電撃 由来。 電撃結婚や引退・離婚の意味とは?由来について解説。

電撃

電撃 由来

電撃戦はまず航空機で敵の拠点や後方部隊を叩き、そして敵の前線の弱いところを戦車部隊で突破します。 ここで重要なのはスピードであり、戦線を突破した戦車部隊は可能な限り敵の抵抗の弱いところを移動し続け、敵勢力圏に深くくさびを打ち込み続ける事で、敵の対処能力を破綻させるのです。 また戦車部隊の突破に先立って、歩兵部隊は敵の前線に忍び寄り、機関銃で敵歩兵部隊を拘束して戦車部隊の突破を支援する役割が与えられ、戦車部隊の突破後は機械化歩兵部隊が後に続いて戦果の拡大を行いますし、工兵や補給部隊もそれぞれの役割があります。 つまり電撃戦は戦車部隊の活躍が目立ちますが、実際にはあらゆる兵科が協力して、その機動力で敵の指揮系統を麻痺させる事に重点がおかれるのです。 そしてナチスドイツの電撃戦がフランスで大きな成功を収めたのには、フランス側の問題もありました。 当時のフランス軍では「戦争は理路整然と計画的に行うものである」という考えに基づき、不意の遭遇戦や、想定外の場所での戦闘は可能な限り避けるよう軍人教育を行っていたのです。 ところが電撃戦は機械化された軍による機動力で敵陣深く切り込み、敵の指揮系統を麻痺させる戦法ですから、フランスの軍人教育はまさに「電撃戦の餌食になる」ためのものだったと言っても過言ではない代物でした。 つまりドイツ軍の機械化部隊が、フランス軍上層部の想定外の戦線深くまで切り込んだときに、フランス軍上層部はとにかく手持ちの兵力で反撃するなり、撤退して戦線を再構築するなり急いで決断すべき時に「理路整然と計画的な作戦」に取り組もうとし、それをやっている間にまたドンドン深く切り込まれ、それに対処しようとして……という悪循環で一気にフランス軍の指揮系統は崩壊してしまったのです。 また電撃戦の由来ですが、これは第一次大戦時にドイツ陸軍が採用した「浸透戦術」だと言われています。 これは歩兵部隊を敵の前線に浸透させ、敵の防衛戦の弱いところに攻撃を集中して突破し、突破できなかったところは放置して、部隊を先に先にと進ませる事で敵の戦線を崩壊させ、指揮系統を麻痺させる戦法です。 この歩兵部隊が徒歩で行う役割を、桁外れの機動力を持つ機械化部隊で行うことで、更に進歩させたのが電撃戦だと言われます。 電撃戦の定義は皆さんの解説どおりですが「ナチスが得意とした」ということは無いですよ。 フランスの防衛線をあっさり抜いたのはフランスの不手際とドイツに幸運があったからで、だから激しい攻防戦や膠着を見込んでいたヒトラーは「奇跡だ」と言っています。 もともとの作戦計画はフランスの防戦を見込んだものです。 快進撃に酔って戦力が突出するのは敗北への一里塚ですからドイツ軍は不安を覚え、停止命令をだしていますが、それを無視して現場の司令官が突進させたんです。 これがラッキーにも上手くいったので「電撃戦」と宣伝したんです。 ダンケルクで英軍の脱出を許したのは、その後も停止命令が出ていたことが遠因となっています。 ポーランドは確かに最初から電撃戦を意図していますが、これが成功したのはドイツに比べてポーランド軍がずっと弱かったからです。 対ソ連戦にも緒戦に戦力を集中投入する作戦をとっていますが、失敗してしまいましたのでヒトラーは「電撃戦とは言っていない」とごまかしています。 このように得意とはいえません。 ナチスが電撃戦を用いたのは、日本と同じで「国力に劣る側は緒戦で総兵力を挙げて奇襲をかけ、一気に降参させるしか勝てない」というのが軍事常識だったからです。 単に宣伝したのと、戦後もドイツ軍スゲー!ってマニアが多いため、そういう誤解が広まっているだけです。 電撃戦の由来はポーランド侵攻に驚いたアメリカの新聞が電撃戦と表現したからと言われています(つまりナチスが自分で言い出したわけでもない)。 ただし、第2次大戦前のドイツでもプリッツクリーク(電撃戦)という軍事用語はあり、「緒戦で戦争の決着をつけるために機動力のある戦力の集中運用」を意味していました。

次の

電撃の由来は?【ことば検定】 答えグッドモーニング林修

電撃 由来

電撃文庫とは、()発行ののである。 概要 電撃文庫は最大のを誇るの。 豊富かつ安定した作品の供給を行い、をあらゆる分野で行うなど貪欲な活動が特徴。 電撃文庫の文庫本がだが、の単行本としての作品もしている。 その他にもB6版の本もある。 組と呼ばれる配本制度を実施しており、返本を少なくするために販売実績のよくない書店には新刊が入荷されにくくなる。 そのため品えの悪い書店は半的に善されない。 背表は原則地に別の単色。 毎10日発売 祝祭日、流通の関係で前後する。 自前の新人賞にがある。 電撃ゲーム文庫 電撃文庫ではのノベラは文庫として発売されていた。 ではノベラも電撃文庫で発売されることが多く、くらいしかされていない。 電撃G's文庫 かつて存在した、系のノベラを中心とする。 時代の流れに抗えずに休刊。 『イション』が一、電撃文庫として再刊を果たした。 電撃の単行本 いわゆる。 一時期は刊行に意欲的だったものの、今ではくらいしかされていない。 全てというわけではないが、単行本から電撃文庫へと移ったの作品は背表に表表のが割り込んでいたり、裏表も全面にがあしらわれているなど装丁がわずかに異なる。 ステマ疑惑 電撃文庫を発行しているがの電撃文庫であるウィザーズのをたことで、による電撃文庫の疑惑が持ち上がった。 詳細はの記事を参照の事。 編集印税 という本によれば、電撃文庫で本を出しているのみならず、にもによる印税を課しているのだという。 これにより、に対して、売り上げに対する当事者意識を高めるとの事。 ニコニコ大百科に記事のある電撃文庫のタイトル一覧 あ• まみず• 小河正岳• (西)• 屋直人• 恵里加• 聴芝居• 雄策 は• 和ヶ原聡• うえお久• や ら• 村仁 関連動画 関連項目• 余暇があれば個人的にいい人材を探すことも出来るし、 いい人材を発掘した人を昇格なり昇給なりさせてご褒美与えることも出来る。 がないからのあるなんて集められないし、集めてもベーションを維持するだけのご褒美を出せない。 1人にが集中して余暇なんて作れないし、らを追及される会社になっている。 そういう状況ではに擦り寄るしか手がなかったというだけで。 業界がばっかり出したり、業界が作品ばっかり出してるのと似たようなもん(度に差はあるが) 392 ななしのよっしん.

次の

電撃の由来は?【ことば検定】 答えグッドモーニング林修

電撃 由来

ポリタン・お姉さんコンビのまんがでゲーム紹介をするこのコーナー。 2人のコミカルなかけ合いを通して、ゲーム内容を知らない人に、 作品やシリーズについてをわかりやすく解説します。 また、プレイに役立つハウツーもしっかりフォロー。 2では、カラーページで『A列車で行こう4 エボリューション』を紹介。 555号で紹介するのは『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』。 『アサシン クリード』の世界観や基本プレイなども紹介しているので、 シリーズ未プレイの方でも作品の内容を把握できます。 また、カウンターやガード崩しといったテクニックも解説し、 シリーズをやりこんでいる方にとっても参考になる内容です! 本作に興味のある方は、ぜひご確認ください!! かくいう私も、小学生のころにこのコーナーでたまたま読んだ『太閤立志伝IV』を購入しました。 『電撃PS Vol. 556』でのお題は『信長の野望・創造』。 歴史シミュレーションをやらない人にも、そのおもしろさをお伝えします! ゲームとの出会いを求めている方は、ぜひご覧になってください!!

次の