神奈川 県立 こども 医療 センター。 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立こども医療センター(神奈川県神奈川県横浜市南区六ツ川2丁目138

地方独立行政法人 神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター 遺伝科

神奈川 県立 こども 医療 センター

神奈川県立こども医療センターの心疾患治療チームは当センターが設立された1970年より診療を開始し40数年の歴史をもつ我が国では最も歴史のあるチームのひとつで、現在まで計9000例の心臓手術を行ってきました。 特に、ここ10年の症例数の伸びは顕著で、カテーテル件数で1. 5倍の年間400例、手術件数では2倍強に達しました。 心房中隔欠損症に対するカテーテルによる閉鎖術例数の多さや、世界的に認められたいくつかの斬新な外科治療法の開発など、我々循環器チームは我が国の小児循環器治療を牽引する存在です。 また、治療成績においても秀逸な成績を挙げ、全国的にも、世界的にも認められています。 当センターの特筆すべきもうひとつの特徴は先天性心疾患の胎児診断例数の多さです。 胎児診断された心疾患の新生児手術症例がもっとも多い施設で、今までは治療できなかった出生直後に死亡する最重症例を、正確な胎児診断をもとに計画的に治療にあたっています。 平成15年から赴任され、無類の業績を残された心臓血管外科の麻生俊英先生が勇退され、平成30年9月から橘 剛が心臓血管外科部長に就任し新体制を発足致しました。 今までの先人たちの精神を大事にし、こどもたち一人一人に寄り添う診療を心掛けたいと思います。 同じ心臓病と言っても、それぞれ違います。 最適な内科治療、外科治療などより良い医療を求めてゆきたいと考えています。

次の

神奈川県立精神医療センター | トップページ

神奈川 県立 こども 医療 センター

部署別業務内容と連絡先 管理課 業務内容• 職員人事、予算・決算、財産管理、一般庶務 電話 ファクシミリ 地域企画課 業務内容• 子ども人権相談室事業の実施• 身体障害者手帳・療育手帳の発行• 子ども及び障害者に関わる福祉関係者への研修の実施 電話 ファクシミリ 障害支援部福祉課 業務内容• 身体・知的障害者の更生相談・支援に関すること• 身体・知的障害者に関する医学的・心理学的判定及び職能判定• 市町村への専門的支援 電話 ファクシミリ 障害支援部療育課 業務内容• 障害児等療育支援事業の実施• 早期療育事業の実施・運営• 巡回リハビリテーション事業の実施• 短期入所サービス事業の実施 電話 ファクシミリ 福祉医療部医務課 業務内容• 診療:リハビリテーション科、整形外科、小児科(小児神経)、精神科(児童精神)• 入院・外来・早期療育外来に関すること・早期療育事業・巡回リハビリテーション事業・身体(知的)障害者の医学的判定業務等 電話 ファクシミリ 福祉医療部看護科 業務内容• 次の事業における看護業務の実施• 入院・外来・早期療育外来・早期療育事業・巡回リハビリテーション事業・身体 知的 障害者の医学的判定等 電話 ファクシミリ 福祉医療部機能訓練科 業務内容• 次の事業における理学療法、作業療法、言語聴覚療法の実施• 地図 代表電話 0466-84-5700 (総合療育相談センター)0466-84-1600(中央児童相談所)0466-84-7000(子ども家 ファクシミリ 0466-84-2970.

次の

交通案内 | 神奈川県立こども医療センター

神奈川 県立 こども 医療 センター

来歴等 略歴 1982年 横浜市立大学 卒業 1990年 横浜市立大学大学院 修了 1992年 横浜市立大学整形外科 助手 1999年 横浜市立大学整形外科 講師 2001年 地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター 整形外科部長 2014年 地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター 副院長兼肢体不自由児施設長 2014年 横浜市立大学整形外科 臨床教授 2016年 地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター 病院長 2019年 地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター 総長 論文 Koshino T, Machida J : Grading system of articular cartilage degeneration in osteo-arthritis of the knee. Hospital for Joint Disease, 53 3 : 41-46, 1993. Machida J, Koshino T, Hiruma T, Yoshida N, Miyagi Y, Aoki I, Misugi K, Nagashima Y: Establishment of two rat osteosarcoma cell lines YROS-1 and YROS-2 induced by radioactive phosphorus. Pathol Res Pract, 191 : 478-485, 1995. Watanabe H, Machida J : Surgery for foot deformity in patients with congenital myopathy multicore disease, congenital fiber-type disproportion, and centronuclear myopathy. J Pediatric Orthop B 18: 179-184, 2009. Machida J, Kameshita K, Okuzumi S, Nakamura N: Flexibility of idiopathic congenital clubfeet treated by posteromedial release without talocalcaneal joint release. J Pediatric Orthop B 23: 254-259, 2014. Int Orthop 39:1359-1364, 2015 Machida J, Inaba Y, Nakamura N: Management of foot deformity in children. J Orthop Science 22: 175-183, 2017. 著書 「最新整形外科学体系第18巻 下腿・足関節・足部」、先天性内反足の手術的治療.先天性内転足.先天性切断・先天性下腿偽関節症・先天性脛骨欠損・先天性腓骨欠損(分担執筆)、中山書店、2007年 (分担執筆) 「今日の整形外科治療指針 第7版」、麻痺足(弛緩性麻痺)(分担執筆)、医学書院, 2016年 「小児整形外科テキスト」、先天性多発性関節拘縮症(分担執筆)、メジカルビュー社、2016年.

次の