アイクラウド ストレージプラン 解約。 【解決】iCloudで購入したストレージプランを解約できない場合の対処設定方法

4つの方法でiCloudの容量不足を解消する

アイクラウド ストレージプラン 解約

iCloudの有料プランを解約する方法 Macの場合 「システム環境設定」を開き、その中から「iCloud」を選択します。 「iCloud」を開いたら、右下にある「管理」を選択しましょう。 右上の「ストレージプランを変更」を選択します。 「ダウングレードオプション」を選択します。 パスワードを入力して、サインインをします。 ダウングレードオプションが表示されたので・・・・ 容量5GBの「無料」を選択して、右下の「完了」を選択します。 右下の「終了」を押せば解約完了です。 まだiCloudの容量はダウングレード前のものだと思いますが、これはそれまでのプランが終了後に変更されます。 上の画像の「ストレージプラン」のところにその旨がが書かれていますね。 「現在の200GBプランが終了した後に・・・」の下りです。 iPhoneの場合.

次の

【解決】iCloudで購入したストレージプランを解約できない場合の対処設定方法

アイクラウド ストレージプラン 解約

最終更新日: 2020年01月21日 iCloudに登録すると、5GBの無料ストレージがもらえます。 しかし、バックアップ・同期する必要のあるデータが多い場合、5GBのiCloud無料容量が不足になりやすいです。 いつも「アプリを移動できませんでした。 十分な空き容量がありません。 」、「iCloudストレージの使用容量が上限に達しました」、「iCloudストレージがいっぱいです」というようなエラーメッセージが表示されます。 その場合、iCloudの各機能を正常に利用するために、iCloudの容量不足問題を解決する必要はあります。 では、どうすればiCloudの容量不足を解消できますか?この記事はiCloudの容量不足を解消する4つの対処方法をご紹介します。 どうぞ続けてご覧ください。 iCloudとは iCloudは、Appleが提供するクラウド上のデータ保存サービスです。 次ではこのサービスの詳しい情報を説明していきます。 利用対象者 MacやiPad、iPhoneなどのApple製品ユーザー iCloudでできること• iPhoneで撮影・保存した写真をiデバイスやパソコンに自動転送• iPhoneを交換・機種変更ても、データを今までの通りに復元• パソコンでメールや連絡先の編集する• 連絡先、写真、設定やアプリを自動バックアップ• iPhoneが紛失・盗難されても、ネットで場所を探せる• 3 以降のiデバイスの場合: Step 1:設定 > ユーザ名 > iCloudの順に選択します。 Step 2:容量の「iCloud」または「ストレージを管理」をタップします。 Macの場合: Apple メニュー アップルマーク) > システム環境設定 > Apple ID > iCloudの順に選択し、管理をクリックします。 — iCloudの5 GB無料ストレージはメール、バックアップ、iCloud フォトライブラリ、iCloud Drive 用だけです。 購入した音楽、映画、App、ブック、テレビ番組、および共有アルバムは、この無料ストレージ分には加算されません。 方法1:iCloudストレージをアップグレード&購入する iCloud のストレージ容量が不足になった場合は、より大きい容量を使えるプランにアップグレードすることができます。 お使いのiPhone、iPad、iPod touch、MacまたはWindowsパソコンからiCloudストレージを合計50GB、200GB、1TB、または2TBまで増やすことができます。 2.適切なプランを選択し、「購入する」をタップして、Apple ID のパスワードを入力します。 2)Mac 1.Appleメニューから「システム環境設定」に入って、「iCloud」をクリックします > 「管理」に入ります。 2.「さらに容量を購入」または「ストレージプランを変更」をクリックします > 適切なプランを選択し、「次へ」をクリックして、Apple ID のパスワードを入力します。 3)Windows 1.Windows 用 iCloudをインストールして開きます > 「保存容量」をクリックします。 2.「ストレージプランを変更」をクリックします > プランを選択し、「次へ」をクリックします。 3.Apple ID のパスワードを入力して、「購入する」をクリックします。 方法2:iCloudの書類およびデータのサイズを減らす iCloudの「書類およびデータ」は、iCloud に対応しているアプリ(Keynote, Pages, Numbersなど)中のファイルやデータを保存し、各デバイスの間で同期することができます。 その中で、不要なデータがiCloudに保存されることもあるので、iCloudの空き容量を消費してしまうでしょう。 2.「容量」 > 「ストレージを管理」に入ります。 3.「書類およびデータ」欄に保存されているデータを確認し、不要なデータを削除します。 2.「容量」 > 「ストレージを管理」に入ります。 3.「バックアップ」下から不要なバックアップに入ります > 「削除」をクリックします。 もしバックアップ全体を削除することではなく、サイズを減らすだけなら、不要なアプリデータを削除してください。 iCloudバックアップデータを削除または減らす 方法4:iCloudに同期したデータを削除する iCloudに同期した大量な写真やビデオ、メモ、カレンダーなどのデータもiCloud容量不足の原因になるかもしれません。 従って、iCloudに同期したデータを確認し、不要なデータを削除してください。 iCloud同期データを削除するには、便利なiCloudコンテンツ管理ソフト — をおすすめします。 なぜなら、AnyTrans for iOSは以下のメリットがあるからです:• iCloudに同期した写真、ビデオ、メモ、カレンダーなどのデータを削除できる• データを一括削除するか、選択的に削除するか、自由に削除方式を選択できる• iCloudデータをプレビューでき、削除したいデータを確認できる• iCloudに同期したデータの削除や管理機能が完全無料 それではして、iCloudに同期したデータを削除しましょう。 削除したい写真を選択して「削除」ボタンをクリック すると、iCloudに同期したデータを削除しました。 お見逃しなく: AnyTrans for iOSはiCloudデータ管理だけでなく、iOSデバイスデータの管理(・追加・削除など)、、無料動画ダウンロードなどの機能も揃っています。 「AnyTrans for iOS」は、有料版と無料体験版の2つが用意されています。 AnyTrans for iOSの他の機能にも興味を持たれた方は、まずは「体験をしてみる」という意味で無料体験版をダウンロードして使ってみるといいと思います。 以上の4つの方法で、iCloudの容量不足問題を解消できます。 iCloudストレージがいっぱいになった場合、ぜひ以上の方法を試してみてください。 もしiOS 13へアップデートした後、お使いのiOSデバイスが容量不足になったら、をご参考ください。 この記事が気に入ってただけたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。 そして、iCloudの使用容量を増やすため、iCloud DriveからDropboxにファイルを移動する方法もあります。 具体的にはこちらの記事を参考にしてください:.

次の

4つの方法でiCloudの容量不足を解消する

アイクラウド ストレージプラン 解約

iPhoneを利用していると、とても便利に感じるツールicloud。 以前iPhoneを利用していた時も、よくわからないうちにicloudにいろいろバックアップされていたので、「ハ~便利だな」と感心していました(アホ丸出し) 写真や連絡先などをクラウド上にバックアップしてくれるので、もしもの時も安心と、とても便利で助かりました。 しかも5GBまでは無料で利用できるという! 主人もiPhoneを利用中、iPhoneの容量がすぐに埋まってしまった為、icloudの50GBの有料プランにアップグレードして利用していました。 (写真やムービーがけっこう容量を食っていた) そして数か月後…夫婦でスマホを機種変更しました。 次はandroidのスマホです。 恐ろしいことに旦那は機種変更後、icloudの有料プランを解約もせず放置していたのです。 icloudがダウングレードできない?!現在結果を確認中です。 icloudのアップグレードはiPhoneで簡単に行うことができます。 そしてダウングレード、つまり有料プランから無料プランへの変更もiPhoneでできるそう。 iPhoneを使っていないのに、ずっと毎月利用料が発生していたicloud…。 月額130円ですが、 これをほぼ一年以上支払っていたという恐ろしい事実。 なのでさっそく無料プランにダウングレードしようとしたところ、旦那のiPhoneが無くなっていました。 ……旦那。 どこに行ったかわからない、とのこと。 iPhoneを探すを利用しても充電はとっくに切れてるから分からぬまま。 (自宅にはある 旦那の部屋の腐海のどこかに) パソコン(windows でicloudをダウングレードしてみた 仕方がないのでパソコンでダウングレードすることにしました。 いろいろ調べたところ、ブラウザ上ではダウングレードができないようで、icloudをわざわざダウンロードしないとストレージ管理はできないようでした。 なので嫌ですがicloudをパソコンにダウンロードし、さっそくストレージ管理から「ダウングレードする」を選択して完了。 ダウングレード無事完了!でもちゃんとダウングレードできているか現在のプランを確認しておこう、ともう一度プランを見てみると なんと有料プランのまま icloudがダウングレードできない!? これはおかしいと思い、もういちどダウングレードの操作をしようとしたところ 無料プランを選択しても、完了ボタンが押せない状態になってました。 (完了ボタンがグレーになってクリックできなくなった) 一回icloudを落として立ち上げても有料プランのまま、また無料プランを選択しても完了ボタンが押せないまま。 ググってみると、同じような状況の人が多くいるようですね。 料プランを選択しても、こ完了ボタンが押せなくなった、などなど。 解決法を調べましたが、こうなった場合、選択肢はappleのサポートに連絡するしかない、とも。 サポートに電話すると絶対時間がかかるのが嫌なので、もう一度自分でやってみることに。 icloudをダウングレードするためにとりあえずやったこと まだきちんとダウングレードできたかどうかも確認できていません。 ここからは自己責任でやってます。 1か月くらいは余分に課金になってもしょうがない、の精神で。 ストレージプランを変更すると直ちに請求が発生しますので、ご注意ください。 ダウングレードの手続きをする際、一度有料プランを選択し、完了ボタンを押す。 すると確信画面が出てきます。 この画面でストレージプランの「変更」ボタンをクリック。 また「ダウングレードオプション」の画面になるので、そこで無料プランを選択しました。 すると完了ボタンがグレーになることなく無事に押すことが出来ました! 完了ボタンを押すとこんな画面が… このポップアップ画面、そういや最初に操作した時も出てたけど、ここの ストレージプランの部分しっかり読んでいなかった。 ということは、 画面上は「現在のプラン」が有料プランのままですが、更新日になるとちゃんと有料プランから無料プランに変更になるってことでしょうか。 ということは最初に手続きした時はちゃんと有料プランから無料プランに変更(の予定)になってたってことでしょうか。 ややこしい 確認画面の文をしっかり読んでいないこちらも悪いけど、現在のプランが変わってないとアレ?ちゃんと変更できてないって思いますよね。 icloud上では無料プランに変更できたかどうかを確認することはできませんでした。 またメール等でicloudダウングレードの手続き完了のお知らせもなし。 ちゃんと変更できたの!?ってなんか超不安です。 ちゃんとダウングレードできたか、結果はまた後日… とりあえず、こちらも「現在のプラン」が無料プランになってないと安心できません。 もしかしたらきちんと無料プランに変わってないかもしれない。 次の更新日に無料プランに変更になっているか確認しないと。 このやり方できちんとダウングレードできていたら、icloudのダウングレードの仕方を記事にまとめます。 これで7月4日になっても無料プランに変わってなかったら怒る…。

次の