卵にはE. coli(大腸菌)やサルモネラ菌などが潜んでいる可能性があり、これらは非常に深刻な病態を猫に引き起こし、死に至らせる場合もあります。 人間でも特に夏場では、加熱しての摂取が推奨されていますよね。 アビジン 生の卵白にはアビジンと呼ばれる酵素が含まれており、これはビオチンの猫体内への吸収を阻害してしまいます。 ビオチンはビタミンB群の1種で、健康な皮膚や被毛を保つのに重要であるため、その吸収が妨げられるのは好ましくありません。 加熱した卵 加熱した卵はビタミンなどの栄養価は生卵と比べて下がってしまうことは避けられません。 しかし、加熱することで上記したような病原菌やアビジンの影響を抑えることができます。 つまり、安全に猫ちゃんにタンパク質やビタミン、ミネラルを供給することが可能になるわけです。 そして、注意して頂きたいのは「しっかり」加熱することです。 卵を調理したことのある方ならわかると思いますが、茹で卵にしろ目玉焼きにしろ、スクランブルエッグにしろ、しっかり調理しないと案外半熟の部分が残るものです。 猫ちゃんに与えると時は、そういうことがないようにしましょう。 また加熱した卵、特にゆで卵はご存知のようにボソボソとしており、猫には窒息しやすい性質と言えます。 したがって、与える時には、小さく細かくしてあげましょう。 まとめ 猫ちゃんは卵を食べても問題ありません。 ただし、与える時にはしっかりと加熱すること、窒息の危険を防ぐために細かくして与えるようにしましょう。 また、当然のことながら、塩分や脂質などの過剰摂取などを避けるために醤油やバターなどの味を加えた卵料理を与えるのも避けましょう。 卵を猫に与える際には少量ずつから始めて、最初は体調に変化がないかしっかりと見ておくと安心です。 また、卵はカロリーが高いものですので与えすぎには注意が必要です。

次の