般若 心 経 真言宗。 般若心経とは?専門用語を使わない和訳と、その意味

般若心経とは?専門用語を使わない和訳と、その意味

般若 心 経 真言宗

呼称 [ ] に収録されている、訳とされる経題名は『 般若波羅蜜多心経』であるが、一般的には『 般若心経』と略称で呼ばれることが多い。 『般若心経』をさらに省略して『 心経』(しんぎょう)と呼ばれる場合もある。 各において用いる場合には、頭部に「仏説」(仏()の説いた教え)や「摩訶」(偉大な)のをつけて『 仏説摩訶般若波羅蜜多心経』(ぶっせつまかはんにゃはらみったしんぎょう)や『 摩訶般若波羅蜜多心経』(まかはんにゃはらみったしんぎょう)とも表記される。 現存する最古の漢訳文とされる弘福寺()の『碑』に彫られたものでは、冒頭(題名部分)は『般若波羅蜜多心経』だが、末尾(結びに再度題名を記す部分)では『 般若多心経』(はんにゃたしんぎょう)と略されている。 概要 [ ] を短い文章で説きながら、末尾に Mantra を説いて終わるという構成になっている。 現在までに漢訳、サンスクリットともに大本、小本の2系統のテキストが残存している。 大本は小本の前後に序と結びの部分を加筆したもの ともいわれている。 現在最も流布しているのは訳とされる小本系の漢訳であり、『般若心経』といえばこれを指すことが多い。 真言はサンスクリットの正規の表現ではない上、色々な解釈が可能であるため定説はない。 の説、説、宮坂宥洪説など、異なる解釈説を行っている。 1992年アメリカのジャン・ナティエ Jan Nattier、当時インディアナ大学準教授 により、鳩摩羅什訳『摩訶般若波羅蜜経』などに基づき、玄奘が『般若心経』をまとめ、それを更にサンスクリット訳したという説が提起されている が、これには原田和宗 や石井公成 による詳細な反論がなされている。 『梵本心経および尊勝陀羅尼』の書き起こし 現存する最古の本(梵本)は所蔵()の本(東京国立博物館によれば後グプタ時代・7~8世紀の写本 )であり、これを法隆寺本(もしくは法隆寺貝葉心経)と称する。 (右図)漢訳よりも古い時代の写本は発見されていない。 オーストリアのインド学者、 1837-1898 は、「伝承ではに没したヤシという僧侶の所持した写本で請来とされる。 またインド人の書写による6世紀初半以前のものである」と鑑定していた。 古いもののため損傷による不明箇所が多く、江戸時代の以来、学界でも多数の判読案が提出されている。 この他、日本には東寺所蔵の澄仁本などの複数の梵本があり、の中にも梵本般若心経が存在している。 またや等に伝わる写本もあるが、それらはかなり後世のものである。 漢訳 [ ] 一般的には、鳩摩羅什訳『摩訶般若波羅蜜大明咒經』が現存中最古の漢訳とされる。 、インドより帰還したもまた『般若心経』を翻訳したとされている。 現在、玄奘訳の最古のテキストとされるものは、に建てられた弘福寺(興福寺)の中の『』の後に付加されているテキストである。 2016年9月27日にこれより古い時代のに刻まれた玄奘訳のが北京で発見されたという報道があった。 また玄奘訳とされている『般若心経』は用として最も広く普及しているが、これは鳩摩羅什訳と玄奘訳との双方がある経典は、古来前者が依用されていることを考慮すると異例のことである。 なお玄奘訳『大般若波羅蜜多経』転読は頻繁に行われるが、経典のテキストそのものを読誦することは稀である。 代表的なテキスト [ ] 以下は、代表的な流布テキストである。 ウィキソースに の原文があります。 ウィキソースに の原文があります。 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 行時照見皆度一切苦厄不異空空不異色色即是空空即是色亦復如是舎利子是諸法空相不生不滅不垢不浄不増不減是故空中無色無受想行識無、無無無亦無無明尽乃至無亦無老死尽無無智亦無得以無所得故依般若波羅蜜多故心無罣礙無罣礙故無有恐怖遠離一切 顛倒夢想究竟三世諸仏依般若波羅蜜多故得故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪能除一切苦真実不虚故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶 般若心経 注:()内はよみがな。 旧字体を新字体に改める。 呪と咒の表記揺れはすべて呪に統一した。 また、適宜、句読点を修正した。 なお、羅什訳・玄奘訳とも、「般若波羅蜜(多)」「」「(菩提薩埵)」及び最後の「(しゅ)」の部分だけは漢訳せず、をそのまましている。 また、玄奘訳とされるテキストには版本によって、例えば下記の箇所のように、字句の異同が十数箇所存在する。 空即是色受想行識亦復如是()• 空即是色受想行識 等亦復如是(法隆寺本等法相宗系) 日本における般若心経 [ ] 各宗派 [ ] 日本では仏教各派、特に・・・が般若心経を使用し、その宗派独特の解釈を行っている。 は『』を、・は『(妙法蓮華経)』を根本経典とするため、般若心経を唱えることはない。 これは該当宗派の教義上、所依経典以外は用いる必要がないとされ、唱えることも推奨されない。 しかし教養的な観点から学ぶことは問題視されておらず、例えば、門主であったは般若心経の講話録を出版している。 では、「根本法華」として重視している。 [ ]また作とされる般若心経の注釈がある。 では、読誦・観誦の対象としている。 日用経典(日課等通常行事用の経典)であり儀典でも用いる(空海のを参照)。 繰り返し読誦する場合は、一回目は、冒頭の「仏説」から読み始めるが、2回目以降の読誦では「仏説」を読まず、「摩訶」から読む慣わしとなっている。 開祖が般若心経を重視したことで、注釈・解釈を著す僧侶・仏教学者が多く、昭和では高神覚昇(1894 - 1948)『般若心経講義』(角川文庫で再刊)、平成の現在では宮坂宥洪『真釈般若心経』、加藤精一『空海「般若心経秘鍵」』(各角川ソフィア文庫)『空海 般若心経の秘密を読み解く』(春秋社)などの著作が版を重ねている。 高神の解釈書は、戦前にNHKラジオ放送で行われ、経典解釈として非常に評価が高く多数重版し、異なる宗派の僧侶や仏教学者からも評価されている。 も、根本経典は浄土真宗と同様に『浄土三部経』だが、祈願の時と食作法(食事の時の作法)にのみ唱える。 では、神社参拝及び本山での朝の勤行後に、の御霊を祀る神棚に向かい三唱することが必須となっている。 日用に用いる場合もある。 では、日用経典の一つ。 名僧で名高い・・が解釈を行っている。 般若心経とは自分の心の本来の姿を現した経典であるという仏説をみなす説が強い。 では、日用経典の一つ。 開祖がの中で解釈し、かつての僧とされた天桂伝尊(1648 - 1736年)の「観自在菩薩とは汝自身である」という解釈が著名である。 また・など般若心経の実践に取り組んだ僧侶も多い。 良寛は般若心経の大量の写経を残しており、種田は般若心経を俳句に読み込んでいる。 では、修験者(などの)が「行」を行う際に唱える。 でも唱えるところがある。 神社(神前)で読誦の際は、冒頭の「仏説」を読まずに、「摩訶」から読む。 また、前もって「般若心経は仏教の全経典の中から選りすぐられた経典であり、それを謹んで捧げます」というような内容の「心経奉讃文(しんぎょうほうさんもん)」を読み上げる場合もある。 在家信者 [ ] 一般の人々にとっては、「空」を説く経典と言うより、むしろ、「霊験あらたかな真言」の経典として受け止められており、一部には悪霊の力を「空ずる」という解釈もされた。 古くから般若心経の利益で病気が治るという信仰があり、既ににその説話が残っている。 お守りとして所持したり、病気になったときに写経して平癒を祈願したりした人が多い。 には、文字を読めない層のために、内容を絵に表したも製作された。 百瀬明治『般若心経の謎』によれば、これは元禄年間に現在の岩手県二戸郡の八幡源右衛門という人が文字の読めない人向けに創作した後、随筆によって諸国に伝播されブームとなったものであり、文字が読める人たちの間でも判じ物的に楽しまれたという。 一般書籍等 [ ] 現在ではの際によく筆写される。 また手拭いなどにも印刷され、極めて普及している。 解釈書も大量に出版されており、中には般若心経の原意を取り違えたものさえあり、仏教学者が警鐘を鳴らしているような状態である。 サブカルチャーにおける受容 [ ] 2010年9月には、風の伴奏を付け・に読誦させた動画『般若心経ポップ』がに投稿され 、約2日で10万再生、約2週間後には60万再生に達し人気を博した。 その後、派生動画として伴奏が風のものなどが投稿され、それらを集約したも発売された。 また派生動画のひとつ『般若心経』には、視聴者のコメントと言う形で般若心経の現代日本語訳が投稿されている。 翻訳 [ ] 現代の主な翻訳及び解説としては、訳者自身が校訂したサンスクリット原文を含む・訳の岩波文庫本 、高神覚昇の『般若心経講義』 、また臨済宗の僧侶の立場から解釈したの『般若心経入門』 『般若心経』 などがある。 脚注 [ ] [] 註釈 [ ]• は、本経の核心部は心呪の効能を説く後半部と心呪自体であると主張している。 も同様の観点から、般若心経はのお経であり、全部を繰り返すのは無駄であって、最後の明呪だけを繰り返せばよいとしている。 この真言は『般若大心陀羅尼』と同じ真言である。 本経は654年訳出とされ、玄奘の般若心経訳出との関連は不明。 訳経史の概念として、鳩摩羅什までの漢訳経典を「古訳」、鳩摩羅什以降、玄奘までを「旧訳(くやく)」、玄奘以降を「新訳」と言う()• 【北京共同】中国北京の古寺、雲居寺は、同寺が保管していた石に刻まれた般若心経が、唐代の中国の僧で、「西遊記」の三蔵法師として知られる玄奘三蔵による現存する最古の漢訳であることが分かったと発表した。 西暦661年に刻まれたとしている。 中国メディアが27日までに伝えた。 (著作権等考慮して本文・拓本写真省略、• 大蔵経所収の玄奘譯 般若波羅蜜多心經には『一切』の二字がない。 0848c04 - c23)• こばやし しょうせい (1876 - 1937年)茨城県古川市出身。 明治~昭和前期の真言宗僧侶。 出典 [ ]• 福井文雅 「般若心経の核心」 東洋哲学会『東洋の思想と宗教』• 佐保田鶴治「般若心経の実態」 『ヨーガの宗教理念』1976年 、242-315頁• 、小学館• 金岡1973 p. 149• 宮坂2004 [ ]• "The Heart Sutra: A Chinese Apocryphal Text? ", Journal of the International Association of Buddhist Studies, vol. 15, no. 2 1992 ,. 原田和宗、「」 『密教文化』 2002年 2002巻 209号 p. L17-L62, :• 原田和宗 『「般若心経」の成立史論 大乗仏教と密教の交差路』 大蔵出版、2010年• 石井公成、「」 『印度學佛教學研究』 2015年 64巻 1号 p. 499-492, :• 梵本心経および尊勝陀羅尼 -• 金岡1973 p. 138• 金岡1973 p. 141-147• 金岡1973 p. 151-152 p. 155-156• 金岡1973 p. 158• 賀・続2017 p. 13の拓本写真には<顯慶六年二月八日造>[661年2月8日に作った]という言葉が以上の報道よりもっと読みやすいです。 『大谷光瑞猊下述 般若波羅密多心經講話』 1922年 大乗社。 - (2010年10月6日アーカイブ分)• 岩波文庫 初版1960年。 角川ソフィア文庫 初版1947年。 祥伝社新書 初版1972年。 講談社学術文庫、2001年。 参考文献 [ ]• 金岡秀友 『般若心経』 、1973 、2001年。 福井文雅 『般若心経の歴史的研究』 春秋社、1987年。 福井文雅 『般若心経の総合的研究:歴史・社会・資料』 、2000年。 涌井和 『般若心経を梵語原典で読んでみる -サンスクリット入門-』 、2002年。 山中元 『サンスクリット文法入門 -般若心経、観音経、真言を梵字で読む-』 、2004年。 宮坂宥洪 『真釈般若心経』 、2004年。 福井文雅 『ヨーロッパの東方学と般若心経研究の歴史』 五曜書房、2008年。 原田和宗 『「般若心経」の成立史論 大乗仏教と密教の交差路』 、2010年。 賀銘・続小玉、王夢楠(編)、2017、「早期<心経>的版本」、房山石経博物館(編)、房山石経與雲居寺文化研究中心『石経研究 第一輯』1、 北京燕山出版所(中国語) pp. 12-28 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (高神覚昇著).

次の

般若心経!お経の読み方と区切り方!ダウンロードファイル付♪

般若 心 経 真言宗

相反して交わってはならないも何も、曹洞宗も密教の儀礼等を取り込んでいますよ? まず大悲心陀羅尼。 あれは呪 じゅ です。 大般若会…曹洞宗でもよく勤修されますが、大般若会は大般若経600巻を転読する法会で、真ん中に座っている導師は大般若理趣分を真読してます。 つまり、大般若会の中心人物 導師 が大般若経600巻の中からわざわざ1巻だけ選び出して真読しているのですが、その選び出された1巻は「理趣分 理趣経のもととなった経典 」なんです。 曹洞宗で行われる洒水 しゃすい。 これは道具や作法が違うだけで、やっていることは密教と同じことです。 曹洞宗は密教の影響が無く、真言宗などの密教とは別物。 という考え方は、何もご存知ない方の妄想なんです。 それらは理事で言うなら「事」の部分の話です。 「理」の部分については、私は曹洞宗について詳しくないので、具体的なことは申し上げられないのですが、曹源なんとかさん?だったかな?曹洞宗の尼僧さんが知恵袋の中で書いていらっしゃる回答を見る限りは、非常に近い世界観を持っているのかな?と思います。 大乗は、中観、唯識、如来蔵の上に成り立っている…つまり根っこになっている思想が同じなので、似ていて当然なんですよね。 私は曹洞宗などの禅系と密教はむしろ近いと思っています。 何ていうのかな? 涅槃というものを頭で理解するのではなく、実体験として つかみに行く感じ? 禅は坐禅をその方法とし 真言宗は三密行をその方法とする。 そこの違いであって、目指しているものは同じ。 当たり前か。

次の

般若心経とは?専門用語を使わない和訳と、その意味

般若 心 経 真言宗

「金剛頂経」という大乗仏教が作成した密教経典の中の「理趣広経」を漢訳したものが「理趣経」です。 理趣経は「般若理趣経」や「百五十頌般若」とも呼ばれており、般若の名前がつく通り、般若経典の一種です。 主に真言宗派によって使用されることが多いのですが、般若心経を読む会などでは、他宗派の僧侶が読誦(どくじゅ:声をだしてお経を読むこと)することもあります。 理趣経は、1~17の章から構成されており、そもそも 人間は汚れた存在ではない、という思想が根本にある経典です。 本文には、読誦をすることで功徳が得られるという記載があるなど、仏教の経典の中でも他にはない特徴があります。 そのため真言宗は元より、他の宗派の曹洞宗や天台宗でも、「理趣広経」の訳本の一種である「理趣分経」が使用されています。 「この経典を読み上げている時に風にあたると病気にならない」という信仰や、「読誦をすると病気除けになる、収入が増える」といった話が流布するなどして、民間の間でも親しまれてきました。 理趣経は、他にはない特徴があります。 特に有名なのが十七清浄句です。 この部分では情交や さまざまな欲望に対して肯定的な記載がされています。 これらは不浄なものではなく、そういった欲望によって人間が間違えた方向に行ってしまうのがいけないことなのだ、誤った道へ行かずに悟りへの道に精進をするべき、という旨の文章があるので、単に性を認めた経典ではありません。 しかし、この性の部分だけが過大解釈され、情交や欲望を正しいとする経典と勘違いされてしまうことがあります。 昔は 高野山で修行した僧侶だけが理趣経を読誦することができました。 そのため在家がこの経典を理解することを厳しく禁じており、読誦をする際にも音を聞いて語の意味を理解できなくするために、一般的な経典の読み方ではなく漢音読みで行っていました 政府の命令により漢音を使用しているという説もあります。 例えば金剛を、「きんこう」と読み、清浄を「せいせい」と読む、といった形です。 如来は通常「にょらい」と読みますが、理趣経では「じょらい」と読みます。 空海は書簡で、最澄に「理趣経は、体験を通じて初めて理解できるものであり、文字だけで理解をすると誤った解釈をされてしまう可能性がある。 しっかりと学びたければ高野山に来て3年間、1対1で学ぶように」といったのです。 経典に書かれてある文字だけで密教を理解しようとしていた最澄に対して、空海はそれでは密教の教えに反すると伝えたのです。 密教においてもっとも重要なのは、書物には決して書かれていないことを直接、師から弟子へ伝えられて初めて理解できるということで、 書物からの学びだけでは本当の教えは理解できない、というのが空海の考えでした。 これをきっかけにして2人は絶縁していくことになりました。 それでも密教の教えを大事だと考えている最澄は諦められず、弟子である泰範を空海のもとに送りますが、最終的には泰範は高野山に留まります。 泰範は空海を一生の師とし、最澄のもとに帰らなかったのです。 また、理趣経は、男女の交歓自体が仏の道に通ずるという教えを流布する「真言立川流」という宗教を作ってしまった過去もあります。 この宗教は、当時の権力者であった宥快 ゆうかい などによって邪教とされ、弾圧されやがて壊滅してしまいました。 真言宗では、理趣経の正式名称を「大楽金剛不空真実三摩地耶経・般若波羅蜜多理趣品」といいます。 これはその名前の通り、「大きな楽しみは金剛である、空しからざる真実である、悟りの境地に至る」という意味合いがあります。 ここでいう楽しみというものは一般的な感情に起因する楽しみではなく、 宇宙全体がよくなるように、という楽しみを説いたものです。 そして、「金剛である」には菩薩心が強固なものだという意味合いがあります。 後半部分にある「般若」は智慧、「波羅蜜多」は迷いから悟りを開く、「理趣」には道理 転じて正しき道 、「品」には章という意味合いがあるので「智慧により迷いから悟りを開く正しき道の章」という翻訳ができます。 これらをまとめると理趣経は「金剛のように固い菩薩心は智慧の完成に至る道を説き、それは真実の悟りの境地となり、宇宙全体がよくなる」という経典ということになります。 真言宗派に葬儀を依頼した際は、理趣経を聞く機会があるかもしれません。 そんな時は、さまざまな歴史や意味について思いを馳せてみてはいかがでしょうか。 これから葬儀の取り行いをお考えの方、葬儀社をどこにするかお悩みの方、またお坊さまや会場の手配に迷われている方は、どうぞお気軽にご相談ください。 ご葬儀のご相談からお手配まで、心を込めてお手伝いさせていただきます。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の