頭 が ふわふわ する 病気。 【頭がふわふわする】浮動性めまいは耳や脳の病気の可能性|ケンカツ!

めまい ふわふわする感じ|この何とも言えない症状の原因は何!?

頭 が ふわふわ する 病気

ですが私はある方法に取り組み、このめまいを治すことができました。 その体験談を含め、その方法も後に紹介します。 上記は以前に私が経験した症状です。 私は、36歳の男性です。 パチンコ店で一応社員として働いており、自分で言うのもなんですが、かなりストレスが溜まっているよう感じていました。 このめまいのような症状が出始めたのはやはり仕事がうまくいっていなかった時に始まったように思えていましてストレスが溜まってきたからと自分では思っています。 上司やお客さんとのやり取りなどがうまくいかず 悩みがピークに達していたであろう時に 「フッと軽いめまいがしたのです」。 最初は疲れだなと気にはしていなかったのですが その症状が頻繁に起こるようになったのです。 上記に書いている通り、 めまいといっても倒れるほどではないのです。 とにかく浮いた感じでふわふわ 小さなめまいが連続して続いているような感覚。 このふわふわ感がとにかく不快で 仕事にも集中できず気分も落ち込み気味でした。 ま、でもいずれ治るだろうと思っていましたが そうはいかなかったのです。 かなり気になり始めて、 この症状は一体何なのかを調べてみました。 同じような症状がある方は参考にしてみてください。 同時に私が当時、抱えていた別の症状の事柄も書いていきます。 何か関係があるかもしれませんし、あなたと共通の部分があるかもしれませんのでね。 次のページ>>.

次の

頭がぼーっとする6つの原因!思わぬ病気にも要注意!

頭 が ふわふわ する 病気

「めまい」とは、自分や周囲の物が動いていないのに、動いているように感じる、錯覚ないしは異常感覚を指します。 めまいの原因は、耳や脳、心臓の病気、頸椎(首の骨)の変形、動脈硬化など全身にわたります。 また、ストレス、寝不足、毛染め、化学物質など、現代人の生活環境の中に、めまいの引き金となる要因もあります。 めまいの大半は、大きな心配がいらないものです。 しかし、なかには脳出血や脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)など、生命にかかわる重篤な病気が隠れている、危険なめまいもあります。 その場合は、ただちに専門医を受診し、治療を行う必要があります。 ある日、突然やってくるめまいに、落ち着いて対処するには、ふだんからめまいの知識を身に付けておくことが大切です。 めまいが起こったとき、それが危険なめまいなのか、危険でないのか。 それは、めまいの現れ方で、ある程度は推し量ることができます。 そこでまず、めまいのタイプからお話ししましょう。 めまいは大きく分けて、次の二つのタイプがあります。 激しい症状のため、立つ、歩くなどの動作が困難になったり、吐き気や耳鳴りが起こったりします。 いきなり目がグルグルと回り吐き気がすれば、不安になるでしょう。 しかし、回転性のめまいのほとんどは、内耳に原因があって起こるもので、生命の危険はない、安心なめまいです。 両側の内耳の異常のほか、脳の病気でも起こります。 めまいに加え、激しい頭痛、手足のしびれやマヒ、ろれつが回らないなどの症状をともなう場合、脳の病気が疑われます。 生命に関わる危険なめまいなので、脳神経外科や神経内科を至急受診してください。 回転性のめまいでも、同様の合併症状があれば、迷わず病院を受診しましょう。 次に、めまいの原因は、大きく二つに分けられます。 1.耳からくるめまい めまいの原因で、圧倒的に多いのは耳からくるものです。 耳は聴覚をつかさどる感覚器ですが、もう一つ、体の平衡感覚(体のバランスを保つ機能)を保つという、大切な役割があります(6ページの内耳の図を参照)。 耳の奥の内耳には、蝸牛、前庭、耳石器、三半規管があります。 蝸牛は鼓膜から伝わった音の振動を電気信号に変えて脳に伝える働きをしています。 前庭にある耳石器は、体の傾きや直線運動を感知する器官です。 耳石器の中には、砂のような小さな結晶(耳石)が入っており、その動き方を感覚細胞がとらえて、体の傾きや直線的な動きを認識します。 三半規管は、頭や体の回転や、そのスピードを感知する器官です。 三半規管の内部はリンパ液で満たされており、リンパ液の流れ方から、頭がどのような速さで、どの方向に動いたかという情報をとらえます。 三半規管と前庭がとらえた体の動きや傾きなどの情報は、前庭神経を介して小脳に集められます。 大脳は小脳の情報を整理し、全身に体のバランスを保つよう指令を出します。 これら内耳の器官のどこかに障害が起こると、平衡感覚が乱され、めまいが起こります。 代表的なものに、回転性のめまいが起こるメニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎などがあります。 2.脳からくるめまい 脳梗塞、脳出血、椎骨脳底動脈循環不全など、脳の障害が原因でめまいが起こります。 回転性のめまいや、フワフワするめまいが主です。 また、首からくるめまいも見逃せません。 首の骨である頸椎の変形や老化が原因で、めまいが起こることがあります。 脳に血液を送っている内頸動脈と椎骨動脈のうち、椎骨動脈は頸椎の中を通っています。 今、スマートフォンを長時間見るなどして、うつむき姿勢が続き、頸椎のカーブが失われた「ストレートネック」になっている人が増えています。 すると、頸椎内部の椎骨動脈が圧迫され、平衡感覚を保っている脳幹や小脳への血流が減少し、椎骨脳底動脈循環不全と呼ばれる、フワフワするめまいが起こるのです。 加齢などにより、椎骨動脈の動脈硬化が進行した場合も、同様のめまいを引き起こします。 めまいの発症には、耳や脳の病気のほか、生活習慣病やストレス、睡眠不足なども密接にかかわっています。 そのため、生活習慣や食事を見直し、リスクファクターを減らして、めまいを改善することが大切です。 もし、急にめまいが起こったら、次のように対処します。 その場合、総合病院を受診すると、症状から適切な診療科がわかります。 脳神経外科では、MRI(磁気共鳴画像)やCT(コンピュータ断層撮影)などの機器で脳の病気の有無を、内科では血圧や心電図などで心臓病の有無をみます。 これらの検査で脳などに異常がなければ、耳鼻咽喉科を受診することになりますが、耳鼻科医だからといって、めまいのエキスパートとはかぎりません。 めまいの専門医がいる「めまい外来」か、日本めまい平衡医学会が認定した、「めまい相談医」のいる耳鼻咽喉科を受診するとよいでしょう(リストは日本めまい平衡医学会を参照)。 良医を選ぶ最大のポイントは、「問診を大事にしているかどうか」です。 めまいの発症には、生活環境や社会的な要因、過去の病気、ケガなどが複雑にからんでいます。 めまいの原因を突き止めるために、丁寧な問診を行う医師を選びましょう。 診察の際、症状について詳しく伝えると、診断と治療に役立ちます。 上の表の項目を参考に、メモを用意して行くことをお勧めします。

次の

頭がふわふわする5つの原因!病気の可能性をチェック!

頭 が ふわふわ する 病気

- もくじ -• 筆者もめまいに襲われるたびに病院を訪れるクチである。 まずは脳疾患を疑い、脳外科へ行く。 なんでもないようなら、次は三半規管の問題を疑い耳鼻科へ。 自律神経のバランスを崩してもめまいを発症することがあるというので、生活習慣の見直しを図ったのだが、それでも不調が続いたため、病院を転々としていたら、昨年かかった脳外科でこんなことを耳打ちをされた。 「脳外科でも耳鼻科でも異常なしだったわけだから、原因はおそらく 肩こりですよ。 肩こってないですか?」 その医者が言うところによれば、 「ふわふわめまい」が起きる原因は、肩まわりのこりにあるとのこと。 首や肩まわりの筋肉が張りつめると、血管が収縮する。 その結果、脳が酸欠になり、ふわふわと浮いているような感覚に襲われるのだという。 若い世代にも症状が現れているのは、スマホやゲーム機の操作、PC作業に長い時間を費やす人が増えているからだ。 人間の頭は体重の約10%分の重さがある。 50kgの人ならば、約5kgが頭の重さに相当する。 当然のことだが、頭のいい悪いは関係ない。 人間の首は、猫一匹分より重いであろう頭部を常に支えている。 正しい姿勢で直立しているときはさほど問題ないのだが、下を向いてスマホをいじっているときなどは背中側にけっこうな負荷がかかっているのだ。 これにより、首や肩まわりにこりが生じる。 特に注意が必要なのは、根を詰めやすい人。 同じ姿勢を長時間キープすることで、こりが慢性化したり、ストレートネックになってしまうことも。 片側の筋肉が張りつめると骨が引っぱられ、背骨全体が歪んでくる。 そうなると、ふわふわめまいだけでなく、内臓諸器官の働きにも問題が生じる可能性が出てくる。 そんな「ふわふわめまい」の解消にもっとも効果的なのは 「ストレッチ」だ。 両手を肩に添え、左右の肘を前後にぐるぐると回して肩甲骨まわりをほぐす。 首を回すなどのストレッチを日常に取り入れて、こりを放置しないよう心がけよう。 入浴も効果的といえるだろう。 「ふわふわめまい」と混同しやすい症状のなかに、回転性めまいがある。 また、ふわふわめまいの中にも、脳疾患が原因で起きるケースもあるので、肩まわりのストレッチをしてみても症状が改善しない場合は、医療機関に相談してみてほしい。

次の