ミニオン ルービック キューブ 揃え 方。 マクドナルドの2×2の作り方を詳しく解説してみたよ♪(アーチ型じゃない方)

ルービックキューブを速く揃えられるようになるには

ミニオン ルービック キューブ 揃え 方

名前:Feliks Zemdegs フェリックス ゼムデグス• 国籍:オーストラリア• 年齢:1995年12月20日生まれの25歳 YouTubeに自ら動画をアップしており、映像からは好青年な印象を受けます。 初めてルービックキューブを買ったのが2008年で、その2カ月後には平均タイム19. 73秒を出していたそうです。 恐ろしや。 世界記録時の使用ルービックキューブ フェリックス氏が「4. 22秒」を出した時に使用していたキューブがこちらの「 GAN356 Air SM ガンサンゴーロクエアーエスエム」です。 当時はAmazonで売ってましたが今さっき確認したら無くなっていました。 今となっては少し旧型となりますね。 回転が軽いので指一本で回せる。 コーナーカット処理があり、多少強引に回せる。 磁石によるアシストがり、綺麗に回せる。 高額なだけあって性能も優れています。 最速の解き方は「CFOP法」 ルービックキューブは毎回やみくもに揃えているわけではありません。 効率よく揃えるための「 解法」がいくつか存在していてその解き方に則って揃えています。 その中で最もスタンダードとされている解法が「 CFOP法」という解法です。 実際に世界記録を出した時、フェリックスも使用していました。 22秒の秘密を知るためには「 CFOP法」を簡単に理解する必要があります。 れぞれの工程の頭文字をとって「 CFOP法」と呼ばれています。 揃えていく際は、手元のルービックキューブの形を把握して、CFOP法で定められている回転パターンを回す事でキューブが揃っていきます。 CFOP法でキューブを揃えるためには、 全119パターンの暗記が必要になります。 しかも、ただ暗記すれば良いわけではありません。 パターンを暗記する時は、揃えたい場所を自分の正面に持ってきて回し方を暗記しますが、実際に揃える時に何度もキューブを持ち替えていてはタイムロスになります。 なので、キューブの向きがどっちを向いていても揃えたい所を揃えられるように 「裏F2L」といったテクニックも必要になり、実際に使用されるパターン数はもっと多くなります。 世界記録時の実際の解き順 まず、ルービックキューブの記録会の流れはこんな感じです。 運営側がスクランブル ルービックキューブを崩すこと をする。 競技者は15秒間のインスペクションタイムにキューブの位置を確認する。 両手をタイマーに置く。 ルービックキューブを揃える。 両手をタイマーに置く。 回転記号だと分かりづらいので画像だとこんな感じです。 フェリックスはこの状態からキューブを揃えていきます。 インスペクションタイム キューブを揃え始める前にスクランブルされたキューブを最大15秒間確認する事ができます。 冒頭の動画ではインスペクションタイムから始まっています。 この時点でフェリックスは頭の中で「 先読み」をしています。 ここでちょっとした技が使われています。 ここでは特に変わったポイントはありません。 例えば今回のようなOLLを回し終えた時点で6面全てが完成しているパターンです。 単純にPLLがスキップされる確率はこんな感じです。 揃える工程が1つ無くなるのでそれは好タイムが出ます。 ですが フェリックス氏の動画を見て納得いかない点があります。 それは 「OLL完了からタイマーを止めるまでが早すぎる事」 ・・・おらく世界記録を持つような本当のトップレベルの人たちは、OLLを回し始めると同時にPLLがスキップされるという所まで先読みができていると考えられます。 だからOLLを回し終えると同時にタイマーを止めにいけていると予測できます。 しかし! OLLの時点でPLLスキップの判断をするためには、ルービックキューブの上段全てのキューブの位置と向きを把握しないといけません。 何より、どのパターンでPLLスキップが発生するか事前に暗記しておく必要があるはずです・・・。 22秒」について解説しました。 記録保持者フェリックス氏が最速でルービックキューブを揃えるために持っている秘密の能力がこちら。

次の

ミニオン&ペット(ハッピーセット)ルービックキューブの揃え方!

ミニオン ルービック キューブ 揃え 方

今回ご紹介する中では最もおすすめのサイト。 パズルネット智慧(ソフィア)の「ルービックキューブ攻略法」です。 最も基本に忠実な• 1面を揃える• 側面2列目を揃える• 背面十字を揃える• 背面四隅を揃える という、オーソドックスな順番。 最もおすすめな理由は、以下画像のように、 常に同じ角度から見た状態で回転方向をレクチャーしてくれている点です。 出典:パズルネット智慧 常に同じ角度なら、手元のルービックキューブに目を落とさなくても、画面を見ながらできるのでラクなのです。 更には 回し方が一画面に収まっているので、画面をスクロールする必要が無く、キューブに集中できます。 冒頭ご説明したように、今回ご紹介する中では最もおすすめできるサイトです。 その2:メガハウス「STRATEGY」 暮らしの情報サイト「nanapi」のコンテンツ「たった3パターン覚えるだけ!ルービックキューブ六面解法のコツ」。 このサイトの凄い所は、タイトル通り たった3パターンのみで6面を揃える挑戦をしていること。 途中、逆回しにするために 鏡を使用したりなど、その解法はかなりユニーク。 出典:nanapi 少し残念なのは、キューブの回転方法の絵(デザイン)が凝っておりかえって見にくい点と、nanapi自体が2019年6月に更新停止となってしまっている点。 ですが、このユニークな解法は是非一度味わっていただきたいです。 【上達のコツ】回転がスムーズなものを選ぶ 上達のコツは、 とにかく回転がスムーズなものを選ぶこと。 100均や、何かのオマケでもらったものは回転が悪いため、使っているとイライラ。 本来の楽しさを味わうことができません。 そこで少しだけ (約千円~2千円)投資をすれば、高品質なものを手に入れることができるので、おすすめです。 私が愛用しているものの一つはこちら。

次の

マクドナルドの2×2の作り方を詳しく解説してみたよ♪(アーチ型じゃない方)

ミニオン ルービック キューブ 揃え 方

名前:Feliks Zemdegs フェリックス ゼムデグス• 国籍:オーストラリア• 年齢:1995年12月20日生まれの25歳 YouTubeに自ら動画をアップしており、映像からは好青年な印象を受けます。 初めてルービックキューブを買ったのが2008年で、その2カ月後には平均タイム19. 73秒を出していたそうです。 恐ろしや。 世界記録時の使用ルービックキューブ フェリックス氏が「4. 22秒」を出した時に使用していたキューブがこちらの「 GAN356 Air SM ガンサンゴーロクエアーエスエム」です。 当時はAmazonで売ってましたが今さっき確認したら無くなっていました。 今となっては少し旧型となりますね。 回転が軽いので指一本で回せる。 コーナーカット処理があり、多少強引に回せる。 磁石によるアシストがり、綺麗に回せる。 高額なだけあって性能も優れています。 最速の解き方は「CFOP法」 ルービックキューブは毎回やみくもに揃えているわけではありません。 効率よく揃えるための「 解法」がいくつか存在していてその解き方に則って揃えています。 その中で最もスタンダードとされている解法が「 CFOP法」という解法です。 実際に世界記録を出した時、フェリックスも使用していました。 22秒の秘密を知るためには「 CFOP法」を簡単に理解する必要があります。 れぞれの工程の頭文字をとって「 CFOP法」と呼ばれています。 揃えていく際は、手元のルービックキューブの形を把握して、CFOP法で定められている回転パターンを回す事でキューブが揃っていきます。 CFOP法でキューブを揃えるためには、 全119パターンの暗記が必要になります。 しかも、ただ暗記すれば良いわけではありません。 パターンを暗記する時は、揃えたい場所を自分の正面に持ってきて回し方を暗記しますが、実際に揃える時に何度もキューブを持ち替えていてはタイムロスになります。 なので、キューブの向きがどっちを向いていても揃えたい所を揃えられるように 「裏F2L」といったテクニックも必要になり、実際に使用されるパターン数はもっと多くなります。 世界記録時の実際の解き順 まず、ルービックキューブの記録会の流れはこんな感じです。 運営側がスクランブル ルービックキューブを崩すこと をする。 競技者は15秒間のインスペクションタイムにキューブの位置を確認する。 両手をタイマーに置く。 ルービックキューブを揃える。 両手をタイマーに置く。 回転記号だと分かりづらいので画像だとこんな感じです。 フェリックスはこの状態からキューブを揃えていきます。 インスペクションタイム キューブを揃え始める前にスクランブルされたキューブを最大15秒間確認する事ができます。 冒頭の動画ではインスペクションタイムから始まっています。 この時点でフェリックスは頭の中で「 先読み」をしています。 ここでちょっとした技が使われています。 ここでは特に変わったポイントはありません。 例えば今回のようなOLLを回し終えた時点で6面全てが完成しているパターンです。 単純にPLLがスキップされる確率はこんな感じです。 揃える工程が1つ無くなるのでそれは好タイムが出ます。 ですが フェリックス氏の動画を見て納得いかない点があります。 それは 「OLL完了からタイマーを止めるまでが早すぎる事」 ・・・おらく世界記録を持つような本当のトップレベルの人たちは、OLLを回し始めると同時にPLLがスキップされるという所まで先読みができていると考えられます。 だからOLLを回し終えると同時にタイマーを止めにいけていると予測できます。 しかし! OLLの時点でPLLスキップの判断をするためには、ルービックキューブの上段全てのキューブの位置と向きを把握しないといけません。 何より、どのパターンでPLLスキップが発生するか事前に暗記しておく必要があるはずです・・・。 22秒」について解説しました。 記録保持者フェリックス氏が最速でルービックキューブを揃えるために持っている秘密の能力がこちら。

次の