レイドバトル サポート 弱すぎ。 2019/11/27 「ポケットモンスター ソード」3日目、「もものかんづめ」|shuke|note

2019/11/27 「ポケットモンスター ソード」3日目、「もものかんづめ」|shuke|note

レイドバトル サポート 弱すぎ

Lv23 バトルリーグ 私が弱すぎると言われればそれまでですが、ふと疑問に思ったことがあります。 1ハイパー突入以降で別ランクの人とマッチングした方いますか? 2スーパー後半以降でレートが、ランク8以上で200以上の増加を達成出来た方いますか 3 3:3を見返した時に種族で有利不利がつかない物が2種以上発生したバトルを経験した方 こちらはランク8 1. 2に関してはランクが下がらない事により自分よりも弱い人に遭遇出来難くなっている疑い。 又じゃんけんの確立上の困難さやレート幅が広すぎて頭打ち発生しやすくなっている疑い、一定レート以上には勝ち難くなる仕様。 3はマッチングに作為性を感じる事があります。 を感じます。 Lv63 ランク9、レート2533です。 レート2400超えてから、ハイパー用ポケモンの強化が追いつかなくなったっぽいレート9の方とよくあたるようになりました。 初期レートから300上げました。 スタート3日程遅れて、現在260戦なのでおっしゃる条件で200以上は上げたと思います。 そういうのはありますが、気になりません。 正直、マッチングはレート近い相手を当ててるだけだと思います。 ポケモンの相性まで考慮して当てるとか誰も得しないし、ナイアンの運営がそんなに繊細とは思えないです。 一応ここの回答者では高めのレートですが、自分のフレンドさんは10到達してる方チラホラいて「向いてねーな」と心が折れそうになる事もあります。 レート戦というものは初体験なのですが、なかなか残酷なシステムでもあると感じます。。。 その中でもバトルやっぱ楽しい!って思える事があるので続けられてますが。

次の

【ポケモン剣盾】マックスレイドのNPCが弱い?ソロバトルのコツとメリットは?

レイドバトル サポート 弱すぎ

図鑑説明 ポケットモンスター赤、緑、ファイアレッド、X ちからも スピードも ほとんどダメ。 せかいで いちばん よわくて なさけないポケモンだ。 ポケットモンスター青、リーフグリーン、Y おおむかしは まだもうすこし つよかったらしい。 しかし いまはかなしいくらいに よわいのだ。 ポケットモンスターピカチュウ たよりない ので ゆうめいなポケモン。 うみ かわ いけ みずたまり いたるところを およいでいる。 概要 初代から登場するの元祖であり、シリーズにおける「弱いポケモン」の代名詞。 かなしいほどに弱く、その弱さに定評のあるポケモン。 ポケモンのことをよく知らなくとも、コイキングが弱いことは知っているという人も居るほどである。 しかし、進化すると一変して凶悪かつ強力なこと になる。 このような「貧弱だが進化すると急に強くなる」ポケモンは後のシリーズでも何種類か登場しており、コイキングはその筆頭とも言えるだろう。 よく突っ込まれるが、顔立ちとヒゲ以外はに近い外見をしている。 どちらかといえば鯉に近いのはの方である。 「キング」という名前どおり、横から見ると背ビレが王冠のような形をしているのも特徴。 ちなみにヒゲが黄色いのがオス、白いのがメスである。 図鑑説明では これでもかと言わんばかりにバカにされまくっており、弱いポケモンであるコイキングがなぜ現在でも生き延びているのか誰にも分からないとされている。 大昔(赤緑の時代より以前)はもうちょっと強かったらしいが、それでも大方現在と変わっていないと思われる。 理由は不明だが、時と共にどんどん弱くなり現在の惨状に至ったとされる。 生態はと言えば、ひたすらに跳ねることしか出来ない。 ちからもスピードもほとんどダメで、少しの川の流れにも流されてしまう。 泳ぐ力は弱いくせに意味も無く跳ねまくり、跳ねまくっているうちにやなどにすぐ捕まってしまう。 長年生きたコイキングは跳ねるだけで山を越えられる。 が、技の威力は変わっていない。 しかし、そんなコイキングにも長所と呼べる点はある。 それは全ポケモンの中でもトップクラスに しぶといということ。 様々なポケモン関連のゲーム作品における図鑑説明からも、コイキングの生命力や繁殖力は異常なまでにしぶとく強い上に、どんなに汚い水でも暮らせるとされている。 海、川、池、果ては 水たまりに至るまで、世界中の水辺で生息しているとも言われている。 極めて貧弱なコイキングが現在まで生き残ってこれたのは、これが理由であろう。 化け物染みた強さを持つギャラドスに進化すれば寿命以外で死ぬ事は殆ど無いようにも思えるが、大量に生息するコイキングが全て自然にギャラドスになると考えると、ポケモン世界の水辺は割とトンデモ無い環境になりそうである。 (ただ、ギャラドスは全長5m以上、体重は200kg以上なので、進化した後も生息できる環境は限られていると思われる。 ) 「 食用としてはまずいので向いていない」という説明があるが、『ポケモンスタジアム』の攻略本では「が焼いたコイキングを食べる」と書かれたり、アニメでも漂流した達がコイキングを食べようとしていた(ただしは「ほとんど骨と皮と鱗だけで食べられない」と否定しており つまり経験あり? 、実際が食べようとして失敗している)ので、真相はいかなるものか…? 図鑑説明においては コイキングが無闇に跳ねてすぐ襲われてくれるために多くのポケモンが生き延びられるという記述もあるあたり、自然界では頻繁に捕食されていると思われる。 なお、当のコイキングが何を食べて生きているのかは未だに言及されたことがない 元ネタの鯉が口に入るものなら何でも食べる雑食性なので、おそらくはコイキングも雑食性という推測はできる。 その徹底した弱さから、往年のアンソロジーを始め様々な方面でネタにされまくっている。 ちなみにの逸話から龍に近い姿のギャラドスとなるが、は覚えない。 進化すれば覚えるのでそこまで気にする事でもないが。 ゲームでの特徴 多くの作品で「つりざお」系のどうぐを使うと、水辺さえあれば何処でも四六時中出会う事が出来る。 作品にもよるが、最下級の「ボロのつりざお」でも釣れるのは基本的にコイキングかくらいである。 初めて手に入れた釣竿を適当な水辺で垂らしたら、まず最初に釣れるのが大抵コイツなので、印象に残っているトレーナーも多いだろう。 元祖「」使いであり、「はねる」と言えばコイキング。 レベルアップすることで「」なども覚えるが、わざマシンでわざをおぼえたり、タマゴわざを覚えることはない。 かつては「」や「」を覚えたコイキングを配布するイベントもあった。 が、ほとんどの場合、低いレベルでは図鑑説明どおり「はねる」ことしか出来ない完全な戦力外である。 しかし、第2世代以降「」が追加され、第4世代では教え技などで「」を使えるようになった。 第8世代ではわざレコードによりハイドロポンプを正式に習得する事も可能となった。 ちなみに「とびはねる」習得でようやく技スペースが4つ埋まるようになった。 「ちからもスピードもほとんどダメ」と、ステータスに関しては図鑑の説明通りのつよさ。 確かにパワー(攻撃面)は皆無に等しいのだが、「すばやさ」は進化前にしてはかなり速い方である。 むしろコイキングなんかよりの方がよっぽどステータスが酷いのだが…。 さらに、とくせい「すいすい」を駆使すればとんでもないスピードになるのだが、なにぶん覚えられるわざが限られているので、コイキングと対の存在で、かつわざマシンを使え、タマゴわざを覚えられるの方が使いやすい(ただし、あくまでコイキングと比べればの話である)。 なお、戦闘でコイキングをたおすと、「すばやさ」のきそポイントを獲得することができる。 レベル15までは攻撃するわざを覚えないため、と同等かそれ以上に、「すばやさ」のきそポイント稼ぎの生贄に狩られまくるポケモンである。 第8世代のでは、味方のサポートポケモンとしてコイキングが登場する場合がある。 当然弱すぎて大ハズレ・・・と思いきや、 ハイドロポンプを覚えている上、技欄は全て攻撃技で埋まっており、さらに きあいのタスキを装備している。 そもそも、レイドバトルのサポートトレーナーのポケモンは貧弱そのものであり、数値的な火力とは期待できないし敵の攻撃で即死ということが普通に起こり得る。 そのような理由からメイン火力を自分一人で確保すると割り切って戦う場合、確実に1回は攻撃を耐えることができ、フルアタ構成故に不思議なバリアを毎ターン確実に削ってくれるという意味で仕事はしてくれるほうだと言える。 『』でのみ他の作品とは違い、 どこの場所でもコイキングが釣れない。 一応、エンディング(1回目)後に500円でコイキングを売るオヤジが登場するが、それ以外でコイキングと出会うには「ポケモンドリームワールド」を利用するか、過去作品から連れてくるのみとなった。 「」では 「」と「」しか覚えず、とてもではないがポケモンバトルではまともに使用できないほどのぶっちぎりの弱さを誇っている。 清々しいまでの原作再現。 一刻も早くギャラドスに進化させたいところだが、進化に必要なアメの数は、なんと 怒涛の400個。 とは言え、捕獲難易度はかなり低く、また当初は水辺で頻繁に出て来た。 この為、水辺さえ近くにあればアメ自体は集まりやすく、捕獲時に取得できるアメの数を2倍に増やせる「パイルのみ」が実装されてしばらくはギャラドスにするのもそこまで難しくはなかった。 第3世代が実装されてからは、一時期 水辺でもあまり出てこなくなった。 しかし、2018年3月末にが実装され、スペシャルリサーチ「をさがせ! 」では、タスクの1つに コイキング1匹をギャラドスに進化させるというものがあった。 開発側も、いくら何でもこのままではクリアは難しすぎるだろうと判断したのか、リサーチの実装直後に行われたイベントを境に出現率に上方補正が掛けられ、以前と比べて遭遇しやすくなった。 それでも最盛期(サービス開始当初)と比べればだいぶ出現率が下がってしまったことは変わりないため、効率的に集めたいのであれば、巣に行くか、後述のレイドで捕まえて相棒にするなどしてアメを集めるといいだろう。 2016年のみずポケモンイベントを契機に、金色の色違いも登場を果たした。 進化形のギャラドス共々。 このゲームで一番最初に実装された色違いとなった。 そして、2017年6月のレイドバトル実装に伴い、何と レイドボスに抜擢されるというとんでもない快挙を成し遂げた。 やなどが中にいるのにコイキングに占拠されるポケモンGOのジムって一体…… ……とは言っても、 ボスとは名ばかりで、別に特別な技を覚えているわけでもなく、扱いとしては完全に 外れ枠である。 もらえる報酬の量や質も最低クラスで、全プレイヤー垂涎の的であるはもちろん、ふしぎなアメやきんのズリのみの入手効率も非常に悪い。 バトルにおいても、当然ゲージ技の「わるあがき」でしか攻撃できず、CP値も強化されているとはいえ高々1100ちょい。 よほど低いCP値の低い個体ででも勝負を挑まない限り完勝できてしまう。 ボスとしての実力は ぶっちぎりの最下位である。 せめてギャラドスだったら…… だが、実は倒した後に捕まえられるコイキングは が高い(別段コイキングに限った話ではなくすべてのレイドボスに言えることであるが)。 高い能力のギャラドスの元を手に入れるようなものだと考えれば、そこまでハズレとも言えない…のかもしれない。 さらに、ごく稀にではあるが色違いも出現することも。 運が良ければ 最高クラスの色違いコイキングを手に入れることも夢ではない。 また、1人でもクリアしやすいため、ジムバッジや勲章メダル「チャンピオン」のグレードアップには結構役に立ったりする。 運よくスポンサージムに陣取っていたら 儲けもんである。 を以て、一旦レイドボスの座をお役御免となったものの、そのおよそ3週間後のから再びレイドボスに抜擢された。 レイドボスは割と入れ替わりが激しいのだが、コイキングは上記の休止期間を除けば ずっとボスの座に居座り続けている。 理由としては、進化に膨大なアメが必要になることや、色違いを手に入れたいプレイヤーに対する配慮なのだと考えられるが、それを差し引いても 妙なところで愛されているポケモンである。 ポケモンクエストでは カクコロウォーターカウダ、カクコロスープ、ブルーカクコロジュースのすごくいい以上で仲間になることがある。 今までと比べ入手しづらくなっている。 ただし弱さはそのままなのでさっさとレベルアップ特訓でギャラドスに進化させてやろう。 味方としては妙にレア度が高い以外に語ることはないが問題は敵としての性能。 なんとメインストーリークリア後のきぐうの島で ボスとして登場することがある。 メインストーリー最後一歩手前のはての海辺でギャラドスがボスとして登場するので何で今さらこいつがと失笑しかけるが油断してはいけない。 なんと 習得可能技を完全無視してはかいこうせんを使うことがある。 威力も半端なくビルドアップによるダメージ減少をつけてもまともに食らうと一発で沈む場合もあるほどである。 同じきぐうの島ボスのやのものよりずっと強いというわけのわからないことになっている。 色違い 立派な 金鯉となる。 まさに。 『金・銀』で登場した「赤いギャラドス」よりもある意味貴重。 進化させるには勿体無い? さらにポケモンセンターナゴヤのリニューアルオープンを記念して、2013年の3月下旬からゴールデンウィークまでの間、ポケモンセンターナゴヤでこの金のコイキングが配信されていた。 レベルは驚きの 99。 しかも教え技の「とびはねる」のほか、通常はコイキングのままでは覚えない 「」を習得していた。 さらに、 原寸大の金のコイキングクッション ¥5800 も全国のポケモンセンターで発売されていた。 なんだこの金のコイキングのプッシュぷりは… では期間限定でのでの出現率が高くなり、勝つとやわざレコードのかわりに・でかいきんのたまが大量に貰えた。 コイキングを主軸に据えたアプリ『』では、錦鯉柄等、様々な柄が登場。 ポケモンGOではこの金のコイキングを進化させると 必ずになる。 ネタ要素として 図鑑の説明通り弱いポケモンだからか、ゲーム内でも最早ネタにしか思えない、以下のようなお遊び要素が色々登場する。 「おつきみやま」で コイキングを500円で売るオヤジ(赤緑青黄)• によって爆破された「リッシこ」で ちからなくはねている()• レベル100のコイキングが釣れる「リゾートエリア」(プラチナ)• 再戦しても 手持ち(レベル18のコイキング)の数しか増えずレベルを全く上げないつりびと(HGSS)• 3Dモデルは他の魚ポケモンが悠々と宙を泳いでいるのに対し、 コイキングだけは陸に打ち上げられた魚そのものなピチピチと跳ね続けるモーション(以降) ちなみに詐欺扱いされやすいおつきみやまのコイキングだが、この時点ではみずタイプポケモンをほとんど入手できないので手間をかけてギャラドスまで育てれば普通に有用。 というか、野生のコイキング入手はもう少し後になるので、多少先行投資して早く手に入ると考えればさほど損はしてないどころか1匹しか買えない。 「スーパーボールでコイキングを捕まえたと思えば腹も立たない」という見方もある。 なお、赤・緑にはみずタイプポケモン必須のバグ技がいくつか存在しており、ゼニガメを生贄にしたくなくかつ早期にバグを使いたいプレイヤーからは度々バグの犠牲に……。 また、「バトルビデオ」で、「はらだいこ」をバトンタッチされ攻撃を受けてHP1になったコイキング(ニックネーム:おさしみ)が わざ「じたばた」一発でを葬り去った動画は有名。 では、マサキの手持ちポケモンとして登場。 得意の「はねる」でスオウ島の底なし沼に落ちかけたマサキを救うという大活躍を見せた。 とうとう歌まで作られる始末、何なんだこのプッシュぶりは 驚いたのも束の間何と コイキングが主人公のゲームアプリが公式で作られてしまった。 その名もずばり 「」。 詳しくはリンク先にて。 関連イラスト pixivision• 2020-07-19 12:00:00• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-19 14:16:08• 2020-07-19 14:15:58• 2020-07-19 14:15:47• 2020-07-19 14:15:05• 2020-07-19 14:14:57 新しく作成された記事• 2020-07-19 14:11:25• 2020-07-19 14:10:10• 2020-07-19 13:50:03• 2020-07-19 14:13:49• 2020-07-19 13:38:31•

次の

【ポケモンGOQ&A】バトルリーグ[No268839]

レイドバトル サポート 弱すぎ

レイドバトル全然勝てないんだけど!ネットは怖いからひとりでやってるけど、コンピューター弱すぎ!何なのあの人たち… マックスレイドバトルは 4人でダイマックスポケモンに挑むシステムですが、確かに残り3人がNPC(サポートトレーナー)だと苦戦を強いられることがかなりありますね…プレイヤーに比べてNPC(コンピューター)トレーナーはどうしても弱いです。 そこで今回は 「マックスレイドバトルをソロで楽しみたい!けどNPCが弱すぎて全然マックスレイドバトルに勝てない!」という方向けに、 「ひとりでもマックスレイドバトルに勝てるようになるコツ」をまとめてみました! マックスレイドバトルは強いポケモンをゲットできたり、レアなアイテムをもらえたり…とメリットが多いので、ぜひ積極的にチャレンジしていきたいです! 改めてマックスレイドバトルについて知りたいです。 ポケモンの巣で「ダイマックス」バトル レイドバトルできる光から2000Wもらって回ってねがいのかたまり買ってレイドして…このループが意外とハマる — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame ワイルドエリアにある 「ポケモンの巣」にはダイマックスポケモンが潜んでいます。 もし、 ポケモンの巣から「空に伸びる赤い光」が出ていれば、そこをAボタンで調べると「マックスレイドバトル」が可能です! ルール:4人1チームでダイマックス可能 「マックスレイドバトル」は「ダイマックス(キョダイマックス)した野生のポケモン」と 4対1でバトルをします。 プレイヤー(自分)を含む 4人のトレーナーがそれぞれ1体だけポケモンを繰り出すことができ、1ターンごとにダイマックスできるトレーナーポケモンが順番に廻っていきます。 逆に言えば「タイプ相性が不利だったから控えのポケモンとチェンジしよう」という、普段の戦い方はできません。 入れ替え不可のため、 「どのポケモンでマックスレイドバトルに挑むのか?」が重要となってきます。 ポケモンの捕獲は倒してから! レイドバトルの捕獲率、個人的にはリピートボールが安定してる気がする。 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame 普通の野生ポケモンを捕まえる時は、倒す前に(HP0になる前)モンスターボールなどを投げて捕まえますね。 しかし、 マックスレイドバトルでは「先にポケモンを倒してから捕獲」という流れになります。 そのため、まずは相手のダイマックス(キョダイマックス)ポケモンを倒す必要があります。 マックスレイドバトルのメリットは? ところで、マックスレイドバトルをしていくメリットは何かありますか? 「マックスレイドバトル」は敵が強いですが、その分メリットがいろいろあります!マックスレイドバトルをこなしていくことで、より強いポケモンと出会えたり、思わぬ貴重なアイテムが入手できたりします! メリット1: 「強い」個体値のポケモンが手に入る いわゆる6Vってまだ見たことないなあ… — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame マックスレイドバトルで捕まえられるポケモンたちは ポテンシャルが高いことが多いです。 ポケモンは「HP」「こうげき」「ぼうきょ」「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」というステータスを皆持っており、それぞれのステータスがどの程度優れているかを示す「個体値」があります。 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame 「マックスレイドバトル」のもう一つの大きなメリットは 「レアアイテム」が手に入ることです。 マックスレイドバトルに勝利すると、「けいけんアメ」や「きのこ」類、さらには「ほしのかけら」などショップで売れるアイテムも含め 「これはありがたい!」というアイテムがよく手に入ります! 他にも「わざマシン」や「わざレコード」も手に入ることが多く、中には貴重なわざが含まれていることもあります! 「けいけんアメ」や「ダイマックスアメ」はほぼマックスレイドバトルでしか入手できませんし、わざマシンやわざレコードも買うと高いものも多いです。 ですので、 積極的にマックスレイドバトルをこなすことで、ポケモンの強化や貴重なお金稼ぎの手段にもなります! 「ひとりで挑戦」と「みんなで挑戦」って具体的に何が違うんですか? ソロ(ひとりで挑戦)は自分+NPC3人 「ひとりで挑戦」は プレイヤー(自分)+3人のNPC(サポートトレーナー)の4人でマックスレイドバトルに挑みます。 この場合、 NPCはデフォルトで用意されているコンピュータートレーナーからランダムで3人選出されます。 ですので、NPCの3人の組み合わせは毎回異なります。 オンライン(みんなで挑戦)はネットで3人を募集 「みんなで挑戦」は プレイヤー(自分)+他のプレイヤーたちでマックスレイドバトルに挑みます。 やり方はインターネットにつないだ状態で「みんなで挑戦」を押すと、残り3人の募集が始まります。 人数が4人集まらなかった場合は、いる人だけ+NPCで挑むことになります。 ソロ(ひとりで挑戦)のメリットは? 「ひとりで挑戦」ってやっぱりメリットあまりないのかな… マックスレイドバトルの「ひとりで挑戦」でもメリットはたくさんあります!また、もらえる報酬とかに差はありません。 インターネット接続が不要 「ひとりで挑戦」ではインターネットを使わないので、 外出先などでWi-Fiがなくてもマックスレイドバトルができます! また、 「みんなで挑戦」の場合はインターネット環境+Nintendo Switchオンラインサービス(定額制)の加入が必要ですが、「ひとりで挑戦」ならその必要もありません。 ポケモン捕獲率が高い マックスレイドバトルは勝利後にボールを投げてポケモンを捕獲しますが、 「ひとりで挑戦」時の方が捕獲成功率が高いです。 特にオンラインで ゲスト側(誰かが「みんなで挑戦」で募集したレイドバトルに参加した場合)に比べると一目瞭然、というレベルで捕獲成功率が違います。 マイペースな 「ながらプレイ」も可能 「みんなで挑戦」の場合、他のプレイヤーと一緒なので「急な宅配や電話が来た!」となったときにとても困りますね。 また、「みんなで挑戦」では毎ターン制限時間がります。 他のことをしながら、とか他のプレイヤーを待たせるのができません。 そういう意味では、「ひとりで挑戦」はパートナーがNPC(コンピューター)なので、時間を気にせずマイペースでプレイが可能です! いよいよマックスレイドバトル!弱すぎるNPCと一緒でも勝てるようになるにはどうしたらいいですか!? ここからは 「マックスレイドバトルをソロでも勝てるコツ」を見ていきましょう!マックスレイドバトルをソロでも勝てるようにするコツは以下の3つです!• ムゲンダイナを育てる!(最優先)• はがねタイプのポケモンを育てる(できれば)• バトルはとにかく「アタッカー」に徹する!(重要) それぞれ詳しく見ていきましょう! NPC(サポートトレーナー)の特徴は? 「ソロ(ひとりで挑戦)」のコツを見る前に、マックスレイドバトルでパートナーとなる 「NPC(サポートトレーナー)とはどんな人たちなのか?」を改めておさらいしておきます! 1:基本的に弱い、ひんしになりやすい マックスレイドバトルの NPCはシンプルに弱いです。 ソロバトル最大の難題として、 NPCが弱いために「4人で4回ひんしになったら終了」というレイドバトルのルールに負けやすいことです。 2:NPCによっては攻撃すらしてくれない マックスレイドバトルのNPCにも様々なトレーナーがおり、ソロバトルでは毎回ランダムで3人が選ばれる仕組みです。 このNPCにも当たりはずれがあり、中でも 「イーブイ」「ピッピ」「ソーナンス」あたりは 「攻撃すらしてくれない」ターンもあるという、味方ながら非常に厄介な存在です(笑)。 また、 NPCはマックスレイドバトル中にダイマックスもしてくれません。 マックスレイドバトルの敵は「不思議なバリア」を張りますが、これを破るために有効なダイマックスをNPCはしてくれないので、より苦戦しやすいとも言えます。 3:プレイヤーポケモンによって能力変化 「レイドバトルのNPC サポートトレーナー はプレイヤーポケモンのレベルに応じて強さが変わる」とは、このことだった… — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame マックスレイドバトルのNPC(サポートトレーナー)のポケモンたちは、 プレイヤー(自分)のポケモンのレベルによって強さが変化します! 例えば、自分のポケモンのレベルが100の時と80の時では、NPCポケモンのレベルも10以上異なります。 プレイヤー(自分)のポケモンレベルが高いほどNPCポケモンのレベルも上がる仕組みです。 ということは、自分のポケモンのレベルを極力上げておいた方がいいってことだね! 「ソロ」のコツ1:ムゲンダイナを強化!(最優先) ムゲンダイナ強化してから一気にワイルドエリアが楽しくなった! — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame ストーリー最終盤で手に入る伝説のポケモン 「ムゲンダイナ」が、マックスレイドバトルのエースとして大活躍してくれます!その理由やコツを紹介します! ダイマックスほうがとにかく強い デフォルトで捕まえたときからムゲンダイナが覚えている 「ダイマックスほう」というわざがとにかく強いです! どう強いかといいますと、「ダイマックスほう」は元の威力も高いわざですが、 「ダイマックスしているポケモンに2倍のダメージが入る」という、まさに「VSダイマックス」のためのわざなんですね! また、「ダイマックス砲」のわざタイプは「ドラゴン」ですので、フェアリー以外にはほぼ相性関係なくぶっ放せます! 育成法:「けいけんアメ」でレベル100にする! 「けいけんアメ」が便利すぎる!昔はレベル上げ本当に大変でした… 笑 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame ただでさえ「ダイマックスほう」が強力なムゲンダイナですが、 レベル上げ=ステータス強化をしていけばさらに「マックスレイドバトル」が楽になります!また、先ほど書いたように 「プレイヤーポケモンのレベルとNPCの強さも比例する」ので、その観点からもレベル上げは必須です! そのため、ムゲンダイナをレベル上げをしていくわけですが、おすすめは 「けいけんアメ」でコツコツレベル100を目指していくことです! もちろん、「チャンピオンになった後のポケモントーナメント」をひたすら周回して経験値を稼ぐ手もありますが、 「けいけんアメ」の方が一気に経験値がもらえてお得です! でも、けいけんアメってマックスレイドバトルで手に入るんですよね?そのレイドバトルにソロじゃきついんですが… マックスレイドバトルを始まる前に見られる シルエットと難易度(星の数で表記されています)を確認してください。 星3つくらいまでなら育成前のムゲンダイナで勝てることが多いです! レイドバトルの対象が弱ければ星4つでも勝てる可能性が大いにあります! キョダイマックスだとシルエット変わるのワクワクするなー。 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame 星5つの難易度のマックスレイドバトルでも、ムゲンダイナのレベルが100まで上がっていれば「ひとりで挑戦」でもなんとか勝てることも多いです! 余裕があれば「とくこう」をさらに強化! ムゲンダイナはレベル100にするだけでも十分強いですが、お金に余裕があれば「栄養ドリンク」でムゲンダイナをさらに強くしましょう! シュートシティのこのポケモンセンター、利益率高そう 笑 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame シュートシティのポケモンセンターで、各ステータスの基礎ポイントを上げてくれる栄養ドリンクが売っています! 1本1万円と高額ですが、確実にステータスアップができるのでおすすめです。 ちなみに「マックスレイドバトル」対策としては 「リゾチウム」という栄養ドリンクを26本、ムゲンダイナに与えると良いです! リゾチウムは「とくこう」のステータスをアップしてくれますが、「ダイマックスほう」は「とくしゅ」(とくこう)わざなので、さらに威力を高められます! これでフェアリータイプ以外はほぼ無双 ここまでやれば「マックスレイドバトルのエース」としてのムゲンダイナは完成です!思う存分マックスレイドバトルを楽しみましょう! ただし!そんな ムゲンダイナでも「フェアリータイプ」が相手のマックスレイドバトルでは大活躍がむずかしいです。 というのも、 「ダイマックスほう」=ドラゴンタイプのわざですが、 ドラゴンタイプのわざは「フェアリータイプ」にはむこう(こうかがない)だからです! ですので、余裕があれば フェアリータイプに有効な「はがね」タイプとかのポケモンを用意しておきたいですね! 「ソロ」のコツ2:「はがね」タイプのポケモンを強化! (優先度高め) というわけで、ムゲンダイナだけでほぼ事足りるマックスレイドバトルですが、万全を期すなら 「対フェアリータイプ」用のポケモンを用意しましょう! フェアリータイプの代表例としては「マホイップ(キョダイマホイップ)」とかですね。 不思議なバリア、仲間が全員NPCだとかなり重く感じる — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame おすすめはザシアンorザマゼンタ レイドの相手がフェアリーとかだとザマゼンタさん大活躍。 — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame マックスレイドバトルの「対フェアリータイプ」で最もオススメなのは 「ザシアン・ザマゼンタ」です! こちらもムゲンダイナ同様伝説のポケモンで すね。 ムゲンダイナ同様 、 ザシアン(ソード)・ザマゼンタ(シールド)も「ダイマックス相手に2倍になるわざ」(きょじゅうざん・きょじゅうだん)を持っていて大変強力です! しかもこの「きょじゅうざん(ザシアン)」「きょじゅうだん(ザマゼンタ)」はタイプが「はがね」タイプなので、フェアリータイプに相性抜群です! これで「キョダイマホイップ」などにも対抗可能 ザシアン・ザマゼンタもコツコツ育成していけば、キョダイマホイップなどのやっかいな フェアリータイプのレイドバトルも安心です。 補足:回復わざや強化わざもいらない レイドバトルは「4人で4回ひんし(HP0)になったら負け」というルールがあります。 プレイヤーが1ターン相手に攻撃せずに消化してしまうと、その分敵の攻撃機会が増えていく=NPCが攻撃される回数も増えるので、プレイヤーはひたすら攻撃がおすすめです! バリアを貼られてもとにかく攻撃 不思議なバリア、仲間が全員NPCだとかなり重く感じる — ぱや 駆け出しゲーマー kakedasigame マックスレイドバトルでは敵が 「不思議なバリア」を張ってきます。 このバリアを破るためには攻撃するしか手段がありません。 さらに、 攻撃力が高ければ、バリアを張られていても少しながらダメージを与えられます!NPCのポケモンは攻撃力が貧弱なので、バリアを張られている間にNPCたちはダメージを与えられないパターンが多いです(バリアはけずってくれますが)。 となると、 やはりプレイヤーがひたすらアタックしていく!これがマックスレイドバトルのソロ(ひとりで挑戦)の最適な行動といえます! だからこそ、ムゲンダイナやザシアン・ザマゼンタをコツコツ育成することが、マックスレイドバトル(ソロ)で勝つために必要になってきます!.

次の