チック タック 考察。 解剖の考察〜ぶたちゃんの手足〜

【Switch/Steam】『チックタック:二人のための物語』を遊んでみた感想。自宅待機同士のお友達といかが?

チック タック 考察

チックタックとは? そもそも、チックタックとはノーズを左右に振って進む技です。 チクタクと呼ばれることもあります。 英語だとTic Tacですね。 たぶん、ノーズを振る動作がメトロノームのようにチクタクしてるので、それがそのまま名前になったのでしょう。 チックタックはトリックというより、初心者の方がバランス力やスケボーに乗る感覚を身につけるために行う訓練のような位置付けだと思います。 特に、チックタックができるようになると、スケボーでバランスを崩したときに板から落ちないで耐える力が身につきます。 動画のように、ノーズを左右に振ることによって前に進むことができます。 止まった状態から前に進むこともできますし、緩い坂なら登れるほどの推進力を出すことができます。 初見の方からしたら、なんでノーズを左右に振るだけで前に進めるのか不思議ですよね。 そこで、まずはチックタックで前に進む原理について説明します。 チックタックの原理 ここではチックタックがなぜ前に進むのかを説明しますが、あくまでも考察なのでその点ご了承ください。 チックタックは左右にノーズを振ってるだけのように見えるかもしれませんが、実はノーズを片方に振る前に 足で板を前にグイッと押しやる動作があります。 この 板を前に押しやる動作こそがチックタックで前に進むための力になります。 そのため、足で板を前に押しやる動作をせずにただノーズを左右に振るだけでは前に進みません。 初心者の方はチックタックを見よう見まねでやっても進まなかったり、なぜか逆に後ろに進んだりする場合がありますが、それは板を前に押しやる動作をできていないからです。 一方、ノーズを左右に振らずに板を前に押しやるだけでも前に進むことはできません。 なぜなら反動で板が元の位置に戻ってきてしまうからです。 これは、板を前に押しやっても身体の重心はほとんど変わらないので、重心の下の位置に板がまた戻ってきてしまうためです。 そこで、反動で板が元の位置に戻ってくる前にノーズを左右どちらかに振ります。 そうすることによって、ウィールの向きが変わり、反動が働く向きに板が進まなくなるため、板が後ろに戻ってくることはありません。 ウィールの向きを変えて反動をロックするイメージです。 するとそのまま身体の重心が板の上へ自然と移動するので、これで前に進めたことになります。 さらに重心が板の上に移動してくると、慣性の法則でそのまま少し板がノーズの向きに進みます。 以上がチックタックで前に進む原理になります。 要するに、• 足で板を前にグイッと押しやる• 押しやった反動が来ないようにノーズの向きを変える• 反動で板が戻ってこないので、体の重心が前に行く• 重心が前に移動した勢いでさらに板が進む ということです。 そのため、チックタックはただ ノーズを左右に振るだけではないことがお分かりいただけると思います。 前に進むためには、 板を前に押しやる動作が不可欠なのです。 チックタックをしても全然前に進まない方や、逆に後ろに進んでしまうという方は、板を前に押しやる動作ができていないと考えられます。 チックタックのハウトゥー それでは、チクタクのやり方を説明したいと思います。 スタンスは、テールを踏みやすく、ノーズを左右に振りやすい位置にします。 重心は後ろ足の方に行きがちですが、どちらかというと前足の方にかけるようにする方が良いです。 では、チックタックのやり方ですが、• まず、ノーズの向きに足で板をグイッと押しやります。 次にノーズの向きを左右のどちらか片方に振ります。 大体最初はお腹側の向きに振ると良いです。 すると板が少し前に進むので、そのままの勢いでもう一度板をグイッと前に押しやり、今度は逆向きにノーズを振ります。 以下3. を繰り返すことで、どんどん前に進みます。 上手くなると結構なスピードを出すことができます。 チックタックの練習方法 それでは、チックタックの具体的な練習手順について説明していきたいと思います。 ここでは前に進むことを考えなくても大丈夫です。 テールを踏んで板の向きを変えることに慣れ、安定して左右に振れるようになることが重要です。 最初は特に背中側にノーズを振ることが難しいかもしれないです。 バランスを崩さずに安定して左右に振れるようになるまでトライしてみましょう。 このとき、腕の動きを先行させるのがコツです。 ノーズを振る方向に先に腕を振っておいてから、グイッと前に板を押しやりノーズを振るイメージです。 そして、ノーズ側のウィールが地面に着地して前に着く頃にはすでに腕を逆向きに先行して動かしているというイメージです。 これができると、肩の向きと板の向きが常に逆方向に動く形になります。 とても重心のバランスがとれた状態になります。 こちらの動画を見ると分かりやすいかもしれません。 あとはリズミカルに継続してチック・タック・チック・タック…と続けることができれば、完成度が高まります。 また、前に押しやる動作をもっと思い切りやることでスピードのあるチックタックをすることができます。 ちなみに、ノーズを横に振る角度を大きくするとスピードが出ると書いてあるサイトがありましたが、原理的に間違っているので要注意です。 ここまでできるようになると、相当板に乗る感覚が身に付いていると思います。 まとめ 【チックタックのやり方】• 足で板をグイッと前に押しやってからノーズを振る• 板を前に押しやる動作をしないとチックタックはできない。 (前に進まない) 【チックタックのコツ】• とにかく板をグイッと前に押しやる• 腕の動きを先行させる 以上、参考にしてみてください!.

次の

川西市満願寺の光る絵本展に行ってきた〜拗らせ視点〜

チック タック 考察

「チックタック:二人のための物語」は、2人で協力して時計じかけの奇妙な世界から脱出するゲームです。 手がかりを集め、会話を通じて画面上の情報を共有し、お互いに協力しながら物語に隠された秘密と脱出の鍵を見つけだす謎解きアドベンチャーゲームです。 物語は、2人のもとに小包が届くところから始まります。 小包を開くとそこには懐中時計と失踪事件について書かれた記事の切れ端。 突如不穏な空気が漂いはじめると、2人は送り主である時計職人アマリー・ラブンが作り出した奇妙な世界に吸い込まれてしまいます。 この協力謎解きアドベンチャーゲームでは、プレイヤー2人がリアルタイムに話し合って連携しながら謎を解き進める斬新なプレイ方法を取り入れています。 操作性はシンプルなので、友人同士はもちろん、カップル、親子、オンラインの友だちなど、誰とでも楽しく遊ぶことができます。 開発者からのコメント 私たちは、ジブリ映画の美しい水彩の背景画からミニマルな美学にいたるまで細部を重んじる日本の文化とアートにいつも魅了されてきました。 日本のプレイヤーのみなさんに「チックタック:二人のための物語」のノスタルジックな雰囲気やふしぎな世界観を楽しんでいただけることを願っています。 ダークな北欧物語の世界でぜひ手がかりを探してみてください。 商品概要• ゲームタイトル:『チックタック:二人のための物語』(Tick Tock: A Tale for Two• 配信開始日:2019年12月5日(木)• 価格: Nintendo Switch:620円(税込) Steam:620円(税込) App Store:370円(税込) Google Play:430円(税込)• ストアURL•

次の

ミステリアスな協力アドベンチャーゲーム『チックタック:二人のための物語』で日本語版が登場

チック タック 考察

今月2日、インテルはCoreアーキテクチャの第4世代となる新たなCPUを発売しました。 CPUの開発コードネームは「Haswell」(ハスウェル、もしくはハズウェル)。 このHaswellをめぐり、発売直後から小さな「炎上騒ぎ」が起こりました。 Haswellは低性能の失敗作? 事の発端は、ネット上のニュースメディアに掲載されたベンチマークテストの結果などです。 Haswellに限らず、PC用のCPUやGPUなどは常に新型が発売されると同時にベンチマークされ、その性能について議論が交わされますが、その結果が読者の予想に反するものであったことが騒動の原因となったのです。 具体的には、Haswellの性能が予想よりも低く、前世代のCPUである「Ivy Bridge」(アイビー・ブリッジ)と比べ、CPUの演算性能そのものは若干の向上を見せたものの、CPUに統合されているGPUが全く奮わず、Ivy Bridge世代の統合GPUとほぼ同じか、わずかに低い性能となっていたのです。 Haswellの発売日に掲載された上記の記事の反響は小さくなく、「これは失敗作なのでは?」「Ivy Bridge世代を買っておくべきなのか?」といった声があちこちから噴出したのです。 かくいう筆者もこれらの記事を読んだ時点では自分の目を疑ったほどで、そもそもインテルはHaswellの統合GPUの性能を「Ivy Bridge世代と比較して最大2倍に向上させる」と豪語し続け、またアーキテクチャの構造からもそれらの言葉が裏付けられるような強化が見られたことから、ニュースメディア各社もその性能向上を前提とした考察やコラムを、CPU発売前から連載してきました。 では、何故このような「青天の霹靂(へきれき)」となってしまったのでしょうか。 実は、そこには大きな誤解と各メディアによる考察不足が潜んでいたのです。 フラッグシップであるはずのCore i7の性能が悪い? まず、騒ぎの発端となったデスクトップ向けCPUに目を向けてみましょう。 各社がベンチマークに使用したCPUはいずれもメインストリームのミドルハイ向けとなるCore i7-4770Kなどで、通常であればPCにある程度精通したヘヴィユーザーや、PC性能に妥協しないコアユーザーがターゲットとなるCPUです。 このCore i7-4770Kをベンチマークに使用することはある意味最も妥当であり、このCPUを指標としてそこから少しずつ性能を下げながら、予算や用途との兼ね合いを考えつつミドルエントリー向けのCore i5、ローエンドのCore i3やCeleronといったCPUを選択していくわけです。 つまり、指標となるべきコンシューマ向けフラッグシップであるCore i7で性能が奮わなかったのだから、炎上騒ぎになっても当たり前だったのです。 しかし、そこには大きな見落としがありました。 GPUコアへの誤解と理解不足 Core i7-4770Kに統合されているGPUに目を向けてみると、そこには「Intel HD Graphics 4600」という文字があります。 Haswell世代ではCPUアーキテクチャの刷新が行われたと前述しましたが、GPUコアについても大胆な刷新が行われており、ほぼ新規に作り直したといっても過言ではないほどの改良が加えられています。 このIntel HD Graphics 4600の性能が奮わなかったことが問題となったわけですが、実はこのGPUコア、性能が伸びないのは「当然」だったのです。 インテルはHaswellに統合されるGPUについて、当初から5つのレベルを設定していました。 最もローエンドとなるGPUコアを「GT1」とし、主に「Pentium」ブランドで販売するローコストCPUなどへ統合して発売する予定でした。 (現在Pentiumブランドは途上国などがメインの市場であり、日本国内でPCメーカーが採用することはほぼありません。 )GT1は「Intel HD Graphics」とだけネーミングされています。 次にメインストリーム向けとなるのがGT2と呼ばれるレベルのGPU群で、ここにはそれぞれのCPUによって、「Intel HD Graphics 4200」、「Intel HD Graphics 4400」、「Intel HD Graphics 4600」の3種類が用意されています。 前述したCore i7-4770Kに統合されているのはこのGT2レベルということになります。 ここで留意しておいてもらいたいのは、このGT2レベルのGPUコアの性能が、前世代のIvy Bridgeに統合されていたGPUコアと同等クラスになるように設定されていたという点です。 そしてその上にはGT3というレベルが存在します。 GT3はさらに3つのレベルに分けられており、消費電力15W枠となる低消費電力版GT3と、消費電力28W枠の通常版GT3、そして高速なオンチップDRAM「eDRAM」をグラフィックス処理専用に用意したGT3eというレベルです。 15W枠のGT3には「Intel HD Graphics 5000」という名前が付けられ、28W枠のGT3には「Intel Iris Graphics 5100」、GT3eには「Intel Iris Pro Graphics 5200」という名前が付けられました。 つまり、Haswellには5つのGPUレベルが存在し、そのうち最下位となるGT1は事実上日本では取り扱われない(購入する層がいない)CPUに統合されており、実質的な最下位レベルの統合GPUはGT2ということになるのです。 ここで先ほど書いたことを思い出してもらいたいのですが、GT2レベルのGPUコアとIvy Bridgeに統合されているGPUコアの性能が同等になるように設計されているということは、つまりIvy Bridgeの性能が基準となっており、そこからレベルが上がるほどに性能が引き上げられていく、というステップアップを行っているのがHaswellであるという点に注目してください。 これらのことから分かる事実は、メインストリーム向けの、しかもフラッグシップであるはずのCore i7に統合されているGPUが、実はローエンドクラスだったというちぐはぐさを生んでしまったことと、それを正しく伝えなかったニュースメディアの双方に誤解を招いた原因があったということです。 Haswellのターゲットはデスクトップにあらず では、何故インテルはこのようなちぐはぐなCPU構成にしてしまったのでしょうか。 そこにはHaswellの登場に至った背景が深く関係しています。 デスクトップPCの世界を見てみると、現状ではCPUパワーの過剰さが際立っていることが挙げられます。 特にCore i7シリーズはハイエンド指向のユーザーが好んで選ぶCPUであり、その多くはディスクリート(外部)GPUを別途搭載し、さらに強力なPCに仕上げていることが少なくありません。 この場合、CPUに統合された内蔵GPUは完全に無用の長物と化します。 むしろそこに強力なGPUコアを積む場合は単純にCPUのコストを引き上げるだけの無駄とも言えるわけで、自作PC派の人々や、最初からサードパーティ製のグラフィックボードを搭載する人にとっては、そういった無駄は出来るだけ少ない方が好ましいのです。 そのため、インテルはデスクトップ向けのCPUについては、Core i7でもGT2レベルのGPUコアしか積まない戦略をとったのです。 主戦場はノートPC市場 一方、ノートPC、とくにウルトラブックをはじめとしたモバイルPCの市場では、CPUや統合GPUの性能向上がひたすらに求められる土壌があります。 デスクトップ向けCPUが現在ではクアッドコアを標準としているのに対し、ノートPC向けではCore i7ブランドでも未だにデュアルコアが主流です。 Coreアーキテクチャの世代が進むごとにデスクトップ向けCPUとノートPC向けCPUの性能差は広がるばかりで、CPUパワーに余裕があるデスクトップに対し、ノートPCではまだまだCPUパワーが足りません。 そのため、HaswellではノートPC向けのアーキテクチャの最適化が行われたと考えられており、その証拠としてCPUコア単体での整数演算性能の向上が図られていたり、待機時消費電力が大幅に抑えられていたり、ノートPC向けのHaswellにはミドルエントリー向けのCore i5ブランドでもIntel HD Graphics 5000(15W枠のGT3コア)が搭載されているモデルが存在したりします。 つまり、Haswellは開発当初から伸びしろの大きいノートPC(モバイルPC)市場がターゲットだったのであり、既に性能が飽和状態に突入しつつあるデスクトップ市場については「十分な性能に達した」と判断されていたのです。 Core i7-4770Kでベンチマークすべきではなかった? ここで振り返りとして、各メディアがベンチマークテストを行ったCore i7-4770Kについて考察してみたいと思います。 その上で各メディアは、GPUコアにはさらに上位のGT3やGT3eといったレベルが存在し、当初からインテルが謳っていた「GPU性能は最大2倍向上」という言葉は、これら上位レベルのGPUコア、とくに「Iris」(アイリス)のブランド名を冠したGPUコアを指していたものであったことを正しく説明すべきだったのです。 その考察や説明を省いてしまったがために読者は混乱と誤解を招き、「どうしてこうなった」と憤慨するに至ったのです。 今回の炎上騒ぎを引き起こした原因はインテルの戦略にもありますが、直接的な原因はメディアによる説明不足の一言に尽きるのです。 新型MacBook Airはかく語りき ここで、タイミング良くIntel HD Graphics 5000を搭載したノートPCが登場してきたので、その情報も少し書いておきましょう。 そのノートPCの名前は「MacBook Air」シリーズです。 日本時間で本日未明に開催されたアップルのWWDCにて、新型MacBook Airシリーズは発表されました。 11インチ液晶モデルと13インチ液晶モデルの2機種が発表され、いずれもCPUにはIntel HD Graphics 5000を搭載したCore i5もしくはCore i7が搭載されます。 この新型MacBook Airに搭載された統合GPUついて、公式サイトでは「新しいIntel HD Graphics 5000プロセッサは、グラフィックパフォーマンスを最大40パーセントもスピードアップ」と掲載しています。 これを筆者は非常に妥当で誠実な数字と見ており、GT3レベルのGPUコアであるなら、たとえIrisブランドを冠さない15W枠の低消費電力版であっても、4割程度の性能向上は十分に見込めるだろうと予想しています。 Haswellは失敗作などではない 以上の検証と考察から、筆者はHaswellの性能について、非常に妥当であり失敗作やクリティカルな不具合のあるCPUではないと判断しました。 ただし事実として、デスクトップPCでディスクリートGPUを搭載せず、CPUとその統合GPUのみで動作するエントリーモデルを選択する際、発売直後で高価なHaswell世代のCPUを搭載したPCと、ステッピング(改良)も進み成熟していて尚且つ価格も安価に落ち着いてきた前世代のIvy BridgeコアのCPUを搭載したPCのどちらを選んだら良いかと聞かれると、個人的には後者の方がコストパフォーマンスは格段に良いと判断せざるを得ません。 今後GT3以上のGPUコアを搭載したCPUがデスクトップ向けにもラインナップされるなら、最新のHaswellアーキテクチャに軍配が上がるかもしれませんが、現状のGT2レベルのGPUコアであれば、敢えて高価な最新CPUに手を出す価値が見出せません。 これらのことから、今年PCを購入したいと考えている方がいたら、ぜひそのCPUに統合されているGPUの名称にも気を配って頂きたいと思います。 目安としては、Intel HD Graphics 4600以下であればIvy Bridge世代のPCを購入した方がコストパフォーマンスは良く、Intel HD graphics 5000以上であれば、多少高くとも最新型のPCを購入する価値があると判断して良いと思われます。 また、PCの形態によっても判断が変わります。 例えばソニーが発表したVAIO Pro 11などは、最軽量モデルでは770gと過去に発売したVAIO Xに匹敵する軽さを実現しており、その上でCPUはシングルコアで非力なアーキテクチャだったAtom Zからデュアルコアで強力なCore i5(CTOモデルではCore i7も選択可能)へと大幅に強化されています。 そこに統合されるGPUはIntel HD graphics 4400であり、GT2レベルのGPUコアの中でもさらに中堅の微妙な性能となりますが、しかしやはりVAIO Xに搭載されていたIntel US15Wと比べれば雲泥の差となる性能であり、十分に快適な動作が見込めるものと思われます。 単にGPUコアの良し悪しだけを判断材料とせず、それが搭載されるPCの用途や利便性、可搬性、自分の活用範囲などをしっかりと想定した上で、PCの「端末としての価値」を総合判断して頂きたいと思います。

次の