この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん。 google検索できなくなりました。

【Chrome】「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示された時の対処法

この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

カフェ等の無料のwifiに接続する際に、プライバシーが保護されないと出て、次へ進めなくなることがあります。 [詳細設定]ボタンを押して出てくるリンクを押せば次へ進めるはずが、、 [詳細設定]を押して切り替わった画面にはなぜかクリックできるリンクが表示されておらずに行き止まり??と。。 じゃあどうすれば?? まさか乗っ取りなのか? GoogleChromeにて表示される「この接続ではプライバシーが保護されません」このメッセージの厳密な意味は ・セキュリティ証明書の有効期限(Webサイト側の)が切れている ・自己署名のSSL証明書の問題 ・ブラウザ上のホスト名と実際の証明書を搭載しているホストが違う 等々理由はいくつかあるようです。 ですが、技術的には乗っ取りの可能性は低いのかと思います。 複数のセキュリティソフトの環境にて感染、侵入の警告等はなく、セキュリティソフトのサポセンの方の説明では単なる警告との事。 確かにクレジットカードの情報が読み取られるとの記載はちょっと怖くなる文言ですが、、乗っ取り、侵入の可能性はとってもレアのようです。 ちなみにカスペルスキー、ウイルスバスター、Mcafeeをインストールしたセキュリティソフト環境にてこの画面が表示された際に、ウイルス、侵入等の警告メッセージは表示されていません。 具体的には、サインインが必要な無料wifiに接続するときにこの警告メッセージが表示される カフェや公共施設で、無料wifiにつなぐときにこのメッセージが、よく表示されるのですが、、 本来でてくるはずの無料wifiを提供している会社の同意画面が表示されずに、代わりにこのメッセージ、「プライバシーが保護されない」とでてきてしまいます。 具体的にはMcDonaldとか、カフェのタリーズとかサインインが別途必要なwifi電波につなごうとしたとき。 ・横浜ベイクォーター ・ポルタ地下街 ・横浜モアーズ ・タリーズの無料wifi ・スターバックスの無料wifi ・ローソンの無料wifi ・ファミリーマートの無料wifi 上記の無料wifiは、つなぐ際に都度都度、サインインの作業(同意画面に同意する)をしないといけない仕様です。 その自動で表示されたページが「この接続ではプライバシーが保護されません」となってしまい、同意画面が表示されないぞ! となってしまうことが多いんです。 リスクについての免責画面が表示されますので、リスクを理解の上で[・・・にアクセスする(安全ではありません)]を押せば、無料wifiにつなぐための同意画面等が表示されます。 インターネット上の情報サイトでは、上記対処にて該当ページが表示できると解説している事が多いようです。 ・・ん??ってなります。。 上記の状態(上記の画面になってしまったら)ではどこにも次へ進めるリンクがありません。 何回押しても同じ画面繰り返しみたいな。。 (笑 という風に行き止まりになってしまうのです。。 [詳細設定]ボタン押すよりもこっちの方が楽かもです。 「ほかのページ(他のURL)を表示してみる」 単にこれだけです。 キャッシュのクリア(履歴情報等の削除)や、他のブラウザで表示を試すこともよいと思いますが、他のページを表示してみる事の方が作業的には簡単です。 他のページとは、googleTOPページでだめなら、YahooTOPページで試してみるということです。 それでもだめならLivedoorTOP等で試すって事です。 そうするとすんなり[・・・にアクセスする(安全ではありません)]という消えていたリンクが出ますので、そのリンクをクリックすれば、サインインの画面(同意画面等)に切り替わってくれます。

次の

このサイトは安全ではありません。この接続ではプライバシーが保護されません。安全な接続ではありません。について

この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

サイトにアクセスすると、「この接続ではプライバシーが保護されません」などのいわゆるプライバシーエラーが表示されて、サイトを閲覧できないときがあります。 基本的には、そのままサイトから去った方がいいですが、どうしても閲覧したいときがあります。 その方法をお伝えします。 Google Chromeの場合 「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示されたら、「詳細設定」をクリックします。 「 ドメイン名にアクセスする(安全ではありません)」をクリックすると、サイトが表示されます。 Firefoxの場合 「警告: 潜在的なセキュリティリスクあり」が表示されたら、「詳細情報」をクリックします。 「危険を承知で続行」をクリックすると、サイトが表示されます。 Microsoft Edgeの場合 「このサイトは安全ではありません」が表示されたら、「詳細」をクリックします。 「Web ページへ移動 非推奨 」をクリックすると、サイトが表示されます。 Safariの場合 「接続はプライベートではありません」が表示されたら、「詳細を表示」をクリックします。 「このWebサイトを閲覧」をクリックします。 最後に本当に閲覧していいか確認されるので、「Webサイトを閲覧」をクリックするとサイトが表示されます。 プライバシーエラーってなに? このエラーは、サイトにhttpsで接続した際、SSL証明書が無いか有効期限が切れているときに表示されます。 SSL証明書があることで、全く関係ない第三者が、通信を解読して情報を抜き取り可能性が少なくなります。 ブラウザに表示されるメッセージに「悪意のあるユーザー」「情報が盗まれる」「騙そうとしている」など少し怖い表現が入っていますが、最も多い原因はSSL証明書の更新ミスです。 そのため、すぐに悪意があるページと判断できません。 しかし、その場合でも管理体制が少し甘いサイトと考えられるため、個人情報等を求められても応じない方が無難といえます。 こんなこと書いている僕も何度か証明書の期限切れをおこしているので、同情的な立場ですが… プライバシーエラーがでなくても安全とは限らない プライバシーエラーが出ないからといって、サイトが安全というわけではありません。 サイトに送られた個人情報などのデータは、受け取った側が自由に使えるからです。 データの取り扱いは法律等で定められていますが、悪意あるサイトにとっては関係ないからです。 自分の情報を安易に、渡さないようにするべきです。

次の

SSL証明書の期限切れによるエラーメッセージと対処法

この 接続 では プライバシー が 保護 され ませ ん

こんにちはGassyuです 今回は「 この接続ではプライバシーが保護されません」とパソコンなどの画面に表示されて困った方の為に、少しでもお役に立てればと思い記事を作成しました。 恐らくこのページを見て頂いてる方は、今まさにその時ではないでしょうか? ちょっぴり焦っちゃいますよね。 わかります!その気持ち! この記事を作成したのも同じような経験をしたためで、 結果から言うと私の今回のケースは約5時間で解消しました。 結論から申し上げますと 記事を読んで頂いて私と同じケースだ!という方は!、 恐らく 対処は不要! となると思います。 「TinyPng」というサイトが表示されなくなった経緯 本日2020年6月11日(木)午前11時頃 いつものようにブログの作成。 さて画像でも貼り付けようかとデータ圧縮サイトの、パンダさんのいる「TinyPng」に行こうとしたところ、 こんな画面が表示されました。 「tinypng. comdeでは、 悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジットカードなどの 情報が盗まれる可能性があります。 」 と表示。 えっ!! 悪意のあるユーザ!? 情報が盗まれる可能性!? 今まで沢山お世話になっていたのに パンダさんは悪い方だったの? と焦ってしまいました。 こんな普段見ない画面を見ると、 私のような凡人はやっぱり焦ります。 すると幾つかの原因があり 最もこれだという内容がこれでした。 期限切れなどによる、SSL証明書側の問題! SSL証明書とはインターネット上の情報を暗号化して、第三者によるデータの盗聴・改ざんを防止する技術のことで、信頼できる第三者機関(認証局)が発行する電子証明書です。 「hhtps:」でアドレスが始まります。 SSL証明書には期限がありますが、 SSLサーバ証明書の最長有効期間は825日(27ヶ月)でしたが、変更があり2020年9月1日以降に発行される有効期間が398日を超える証明書は、Safariでは無効となります。 となったようです。 サイトのSSL証明書の期限の確認 早速、パンダさんのサイトに戻り確認 すると 確かに 期限切れだとわかりました! この場合「エラー画面になり、サイトへ接続することができなくなってしまいます。 」 とあり正にその通りでした。 サイトの安全性を示す「SSLサーバ証明書」ですが その期限を確認するには アドレスバーにページのURLが表示されますので、そこにある「鍵のマーク」が付いているかを確認しましょう。 今回のように期限切れの場合は鍵マークが消えており、 赤文字で「 保護されていません」と表示されます、 鍵マークをクリックすると、そのサイトが所有するSSL証明書の期限の確認ができます。 原因と対処が分かったので後は待つのみ! ここまででほぼほぼの原因が分かりました。 このようにサイト運営側のSSL証明書期限切れであれば こっちでなんとか出来ることではないので 後は対処方法「 待つ」だけです。 約5時間後・・・。 再びパンダさんのサイトへ、 おっ!パンダさんがいた! 通常のページになっていました。 SSL証明書の期限を確認してみると・・・ 更新されていました。 今回はサイトが正常になるまで約5時間。 参考の一つにとして役立たせてくれればと思います。 最後までお付き合い頂きありがとうございました!.

次の