腎臓 足 つぼ。 腎臓

脾臓

腎臓 足 つぼ

「足裏は第二の心臓」と聞いたことありませんか? 痛いけどくせになる足裏マッサージ。 足裏マッサージをすると、全身の血流がよくなってポカポカに。 また、むくみもとれてスッキリとしてくるんです。 それもそのはず! 足裏には全身の反射区がすべて集まっていると言われており、足裏マッサージをするだけで、全身マッサージを受けたかのような爽快感が味わえるのです。 痛気持ちい~!ゴリゴリ率ナンバーワンの土踏まず 足裏マッサージを経験された方なら、一度は「痛気持ちいい~」と感じたことのあるであろう土踏まず。 土踏まずは 胃腸をはじめとした消化器の反射区です。 足裏でもやわらかい皮膚のため、手で触ってみるとゴリゴリとしこりを感じやすい部分でもあります。 こちらのしこり部分は、胃酸過多が原因と考えられます。 暴飲暴食をして胃腸に負担をかけた日や、「ストレスで胃がきりきりする」と感じる日の土踏まずは、腫れてむくみを感じたり、よりしこりを感じやすいです。 また便秘がちな方の土踏まずは、常にゴリゴリとしこりを持っている部分でもあります。 胃酸過多を放置しておくと、胃から続いて腸、肛門と順番に焼いていってしまいます。 これは胃がんや痔を引き起こすこともあるんです。 土踏まずにゴリゴリを感じたら、自分の胃腸と向き合って労ってあげましょう。 同じ場所なのに?!左右で違う肝心の足ツボ 「肝心要」とは一番重要という意味で知られていますよね。 これは肝臓と心臓が身体にとって欠くことのできない重要な臓器であることが語源となっています。 その肝臓と心臓のツボが、 左足には心臓、右足には肝臓のツボと左右足裏の同じ場所にあるんです。 中指と薬指の間を指でかかとに向かってなぞり、へこんでいる部分がそのツボです。 脂肪や糖分過多になると、ドロドロな血液になって流れが悪くなるため、全身のポンプ機能を担っている心臓に大きな負担を与えてしまいます。 また、有害物質の解毒・分解機能のある肝臓は、添加物過多・アルコール過多により負担がかかってしまいます。 心臓に肝臓に負担がかかればそれだけ全身の流れが滞り、解毒がままならなくなって、最終的には動脈硬化、心筋梗塞、肝硬変など命の危険がある大病を患うこともあるのです。 「肝心要」と言うくらいなので、負担をかけるとリスクが大きいですね…。 普段から足つぼチェクを行い、初期のトラブルにも気づけるようにしたいものです。 頭の固い人は足の親指も固い!? 考え事・悩み事が多い方、親指の先端が固くなっていませんか? このツボは、 大脳の三叉神経の反射区です。 物思いにふけっている時、ふと親指の先端をマッサージしてみると固く、強く押すと鈍い痛みを感じます。 このツボは、不眠症にも効果的なツボです。 悩みすぎて眠れなくなってしまう前に、親指をもみほぐしてあげてください。 親指が固くなっていたら「脳が疲れている」サインと受け取って、自分をゆっくり休ませてあげましょう。 もし、疲れているのになかなか眠れない人は、下記の記事がオススメです。 婦人病や、生理不順の女性はツボが固くなっています。 ホルモンバランスの崩れは、糖質過多・カフェイン過多など食べ物が原因になることもあれば、ストレスが原因になることも多いのです。 ホルモンバランスの崩れに効果的と言われている、ヨーグルト、納豆、海藻等を積極的に摂取すると同時に、疲れをかんじたら放置せずにリラックスする時間を大切にしましょう。 足裏シートで足の裏全体をじんわ~り刺激する つぼを刺激するには、自分の指や、ツボ押し専用の棒など、皆さんそれぞれの方法で反射区を刺激すると思います。 ただ、自分で足ツボ押したり、マッサージするのって意外に疲れますよね? そこでおすすめなのが、 足裏樹液シートを使い足の裏全体を刺激する方法です。 使い方も簡単で、夜寝る前に足裏にピタっと貼るだけ。 それだけで、足の裏全体をケアすることができます。 足に溜まった余分な水分も吸収してくれるため、 足のむくみに悩んでいる人にもおすすめです。 」と聞いたことありませんか? 足裏マッサージ店でも、妊娠中の足裏マッサージの施術を受けられないお店もあれば、受けられるお店もあります。 本当のところはどうなんでしょうか? 足裏刺激(足つぼ)は内臓に働きかけて、体全体の調子をよくする効果があります。 しかし体の状態によっては刺激が強すぎて、悪い影響を与えることもあるので要注意です。 子供や妊婦、お年寄りは少しの刺激でも過剰に反応してしまうので、弱くやさしく押し揉むようにします。 妊婦の場合、足裏刺激することでお産を軽くすることができます。 また足裏刺激を行ってはいけないのは、酔っている人や足を骨折(捻挫やけが含む)している人、伝染病に罹っている人などです。 腎臓や心臓が悪い人は、強い刺激でショックを受けると命にかかわる危険がありますので充分ご注意ください。 具合が悪い場合は、軽い刺激であってもおこなわない方がよいです。 また疲労がたまっている場合も、ショックでかえって疲れが増すことがありますので避けたほうが賢明です。 引用元: 足をケガして治療中の人はやってはいけません。 また、 脳出血や 脳血栓を 起こした直後、 心臓病や 重い腎臓病、 悪性腫瘍、 不整脈などがあった場合は逆効果となるので足つぼマッサージは控えておきます。 引用元: まとめ けがや病気の際はもちろん、妊娠中は刺激に過敏になるので優しくリラックスのためのマッサージにとどめておくのが安心でしょう。 足の裏のツボは、「病気を治す」マッサージというより「病気を未然に防ぐ」マッサージとしてとらえ、身体の不調を早期に発見する手段の一つとして取り入れたいですね。 足ツボマッサージそのものが余計に疲れてしまう…という人は、貼るだけ簡単セルフフットケアの足裏樹液シートを利用するのも一つの手です。

次の

慢性腎不全、そして人工透析からの帰還 【ウインターベル健康ショップ】官足法の足つぼ治療・足裏マッサージ治療用健康器具

腎臓 足 つぼ

スポンサーリンク 足つぼやったら腎臓のツボがやけに痛い!!これは腎臓が悪いのかも!? そんな不安になっているあなた。 腎臓の足つぼが痛くてもまずは心配しないで下さい。 足つぼは1回や2回やっただけでは本当の不調を見つけるサインを捉えることは素人ではなかなか難しいものです。 でも、 腎臓の足つぼが痛いと思ったあなたは、腎臓がお疲れモードといえます。 腎臓が元気になることで、 疲労感、むくみ予防、血圧の不調が整ってきますので、腎臓を元気にするために一緒に足を揉んでいきましょう! 自分で足を揉むのはちょっと面倒。 そんなあなたには、こんな足つぼグッズがおすすめです。 上手に足つぼグッズを使えは手軽に毎日足つぼ健康法が実践できますよ。 足つぼマットで手軽に足つぼを始めるならこちらの商品がオススメです。 まずは手軽に始められる足つぼマットもおすすめです。 1900円くらいで購入できますよ。 腎臓の足つぼが痛いと腎臓が悪の?病気なの? 腎臓の足つぼが痛くて不安でたまらないあなたへ。 足つぼが痛いからといってすぐに病気と考えるのは少し早すぎます。 まずはコチラをクリックして読んでみて下さい。 足つぼの痛みに関する不安が少しはなくなくなると思いますのでぜひ合わせて読んでみて下さい。 腎臓がお疲れモードになると出て来る症状は? 腎臓は人間の握りこぶしサイズで左右の腰のあたりに1つづつ合計2つあります。 この腎臓に負担がかかり続け、腎臓が疲れてくると、 腎臓の普段行っている働きが低下してきてしまいます。 注意してもらいたいのは、いきなり病気にはならないということですね。 徐々に負担がかかり、痛めつけられて、腎臓機能が低下し続けることによって病気になってしまいます。 ですので、あくまでも腎臓の疲れを溜め込まないことが重要です。 では腎臓がどんな働きを持っているのか? 腎臓の働きは全て重要といっても良いくらいです。 人間の生命の根幹に関わる部分を調整しています。 難しい言葉であえていうと恒常性(ホメオスタシス)と言われ、 体の状態を一定に保とうとする働き。 これを行っているのが腎臓です。 主には血液から濾過して水分と、それ意外を振り分けて排出するのか、吸収するのかを調節することで体の中を一定に保とうとしてくれています。 腎臓機能が低下するということは体のバランスが崩れ始めるということになります。 腎臓への負担は出来る限り避ける生活を心がけることが大切です。 腎臓は体の恒常性(ホメオスタシス)に関わる重要な7つの働きを行っている 老廃物を体の外へ出す 腎臓は血液から老廃物を濾過して体の外へ排出させる事を行っています。 1日ですごい量の濾過作業を行っていて、その量は 1日約200リットルもの血液を濾過して老廃物を体の外へと出しています。 実際に尿として体から出ていくのは約1,5リットルくらいなので、99%は水分を再吸収という形で非常に効率のよいろ過システムを行っています。 やはり老廃物を体にとどめてしまうことはとてもリスクがあるということですね。 余分な水分をおしっことして出す 腎臓は、老廃物を体の外へ出す時に排出する尿の水分量をコントールして、 体にある余分な水分を外に排出する作業も行っています。 汗をたくさんかいて体内の水分量が減っている時は、おしっこの量を減らして水分を体内に留めます。 濃度の濃いおしっこになるのはこのせいです。 また、水分を取りすぎている時は大量に尿として水分が体の外へ出ていくようにしてくれます。 このときは薄いおしっこがでているわけです。 水分コントロールは人間にとってとても重要な仕組みの1つです。 腎臓は生命の根幹である部分をコントロールしている臓器なので、とても大切な存在です。 血液(赤血球)を作る為に必要なホルモンをつくっている 血液の中にある赤血球を作る為に必要なホルモンであるエリスロポエチンを腎臓が作っています。 このエリスロポエチンが作られ、分泌されると、血液の中の赤血球の量が一定に保たれています。 何かの原因で腎臓機能の低下してしまうことによってこの赤血球を作るホルモンが作られなくなると、血液の中の赤血球の量が一定に保たれなくなり、赤血球が減少し、結果的に酸素が体の隅々に送り届けられなくなってしまいます。 そうすることで、貧血が起こってしまうこともあるんです。 これまたとても重要な腎臓の働きの1つです。 ホルモン分泌については、脳の視床下部というところが指令を出しているので視床下部の働きも大切になってきます。 また、男性ホルモンのテストステロンがエリスロポエチンに関係しているという話があります。 だから男性より女性の方が貧血が多いということも。 人間の体の中はかなり複雑な連携を取っていることが分かります。 まだまだ未解明のこともたくさんありますからね。 ビタミンDを活性化させ、カルシウムの腸からの吸収を促す働き 皮膚で合成されたビタミンDや食物から摂取したビタミンDが肝臓と腎臓で活性ビタミンDというものに変換します。 この活性ビタミンDは腸でのカルシウムの吸収を促す働きを持っているので、腎臓が行っているビタミンDの活性化によって、骨が丈夫になる働きが促されるわけです。 骨を丈夫にするには、カルシウムを多くとるだけじゃなくてビタミンDの摂取、合成も必要だし、肝臓、腎臓の働きもちゃんとしていないと骨は丈夫にならないんですね。 さらに言うなら、吸収する腸の働きも正常でないといけません。 牛乳を飲めばカルシウムは平気と思われがちですが、色々と人間の体は複雑にできています。 血圧の調節をしている 腎臓に入ってくる血液量が減少してくると、腎臓機能を維持するためにレニンというホルモンを分泌します。 このレニンというホルモンがきっかけとなり、複数の作用を経て、血管収縮作用をもたらし血圧を上昇させます。 血圧は血管、血液量、心臓といった様々な器官によってコントロールされているので、腎臓だけを調整しても高血圧が治る訳ではありません。 人間の体液の濃度(電解質の濃度)を一定に保っている 腎臓では体の水分量のコントロールと共に、体にあるナトリウム、カリウムなどの電解質の濃度を一定に保つ働きも行っています。 人間の体の約60%は水分で、その水分に様々なものが溶け込んでいます。 その濃度を一定に保つことで私達人間は行きていけるのです。 この電解質の濃度が少しでも変化してくると、さまざまな障害が起こってきます。 体液の濃度のコントロールは血圧よりも優先される生命に関わる根幹部分にもなるので非常に重要な役割と言えます。 また、人間の体を弱アルカリ性(ph7. 4)に保つ働きも行っています。 腎臓の疲れをどうやって取るの?足つぼが有効なんです。 腎臓をあまり疲れさせたままは良くない。 腎臓の大切な働きは理解した。 でも、どうやって腎臓の疲れをとればいいの? そうなりますよね。 腎臓の疲れをとるなんて難しいこと出来ないじゃんと思うかもしれません。 でも、足つぼからの刺激によって腎臓の働きをサポートすることが出来るんです。 これが足つぼの良いところ。 直接腎臓を触らなくても、腎臓の調子を整えてあげることが出来る。 では、一緒に腎臓の足つぼについて学んでみましょう。 腎臓の足つぼの位置は両足の真ん中の少し上 上の図の赤い丸のところが腎臓の足つぼになります。 ちょうど、両足の土踏まずの少し上の所あたりです。 この後、動画での説明もありますので分からなければ動画をしっかりみて腎臓の足つぼの位置と揉み方を参考にして下さい。 足つぼ動画 あなたの腎臓を元気にしてあげよう 若石健康法マスターが教える腎臓の足つぼセルフケアのやり方。 腎臓の足つぼの位置は、右と左と両方にあります。 腎臓はデトックスとも関係が深いばしょですね。 足つぼは基本的には左から揉んでいきます。 理由は気の流れが左から右に流れていくという考え方に基づいています。 迷ったら左から揉む!コレ覚えておいて下さい。 足つぼの位置は、足の人差し指と中指の間を下にたどって 凹んだところがあります。 そこに500円玉を置いたくらいの大きさが腎臓の足つぼです。 だいたい3本線でその500円玉を塗りつぶすように押していきます。 圧し方は、木の棒などで1点をぐーっと押し込んでスライドさせて押していきます。 だいたい3本線で3回。 呼吸をしながら息を吐いている時に圧してもらうとちょうどいいと思います。 腎臓の足ツボを押した時の感じ方で疲れ具合を知ろう 腎臓の足つぼをしっかり押すことが出来ましたか?足つぼを圧した時の印象によって腎臓の疲労具合が分かります。 腎臓のツボを押すと 激痛だった人 老廃物が相当足に溜まってしまっていて、腎臓も疲れがたまっている可能性があります。 まずは、指で優しくほぐしてあげるイメージで揉んでみて下さい。 老廃物がながれてくると痛みもだんだん落ち着いてくるはずです。 老廃物は体の外に出してあげましょう。 腎臓のツボを押すと 痛いと感じた人 老廃物が軽く溜まっていて、腎臓の疲労もほどほど。 棒でしっかりほぐしてあげることで、足つぼから腎臓へ刺激が伝わり、血行が良くなり腎臓の働きが整ってきます。 痛気持ちいい程度の刺激を加えながらツボを刺激してみましょう。 腎臓のツボが 痛気持ちいいと感じた人 痛気持ちいいと感じる程度が良い状態です。 ただ日頃から揉んでいないと痛気持ちいいの基準がわからなくなってしまうので、日頃からよく揉んであげて、いつもの痛気持ち良さと比べて変化がないかを気にしてあげてください。 腎臓のツボを押しても 何も感じない ツボの場所は間違っていませんか?間違っていないのであれば、元気がなくなっているようです。 分かりやすい表現で言うと、 貧弱な弱々しい腎臓になっている可能性があります。 腎臓を元気にさせるためにも血行を良くして水分をとるように心がけましょう。 腎臓のツボの場所に シコリ、シビレがあった 腎臓に異変が起きている兆候かもしれません。 足つぼには対応した臓器、器官の状態が足に現れることがあります。 シコリがあったり、シビレがあったりする場合は腎臓自体の異変を知らせるサインになっている場合があります。 ただ、靴があっていなかったり、歩き方がおかしかったりすると足にタコができて、そのタコとシコリを見間違えてしまっていることもあるので、まずは慌てずに足を揉んでみましょう。 次第にシコリやシビレがなくなって、腎臓も元気になってくれるでしょう。 心配でしたら、足つぼ専門店や腎臓の検査を病院でしてもらって心配を安心に変えてから足を自分で揉んで下さい。 腎臓の負担を事を考えた食事 腎臓の負担となってしまうのは、過剰に腎臓が働いていることが原因となることが多いです。 つまり、塩分調節や血圧の調整、水分調整、老廃物の排出といった腎臓の行っている仕事がすごく忙しくなってくるとどうしても腎臓が疲れやすくなってきます。 腎臓の負担を軽減するためにも、暴飲暴食をさけ、控えめな食事を意識してあげると腎臓への負担が減ってくるのではないでしょうか。 腎臓の足つぼのまとめ 腎臓が疲れているかもしれない。 足つぼで腎臓を元気にしたい。 そんなあなたにお役に立てたでしょうか?• 腎臓のツボは両足の土踏まずの上のあたりにあります。 動画で一緒に足つぼをやって腎臓を元気にしましょう• 腎臓はホメオスタシスの役割を担っている• 腎臓に負担をかけずにこれからの生活に役立ててください。 腎臓のお疲れを回復するには食事は控えめに 足つぼの本質を知りたいかたはコチラへ.

次の

症状別02

腎臓 足 つぼ

東洋医学でいう「腎」は、尿の生成だけでなく、体の成長や生殖機能・骨や歯の形成や維持などにも関与します。 腎臓と、腎臓の上下に位置する副腎や生殖器の働きを包括したものと考えられています。 腎はいわば、「元気の源」です。 しかしその生命力も、加齢により、徐々に弱ってきます。 また、食事や生活習慣の乱れによっても腎機能は低下します。 すると、「むくむ」「疲れやすい」「だるい」「足がつる」「やる気が出ない」「精力の衰えを感じる」といった症状が現れるようになります。 血圧の上昇や、血尿も、腎が疲れているサインです。 こうした不調が続く場合は、一度、内科を受診することをお勧めします。 検査の結果、腎機能が著しく低下しているようであれば、早急な治療が必要になることもあります。 一方、腎機能は低下していても、すぐに治療を必要としない場合があります。 こうしたケースでは、まず生活習慣を改めるのが先決です。 それと並行し、セルフケアとしてお勧めなのが、指圧などのツボ刺激です。 東洋医学では、「気」や「血」といった生命エネルギーの流れを整えることで、体に現れている症状や不調を解消します。 この気の通り道が「経絡」です。 経絡は、内臓機能と密接に関連づけられており、例えば、腎臓とかかわりが深いのは「腎経」というように、細かく分類されています。 そして、経絡上にあるのが「経穴」、いわゆるツボと呼ばれる治療点です。 症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。 また、ツボは治療にも使えますが、診察にも活用されます。 ツボを押して痛むようなら、そのツボに対応する臓器に異常を生じているといえます。 そのため、位置とやり方さえ適切であれば、患者さん自身が刺激しても、治療に十分役立つのです。 そこで、特に腎機能向上に効果的で、押しやすいツボを紹介しましょう。 ツボの位置と刺激の方法は、下の図を参照してください。 一つ目は、「築賓」です。 腎経のツボで、ふくらはぎの内側に位置します。 腎機能が弱っている人は、ここを押すと、強い痛みを感じるでしょう。 下半身の血流を改善し、冷えや、足のむくみ、腰痛などの緩和にも効果的です。 二つめは、足裏の「湧泉」です。 このツボは、腎経の起点であり、足先から全身の血行を促進するため、冷えに効くツボとして、よく知られています。 三つめは、腰にある「腎兪」です。 このツボは脊椎(背骨)の両わきを通る膀胱経に属する「兪穴」の一つ。 兪穴は、体の諸機能を無意識下で調整している自律神経と内臓のつながりに作用するため、内臓疾患の治療には欠かせないツボです。 また、腎不全で人工透析を受けている人は、寝た姿勢のまま何時間も治療を受けるため、腰痛に悩むことが多いようです。 そして腎兪は、実は腰痛治療に使われる定番ツボでもあります。 腎兪への刺激は、腎臓の血流を直接増やすうえ、腰痛の改善にも役立ちます。 腎機能が落ちている人にとって、大変有用なツボです。 腎臓の血流低下は、腎機能を悪化させます。 体が冷えるなどして血流が悪くなれば、腎臓のろ過機能は落ち、体内に老廃物がたまります。 ですから、これらのツボへの刺激で、冷えや腎臓への血流を改善すれば、腎機能の向上につながるのです。 とはいえ、やり過ぎは禁物です。 なかでも、透析を受けるほど重度の腎臓病の場合や、高齢のかたは、筋肉や皮膚が弱くなっています。 強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。

次の