エクセル エラーなら空白。 エラーを見えなくするISERRORとIFERROR:エクセル(EXCEL)関数

エクセルで計算結果にエラー(#VALUE!)!足し算ができない場合の対処法

エクセル エラーなら空白

その際にはIF関数やIFERROR関数を組み合わせることで柔軟に対応できますのでその方法を紹介していきたいと思います。 VLOOKUPがエラーであればISEERORの結果はTRUEになるので空白""を表示し、VLOOKUPがエラーではない場合は VLOOKUPの結果を表示します。 それにしても、数式内に同じVLOOKUPが2つ入力されていてなんだか見づらいです。 このような場合にはIFERROR関数がとても便利なのでご紹介します。 今回の場合では、VLOOKUP E2,A:C,3,0 がエラーでなければVLOOKUPの結果を表示し、エラーの場合は空白""を表示させています。 IF関数の場合と比べると、凄くシンプルになりましたね。 VLOOKUPでエラーの対処を行いたい場合はIFERROR関数が便利ですので使ってみてください。 VLOOKUPで条件に一致しない時に別の検索値で再度VLOOKUPを行う場合 一つ目の検索値で結果が取得できなかった場合に、二つ目の検索値で探すといったときにもIFERROR関数で解決できます。 これでVLOOKUPのエラー対応ばっちりですね。 関連コンテンツ 文字列抽出・変更・置換系トピック 検索系トピック 集計・ピボット系トピック マクロで自動化!簡易ツールの作成やVBAの活用例を紹介 その他EXCELテクニック コラム 当サイトでは皆さまがEXCEL作業で行き詰った問題を解決するべく王道のテクニックからちょっと特殊なテクニックまで 様々な中〜上級技・プチテクニックを公開し、少しでも皆様の業務効率改善に役立てていただければと思い、ネタをまとめています。 EXCELの作業で悩み・お困りごとはありませんか? 集計に時間がかかり過ぎ。 効率化をしたい。 などなど日頃から奮闘しているあなたに少しでも参考になる情報を与えることが出来れば幸いです。 質問・相談なども受け付けておりますが、最近忙しくて返事が遅れてしまいます。。。 サイト内の内容についてのご質問は優先的に受け付けておりますが、それ以外のご相談などはお断りすることもありますのでご了承ください。

次の

Excel:エラーの場合は非表示にする(ISERROR関数)

エクセル エラーなら空白

その際にはIF関数やIFERROR関数を組み合わせることで柔軟に対応できますのでその方法を紹介していきたいと思います。 VLOOKUPがエラーであればISEERORの結果はTRUEになるので空白""を表示し、VLOOKUPがエラーではない場合は VLOOKUPの結果を表示します。 それにしても、数式内に同じVLOOKUPが2つ入力されていてなんだか見づらいです。 このような場合にはIFERROR関数がとても便利なのでご紹介します。 今回の場合では、VLOOKUP E2,A:C,3,0 がエラーでなければVLOOKUPの結果を表示し、エラーの場合は空白""を表示させています。 IF関数の場合と比べると、凄くシンプルになりましたね。 VLOOKUPでエラーの対処を行いたい場合はIFERROR関数が便利ですので使ってみてください。 VLOOKUPで条件に一致しない時に別の検索値で再度VLOOKUPを行う場合 一つ目の検索値で結果が取得できなかった場合に、二つ目の検索値で探すといったときにもIFERROR関数で解決できます。 これでVLOOKUPのエラー対応ばっちりですね。 関連コンテンツ 文字列抽出・変更・置換系トピック 検索系トピック 集計・ピボット系トピック マクロで自動化!簡易ツールの作成やVBAの活用例を紹介 その他EXCELテクニック コラム 当サイトでは皆さまがEXCEL作業で行き詰った問題を解決するべく王道のテクニックからちょっと特殊なテクニックまで 様々な中〜上級技・プチテクニックを公開し、少しでも皆様の業務効率改善に役立てていただければと思い、ネタをまとめています。 EXCELの作業で悩み・お困りごとはありませんか? 集計に時間がかかり過ぎ。 効率化をしたい。 などなど日頃から奮闘しているあなたに少しでも参考になる情報を与えることが出来れば幸いです。 質問・相談なども受け付けておりますが、最近忙しくて返事が遅れてしまいます。。。 サイト内の内容についてのご質問は優先的に受け付けておりますが、それ以外のご相談などはお断りすることもありますのでご了承ください。

次の

エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!|エクセルドクター

エクセル エラーなら空白

その際にはIF関数やIFERROR関数を組み合わせることで柔軟に対応できますのでその方法を紹介していきたいと思います。 VLOOKUPがエラーであればISEERORの結果はTRUEになるので空白""を表示し、VLOOKUPがエラーではない場合は VLOOKUPの結果を表示します。 それにしても、数式内に同じVLOOKUPが2つ入力されていてなんだか見づらいです。 このような場合にはIFERROR関数がとても便利なのでご紹介します。 今回の場合では、VLOOKUP E2,A:C,3,0 がエラーでなければVLOOKUPの結果を表示し、エラーの場合は空白""を表示させています。 IF関数の場合と比べると、凄くシンプルになりましたね。 VLOOKUPでエラーの対処を行いたい場合はIFERROR関数が便利ですので使ってみてください。 VLOOKUPで条件に一致しない時に別の検索値で再度VLOOKUPを行う場合 一つ目の検索値で結果が取得できなかった場合に、二つ目の検索値で探すといったときにもIFERROR関数で解決できます。 これでVLOOKUPのエラー対応ばっちりですね。 関連コンテンツ 文字列抽出・変更・置換系トピック 検索系トピック 集計・ピボット系トピック マクロで自動化!簡易ツールの作成やVBAの活用例を紹介 その他EXCELテクニック コラム 当サイトでは皆さまがEXCEL作業で行き詰った問題を解決するべく王道のテクニックからちょっと特殊なテクニックまで 様々な中〜上級技・プチテクニックを公開し、少しでも皆様の業務効率改善に役立てていただければと思い、ネタをまとめています。 EXCELの作業で悩み・お困りごとはありませんか? 集計に時間がかかり過ぎ。 効率化をしたい。 などなど日頃から奮闘しているあなたに少しでも参考になる情報を与えることが出来れば幸いです。 質問・相談なども受け付けておりますが、最近忙しくて返事が遅れてしまいます。。。 サイト内の内容についてのご質問は優先的に受け付けておりますが、それ以外のご相談などはお断りすることもありますのでご了承ください。

次の