写輪眼 コラ。 NARUTOのキャラ「カカシより強いよ。俺は」←これwwwwwwwww

うちはサスケ

写輪眼 コラ

このページの目次 OPEN• 1.サスケが輪廻眼を開眼したのは何故? 輪廻眼は最強の瞳術とされていますが、その真相は定かではなく「 伝説の瞳術」とまで言われていました。 何故なら、今までの開眼したのは「六道仙人」しかおらず、能力をその目で確かめた者がいなかったからです。 物語が進行していくにつれ、カグヤやマダラ、さらには長門なども開眼していると明らかになり伝説ではなく実在する能力と分かってきます。 サスケは当初、開眼をする素質を持っていませんでしたが、とある経験をすることによって特別に開眼しました。 その経緯について以下からネタバレしていきますので、まだ全容を知らない人は閲覧に注意してください。 サスケは、第四次忍界大戦の終盤にマダラと対決しますが、動きを封じられ胸を貫かれてしまい瀕死の重傷を負います。 その後サスケは精神世界に行き、六道仙人と出会い、 インドラの転生者であることを伝えられたのです。 そこで問答があり、マダラの愚行を止めることができるのはサスケしかいないと判断した六道仙人は、自身の力をサスケに与えました。 そうすることでサスケの左目に輪廻眼が宿る形となり、物語の終盤に最強の瞳術を開眼させ能力を大幅にアップさせることに成功します。 スポンサーリンク 2.サスケの輪廻眼がさらに強化された経緯 サスケが輪廻眼を開眼したのは、精神世界で六道仙人から力を授かるという特異な経験をしたからです。 それだけでなく、サスケは輪廻眼に写輪眼の能力が付与された、「 輪廻写輪眼」という合体技をも習得します。 どうしてサスケだけ、輪廻眼が強化されたのかというと、サスケが死にかけたときカブトによって「千手柱間」の細胞が移植されました。 そこで輪廻眼を得るようになったのですが、元々左目には写輪眼があったので、2つの能力が融合することによって輪廻写輪眼を開眼。 輪廻写輪眼を開眼したのが、物語の終盤であった関係もあり、計り知れない能力を開放し強敵と立ち向かいます。 スポンサーリンク 3.サスケが持つ輪廻眼の能力 ナルトに登場するサスケは、最強の瞳術として知られる「輪廻眼」を開眼して膨大なエネルギーを手に入れることに成功しました。 輪廻眼を開眼することで、以下に挙げるような能力を手に入れることができます。 インドラの矢• 封術吸印• 天手力• 地爆天星• 六道・地爆天星 輪廻眼を手に入れたサスケは、そこに写輪眼が融合されるため天手力という、固有の瞳術を発動可能です。 この状態における、「千鳥」は六道の陰の力を吸収しているので黒くなり、天照もいつも通り使えます。 写輪眼で開眼した、「完成体須佐能乎」が輪廻眼になるとより能力が上昇し、無限月読の幻術に関して無効化が可能。 また、完成体須佐能乎には全尾獣のチャクラを入れることで、インドラのような姿にもなれます。 その力というのは、自然エネルギーを得たナルトと互角になれるほど。 輪廻眼に写輪眼を融合させた、輪廻写輪眼は最強と呼ぶにふさわしい瞳術ですが、 欠点が無い訳ではありません。 唯一の欠点は、万華鏡写輪眼と同じように酷使しすぎると視力が低下し、失明する可能性があります。 使いどころが難しいという欠点が、輪廻写輪眼には存在しているのです。 スポンサーリンク 4.サスケの輪廻眼に対しての謎と考察 ナルトに登場するサスケは、輪廻眼を開眼してから相当な能力アップを実現し、物語で中心的な役割を担いました。 物語開始当初は、主人公・ナルトの仲間であり 切磋琢磨しながら強くなっていったサスケですが、途中からは立ち位置が変わります。 そうした所によって、サスケは輪廻眼を開眼しナルトを超えるほどの能力を手に入れたのです。 サスケの輪廻眼に対しては、以下に挙げるような謎がネット上で噂されているので、考察と併せて紹介しますね。 非常に強い能力を手に入れることに成功し、 無限月読の幻術すら無効化できる切り札として、物語で大きな活躍をします。 終盤で開眼をした訳ですが、どうしてサスケだけ特別扱いを受けているのか、この点について疑問を感じる人は少なくありません。 この点に関する考察として、「強敵を倒すためには仕方がない」というものがあります。 輪廻写輪眼を開眼したのは、第四次忍界大戦の終盤ですから物語の最終部分。 カグヤというラスボスとの対決を制するには、サスケがもっと強くなる必要があるのです。 そのため、サスケだけを特別扱いをするという形で、このような流れになったと考察されています。 術によっては、死者を現世に復活し術者の命令通りに動かすことが可能になるなど、物語の序盤や中盤で 死亡したキャラクターが復活しました。 読者にしてみれば、もう二度と登場しないと思われた人物が登場する設定は、とても嬉しいもの。 そこまでは分かりますが、精神世界と呼ばれる雰囲気がガラリと変わる場所に移動し、意識を持ちながら接触できる点に難しさを感じる人は少なくありません。 その流れで、サスケが精神世界でどうして大筒木一族のチャクラを手に入れることができたのかについて、疑問を感じています。 この点に関する考察として、「見えない世界での繋がりが本当の接触」というものがあります。 ナルトの世界では、精神世界を通して本当の自分を見つけることが多く、世の中で生活をしていると見失いがちな心を手に入れられるのです。 サスケも精神世界で本当の自分を見つけることで、輪廻写輪眼を開眼したと言っても過言ではないでしょう。 まとめ ここでは、 サスケが輪廻眼を開眼した理由や能力などについて紹介していきました。 輪廻眼は六道仙人のチャクラを体内に入れることで開眼し、あり得ないほどの能力を手に入れることができます。 しかもサスケは、写輪眼に輪廻眼が加わった、「輪廻写輪眼」を開眼しており物語に多大な影響を与えたのです。 今後は、サスケの子供が大きな活躍を見せるでしょうから、輪廻眼を持つかどうかを注目しながら追っていきたいですね!.

次の

その術はオレに効くとは (ソノジュツハオレニキクとは) [単語記事]

写輪眼 コラ

このページの目次 OPEN• 1.サスケが輪廻眼を開眼したのは何故? 輪廻眼は最強の瞳術とされていますが、その真相は定かではなく「 伝説の瞳術」とまで言われていました。 何故なら、今までの開眼したのは「六道仙人」しかおらず、能力をその目で確かめた者がいなかったからです。 物語が進行していくにつれ、カグヤやマダラ、さらには長門なども開眼していると明らかになり伝説ではなく実在する能力と分かってきます。 サスケは当初、開眼をする素質を持っていませんでしたが、とある経験をすることによって特別に開眼しました。 その経緯について以下からネタバレしていきますので、まだ全容を知らない人は閲覧に注意してください。 サスケは、第四次忍界大戦の終盤にマダラと対決しますが、動きを封じられ胸を貫かれてしまい瀕死の重傷を負います。 その後サスケは精神世界に行き、六道仙人と出会い、 インドラの転生者であることを伝えられたのです。 そこで問答があり、マダラの愚行を止めることができるのはサスケしかいないと判断した六道仙人は、自身の力をサスケに与えました。 そうすることでサスケの左目に輪廻眼が宿る形となり、物語の終盤に最強の瞳術を開眼させ能力を大幅にアップさせることに成功します。 スポンサーリンク 2.サスケの輪廻眼がさらに強化された経緯 サスケが輪廻眼を開眼したのは、精神世界で六道仙人から力を授かるという特異な経験をしたからです。 それだけでなく、サスケは輪廻眼に写輪眼の能力が付与された、「 輪廻写輪眼」という合体技をも習得します。 どうしてサスケだけ、輪廻眼が強化されたのかというと、サスケが死にかけたときカブトによって「千手柱間」の細胞が移植されました。 そこで輪廻眼を得るようになったのですが、元々左目には写輪眼があったので、2つの能力が融合することによって輪廻写輪眼を開眼。 輪廻写輪眼を開眼したのが、物語の終盤であった関係もあり、計り知れない能力を開放し強敵と立ち向かいます。 スポンサーリンク 3.サスケが持つ輪廻眼の能力 ナルトに登場するサスケは、最強の瞳術として知られる「輪廻眼」を開眼して膨大なエネルギーを手に入れることに成功しました。 輪廻眼を開眼することで、以下に挙げるような能力を手に入れることができます。 インドラの矢• 封術吸印• 天手力• 地爆天星• 六道・地爆天星 輪廻眼を手に入れたサスケは、そこに写輪眼が融合されるため天手力という、固有の瞳術を発動可能です。 この状態における、「千鳥」は六道の陰の力を吸収しているので黒くなり、天照もいつも通り使えます。 写輪眼で開眼した、「完成体須佐能乎」が輪廻眼になるとより能力が上昇し、無限月読の幻術に関して無効化が可能。 また、完成体須佐能乎には全尾獣のチャクラを入れることで、インドラのような姿にもなれます。 その力というのは、自然エネルギーを得たナルトと互角になれるほど。 輪廻眼に写輪眼を融合させた、輪廻写輪眼は最強と呼ぶにふさわしい瞳術ですが、 欠点が無い訳ではありません。 唯一の欠点は、万華鏡写輪眼と同じように酷使しすぎると視力が低下し、失明する可能性があります。 使いどころが難しいという欠点が、輪廻写輪眼には存在しているのです。 スポンサーリンク 4.サスケの輪廻眼に対しての謎と考察 ナルトに登場するサスケは、輪廻眼を開眼してから相当な能力アップを実現し、物語で中心的な役割を担いました。 物語開始当初は、主人公・ナルトの仲間であり 切磋琢磨しながら強くなっていったサスケですが、途中からは立ち位置が変わります。 そうした所によって、サスケは輪廻眼を開眼しナルトを超えるほどの能力を手に入れたのです。 サスケの輪廻眼に対しては、以下に挙げるような謎がネット上で噂されているので、考察と併せて紹介しますね。 非常に強い能力を手に入れることに成功し、 無限月読の幻術すら無効化できる切り札として、物語で大きな活躍をします。 終盤で開眼をした訳ですが、どうしてサスケだけ特別扱いを受けているのか、この点について疑問を感じる人は少なくありません。 この点に関する考察として、「強敵を倒すためには仕方がない」というものがあります。 輪廻写輪眼を開眼したのは、第四次忍界大戦の終盤ですから物語の最終部分。 カグヤというラスボスとの対決を制するには、サスケがもっと強くなる必要があるのです。 そのため、サスケだけを特別扱いをするという形で、このような流れになったと考察されています。 術によっては、死者を現世に復活し術者の命令通りに動かすことが可能になるなど、物語の序盤や中盤で 死亡したキャラクターが復活しました。 読者にしてみれば、もう二度と登場しないと思われた人物が登場する設定は、とても嬉しいもの。 そこまでは分かりますが、精神世界と呼ばれる雰囲気がガラリと変わる場所に移動し、意識を持ちながら接触できる点に難しさを感じる人は少なくありません。 その流れで、サスケが精神世界でどうして大筒木一族のチャクラを手に入れることができたのかについて、疑問を感じています。 この点に関する考察として、「見えない世界での繋がりが本当の接触」というものがあります。 ナルトの世界では、精神世界を通して本当の自分を見つけることが多く、世の中で生活をしていると見失いがちな心を手に入れられるのです。 サスケも精神世界で本当の自分を見つけることで、輪廻写輪眼を開眼したと言っても過言ではないでしょう。 まとめ ここでは、 サスケが輪廻眼を開眼した理由や能力などについて紹介していきました。 輪廻眼は六道仙人のチャクラを体内に入れることで開眼し、あり得ないほどの能力を手に入れることができます。 しかもサスケは、写輪眼に輪廻眼が加わった、「輪廻写輪眼」を開眼しており物語に多大な影響を与えたのです。 今後は、サスケの子供が大きな活躍を見せるでしょうから、輪廻眼を持つかどうかを注目しながら追っていきたいですね!.

次の

NARUTOのキャラ「カカシより強いよ。俺は」←これwwwwwwwww

写輪眼 コラ

神樹の実を食べる、または食べた祖先から力を受け継ぐことです。 神樹の実を食べた場合、さらに一段階上の輪廻写輪眼まで開眼できます。 NARUTOではカグヤが神樹の実を食べ、息子のハゴロモも輪廻眼までを受け継ぎました。 ハゴロモの息子の代では力が兄インドラと弟アシュラに分かれて受け継がれています。 そのため、それ以降の代の忍が開眼するには「インドラの力とアシュラの力を合わせ、ハゴロモの力にする」必要があります。 マダラとサスケはインドラの転生者であり、生まれつきインドラの力を持っていました。 柱間がアシュラの転生者だったため、柱間細胞を移植することでマダラとサスケは輪廻眼を開眼しました。 (サスケは隔世遺伝で輪廻写輪眼まで開眼しています。 ) うちはの血と木遁を合わせるだけではインドラの力とアシュラの力が手に入らないため開眼できません。 そのため、ダンゾウとオビトは開眼できていません。 長門はマダラの輪廻眼を移植されていました。 オビトがマダラの仲間になった時は既に移植されており、オビトが移植したわけではありません。

次の