うっかり 意味。 うっかり

「失念(しつねん)」の意味と使い方は?類語と例文も気になる!

うっかり 意味

スポンサーリンク 「失念(しつねん)」の意味は? まず最初に 「失念(しつねん)」の意味について見ていきましょう。 「失念」は 「しつねん」と読む名詞ですが、通常は 「失念する」という動詞の形で用いられます。 次に「失念」を構成する漢字をみていきましょう。 「失」は形声文字で、人の手と「乙」という意味を示す字形からなっています。 「乙」は「逸」と同じく、「ある場所から抜け出す」という意味を持ちます。 すなわち「失」は「手から物が抜け落ちる」という意味を示す字です。 ここから「失う」、「なくす」といった意味に推移したと考えられます。 なおこの字の音は元来は「イツ」でしたが、次第に「シツ」に変化したとされています。 ただ一説には、「失」は「乙」という意味が最初にあった会意文字だとも考えられるそうです。 一方「念」は形声文字です。 「今」という字が音を、「心」が形を表しています。 「今」という字には、そもそも「時間を止めて、押さえている状態」という意味があるとされます。 このため「念」は、「昔から現在まで、いつも心にかけて、固くとどめている」状態を示す漢字です。 ここから転じて、「考え」や「思い」、「心にとどめ置くこと」や「心を込めて読むこと」といった意味合いを示すようになりました。 このように 「失念」は、 「考えや思いがなくなる」という趣旨を表します。 すなわち 「覚えていたはずのことを思い出せないこと」や 「うっかり忘れること」といった意味合いの言葉です。 このほかに、「失念」には仏教用語としての意味もあります。 これは仏教でいう「煩悩」のひとつとされ、「物を忘れ、気づきを失った心であり、仏法の理論や仏法の言葉を忘れたりすること」や「心を散乱させてしまうこと」、あるいは「記憶を妨げる心の作用」を示すとされます。 いずれにしても 「覚えていたことを忘れる」という大本の意味合いとしては同じ用法だといえるでしょう。 「失念(しつねん)」の使い方は? 次に 「失念」の正しい使い方について見ていきましょう。 「失念」はビジネスシーンや一般的なやり取りでは、 「忘れてしまった」ことを表す敬語の表現だといえます。 スポンサーリンク 取引先などと申し合わせた約束や、持参するべき資料を忘れた際などに、相手に対して丁寧に謝罪する場合に使用されます。 口上でも文章でも用いられる表現ですね。 ビジネスの場では 「うっかり忘れた」、「不注意でミスしてしまった」ことをわびる言い方が一般的です。 例えば「サンプルを持参するのを失念しておりました。 すぐに別の者に持ってこさせます」といった用法です。 「ものごとの記憶をなくす」といった表現では、非常に普遍的に使われる「忘れる」がありますが、「失念」との違いは何でしょうか。 「忘れる」は、「さっきまで覚えていたのだが、うっかり頭から消えてしまった」というニュアンスと、「あることを意識の中に置かず、意図的に気にかけない状態」という意味合いと、両方の場合で用いることができます。 つまりは「記憶をなくす」ことを幅広く示す最も平易な言い方だといえます。 例えば、前者では「あ、傘を電車に忘れてきてしまった」、後者では「楽しすぎて時がたつのを忘れた」といった用法です。 これに対し「失念」は「うっかり忘れ」の意味合いが強い表現です。 そしてそのことを丁寧に、あらたまった形で言い表す言葉だといえます。 「失念(しつねん)」の類語と例文を教えて? 最後に 「失念」の類語と例文をご紹介したいと思います。 まず「失念」の類語には次のようなものがあります。 ど忘れ• 置き忘れ• 物忘れ• 見忘れ• 見逃し• 聞き逃し• うっかりした• ぼんやりした• 気づかず などがありますね。 「失念」の例文としては次のようなものが挙げられます。 お名前を失念してしまい、まことに失礼いたしました。 お約束を失念していたわけではないのですが、急用が立て込んでしまいお伺いできず、申し訳ありませんでした。 「失念」の類語と例文をまとめてご紹介しました。 ビジネスシーンなどで活用する場合は是非、参考にしてください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「失念(しつねん)」の 意味と正しい使い方、そして類語と例文について詳しくご紹介しました。 主にビジネスシーンなどで凡ミスをしてしまったり物事を忘れてしまった場合にお詫びをする意味で使う言葉ということが分かりました。 職場などで出来ることなら使うのは避けたい言葉だと思いますが、もしそのような場面になった際は参考にして頂けたらと思います。

次の

「つい」と「うっかり」の違い

うっかり 意味

私が常用している角川書店の「類語国語辞典」では つい:意識しない間にそうしてしまうさま うっかり:不注意でぼんやりしているさま と、なっています。 押してはいけないボタンを「つい押して」しまうのは操作の流れの中で「指が勝手に動いてしまった」場合か「止むにやまれぬ好奇心に駆られて」の場合です。 「うっかり押して」しまうのは、前者はあり得ますが 後者の場合はありません。 「ぼんやりした」状態では「止むにやまれぬ好奇心」など、ありようがないからです。 つまり「つい」には「意識が介在している」ニュアンスが強く出やすいということでしょう。 でも、ここで「おかしいぞ」と思われるのは先の 「つい」の説明にあった 「意識しない間に」という部分です。 「好奇心に駆られて」なら「押してはダメという意識はあった」はずなのに押してしまったわけですから。 これは「好奇心に駆られて、正常な理性が意識的にダメと判断する以前に押してしまった」と解釈するより他はありません。 よく万引き犯や痴漢の人が言い訳に使う「つい出来心で…」がわかりやすい用例です。 このあたりから先の類語辞典の解説を補足すれば つい:意識しない間、または意識が適宜な判断をくださないうちに、そうしてしまうさま うっかり:不注意でぼんやりしているさま。 まったく、またはほとんど無意識のうちに。 というようになると思います。 以上からの用例: そのメールはほぼウイルスメールだとわかっていたはずなのに、好奇心に駆られて、つい開いてしまった。 そのメールはほぼウイルスメールだとわかっていたはずなのに、他の考え事をしていて、うっかり開いてしまった。 あたりが、平たくてわかりやすいかと思います。 A ベストアンサー 「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。 「~やら~やら」には意味が二つあります。 1 名詞の並列 例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。 2 どちらか決めがたいことをあらわす。 例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。 それに対して「~とか~とか」には、 1の名詞の並列の意味しかありません。 それでは 「スーパーでパンやら牛乳やら買った。 」 と 「スーパーでパンとか牛乳とか買った。 」 は完全に同じ意味でしょうか? ここから先は、個人の語感によって、或いは世代によっても意見が分かれそうな部分ですが、 私は「パンやら牛乳やら」からは、並列の意味に加えて、「いっぱい」や「必要もないのに」という印象を受けます。 「パンとか牛乳とか」の方は並列の意味に加えて、ちょっとあいまいに表現しようという気持ちが感じられます。 これは例文を変えてみるともうちょっとはっきりするかもしれません。 1「バーゲンでコートやらスカーフやらいっぱい買ってしまった。 」 2「バーゲンでコートとかスカーフとかいっぱい買ってしまった。 」 1の方がいっぱい買ってしまった感が強いような気がします。 2の方は普通の並列ですが、この言葉を言う人によっては、本当はコートとスカーフ以外に重要なものを買ったんだけどそれをわざとぼかして言っているような感じも受けるかもしれません。 1「彼女の気を引くために、バッグやらアクセサリーやらプレゼントした。 」 2「彼女の気を引くために、バッグとかアクセサリーとかプレゼントした。 」 これも、1の方があれこれたくさんプレゼントした感じがよく出てると思いますがいかがでしょう。 2は素直な人が話しているなら単なる並列。 ものをはっきり言わない人が話しているなら、ひょっとしたら車もプレゼントしているかもしれません。 とまあ、こんなところです。 前にも書きましたが、ここまで来ると、個人の語感や世代によって感じ方はさまざまだろうと思います。 色々な回答がつくといいですね。 「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。 「~やら~やら」には意味が二つあります。 1 名詞の並列 例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。 2 どちらか決めがたいことをあらわす。 例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。 それに対して「~とか~とか」には、 1の名詞の並列の意味しかありません。 それでは 「スーパーでパンやら牛乳やら買った。 」 と 「スーパーでパンとか牛乳とか買った。 」 は完全に同じ意味でしょうか?... A ベストアンサー 使い分は、慣用によるところが大きく、明確なルールがあるとは言えません。 大まかには次の使い方でいいと思います。 「代だい」 何かと交換に支払う(または、受けとる)お金を表わす。 商品(経済的に価値のあるもの)に対して支払う金額であることが多い。 電話代、バス代、ガソリン代、部屋代、電気代、ガス代、お茶代、バイト代 「料りょう」 何かの利益(サービスなど)を受けた(または、与えた)ことに対して支払う(または、受けとる)お金を表わす。 あらかじめ決まった一定の値段である場合が多い。 使用料、レンタル料、入場料、紹介料、授業料、送料、サービス料、延滞料 「費ひ」 (自分または相手が)何かをするために必要なお金を表わす。 支払わなければならない(または、用意しておかなければならない)お金という意味合いがある。 医療費、教育費、交通費、学費、会費、生活費、食費、交際費 「賃ちん」 労働や借りものに対して支払うお金を表わす。 家賃、電車賃、手間賃、運賃、船賃 借賃 会社での使い分けはこれまでの慣用に従うしかありません。 電話代でも電話料でもどちらがあっているということはありません 今まで電話代であればこれからも電話代でいいと思います。 使い分は、慣用によるところが大きく、明確なルールがあるとは言えません。 大まかには次の使い方でいいと思います。 「代だい」 何かと交換に支払う(または、受けとる)お金を表わす。 商品(経済的に価値のあるもの)に対して支払う金額であることが多い。 電話代、バス代、ガソリン代、部屋代、電気代、ガス代、お茶代、バイト代 「料りょう」 何かの利益(サービスなど)を受けた(または、与えた)ことに対して支払う(または、受けとる)お金を表わす。 あらかじめ決まった一定の値段で... A ベストアンサー 「たら」「れば」「なら」には、本来的には以下の 1 、 2 、 3 のような違いがあると思います。 ただ、慣用的には、その違いが不明瞭になり、同じような意味で使われてしまっているというのが現状だと思います。 ですから、例に挙げられたものについては、慣用的視点での意味の違いはあまりないでしょう。 1 「れば」は、現在形の仮定です。 この仮定は、普通の仮定です。 (例)気温が下がれば、寒くなる。 2 「たら」は、過去形の仮定です。 2つの用法があります。 一つ目は、過去に起こったことに対する仮定です。 すなわち、現実には起こらなかったことに対する仮定です。 (例)もし、彼が事故に合わなかったら... (実際には事故に合った) もう一つの用法は、現在、または、未来に対する仮定です。 この仮定は本来は、実際には起こる可能性が非常に低いこと(あるいは、感情として絶対起こって欲しくないこと)を仮定する場合に用います。 (例)もし、彼が死んだら、生きていけない。 (例)もし、空を飛べたらどんなに楽しいだろう。 3 「なら」は、「動詞等終止形+(の)+なら」あるいは「名詞or名詞句」+「なら」として使います。 意味的には、仮定というより、「~~の場合は」的な意味になります。 (例)赤なら止まれ、青なら渡れ。 (例)飲むなら乗るな、乗るなら飲むな。 (例)歩くなら良いが、走るならごめんだ。 以上の3つの違いを中国の方に説明する場合は、以下のような関係になると思います。 1 「れば」=如果 ruguo 2 「たら」=万一 wanyi 3 「なら」=的時候 deshihou 以上です。 「たら」「れば」「なら」には、本来的には以下の 1 、 2 、 3 のような違いがあると思います。 ただ、慣用的には、その違いが不明瞭になり、同じような意味で使われてしまっているというのが現状だと思います。 ですから、例に挙げられたものについては、慣用的視点での意味の違いはあまりないでしょう。 1 「れば」は、現在形の仮定です。 この仮定は、普通の仮定です。 (例)気温が下がれば、寒くなる。 2 「たら」は、過去形の仮定です。 2つの用法があります。 一つ目は、過去に起こったことに対する仮... A ベストアンサー こんにちは。 日本語教師です。 昔書いたものから。 [V-にくい] 「V-やすい」の反対の意味を表します。 [1]人の意志的な動作で ある物・人が「~するのは難しい、大変だ」という性質を持っているという意味です。 他動詞の「Nを」が「Nが」となる例が多くあります。 その他に、道具の「Nで」、 場所の「Nに」なども、「Nが」になります。 「その人にとっては」という場合、「(人)に」で表します。 否定的評価で、「そういう性質を持っていることは良くない」という話し手の評価 があります。 この本は小学生には読みにくい。 別れの言葉は書きにくかった。 あの先生の説明はわかりにくい。 この靴はどうも歩きにくいです。 (その靴デ歩く) 右利き用のはさみは、左利きの人には切りにくい。 (はさみデ切る) 東京はすっかり住みにくくなってしまった。 (東京ニ住む) その温泉はずいぶん行きにくい所にあった。 (所ニ行く) この問題はあの人には相談しにくい。 あの先生はどうも相談に行きにくい。 なんだかやりにくいなあ。 [2]非意志的な動詞で 「かんたんにはそうならない、そうなることがあまりない、という性質を持って いることを表します。 それが良いことか困ったことかは、文脈によります。 体が丈夫で、病気になりにくい。 この絵の具は変色しにくい。 私は、風邪を引きにくい体質です。 この服は汚れが落ちにくいね。 地震の後は電話がつながりにくくなります。 この辞書は厚すぎて、カバンに入りにくい。 燃えにくい物を入れないでください。 消防士は燃えにくい服を着る。 倒れにくい建物 腐りにくい食べ物 割れにくいガラス とれにくい汚れ 混ざりにくい絵の具 流れにくいトイレ 折れにくい枝(木に登るのにはいい/たきぎにするには不適当) [V-がたい] 「かたい」は「-やすい」の「易」の反対の「難い」です。 音変化を 起こして「-がたい」となっています。 そうすることが困難であり、ほとんど できないことを表します。 精神的なことに関する動詞が多いです。 硬い文体で 使われます。 台風の進路予想は、何とも言いがたい。 現状のままでは、この地域は発展しがたい。 天才の頭脳の働きは、凡人には想像しがたい。 彼の行為は許し難かった。 この他に次のような動詞とよく使われます。 名詞修飾の形で例を出します。 忘れがたい 思い出 信じがたい 話 得がたい 人物 近寄りがたい 人 動かしがたい 証拠 耐えがたい 苦しみ saburoo こんにちは。 日本語教師です。 昔書いたものから。 [V-にくい] 「V-やすい」の反対の意味を表します。 [1]人の意志的な動作で ある物・人が「~するのは難しい、大変だ」という性質を持っているという意味です。 他動詞の「Nを」が「Nが」となる例が多くあります。 その他に、道具の「Nで」、 場所の「Nに」なども、「Nが」になります。 「その人にとっては」という場合、「(人)に」で表します。 否定的評価で、「そういう性質を持っていることは良くない」という話し手の評価 があります... A ベストアンサー これはきちんと調べた上での話ではないことをお断りした上でお話ししますと、中国で生まれた漢字は無数と言っていいほど膨大な量があり、その中で漢字の字体が違っていても意味が全く同じというものが数多く存在するようです。 ご質問の「捕える」と「捉える」も元々同じ意味だったものを日本が中国から漢字を輸入したあとで、その形が違うところから、使い方やニュアンスも変えて使うようになったと推測します。 常用漢字云々はお上の決めたことですから、それを基準にすれば、「捕える」「捕らえる」はそのまま使え、「捉える」は「とらえる」と書くのが正しいということになるでしょう。 ただ、慣用的に使われている状況というのは、あくまで多くの人が見てどちらが自然な使い方に見えるかどうかということでしかなく、どちらが正しい、どちらが間違っている、というレベルの問題ではないと思います。 ですから私の感覚から言いますと、「この問題の捉え方が重要だ」、「逃げた猫をやっと捕らえた」という使い分けが自然に感じます。 4の回答もその感覚を基準にしたものです。 しかし、No. 5さんの『「映像を捕える」でも正解です。 』にも納得できます。 というのは、「映像」というものに対して「捕える」が正しいか、「捉える」が正しいか、「とらえる」が正しいかを説明できる理論的なものやオーソライズされたものがないからです。 ただひとつあるとすれば、先ほど申し上げた「常用漢字」に入っているかどうかです。 昭和56年(1981年)に定められた常用漢字1945文字のひとつが「捕(ら)える」です。 この基準に従えば、正しいのは「捕(ら)える」と「とらえる」だけです。 しかし、お上は漢字の使用に関して、教科書などを除いて実質的な制限を定めていません。 ですから「捉える」という表現も可能であり、例えば文学や歌詞の世界では「女」と書いて「ひと」と読ませたり、「昏い」と書いて「くらい」と読ませたりできるのです。 以上、自説ですが参考にしていただければと思います。 これはきちんと調べた上での話ではないことをお断りした上でお話ししますと、中国で生まれた漢字は無数と言っていいほど膨大な量があり、その中で漢字の字体が違っていても意味が全く同じというものが数多く存在するようです。 ご質問の「捕える」と「捉える」も元々同じ意味だったものを日本が中国から漢字を輸入したあとで、その形が違うところから、使い方やニュアンスも変えて使うようになったと推測します。 常用漢字云々はお上の決めたことですから、それを基準にすれば、「捕える」「捕らえる」はそ...

次の

間違いも多い「失念・失念しておりました」の意味・使い方・例文

うっかり 意味

「失念」の意味について理解したところで、続いては正しい使い方について考察していきます。 上記でもご紹介したように、「失念」とは、物事などをうっかり忘れたり、物忘れしたりすることを意味する言葉です。 その為、ビジネスシーンにおいても、うっかり忘れてしまった時などに使用します。 また、記憶以外にも、物をなくした時にも、「失念」が使われることがあります。 また、物などを失った時に使うケースもあります。 失念を使った謝罪・お詫びの方法 上記でもご紹介したように、「失念」はうっかり忘れていた時に使われる言葉となっています。 その為、「失念」を使う場合、謝罪やお詫びの言葉と一緒に使うことが多くなります。 「失念」という言葉を使った謝罪としては、「申し訳ございませんでした」といった言葉と組み合わせて使うことが多くなります。 また、パスや会員証など、大切な物をなくしてしまった時などに、「大変申し訳ございませんが、〇〇を失念してしまいました。 代わりの物を頂けないでしょうか?」などと使うこともできると予想できます。 「失念」を使った例文 上記では、「失念」の意味や使い方についてご紹介しました。 「失念」の意味や使い方を理解した所で、続いては「失念」という言葉を使った例文をご紹介していきます。 例文を確認することで、「失念」の使い方を感覚的に理解したり、「失念」を使った言い回しのバリエーションが増えたりする可能性もあります。 失念しておりました 「失念しておりました」という言い回しは、「失念」を使った言い回しの中でも、特によく使われるメジャーなものだと言えるでしょう。 「おりました」という言い回しを、「いました」に言い換え、「失念していました」などと使っても、間違いではないと考えられます。 しかし、失念すること自体が、物事を忘れたり、それによって相手に迷惑を掛けたりした時に使われることが多い為、「いました」よりも更に丁寧な形である、「失念しておりました」と表現した方が、誠意や謝罪の気持ちを表現しやすいでしょう。 ・大変申し訳分けございませんが、その件については失念しておりました。 ・書類の〇〇の部分を失念しておりましたので、再度修正してお送り致します。 ・この件について、失念しておりました。 ご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ございませんでした。 など 失念した 物事を忘れたり、物を失ったりした場合に使われる「失念」という言葉ですが、謝罪をしたり相手に報告や相談をしたりした場合は、「失念しておりました」と丁寧に表現するケースが多いと予想できます。 しかし、文章などで使う場合は、「失念した」と表現するケースもあります。 そこで続いては、「失念した」という言い回しを使った例文をご紹介していきます。 ・会社のパスカードを失念した。 ・事務所の鍵を失念した為、出入りを自由にすることができない。 ・会議に関する書類を失念した為、代わりの書類を受け取らなくてはならない。 など すっかり失念 「失念」という言葉の表現方法として、「すっかり」という言葉を付け加え、「すっかり失念していた」などと表現する場合もあります。 「すっかり」を加えることで、物忘れの度合いを強調することができます。 ・会議があることをすっかり失念していた為、準備をほとんどしていない。 ・その日、ミーティングがあることを、すっかり失念していた。 など 「失念」の敬語としての正しい使い方 最後に、ビジネスシーンなどで「失念」を使う場合の、敬語表現について考察していきます。 上記でも触れましたが、「失念」の後に続く言葉としては、「失念していた」「失念しておりました」などが挙げられます。 敬語で表現する場合は、「失念しておりました」が適当だと言えるでしょう。 また、失念していたことを謝罪する場合は、「すみません」よりも、更に丁寧な印象のある「申し訳ございません」の方が、良いと言えるでしょう。 ですから、ビジネスシーンなどで、目上の人に物事をうっかり忘れていたことを伝える場合は、「失念しておりました」が無難であると予想できます。 また、そのことについて謝罪したい場合は「失念しておりまして、申し訳ございませんでした」などと表現すると良いでしょう。 「失念」を使いこなして、誠意が伝わる会話をしよう いかがでしたでしょうか?今回は、「失念」という言葉をテーマにして、「失念」の意味や類義語、使い方や例文などをご紹介しました。 物事をうっかり忘れてしまうことは、誰にでもあることです。 しかし、ビジネスでは、うっかり忘れたことによって、周囲の人や上司、取引先の相手などに迷惑を掛けることもあります。 そのような際に、「うっかり忘れていました」「ど忘れしており、すみません」などと報告や謝罪をしたのでは、相手に不快感を与えたり、誠意が感じられないと思われたりする危険性があります。 「物忘れ」「ど忘れ」などは「失念」と表現し、「失念しておりました」「失念しておりまして、申し訳ございませんでした」などと報告や謝罪をし、誠意のこもった態度でやり取りをすることをおすすめします。 その為にも、「失念」という言葉の意味や使い方は、この機会にぜひ覚えておいて下さい。

次の