オメルタ 沈黙 の 掟。 ヴューズ

ヴューズ

オメルタ 沈黙 の 掟

この項目では、2011年発売のBLゲームについて説明しています。 マフィアの約定については「」をご覧ください。 同ブランドの第一作目。 ファンディスク『』がに発売された。 版『オメルタ 〜沈黙の掟〜 THE LEGACY』がに発売された。 概要 [編集 ] 主な特徴として、選択肢に制限時間タイマーが付いており、選択しなくてもタイムがゼロになると強制的に決められた選択肢に進む。 選択肢によってはあえてタイムアップを選ぶことで進むルートもある。 初回版では選択肢でセーブができないが、通常版では選択肢でのセーブが可能になった。 しなくてもDVD-ROMから直接ゲームを読み込むDVD起動でプレイできる。 ストーリー [編集 ] 近未来の日本。 局地的な電磁波テロで荒廃し、移民受け入れ政策により海外が進出し混沌としていた。 犯罪と歓楽に満ちた移民街と化した岸『龍宮』で、一匹狼の殺し屋JJは対立するマフィアの抗争に巻き込まれる。 構成 [編集 ] 中立ルート JJは組織に属さないフリーの殺し屋として活動。 ドラゴンヘッドに入った(または拉致された)梓を救出するのがメイン。 橘・藤堂・梓を攻略できる。 キングシーザールート 組織と縁のある藤堂の口利きでキングシーザーに入団。 霧生にスパイではないかと疑われるが、ファミリーには受け入れられる。 やがてドラゴンヘッドとの抗争が勃発する。 霧生・瑠夏を攻略できる。 ドラゴンヘッドルート 梓を人質に取られ、脅される形でドラゴンヘッドへ入団。 やがて宇賀神のある目的のために行動することになり、最終的に劉との死闘が待っている。 宇賀神・劉を攻略できる。 登場人物 [編集 ] メインキャラクター [編集 ] JJ(ジェー ジェー) - 城ヶ崎仁 二つ名:死神 誕生日:3月1日。 身長:175cm。 血液型:B型。 使用銃:、ライフル(狙撃用) 本作の主人公。 カーキ色のコートに紫のストールを着用し、のペンダントを着けている。 狙った標的に確実に死をもたらすことから、死神の異名を持つ殺し屋 狙撃手。 無口で無愛想だが、人の良いところもある。 少年時代に東南アジア旅行の際に巻き込まれた飛行機事故で両親を亡くし、現地のゲリラの中で育つ。 あまりに過酷な日々だったため、本名すら忘れてしまった。 JJという呼び名はJap. Jrと呼ばれていたことから。 唯一失敗した仕事の現場にいた梓にかつての自分を見出し、殺せずに行動を共にすることになる。 遠野 梓(とおの あずさ) 声 - 金田亮 二つ名:鮮血の針 誕生日:7月12日。 身長:167cm。 血液型:A型。 使用銃:、 大き目のコートに膝丈までのズボン、長めのブーツを履いている。 頭髪の一部が猫の耳のように跳ねている。 資産家だった両親が殺された現場にいたJJを仇と信じ、復讐しようと行動を共にするが果たせずにいる。 JJに連れ出されてからは攻撃的でひねくれた性格になるが、本来は素直で心優しい少年。 橘 陽司(たちばな ようじ) 声 - 二つ名:浪花のマシンガン 誕生日:5月27日。 身長:185cm。 血液型:O型。 使用銃:、 無精髭にサングラス、金髪でヒョウ柄のインナーを着用した関西出身のフリーの殺し屋。 陽気で神出鬼没。 JJに憧れ、興味を持つ自称ライバル。 関西の組織に所属していたが、ある事件をきっかけに組織を脱退した。 過去に藤堂に世話になったことがある。 藤堂 庄一郎(とうどう しょういちろう) 声 - 星乃煌児 二つ名:教授 誕生日:4月21日。 身長:179cm。 血液型:AB型。 使用銃: にある「エピローグ・バー」のマスター。 落ち着いた雰囲気の中年男性だが、その正体は情報屋兼武器商人。 裏社会の人間には一目置かれている。 かつてNPO活動をしており、ゲリラの部隊にいたJJを救い出した。 JJの一番古い知人であり、幼かったJJを引き取ろうとしたことがある。 彼のバーは唯一JJが安らげる場所。 霧生 礼司(きりゅう れいじ) 声 - 二つ名:地獄の猟犬 誕生日:10月13日。 身長:178cm。 血液型:A型。 使用銃: レッドホーク キングシーザーの若き幹部。 栗色の短髪の青年で、恩義に篤く義理を重んじる性格故に、どこにも所属せず気ままに生きるJJを理解できず衝突することがある。 過去にボスの瑠夏に命を救われてからファミリーに入り、以来彼に忠誠を誓っている。 銃の腕前はファミリー随一。 瑠夏・ベリーニ(るか ベリーニ) 声 - 二つ名:眠れる獅子 誕生日:8月23日。 身長:192cm。 血液型:B型。 使用銃: キングシーザーのボス。 金髪碧眼の美丈夫で口元に大きな八重歯がある。 父はイタリア人の先代ボス、母は日本人女性。 一見隙だらけに見えるがかなりの切れ者。 望んでボスの座についたわけではないが、ファミリーの人間のことを非常に大事にしている。 おおらかな性格で皆に慕われている。 宇賀神 剣(うがじん けん) 声 - 二つ名:氷の処刑台 誕生日:9月20日。 身長:172cm。 血液型:A型。 使用銃: ドラゴンヘッド最高幹部。 チェーン付きの赤い眼鏡をかけており、左の目元に黒子がある。 弁護士資格を持ち、組織内では首領の劉漸に次ぐ地位にある。 あまり表に出ない劉に代わって部下達に劉の言葉を伝える。 神経質で潔癖症。 常に白い手袋をはめ、ハンカチを持ち歩いている。 劉 漸(りゅう ぜん) 声 - 二つ名:虐殺の帝王 誕生日:3月28日。 身長:不明。 血液型:AB型。 使用銃: ドラゴンヘッドの首領。 中国人。 白いスーツに身を包み、長い髪を束ねている。 移民ビジネスで巨大な富を築いた。 不死身と恐れられ、幹部の前にさえ滅多に姿を現さない。 キングシーザー [編集 ] を拠点とする系マフィア。 日本に進出した海外マフィアの中では最大勢力で、瑠夏の元でファミリーとして強固な団結力を持つ。 マフィアだが麻薬ビジネスなどには手を出さず、またそういった輩は容赦なく一掃するなど、日本を守ろうとする平和的な面と非情な面を合わせ持つ。 表向きには食品輸入会社メーラグロッソを経営。 瑠夏・ベリーニ キングシーザーのボス。 霧生 礼司 キングシーザー幹部。 石松 陣(いしまつ じん) 声 - 笹木一馬 誕生日:8月31日。 身長:186cm。 血液型:O型。 使用銃: キングシーザー幹部。 ファミリーの兄貴分的存在。 パオロ・ピアノ 声 - 宮元登 誕生日:6月21日。 身長:172cm。 血液型:AB型。 使用銃: キングシーザー幹部。 先代の秘蔵っ子で、ファミリーの知性派。 フランコ・マリーノ 声 - 三房幕雄 キングシーザー幹部。 陽気で血の気が多い。 日本語はカタコト。 豪沢 瀧 声 - 童貞桜 霧生の部下。 短髪で頭髪の一部を刈り上げている。 不渡 賛 声 - 遥野光 霧生の部下。 髭を生やしていて、やや長い髪を束ねている。 ルチアーノ・ベリーニ 声 - 蓮岳犬 先代ボスで瑠夏の父。 シチリアに住んでいる。 瑠夏とは確執があり疎遠。 ドラゴンヘッド [編集 ] 大陸系マフィア。 東京湾岸のビッグネストを拠点とし、龍宮と呼ばれるその周辺をシマとしている。 構成員は大陸からの不法移民、流れ者、日本人犯罪者など裏社会でしか生きられない者が多く、家族として受け入れてくれた劉を父と崇めている。 また構成員は入団の儀式前に、必ず身体のどこかに黒一色の龍の刺青を入れなければならない。 劉 漸 ドラゴンヘッド首領。 宇賀神 剣 ドラゴンヘッド最高幹部。 王 偉(うぉん うぇい) 声 - 関エイジ 誕生日:5月5日。 身長:183cm。 血液型:O型。 使用銃: ドラゴンヘッド幹部。 組織内の武闘派集団・紅棍(フォンカン)のリーダー。 兄の友人である劉に憧れ、共に中国から渡ってきた。 二振りので戦うのを得意とする肉体派。 劉、宇賀神に次ぐナンバー3だが、宇賀神の下であることを内心面白く思っていない。 生真面目で部下の面倒見はよい。 魚住 哲(うおずみ てつ) 声 - 白井圭 誕生日:2月20日。 身長:171cm。 血液型:O型。 使用銃: ドラゴンヘッド幹部。 多くの飲食店・風俗店を経営し、ドラゴンヘッドの経済を支えている。 やや軽い性格で、ご機嫌取りが得意。 宇賀神を上司として恐れつつも慕っており、気に入られようと必死。 幹部だが劉に会ったことはない。 井田(いだ) 声 - ヒットマン眞吉 宇賀神の部下。 渡辺(わたなべ) 声 - 白井圭 宇賀神の部下。 王 遮(うぉん つぃいー) 声 - 桐野蒼 王偉の兄。 劉や弟と共に中国から渡ってきた創設メンバーの一人。 その他 [編集 ] 密林の虎(みつりんのとら) 声 - 誕生日:1月3日。 血液型:B型。 東南アジアのゲリラ組織のリーダー。 浅黒い肌の巨漢で目元に2本線のような傷がある。 飛行機事故で唯一生き残ったJJを助け、殺しを仕込んだ。 鰐淵 雄大(わにぶち ゆうだい) 声 - 三房幕雄 絶大な権力を持つ国会議員。 その影にはドラゴンヘッドが暗躍している。 アントニオ 声 - 遥野光 キングシーザーが出資したレストランのシェフ兼店長。 瑠夏や幹部たちとは家族のように親しいが、ファミリーではない。 宇賀神 恭一(うがじん きょういち) 声 - 蓮岳犬 宇賀神の父。 貿易会社を経営していたが、劉に全てを奪われ行方不明になっている。 小田切(おだぎり) 声 - 童貞桜 橘の元友人で彼に恨みを持ち命を狙う青年。 梓ルートでは龍宮のホスト・観月 みつき として登場。 張(チャン) 声 - 古川雅志 龍宮の情報屋。 白い長髪の老人。 フリーの時のJJや橘が仕事を紹介してもらっている。 伊春(イチュン) 声 - 白井圭 龍宮の風俗店で働く娼婦。 長い髪、豊満なボディの美女だが、実は男性。 スタッフ [編集 ]• プロデューサー -• 原画 - 立石涼• ディレクター - 菜摘かんな• 主題歌「薄明のリロード」 作詞:雪薄、作曲:HIR、歌:城ヶ崎仁 関連商品 [編集 ] 音楽CD [編集 ]• オリジナルサウンドトラック「黄昏アンダルシア」• オメルタ 〜沈黙の掟〜 ステージソングCD• vol. 1 JJ VO. 城ヶ崎仁 「衝動のサイレン」• vol. 2 劉 VO. 青島刃 「ニライカナイは遠いか」• vol. 3 梓 VO. 金田亮 「スラッジ・レイン」• vol. 4 橘 VO. 藍斗勇輝 「退屈デイブレイカー」• vol. 5 藤堂 VO. 星乃煌児 「ジョークの通じない君」• マキシシングル「薄明のリロード」 VO. 城ヶ崎仁• オメルタ ボーカルアルバム「残響エゴイズム」 ドラマCD [編集 ]• オメルタ 〜沈黙の掟〜 ドラマCD• Vol. 1 霧生編 〜狂犬・霧生礼司の受難• Vol. 2 瑠夏編 〜相棒は……ボス!? Vol. 3 橘編 〜キャンディー・ブラック・マーケット• Vol. 4 宇賀神編 〜湾岸トワイライトワルツ• Vol. 5 藤堂編 〜ミッドナイト・オーダー• Vol. 6 劉編 〜報酬なき殺人• Vol. 7 梓編 〜濡れ鼠と殺し屋• オメルタ 〜沈黙の掟〜 特典ドラマCD 非売品• 九龍湯へようこそ 初回版封入特典• ホオズキの実の結ぶ頃 オフィシャル通販• Sushi職人は誰だ• 幹部の赤提灯 メッセサンオー• 海水浴でGO! 中央書店コミコミスタジオ• ボランティア活動 シーガル• オメルタ 〜沈黙の掟〜 THE LEGACY 特典ドラマCD 非売品• 愚痴トークバー 初回版封入特典• 新米警官 霧生礼司の捜査日誌 オフィシャル通販• オメルタ放送局 〜沈黙ラジオ・ドラゴンサイド〜 アニメイト• オメルタ放送局 〜沈黙ラジオ・シーザーサイド〜 ステラワース• ダイレクト直販 密林の虎による通販番組? アニメガ 書籍 [編集 ]• 公式ビジュアルファンブック『シオン〜約束の地〜』 B's-LOG COLLECTION• オメルタ 〜沈黙の掟〜 ラフ画集 Vol. オメルタ 〜沈黙の掟〜 ラフ画集 Vol. 2 18禁• ビーボーイコミックス『オメルタ 〜胡蝶ノ夢ノ果テ〜』ISBN 978-4799710845 その他 [編集 ] イベント [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

オメルタ CODE:TYCOON 攻略

オメルタ 沈黙 の 掟

が、 「1キャラだけだが同軸リバがある」との情報をゲットしてから俄然興味が増し、モニター募集していたので入札してみたところ、落札できたのでプレイしましたv 本作は、10年くらい前に、デビュー作としてショタゲー「bois」を出した後、乙女ゲーブランドになった花梨が、花梨シャノアールオメガという別ブランドを作って出したBLゲーム第一弾です。 西暦20XX年、東京湾岸。 そこは、局地的な局地的な電磁波テロにより、犯罪と歓楽に満ちた移民街と化していた。 こまごまとした組織が跋扈する中、街を取り仕切っているのは2つの組織。 イタリア系マフィアの『キングシーザー』と、急成長している中華 香港 系マフィアの『ドラゴンヘッド』だ。 主人公の青年、JJは、幼い頃、海外を旅行中に両親を亡くし、ゲリラに攫われ傭兵として育てられた。 NPOに保護され、日本に戻ってきていた時には、過去の記憶を失っていた。 JJはある日、殺しの依頼を受け、あるパーティーに潜入する。 だが、そこで何者かにハメられて、すでに殺害された夫妻の部屋に立ち入ってしまった。 戻ってきた夫妻の息子、梓に現場を見られたJJは、思わず梓を現場から連れ出す。 現場を見られた梓を殺す事を、何故かためらったJJは、彼にすべてを忘れるようにいい含め、逃がそうとするが、両親をJJに殺されたと思い込んでいる梓は、復讐を誓い、JJに付いてきてしまう。 それから5年後。 梓との奇妙な同居生活が続く中、昔からなじみのバーのマスターに、マフィア「キングシーザー」絡みの仕事を依頼されるが……。 新たに別にBLゲーム用にブランドを立ち上げた第1作目なのですが、体験版がなかったので、実際にプレイするまでちょっとドキドキでした。 このブランドの乙女ゲーをプレイしたことがあれば、多少はシステム的なものも確認できたのでしょうが、「花梨」「花梨シャノアールオメガ」通して今作がブランド初プレイだったので……。 そういう方は、私以外にも多いと思うので、今からでも遅くないので! 体験版を! 公式サイトから配布してもらえると嬉しいですね。 やっぱ、動作確認ノーチェックでパソコンゲームを買うのはちょっとした冒険だと思うんですよね……。 そんなわけで、ドキドキしながらインストールした「オメルタ〜沈黙の掟〜」。 DVD1枚で、ディスクレス可能です。 以下、インストについてのちょっとしたトラブルを折り畳みます……。 環境にもよるだろうし、インスト先を変更しているので、あくまでこれは私の一例としてお読みください。 (読み飛ばしても問題ないです) ----------------------------- 私はいつも、あらかじめ指定されているインストール先ではなく、Cドライブに『Game』という名称のフォルダを作っていて、そこにインストするようにしています。 なので、今回もそうしたのですが……。 大抵のゲームは、インスト先を変更しても、ブランド名かゲーム名のフォルダを自動で作ってくれて、そこにインストしてくれるのですが、このゲームはフォルダを作らずに指定した『Game』フォルダ内に中身バラバラでインストしてしまったので、アンインストして、あらかじめゲーム名でフォルダを作ってインストしなおしました。 確認したところ、問題なく起動したので、とりあえず先に別のゲームをプレイして数日間そのままにして、さあ始めよう!と起動しようとしたら……。 英文エラーメッセージ(サポートに連絡しろとかそんな雰囲気の英文)が出て起動できませんでした……。 ディスクを入れても起動せず。 しょうがないのでまたアンインストして、今度はブランド名でフォルダを作ってインストしました。 無事起動。 それからはフルコンプするまでちゃんとプレイできましたが、インストで躓くと、がっくりきますね……。 その後、一度だけまた起動せず、エラー文も何も出ず無反応だったので「またインストし直しか……!もうプレイしてる途中なのに……!?」と嘆き、やっぱり一応ディスクを入れて見たところ、「オリジナルディスクを入れろ」という、「いやいや!これオリジナルディスクですから!」と突っ込みたくなるメッセージが出た後、無事に起動するようになりました……。 インスト先は、変更しない方が無難かもしれないです。 ---------------------------- なお、インストールせずに、PS2のようにディスクを入れっぱなしにしてプレイすることも可能です。 セーブフォルダだけ作るそうです。 非インストプレイは未確認です システム周りは、インストでつまづいた以外は、AVGとして必要な機能は一通りそろっていて、プレイし始めてからは特に問題ありませんでした。 一度だけ、タイトル画面でフリーズしたくらいでしょうか。 なお、ビスタと7で時々起こるらしいこのフリーズについては、公式のサポートで回避方法も記載されていますので、頻繁にフリーズされる方はご参照を。 これも環境によりけり、だと思いますので、そう心配せずとも大丈夫ではないかと……。 セーブ数も160個と多く、クイックセーブ枠も20個まで保存してくれます。 このゲーム、 選択肢が時限制で、選択肢でセーブできません。 タイムオーバーになることで分岐するルートもあるのですが、他のほとんどの選択肢ではあまり時限制が影響してなかったので、フツーに選択肢でもセーブさせて欲しかったですね……。 OPムービーが終わったあたりで最初のセーブをするのがお薦め。 いつ選択肢が来てもいいよう、こまめなクイックセーブ推奨ですね。 ショートカット機能も一通りそろっていて、特にボイスを再生させる『V』キーがお役立ちでした! システム面とはちょっと違いますが、文章の表示の仕方が気になりました。 このゲーム、 基本は主人公の一人称で進み、主人公が出てこない場面では三人称で進みます。 その表示の切り替わりが何もなかったので、分かりづらい、とまではいきませんが 文章をよく読めばわかるので 、やはり場面転換時に「あれ?」と思う時がありました。 メッセージウィンドウを主人公とその他で変えるか、せめて文字色を変えるなどして、目で見てすぐにわかるようにして欲しかったですね。 エクストラ おまけ では、CG、シーン、アイテムリストが鑑賞できます。 アイテムリストとは、ゲームの進行中や、エンドを迎えた時に、キャラクターに関連したアイテム キャラが使用した銃や、小物など をゲットできるのですが、それが一覧として表示されます。 全部集めたからと言ってアイテムリストから何か見られる、というものではありませんが……。 アイテム自体は、集めることで別キャラルートや別シーンが開いた事を知らせる役割もあるようでした。 某キャラのグッドエンドを見るとアナザーエピソードが、某キャラ以外のすべてのグッドエンドを見るとグラウンドエピソードがエクストラから見られるようになります。 そして、大抵のゲームにはデフォルト装備されていることが多い、 音楽鑑賞はついていません……。 ゲームと同時発売されたサントラを買ってね! ということでしょうか。 OPとEDは、BLゲームとしては珍しく中の人、主人公のJJが歌っていて、特別お上手、というわけではないのですが 失礼… 、プレイして行くうちにじわじわくるんですよね……。 ボイスは、主人公・メイン・サブ・ちょい役含めてフルボイス。 マフィアの幹部クラスの構成員や情報屋や関係者など、登場人物は結構多めです。 やっぱり登場人物多いものはフルボイスの方が違和感なくていいですね! メインキャラは女性向けゲームでよくお聴きする方が多数出演されていて、安心して聞けます〜。 個人的には、宇賀神のデレ後のボイスが必聴です! スチル枚数は、差分抜きで112枚。 1キャラにつき、13〜16枚ずつくらい。 極端に枚数の差はなかったと思います。 逆光と言うか、光があたったように見える描き方をされているものが多くて、綺麗でした。 割と、最近のBL小説の挿絵とかでよく見るタイプの絵ではないかと思いますが、絵柄そのものも、ゲームの内容によく合っていました! 立ち絵と顔グラがあり、立ち絵があるのは主人公と攻略キャラ、出番の多いサブキャラ マフィアの幹部とか のみです。 顔グラはすべてのキャラにあって、チョイ役にも顔グラはついています。 エンド数は、割とたくさんありました。 各キャラにグッドエンドが1つずつ、シーン登録されるバッドエンドが1つずつ(梓は2つ。 マスターも梓ルートで回収できるものを入れると2つ)。 他にも、シーン登録されないスチルのない即死系のバッドエンドがちょこちょこあるので、数は数えてませんが(もしかして見てないのもあるかも)、エンド数自体は結構あります。 即死系のバッドエンドはホント、選んだらすぐバッド、という選択肢失敗した!という感じのものです。 先述しました、エクストラから見られるアナザーエンドと、大団円的なグランドエンドも、CG鑑賞とシーン回想に登録されます。 コンプおまけ絵はありませんが、コンプするとタイトル画面からスペシャルページ(要ネット接続)を見ることができ、そこでパケ絵をちょっと変化させたようなラフ絵の壁紙が見られます。 立ち絵を使った壁紙と、描きおろしだと思われるちびキャラ(おめったーのちびキャラ)壁紙もあります。 スペシャルページでは他に、各スタッフのコメントや、SS、おめったーSS ツイッターパロディSS などが掲載されています。 今後もまだ更新されるようなので、楽しみです! 攻略キャラは、7名。 マフィアのボスや幹部、バーのマスターや同業者な殺し屋、同居している梓。 隠しキャラはいませんが、ルート制限はあります。 主人公のJJは、キャラによって、受けになったり攻めに回ったりします。 最初は主人公受け、最後は主人公攻めの同時間軸リバや、脇カプ 恋愛関係になるわけではありません や、3Pなど、エッチの組み合わせは中々多彩でした。 エッチシーン自体は、スチルの切り替わり 1回のエッチにつき2枚くらいのCGが使用されてました! や差分もあり、結構しっかり描かれていましたが、やってることは割とノーマルな雰囲気だったかな……? よく聞くと、一部とんでもないことさらっと言ってるキャラがいたりとかもするのですが 笑 ルートは3つに分かれています。 2つのマフィア、「キングシーザー」ルートと、「ドラゴンヘッド」ルート、そのどちらでもない「中立」ルートの3つです。 ルート制限があり、1周目では落せないキャラや、先にあるキャラを落としてから攻略可能になるキャラがいます。 大体、幹部が先で、ボスが後に攻略できます プレイ時間は、ルートによってシナリオの長さがまちまちなので(DHルートと、梓のルートが長め)、誰を1周目にプレイするかで初回のプレイ時間が変わってくると思います。 文字速度ノーウェイトで、ボイスをほぼ飛ばさず聞いて、宇賀神を1周目にプレイしてかかった時間が、7時間20分くらいでした。 キャラによってプレイ時間の長さが違って、2周目以降は2〜4時間半ほどでした。 フルコンプまでにかかった時間は、エクストラのおまけエピソードも含めて、32時間くらいでした。 攻略キャラ人数と言い、プレイ時間と言い、結構ボリュームがあって、プレイしがいがありました! お話の方は、主人公のJJがフリーの殺し屋、というだけあって、割とハードな印象でした。 JJは寡黙で孤独なスナイパー……とみせかけた、結構人のいいお兄ちゃんなので、銃撃戦やマフィア同士の抗争などでは冷徹なカッコよさを披露してくれますが、それ以外の日常 ? シーンでは、コミカルというかちょっと天然な部分も見せてくれる、愛すべき主人公でした。 さすが、受けも攻めも華麗にこなすだけあるわ! 笑 ストーリーは、章仕立てで展開します。 ストーリーの区切りで、シーンタイトルがボイス付で表示されます。 キャラルートが確定するまでは、主人公ボイスでのみシーンタイトルを読みあげますが、確定すると、主人公と攻略キャラ両方がシーンタイトルをサラウンドで 笑 読みあげてくれます。 どうせなら、シーンタイトルの画面も、キャラによって変化するとよかったんですが。 マフィア絡みのハードなストーリー展開ですが、ずっと緊張するシーンが続く、というのではなく、くすっと笑うコミカルなシーンや、ほっと和むシーンも途中に挟まれていたりして、メリハリが合って、面白かったです。 抗争やら戦闘シーン描写に力が入っているのも、テーマを思えばいい感じでした〜。 銃撃戦などのスリリングなシーンでは、スチルのカットイン演出などが多用され、スピード感あふれる感じでとてもよかったのですが、正直、銃の細かい描写はやや鬱陶しかったです。 銃のうんちくは別にいらないですよね……? 肝心の内容ですが、DH、KC、中立派と3ルートに分かれ、ライターさんも複数いたためか、出来あがりや、シナリオの長さそのものも左右されてしまったかな、という印象でした。 フルコンプしてみれば、全体的には大変面白かっただけに、特にKCルートはもう少しこう、エピソードとエピソードのバランスを考えて欲しかったかなあと思いました。 キャラ自体はどのキャラも立っていただけに、余計にもったいなく感じたと言うか。 メインヒロイン的なポジションである梓が、DHルートにしか関わってこなかったのが敗因かな? やはり、KCルートにも、梓は関わらせた方が、物語の内容的にも、展開的にも深みや緊迫感が増したと思います。 特にKCルートでの、DHとの対立シーンは攻略キャラとJJが二人一緒にいて活躍するシーンが見たかったですね。 KCのボスである瑠夏が、知らない内にDHにやられている、とかいうのはちょっとおいてきぼり感が……。 その点、DHルートは、攻略キャラの目的がはっきりしているためか、梓も関わって、主人公のJJが積極的に関わらざるを得ないからか、緊迫感もスピード感もあって、最後まで駆け抜ける感じでみごたえがありました。 荒廃した近未来の東京湾岸という世界設定がいかされたストーリー展開で、個性的で魅力的なキャラ達が活躍し、見応えがある作品でした。 サブキャラに至るまで、その場しのぎと言う感じが全くしないで、ちゃんと作り込んであるのも好印象でした。 これから、ドラマCDやコミカライズなどのメディア展開があるようなので、ぜひ、ファンディスクも! 作って欲しいですね! 本編のキャラエンドのその後と、グラウンドエンド後に改めて攻略キャラとくっつくファンディスクが欲しいなあ……!.

次の

オメルタ〜沈黙の掟〜 全キャラ攻略終了 プレイ感想

オメルタ 沈黙 の 掟

かわいーというのか…なんか私はビミョーでした。 最初はJJを警戒しまくりで、「地獄の番犬」というのが納得できる威圧感を纏っていて、流れもよかったのですが…JJに恋愛感情を抱く、きっかけがいまいち掴めなかった… 流れで、やっちゃった後…そのまま恋人関係になるというのが…。 どこで惚れたんだ?どこで惚れあったんだ?と疑問だらけでした。 しかし、EDはよかったと思います。 JJがもともと組織に属すことが苦手というのもあって、KCの一員であるものの、単独で行動して霧生と離れて仕事をするというところが特に! しかし、結局霧生がJJを呼び出して、色々仕事を任せて会う口実を作っちゃうんですけどね! そんな霧生がかわいーと思えました。 JJもまんざらでもないって感じで、萌えました。 でも、瑠夏の性格と容姿はマジ好みだったので、全然問題にならなかったという…。 じゃあ、言うなって感じですが…ww 父・ルチアーノと同じ状況に置かれて、初めて父の昔の気持ちを理解出来たというシナリオが、グーでした。 完全に許したものではないものの、EDではルチアーノと和解出来たところも、ホロリとしちゃいました。 敵キャラの戦闘も終えた後、エチシーンに入ったとき…すぐに受け入れちゃうJJにビックリww 少しは抵抗して欲しかったですね。 この前には、梓とのエチシーンもあって、ビビりましたwwーていうか…梓、誰でもやられすぎww DHとの戦闘も、殺し屋同士の協力プレイという感じで楽しめました。 劉にまで、やられる始末wwこの子だけ、異様に強姦シーンが多いwwwここまで、いらないとはっきりいって思いました。 どうせなら、その役目はJJがよかった。 話は戻して…DHに入ったきっかけは復讐の相手のJJに、異様な執着心と共に恋愛感情を抱いてしまったせいだったんですね。 だから、離れないといけなかった…とか切ないw JJと戦うために、アイスピックという異名を持つほど、たった1年で強くなるとはなんか違和感がありましたがww JJも意外と本気で戦ってましたからね。 しかし、それでも、実は自分が本当の敵ではないにしろ、梓ときちんと向き合う姿勢のJJに男らしさを感じました。 それと、深い愛情を! SADEDでは、JJが梓に生き残って欲しいと思いながら、梓と戦った後…死んでいくJJにうるうるきちゃいました。 JJの気持ちを受け取って、DHの宇賀神と劉に立ち向かっていく梓の姿が、また泣ける。 劉と戦うときに、梓がもう…ダメだと諦めた時に、死んだはずのJJの励ましの声が聞こえたところも切なくて泣けます。 グッドでは、JJと梓がマスターのおかげで生き残り、2人でかたぎの仕事をしながら…マンションの一室を借りて同棲するEDでした。 このグッドED前のエチシーンもよかったなぁ…。 このルートは、文句なしに泣けてよかったです。 しかし!シナリオ、短っ!! この人のおかげで、梓もJJも助かったというのに…。 なんていう仕打ちw DHとの決着も橘のおかげで、あっさり決着してしまうんですよねー。 そのときの、SADEDはなかなか切なくてよかった。 ホント、名演技でしたわ…ww 劉を殺害する為、何度も戦いながら、絆を深めるJJと宇賀神にニヤニヤさせられました。 しかも、潔癖症だといいながら…JJに「あなたに触れられないのはもっといやです」とデレる宇賀神にもう萌えまくりましたわww なんなの、この可愛さ…反則だろー! ラストでは、罪を償う日が来るのを覚悟しながら、弁護士として働き、街の復興を目指す宇賀神と…その宇賀神と共に行き、彼を守ることを決めたJJがよかったぁ…! 共に2人で生きていくいいEDでした。 なんというか…この人ルートは切ないな。 鬼畜プレイが満載かと思えば、全然そうでもなかったというww だって…実際、最後までするエチシーンは1回しかなかったよー。 宇賀神ルートでは3Pとかあったけどねwwどうせなら、宇賀神外して、王や魚住のプレイがよかったなぁ。 あの人たち、好きなんだよー。 ホストイベントでは、大いに笑わせてもらったしww このルートでは…ゲリラで育ったときのJJの中の獣を呼び起こして、歯向かってくるのを期待しながら、私に従えと宣言する劉がよかったです。 解釈違っているかもw そして、宇賀神とJJ、劉との緊張感溢れる関係もww しかし、ここでも梓が絡んでくるのは残念でした。 劉が仕組んでJJとのエチシーンをわざと梓に見せ付けたり、梓を愛しているとJJが言ってしまいのも…。 でも、エチシーン後では…劉がJJに頬チュウしたり、コーヒー入れたりするのは、よかったです!萌えに萌えまくりましたw あれはあかん…。 たまらなくキュンとくる。 しかも…、頬チュウした後、「人前ではしない」という劉wwwあんた、萌えのツボ、心得すぎww どうやって、このままグッドEDに行くのだろうと不安でしたが…劉らしいグッドEDでよかったと思います。 劉は神を試していたんでしょうかね。 これは、声も神学校のオーガスト神父だし、シナリオも被るなーなんて思ったのは…ここだけの話ww 話を戻して…実は、そうやって死を待ちながら…死神・デスサイズの異名を持つJJの手で果てたかったのではないかと…。 勝手な解釈でそう思っています。 過去の回想でも、とても辛い少年時代を過ごした様だし…、環境は違えど、JJと似た境遇だから近しいものも感じたのでは?…と。 ロザリオをかけようして先に逝ってしまった劉の側で息耐えるJJのスチルが、とてもキレイでうっとりでした。 アナザーストーリーでは、補足として?生きていたらしい劉が現れます。 まぁ…「楽園の収監者」というタイトル 間違ってたらすんませんw なので…あの世でのことなのかもしれませんね。 ここで、もう1つエチシーンが欲しかったのは、私だけでしょうかwwだって、鬼畜プレイなんて、ほぼなかったしw残念でならなかっただもんw 劉ルートは、切なかったり、悲しかったりしましたが、1番好きなルートです。 貴方が、1番です!首領 ボス !!www 「九龍湯へようこそ!」ドラマCDも、聴きましたww ここでも、劉がいい味出してますww 瑠夏も、さっぱりした変態で、笑えたww変態といえば、瑠夏大好きな霧生にも笑えました。

次の