し いた げ られる 意味。 オカマ掘られるの意味は?

「見受けられる」の意味や例文を解説!ビジネスや論文での使い方

し いた げ られる 意味

「繰り広げられる」の意味とは? 「繰り広げられる」を分解して解釈• 「繰り広げられる」の使い方• 「繰り広げられる」を使った例文• 「繰り広げられる」場面の例 「繰り広げられる」の意味とは? 「繰り広げられる」という言葉を知っているでしょうか。 「繰り広げられる」という言葉は、様々な場面に登場しますので、知っているという人の方が多いかもしれません。 普段から新聞や小説などを読んでいる、活字に親しみがある人にとっては、日常的に目にする言葉かもしれません。 一方で、今回初めて 「繰り広げられる」という言葉を目にしたという人もいるでしょう。 若い世代の人や、学生の方など、活字を目にする機会が少ない人は、 「繰り広げられる」という言葉を知らない可能性があります。 そこで 「繰り広げられる」という言葉の読み方と意味を紹介します。 「繰り広げられる」の意味 「繰り広げられる」には、どのような意味があるでしょうか。 「繰り広げられる」は 「繰り広げる」が、受け身になった言葉です。 「繰り広げる」には、 「ある事柄や、場面などを次々と展開する」という意味があります。 例えば 「戦いを繰り広げる」という文章には、戦いが次々に展開して行くという意味があります。 「繰り広げられる」は、受け身の形で、自分が事柄や場面を展開するのではなく、第三者としてその場面が展開しているのを傍観するような形になります。 例えば、甲子園大会の高校野球を見た時に、 「連日、熱い試合が『繰り広げられて』います」という文章を作る事ができます。 自分が野球をするのではなく、球児たちが次々と熱戦を展開する姿を見ているという意味になります。 このように 「繰り広げられる」には、ある事柄や場面が次々と展開するのを、受け身の立場で見たり体験したりするという意味があります。 「繰り広げられる」の使い方 「繰り広げられる」という言葉をどのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。 「繰り広げられる」には、ある事柄や場面が次々と展開するのを、受け身の立場で見たり体験したりするという意味があります。 そのような場面を見たり体験したりした時に、 「繰り広げられる」という言葉を使ってみましょう。 例えば職場では、同僚同士が目の前で言い争いを始める事があるかもしれません。 言い争いが続き、どんどん展開して行くのを目の当たりにした時に、 「言い争いが繰り広げられる」というフレーズを使ってみましょう。 また映画を見ている時に、素晴らしいシーンが次々に展開していくかもしれません。 このような時も、 「素敵なシーンが繰り広げられる」という文章を作る事ができます。 様々な場面で、連続性を持ちながら物事が進んでいるのを見た時に、 「繰り広げられる」という言葉を使ってみましょう。

次の

パクる(ぱくる)

し いた げ られる 意味

「られる」は受け身・可能・自発・尊敬とたくさんの意味を持つ助動詞です。 意味が多く、「られる」がどの意味で使われているのか見極めるのに苦労した人も多いでしょう。 今回は「られる」の中の尊敬の意味、敬語として使われる表現に注目していきます。 敬語とは相手を思いやる言葉です。 「られる」の敬語としての位置づけはどのようなものなのかみていきましょう。 尊敬語としての「られる」 尊敬の意味で使われている「られる」は、敬語としては相手の動作を敬って言う意味を表す尊敬語です。 前に動詞の未然形がきて、「見られる」、「来られる」のように使います。 尊敬語には「られる」の他にも、「先生」、「あなた」など尊敬の意味を含む体言や、「お父さん」、「おじい様」など尊敬の意味を表す接頭語や接尾語が付く言葉、「おっしゃる」、「お越しくださる」などの尊敬動詞、「お話になる」、「ご乗車になる」などの「お ご ~になる」が付く形があります。 尊敬語「られる」は、他の尊敬語に比べると敬意の程度が低いと取られることがあるので、使用の際には、相手への敬意の程度を考え、状況に応じて他の尊敬語に言い換える必要があります。 敬語「られる」に可能の意味はあるの? 「られる」には、尊敬の意味だけでなく自発・可能・受け身の意味があります。 尊敬の意味で「られる」が使われる場合には、その「られる」には可能の意味はありません。 「られる」は可能・尊敬どちらの意味で使うときでも、前に動詞の未然形がくるので、文脈をしっかりと確認しないと判断が難しい場合があります。 例えば「今日ご飯を食べられましたか。 」という一文があった場合、主語が省略されているので、可能・尊敬のどちらの意味で使われているのかこの一文を見ただけではわかりません。 可能の意味で「られる」つかっているのならば、「今日はご飯を食べることができましたか」、尊敬の意味で「られる」をつかっているのならば「今日はご飯を召し上がりましたか」と言い換えたほうが親切でしょう。 敬語「られる」はどう使う? 敬語にはどんな種類があるの? 「られる」が敬語としてでてきた場合は尊敬語として扱うと説明してきました。 敬語には尊敬語以外にも謙譲語と丁寧語があります。 どの敬語も使う相手を思いやり、尊敬する気持ちを表す言葉として日本に古くから存在していました。 それぞれの敬語がどのような性質を持っているのかをみていきましょう。 尊敬語 今回とりあげている「られる」が含まれている尊敬語は、「いらっしゃる」、「なさる」、「お食べになる」など、話している相手や話し手が話題にしている人物の動作を敬う言葉です。 謙譲語 謙譲語は相手の動作を敬う尊敬語とは違い、「3時に伺います」、「今から参ります」など話し手が自分側の動作をへりくだることで相手を高めて敬う言葉です。 丁寧語 丁寧語は、話し相手に自分が丁寧な言葉を使うことで相手への敬意を表す言葉です。 日常会話で一番よく出てくる敬語です。 丁寧語には、「お菓子」、「お聞きする」のように丁寧の意味を表す接頭語を付けたり、「です」、「ます」、「ございます」など丁寧の意味を表す動詞や助動詞を付けたりするものがあります。 敬語「られる」の使い方を確認しよう! 「られる」は尊敬以外にも多くの意味があり、使われる文によってはどのような意味で「られる」が使われているのか分かりにくいものがあります。 「られる」が尊敬の意味で使われているのかを知るには、「られる」が使われている文の主語を明確にすることが大切です。 例えば、「今日ご飯を食べられましたか」という文は「られる」の意味がとりづらいですが、「先生は、今日ご飯を食べられましたか」のように、誰に使っている「られる」なのかを明確にすることで意味が取りやすくなります。 意味が分かりにくい「られる」は言い換えをおすすめしますが、言い換えの言葉が分からなかった場合には、主語を忘れずにつけるようにしましょう。 「られる」の例文 ここまで助動詞「られる」について、尊敬語としての意味を中心に説明してきました。 ここでは「られる」の文の中での意味が判別できるか確認してみましょう。 「られる」の使い分けを確認しましたが、皆さんは全てわかりましたか。 敬語「られる」を使った文を言い換えてみよう! 「られる」は意味が複数あり、意味の取り違いを防ぎ、敬意をより明確に伝えるために言い換えをしたほうがいい場合があります。 ここでは敬語「られる」の言い換えを「来る」、「食べる」を例にみていきましょう。 「られる」を尊敬の意味を含む動詞に言い換えよう! 「られる」を使った尊敬語の文の中には、尊敬の意味を含む動詞に言い換えができるものがあります。 例文をみながら確認していきましょう。 「先生は6時に帰ってこられる」、この「こられる」を尊敬の意味を含む動詞に置き換えて文を作ると、「先生は6時に帰っていらっしゃる」となります。 「先生は、授業の後に昼食を食べられる」、この「食べられる」を尊敬の意味を含む動詞に置き換えて文を作ると「先生は、授業の後に昼食を召し上がる」となります。 「られる」を「お(ご)~になる」に置き換えよう! 「られる」の言い換えには、「られる」が使われている部分を「お(ご)~になる」の形に変える方法もあります。 例文をみながら確認していきましょう。 「先生は6時に帰ってこられる」、この「帰ってこられる」を「お~になる」に形を変えて文を作ると「先生は6時にお帰りになる」となります。 「先生は、授業の後に昼食を食べられる」、この「食べられる」を「お~になる」に形を変えて文を作ると「先生は、授業の後に昼食をお食べになる」となります。 思いやり言葉「られる」を上手に使おう! 今回はたくさんの意味をもつ「られる」の使い方について詳しくみてきました。 「られる」は使い方によって、自分の考えている意味が正確に伝わらないことがあるということが確認にできた方も多いのではないでしょうか。 敬語として「られる」を使ったのに、その敬意が相手に伝わらないのはもったいないです。 そうならないためにも、ぜひ今回紹介した尊敬語「られる」の言い換えを活用してみてください。 敬語が使いこなせると、相手への思いやりの気持ちをしっかり表現することができます。 目上の人と上手に会話できたり、関わりを持ったりすることができるので、ビジネスシーンではもちろん、近所の年配の方とのコミュニケーションも円滑にとれるようになるでしょう。 今まで使ってこなかった伝わりやすい尊敬語を少しずつ覚えて使っていくことで、目上の人との会話を心地よいものにしていきましょう。

次の

しいたげられる?

し いた げ られる 意味

「見受けられる」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。 「見受けられる」とは、「見受ける」という動詞の未然形である「見受け」に、受身・尊敬・自発・可能の助動詞「られる」が付いた形です。 「見受けられる」という言葉には大きく分けて「見て認められる」と「見かける」という2つの意味があります。 ここでは、「見受けられる」の2つの意味についてご紹介します。 意味1:見て認められる 「見受けられる」という言葉には「見て認められる」という意味があります。 「見て認められる」とは、見ることで、事情や状況を理解するという意味になります。 「見て取れる」「見て感じ取る」とも言えます。 「見て取る」という言葉は、「見ただけでだいたいの事情を感じ取る」や「表面的に見えている事から本質を見抜く」という意味です。 「見受けられる」自体に「感じ取る」という意味も含まれていると考えられます。 意味2:見かける 「見受けられる」という言葉には、「目にとまる」「見かける」という意味があります。 「目にとまる」「見かける」は、物や人など、ちらっと見ただけで記憶に残ったことを表現しています。 「見かける」は、見たのが一瞬だったり、遠くからだったりする場合に使われます。 見受けられるを使う場面3コ・例文5コ 「見受けられる」は、少しもってまわった言い方が必要なときに使われます。 あいまいさを残した表現です。 「見受けられる」に近い表現として、「思われる」「思う」という推測をにおわす言い方があります。 あえて「見受けられるを使うのは、「思う」よりも畏まった言い方が必要となる場合です。 ここでご紹介する3つの場面を参考に、似たような状況下では、「思いました」ではなく、「見受けられた」を使うと大人の表現になります。 場面1:遠回しに指摘したい 「見受けられる」は、実際に確定している内容でも、断定して話すと角が立つような場合に、少し遠回しな言い回しとして使われます。 「失敗したのではありませんか」と言ったのでは、ストレートな表現過ぎますが、「うまくいっていないように見受られますが」と言えば、少し状態をぼかした指摘になります。 「見受けられる」を上手に使うことで、相手の気分を害せずに、相手にとってネガティブな内容を指摘することができます。 場面2:確証はないが注意を喚起したい 「見受けられる」は、「確証はないが、確信がある場合」にも使うことができます。 断定に必要な証拠はないけれど、状況証拠はあるというような場合に使えます。 本当の内情はわからないが、外観的に見て、推測する限り、ある結論にたどり着き、その結論以外には考えられないという場面で「見受けられる」を使うことが可能です。 実際に「見受けられる」を使うときは、ここまで順序立てて考えているわけではなく、感覚的に状況は判断できます。 場面3:硬い言葉を使いたい 自分で目にした状況から、推測してものごとを述べるときに、「思った」「思っている」という表現を使います。 「思った」という言葉では幼稚な感じを受けるときに、「見受けられる」を使えば、大人の表現方法になります。 ビジネスの場などで、「そう思ったんですよ」などと言っては、「学生っぽさが抜けない」とか「いつまでも子供っぽい」と思われてしまいます。 「そのように見受けられました」を使うと、大人の表現に変わります。 例文5コ 例文1:「見受けられます」 「見受けられる」を丁寧に表現するときに、「見受けられます」という形で使います。 あまり親しくない人と話すときは、丁寧文を用いるのが無難です。 【例文】 ・あの人は深い悲しみを抱えているように見受けられます ・傍若無人な人というのは、そこかしこに見受けられます ・あなたの真意はそのようなことではないと見受けられます 例文2:「見受けられた」 「見受けられた」は、「そう感じたときから多少の時間が経っている」場合に使われます。 過去形です。 【例文】 ・彼女が机に向かう姿が見受けられた ・災害の前兆のようなものが、見受けられた ・理事長は何か隠し事があるように、見受けられた 例文3:「お見受けいたします」 「お見受けいたします」は謙譲語であり、相手が目上の人の場合に使います。 相手の言動から、何かを推測して話す場合には、「見受ける」が使われますが、相手が目上の人の場合は、謙譲表現を使わないと失礼にあたります。 「見受ける」とは、主語は自分になるので、相手に対して謙ることで、敬意を示すことができます。 【例文】 ・かなりの達人とお見受けいたします ・鈴木様とお見受けいたします 例文4:「お見受けいたしました」 「お見受けいたしました」は「見受ける」の謙譲語の過去表現です。 過去表現はその後ろに否定の言葉や確認の言葉が続くこともあります。 「お見受けいたします」と同じ例文を使ってご紹介します。 「お見受けいたします」と「お見受けいたしました」のニュアンスの違いを感じ取りましょう。 【例文】 ・かなりの達人とお見受けいたしましたが、いかがでしょうか。 ・鈴木様とお見受けいたしました 例文5:「お見受けします」 「お見受けします」は丁寧語であり、一般的な会話の中で使います。 使い方としては「お見受けいたします」と同じだと考えてよいでしょう。 【例文】 ・だいぶお疲れのようにお見受けしますが、大丈夫ですか ・順調に回復されているようにお見受けします ・この場にふさわしい方とお見受けします 「見受けられる」の類語には、「見受けられる」の意味として説明にも使われる言葉が挙げられます。 いずれも「見受けられる」の言い換えに使えます。 「見受けられる」の類語は、ここでご紹介する言葉だけに限りませんが、ここでご紹介する類語と類語を使った言い換えを参考に、言い換えた場合のニュアンスの違いを感じ取りましょう。 ニュアンスの違いが理解できれば、類語による間違った言い換えを回避することができます。 類語1:見て取れる 「見て取れる」は、「判定できる」「分かる」「読み取ることができる」という意味で使われます。 何かを見ることで、状況判断をする、推測するという意味で、「見受けられる」と同じように使うことができます。 「見て取れる」よりも「見受けられる」の方が遠回しな表現になります。 【言い換え】 彼はかなり武芸に秀でていると見受けられる 彼はかなり武芸に秀でていると見て取れる 類語2:思われる 「思われる」は、「思う」の未然形である「思わ」に、受身・尊敬・自発・可能の助動詞「れる」が付いた形です。 「見受ける」に対する「見受けられる」と同様の形態です。 自分の主観として判断した内容を述べるときに「思う」を使いますが、「見受けられる」を使った方が、遠回しで大人の表現になります。 【言い換え】 老婆は酷暑の中、かなり弱っているように見受けられた 老婆は酷暑の中、かなり弱っているように思われた 「意識する」は、「物事や状態に気づくこと」「はっきり知ること」という意味で使われます。 「見受ける」に対しては「気づく」「はっきり知る」という意味で類語となります。 「見受ける」は遠回しの表現なので、明確な表現である「意識する」とは、表現の強さが異なります。 【言い換え】 彼女に対する特別な感情が見受けられる 彼女に対する特別な感情を意識する 類語5:察せられる 「察っせられる」は、「察する」の未然形である「察っせ」に、受身・尊敬・自発・可能の助動詞「られる」が付いた形です。 「察する」には、「おしはかる」「推測する」「おもいやる」「同情する」という意味がありますが、「見受ける」と共通するのは、「おしはかる」「推測する」といった意味です。 【言い換え】 彼女はかなり体調が悪いように見受けられる 彼女はかなり体調が悪いのだと察せられる 類語6:見込まれる 「見込まれる」は、「見込む」の未然形である「見込ま」に、受身・尊敬・自発・可能の助動詞「れる」が付いた形です。 「見込む」は、「有望だと思う」「予想して勘定に入れる」という意味なので、「見受ける」とあまり類似性がありません。 しかし「れる」形式では、どちらも「確証はないが推測させるさま」という共通の意味で使えます。 【言い換え】 収益が悪化するように見受けられる 収益の悪化が見込まれる 見受けられるの類語は多い ご紹介した類語のほかにも「見受けられる」の類語には、「窺われる」「示唆される」「考えられる」「推察される」「推測される」など、数多くの類語があります。 類語のすべてを知らなくても、「見受けられる」の正しい意味と、使用時のニュアンスが理解できていれば、自分が知っている別の語彙を使って言い換えることは可能です。 まずは、「見受けられる」の例文を参考に、使われる場面と使い方を理解し、活用してみましょう。 状況に合わせて選ぼう 「見受けられる」のもととなる言葉は「見受ける」です。 場面や状況に応じて、相応しい形態に活用して、用いる必要があります。 正しい意味と使い方を理解するために、以下のリンク記事も参考にしてみましょう。

次の