中国 マスク 不足。 中国製マスク、品質が劣悪で世界中で回収相次ぐ…1日1億枚生産、供給量重視のツケ

「マスクは年内に1箱1000円切る」中国マスク輸入の社長が語る「ナゾノマスク」の相場

中国 マスク 不足

マスクを求めて複数店舗をめぐる人の姿も 新型コロナウイルスの影響で、日本国内でもマスク不足が起こっている。 ドラッグストアをハシゴしても、どの店でもマスクが品切れ…という声も。 取材のため、「直撃LIVEグッディ!」は東京・歌舞伎町に向かった。 すると開店30分前には、ドラッグストアの前に長蛇の列ができていた。 店舗によると、マスクが入荷されるかどうかは、当日にならないと分からないというが…。 この日は、待望のマスクが入荷。 店員は中国語で「1人1箱まで」と説明しており、並んでいる人の大半が中国人のようだ。 入荷された約20箱のマスクは、わずか3分で品切れとなってしまった。 この日は近くにある別のドラッグストアでも、同じようにマスクを求める人の行列があったのだが…。 行列の中には、マスクの箱が入った袋を持っている人の姿も! 実はこの店舗は、先ほどのドラッグストアよりも開店時間が1時間遅い。 中には複数の店舗をハシゴして、買い求める人もいるようだ。 ここに、1枚の写真がある。 これは2月2日、東京・新宿区で、国際宅配便を手配する業者の受付に並ぶ人たちをとらえた写真だ。 段ボールを地面に置き、歩道の半分を占拠するように列が続いている。 撮影者によると、並んでいる人々が地面に置いていた段ボールの中にはマスクがきっしりと詰められていて、その送り先は中国だったという。 マスク500箱が定価の4倍以上の24万円で売買… 「グッディ!」は別の国際宅配便を手配する業者を訪れ、利用者に話を聞いた。 どこに送るんですか? 中国人女性: 中国の四川省です。 たくさんの店を回りました。 全部で1万円分くらい買いました。 日本の方もマスクが必要ですし、花粉症の人も多いですから、そんなにたくさん買いませんでした。 故郷である中国・四川省に残した家族と友人のため、およそ100枚のマスクを送るという。 この女性は毎日仕事終わりにドラッグストアを回りマスクを買い集めたというが、別の方法でマスクを入手したという人も…。 それが、インターネットだ。 これはフリマアプリ「メルカリ」に出品されていたマスク500箱の画像。 売り上げは100万円くらい。 当初は中国人が買っていて、いまは日本人が買っている印象がある。 買えない人は、店にあるときに買えば良かった。 情報をキャッチできないのも悪い。 これから本格的に花粉症のシーズンが到来し、マスクの需要はさらに高まることが予想される。 マスク不足を解消する術はあるのだろうか? 安藤優子: 薬局だけでなく、コンビニエンスストアにもマスクないですよね。 生稲晃子: うちの近所のコンビニもないですし、きのう薬局も行ってみたんですけど、消毒剤やマスク類はまったくなくて。 「マスクはないですか?」って聞いてみたら、ちょっとずつは入ってきているそうなんですけど、入ったらすぐに皆さん買っていっちゃうって。 タイミングが合わないとマスクにはたどり着けないなと思いました。 木下康太郎フィールドキャスター: 取材をすると、中国人の方が中国に送るためにマスクを購入しているケースが多いことが分かりました。 そして、ネットで転売する人も非常に多くなってきています。 今は5~6倍の値段で日本人が買っているという印象。 申し訳ないという思いはない。 値段が下がれば損失を出すリスクを負っている」 安藤優子: この機に乗じて金儲けしようというのは、私は好きじゃないんですが…。 そもそも、生産が追い付いていないんですよね。 カンニング竹山: 中国の工場は24時間動いているって聞きました。 高橋克実: 日本で売られているマスクって、意外に見てみると中国製なんだよね。 マスクが不足しているときにできる対策はあるのだろうか? グローバルヘルスケアクリニックの水野泰孝院長に聞いた。

次の

中国製マスク、品質が劣悪で世界中で回収相次ぐ…1日1億枚生産、供給量重視のツケ

中国 マスク 不足

マスクを求めて複数店舗をめぐる人の姿も 新型コロナウイルスの影響で、日本国内でもマスク不足が起こっている。 ドラッグストアをハシゴしても、どの店でもマスクが品切れ…という声も。 取材のため、「直撃LIVEグッディ!」は東京・歌舞伎町に向かった。 すると開店30分前には、ドラッグストアの前に長蛇の列ができていた。 店舗によると、マスクが入荷されるかどうかは、当日にならないと分からないというが…。 この日は、待望のマスクが入荷。 店員は中国語で「1人1箱まで」と説明しており、並んでいる人の大半が中国人のようだ。 入荷された約20箱のマスクは、わずか3分で品切れとなってしまった。 この日は近くにある別のドラッグストアでも、同じようにマスクを求める人の行列があったのだが…。 行列の中には、マスクの箱が入った袋を持っている人の姿も! 実はこの店舗は、先ほどのドラッグストアよりも開店時間が1時間遅い。 中には複数の店舗をハシゴして、買い求める人もいるようだ。 ここに、1枚の写真がある。 これは2月2日、東京・新宿区で、国際宅配便を手配する業者の受付に並ぶ人たちをとらえた写真だ。 段ボールを地面に置き、歩道の半分を占拠するように列が続いている。 撮影者によると、並んでいる人々が地面に置いていた段ボールの中にはマスクがきっしりと詰められていて、その送り先は中国だったという。 マスク500箱が定価の4倍以上の24万円で売買… 「グッディ!」は別の国際宅配便を手配する業者を訪れ、利用者に話を聞いた。 どこに送るんですか? 中国人女性: 中国の四川省です。 たくさんの店を回りました。 全部で1万円分くらい買いました。 日本の方もマスクが必要ですし、花粉症の人も多いですから、そんなにたくさん買いませんでした。 故郷である中国・四川省に残した家族と友人のため、およそ100枚のマスクを送るという。 この女性は毎日仕事終わりにドラッグストアを回りマスクを買い集めたというが、別の方法でマスクを入手したという人も…。 それが、インターネットだ。 これはフリマアプリ「メルカリ」に出品されていたマスク500箱の画像。 売り上げは100万円くらい。 当初は中国人が買っていて、いまは日本人が買っている印象がある。 買えない人は、店にあるときに買えば良かった。 情報をキャッチできないのも悪い。 これから本格的に花粉症のシーズンが到来し、マスクの需要はさらに高まることが予想される。 マスク不足を解消する術はあるのだろうか? 安藤優子: 薬局だけでなく、コンビニエンスストアにもマスクないですよね。 生稲晃子: うちの近所のコンビニもないですし、きのう薬局も行ってみたんですけど、消毒剤やマスク類はまったくなくて。 「マスクはないですか?」って聞いてみたら、ちょっとずつは入ってきているそうなんですけど、入ったらすぐに皆さん買っていっちゃうって。 タイミングが合わないとマスクにはたどり着けないなと思いました。 木下康太郎フィールドキャスター: 取材をすると、中国人の方が中国に送るためにマスクを購入しているケースが多いことが分かりました。 そして、ネットで転売する人も非常に多くなってきています。 今は5~6倍の値段で日本人が買っているという印象。 申し訳ないという思いはない。 値段が下がれば損失を出すリスクを負っている」 安藤優子: この機に乗じて金儲けしようというのは、私は好きじゃないんですが…。 そもそも、生産が追い付いていないんですよね。 カンニング竹山: 中国の工場は24時間動いているって聞きました。 高橋克実: 日本で売られているマスクって、意外に見てみると中国製なんだよね。 マスクが不足しているときにできる対策はあるのだろうか? グローバルヘルスケアクリニックの水野泰孝院長に聞いた。

次の

ブラック出品者公表と罰金4600万円。中国はマスク不足どう克服した?【新型コロナウイルス】

中国 マスク 不足

布マスク2枚。 2020年4月1日の新型コロナウイルス感染症対策本部において、全国の世帯ごとにその配布を行うことが安倍総理から発表され世間の耳目を集めました。 巷では、マスクよりも現金を給付すべきではないのか、そもそも布マスクに予防効果はあるのかなど、さまざまな声が上がっています。 本記事は、そんな状況で 参考にしたいマスクのデータをご紹介します。 マスクの生産量、布マスクと不織布マスクの違い、各国のマスク不足/生産状況などまずはファクトを押さえ、コロナ禍におけるマスク不足問題について考えましょう。 マスクはなぜ足りなくなった? マスク生産量から考える まずはマスクの生産量の推移を見てみましょう。 しかし、花粉の大量発生やPM2. 5への危機意識の高まり、16年から続いたインフルエンザの流行などにより年々供給は増し、2018年度(2018年4月~2019年3月)には 55億3,800万枚が生産されました。 2019年度のデータはまだ出ていませんが、月間4. 5億枚の通常需要に対し、平均6億枚の供給と 例年の1. 3倍以上の供給を行っているようです。 政府より 4月には7億枚に増産するとの発表もなされました。 なお、国内生産と輸入の割合は2012年以降おおむね「8:2」であり、平時は生産の多くを輸入に頼っています。 つまり、例年の1. 3倍を超える 生産量を支えているのは国内メーカーということですね。 日本政府が設けた「マスク生産設備導入支援事業費補助金」を受けてマスクの生産・増産に乗り出した企業は2020年4月3日時点で以下の10社。 これらだけで導入後1カ月で4,561万7,500枚以上の増産に取り組んでいます。 しかし、依然として小売店はマスク不足のまま。 (東京)によると、ドラッグストアにおける来店客100万人当たりのマスクの売上高は、1月下旬の約1億9,000万円から3月上旬には約1,600万円と10分の1以下に縮小しました。 止まらない需要に供給が追いつかないのです。 優先度の高い医療機関へのマスクの供給がまず急務であり、4月1日の発表でも3月中に配布した1,500万枚と同数を新たに4月6日以降配布する予定が発表されました。 それでも多くの医療機関がマスク不足にあえいでおり、1日1枚、1週間に1枚など使用制限が設けられた病院も多く存在します。 布マスクと不織布マスクはどう違う? どう使うのが正解? 今回配布されるのは 「布」マスクだということも物議を醸しました。 今回配布される布マスクはガーゼなどを重ねて作られており、洗って再利用したりはぎれや手ぬぐいを用いて自作したりすることが可能です。 しかし、多くの指摘があるように縫い目をすり抜けるウイルスを防ぐ効果は期待できません。 一方、一回使い切りの不織布マスクはというと、こちらも繊維の隙間が布マスクよりは密になっているもののウイルスよりは大きいため、十分な予防効果は期待できないという説もあるそうです。 しかし、不織布マスクとほぼ同じ効果を持つと言われる医療用のサージカルマスクと布マスクの感染予防効果を比較したところ、常にサージカルマスクが優位だったというもあり、比較すれば不織布マスクのほうがウイルス予防効果は高いといえるでしょう。 とはいえ重要なのは、 いずれのマスクも予防効果は絶対ではないということです。 すなわち「予防」ではなく、せきやくしゃみによりまき散らしてしまう飛沫を少しでも減らし 「感染拡大を自ら防ぐ」という意図でマスクを使うのが基本的には正解です。 台湾、韓国、アメリカ、EU、中国……各国のマスク生産/不足状況 最後に海外の国々のマスク生産や不足事情についてみてみましょう。 台湾 現在のところ、新型コロナウイルス対策で最も成功している国といわれる台湾。 4月3日の報道によるとマスクの製造量は1月の約7倍に当たる 1日1,300万枚となっており、友好国に1,000万枚の無償提供を行うと蔡英文首相により発表されています。 また4月2日、やにおける神対応で知られるデジタル担当大臣氏により、医療用マスクの消毒法の解説動画が日本語吹き替えおよびテロップ付きで公開され話題になりました。 💁 同僚の が翻訳と吹き替えを担当してくれました。 日本の皆さんのお役に立てれば幸いです。 また、本消毒法は 3~5 回が限界です。 — Audrey Tang 唐鳳 audreyt 韓国 3月頭まで感染者数が大幅に増加したものの、現在はピークアウトを向かえたといわれている韓国。 3月30日の韓国・ニュース1の発表によれば 3月第4週(23~9日)の生産・輸入量は1億1060万枚で、感染者数の増加がピークを迎えた直後の第1週(2~8日)より3,751枚増加したといいます。 政府・業界関係者は出生年によってマスクを買える日を指定した 「マスク5部制」が品薄解消に大きく寄与したと分析しています。 アメリカ 2020年4月5日現在感染者数が31万人を突破し(全世界1位)、増加を続けているアメリカ合衆国。 2月時点で保険福祉省のアレックス・アザー長官により、 医療用マスク3,000万枚、N95マスクなどのレスピレーターが1,200万枚しか備蓄されていないという発表がなされていました。 3億2,000万人を超えるアメリカの人口には到底満たず、4月3日にはトランプ大統領により N95マスクの輸出禁止が発表されました。 EU 4月5日現在感染者数世界2位のスペイン、3位のイタリア、4位のドイツ、5位のフランスを抱えるEU。 各国とも深刻なマスク不足の状況にあります。 不織布マスク等繊維製品の輸出量において2位に位置するドイツやフランスが 一時マスクの輸出制限を表明し、他国から批判を浴びるなどコロナ禍を引き金としてEUの連帯に亀裂が生じる危険性も示唆されています。 中国 世界一のマスク輸出大国中国。 2月29日時点でマスクの総生産量は 1日あたり1億1,600万枚に達したと報道されています。 日本にも大連市から北九州市へ20万枚、ネット通販最大手アリババから100万枚、通信機器大手ファーウェイから50万枚など大量のマスクが提供されています。 ただし、その品質は すべてが完璧というわけではなく、オランダが中国から輸入したN95マスク130万枚のうち46%が不合格として処分された事実もあります。 終わりに マスクにまつわるさまざまなデータ・ファクトをみてきました。 誰しもがここまでの拡大は予想しえなかった。 徐々にピークアウトした国もみられだしてはいるものの、日本も含め収束の目途が立たない国も数多く、マスク不足という眼前の霧も晴れる予測は立ちません。 そして、マスクがあれば「感染しない」というわけではないのもまた事実。 当たり前の結論ではありますが、マスク以上に効果の高いとされる 手洗いや不要不急の外出自粛の徹底に力を入れるのが個人にできるベストな選択といえるでしょう。 データを活用することやデータに基づいた迅速な意思決定・アクションが、 時間を節約し効率化する、クリエイティビティの求められる業務にフォーカスするための力になるからです。 あなたも「Data Empowerment」を実現してみませんか? Data Empowermentは、働くひとのパフォーマンスを最大化するもの」とわれわれは考えています。 データを活用することやデータに基づいた迅速な意思決定・アクションが、 時間を節約し効率化する、クリエイティビティの求められる業務にフォーカスするための力になるからです。 あなたも「Data Empowerment」を実現してみませんか?.

次の