ハッピーアイランドデザイン。 [【ハッピーアイランド】島自慢コンテスト]

アイランドカウンター&シンプルデザインの家

ハッピーアイランドデザイン

1975年 STEAK BEER G. を福島 健一が開店。 1982年 STEAK BEER G. が現在の群馬県高崎市緑町へ移転。 2003年8月 有限会社 HAPPY ISLAND 設立 (取締役 福島 健司)。 2006年9月 取締役会の決議をうけ、取締役 福島 健司が代表取締役に就任。 2007年4月 黒毛和牛ハンバーグ Happy Burgを開店。 2008年 STEAK BEER G. がぐんま地産地消推進店に認証。 2009年10月 びふてき屋 開店。 2009年10月 通販サイトGGCハンバーグ工房 開店。 2010年3月 群馬県産「上州銘柄」食肉取扱推進店として、STEAK BEER G. が認定。 2010年11月 STEAK BEER G. を上州牛と上州麦豚を使用したステーキとハンバーグ店へとグランドメニューーをリニューアル。 あわせて、STEAK BEER G. をGGC高崎本店へ変更。 2011年4月 ぐんま家庭教育応援企業に登録。 2011年8月 GGC前橋店が、ぐんま地産地消推進店に認証。 2012年4月 チルド商品 チーズインハンバーグ、上州牛ハンバーグ(デミグラスソース付)が群馬県優良県産品推奨として認定。 2012年9月 「チーズインハンバーグ(冷凍・冷蔵)」群馬県ふるさと認証食品として認証。 2012年9月 社会保険加入。 2012年10月 Happy Burgがぐんま地産地消推進店に認証。 2012年11月 上州牛ステーキとハンバーグ専門店としてGGC高崎本店・前橋店、グランドメニューをリニューアル。 2013年4月 ぐんまバーガーを催事で販売開始。 2013年10月 「ビーフシチュー(冷凍・冷蔵)」群馬県ふるさと認証食品として認証。 2013年10月 黒毛和牛ハンバーグ Happy Burgにて「ぐんまバーガー」販売。 2014年1月 黒毛和牛ハンバーグ Happy Burgにて販売中の「ぐんまバーガー」を『Happy Burgの「ぐんまちゃんバーガー」』へ名称変更。 イベント用メニューへと変更。 2014年2月 中央農業グリーン専門学校とのコラボ商品「冬のGGCハンバーグ」を2月限定メニューとしてGGC高崎本店、GGC前橋店にて販売。 2014年2月 平成25年度 群馬県食品衛生協会長表彰・食品衛生優良施設として表彰。 2014年8月 「ぐんま食育応援企業」として登録認定 第14-072号、中央農業グリーン専門学校とのコラボ商品「夏の上州牛MIX」を8月限定メニューとしてGGC高崎本店、GGC前橋店にて販売。 2015年1月 GGC前橋店「第6回T-1グランプリ」決勝戦進出。 2015年1月 中央農業グリーン専門学校とのコラボ商品「新春GGCMIX」を1月限定メニューとして高崎本店・前橋店にて販売。 2015年4月 GGC前橋店「第6回T-1グランプリ」で入賞、上毛かるたグルメストーリーに参加。 上毛かるた読み札「え」から「縁起だるまハンバーグ」を開発。 2015年5月 グループ企業 株式会社 HAPPY PROJECT設立。 2015年8月 中央農業グリーン専門学校とのコラボ商品「BBQハンバーグ」を8月限定メニューとしてGGC高崎本店、GGC前橋店にて販売。 2015年9月 グループ店 黒毛和牛ハンバーグ Happy Burg高崎倉賀野店オープン。 あわせて、Happy BurgをHappy Burg高崎中泉店へ変更。 2016年1月 中央農業グリーン専門学校とのコラボ商品「鏡もちDEハンバーグ」を1月限定メニューとして高崎本店・前橋店にて販売。 メニューデザインは中央工科デザイン専門学校学生が作成。 2016年3月 販売開始。 2016年6月 経済産業省 平成27年度「攻めのIT経営中小企業百選」に選定。 2016年8月 中央農業グリーン専門学校とのコラボ商品をGGC高崎本店、GGC前橋店、HappyBrug高崎中泉店、HappyBrug高崎倉賀野店4店舗にて販売。 2016年12月 中央農業グリーン専門学校とのコラボ商品をGGC高崎本店、GGC前橋店、HappyBrug高崎中泉店、HappyBrug高崎倉賀野店4店舗にて販売。 2017年5月。 2017年8月 中央農業大学校学生が考案した上毛かるた読み札「あ」「あさまのいたずら鬼の押出しバーグ」「上毛かるたグルメストーリー」メニューをHappyBurg高崎中泉店、HappyBurg高崎倉賀野店で販売開始。 2017年8月 経営力向上計画が認定。 厚生労働省発生食0831第8号 29関経第35号-256 2017年12月 とのコラボ商品をGGC高崎本店、GGC前橋店、HappyBrug高崎中泉店、HappyBrug高崎倉賀野店4店舗にて販売。 2018年4月 GGC前橋店「第9回T-1グランプリ」で入賞。 2018年8月 第10回中央農業グリーン専門学校とのコラボ商品をGGC高崎本店、GGC前橋店、HappyBrug高崎中泉店、HappyBrug高崎倉賀野店4店舗にて販売。 2019年1月 第11回中央農業グリーン専門学校とのコラボ商品をGGC高崎本店、HappyBrug高崎中泉店、HappyBrug高崎倉賀野店3店舗にて販売。 2019年5月 現在に至る。 お問い合わせ.

次の

吉村界人主演『ハッピーアイランド』予告編 萩原聖人、大後寿々花の姿も

ハッピーアイランドデザイン

友だちが表示される部分は切り取って投稿してください。 結果発表 2010年11月中旬 ハンゲーム側ではボクやハッピーアイランドの担当者さん数名で審査します。 お友だちいがいに自慢の島を見せるチャンスです! ぜひ参加してください!!! 【注意事項】 参加条件に満たしていないエントリーは削除の対象となります。 不正が判明した場合削除の対象となります。 1ID1回の投稿でお願いいたします。 複数投稿があった場合、一番最後に投稿したものを審査いたします。 順位の最終決定は第二次審査での得票数のだけではなく、コメントの内容も重視いたします。 お気に入りの島がたくさんあったので、どれを出品しようか迷いましたが 島自体の入手がとても困難だったという意味で、この島には1番思い入れがありw それと製作時間が1番かかった島でもあったので、頑張った記念にこの島を出品する事にしました 笑 テーマはまさに「ギリシャ」 雄大なパルテノン神殿と、断崖に面する青と白の建物を表現したくて、このようになりました。 一番下の平地は、市場のような雰囲気にしたくて、お店を立ち並べてみました^^ ギリシャには行った事はありませんが、歴史的な建造物と現代の建物が、ある境から分かれている 所に面白みを感じ、それをこの島で表現できたらと思った事が作ろうと思ったキッカケです。 また、他の国シリーズも作ってみたいです^^•

次の

どうぶつの森ハッピーホームデザイナー 攻略

ハッピーアイランドデザイン

解説 福島県出身の新人監督・渡邉裕也が、東日本大震災後も原発事故による風評被害に負けることなくたくましく農業を営んだ自身の祖父の姿にインスパイアされて企画した人間ドラマ。 仕事も転々とし、金もなく中途半端な生活を送る東京に住む23歳の真也は飲み屋の店主の紹介で福島の農家で働くこととなった。 寒くて、朝が早く、きつい農作業に初日から嫌気がさすが、そんな彼にも農家の先輩たちはやさしく、時に厳しく向き合ってくれた。 保育士・里紗へのほのかな恋心から福島に残ることにした真也だが、自分が手塩にかけて育てた農作物の収穫の喜びや、ボスである正雄の農業で地元の人びとに尽くす姿に触れる中で、福島での生活が好きになっていく。 そんなある日、真也は初めて売り子をした県外の直売所で福島県産の野菜を毛嫌いする客に思わず手をあげてしまう。 主人公・真也役を吉村界人、正雄役を萩原聖人、里沙役を大後寿々花がそれぞれ演じる。 2016年製作/75分/日本 スタッフ・キャスト この作品には、日本人として知っておくべきことが詰まっている。 すなわち、福島で農業を営んでいる人たちは、今どのような思いを胸に野菜を生産しておられるのか、ということだ。 この疑問に対する一つの答えとして、本作は実に多くの示唆を投げかけてくれる。 愛情を込めて育てた野菜に自信を持つ一方、多くの悔しさや歯がゆさも体験してこられたはず。 これはドキュメンタリーではないが、劇映画にしかできない手法を用いて人々のリアルな心の内側を描き出している。 その点において、今の日本でなかなかお目にかかれない稀有な作品と言えるだろう。 また本作は何かの思いを観客に無理強いしたり、啓蒙するようなことはしない。 あくまで都会からやってきた一人の若者がこの地での農業体験を通じて、様々な思いを体験して、また一段、大人への階段を登るという普遍的なストーリーとして仕上がっている点も素晴らしい。 是非多くの方に観ていただきたい力作だ。

次の