約束のネバーランドネタバレ 166。 約束のネバーランド166話ネタバレ考察と感想「ゴーバックホーム」(19巻収録予定)

約束のネバーランド【ネタバレ】第166話「ゴーバックホーム」感想!

約束のネバーランドネタバレ 166

そして決行日の〈11月13日〉———— 「作戦」は静かに開始される。 停電した「農園」内を 3手に分かれたエマ達が暗躍する! が、ピーター・ラートリーは 「侵入の報せに」に満足気にしている。 エマ達の第一優先の「人質」達は 地下2階の「第2備品庫」に囚われており そこに目星をつけた〈潜入チーム〉は 「停電」と「閃光弾」を使って 「鬼」の動きを一時的に止め 「人質の救出」に見事に成功する!? 一方——— 先に「処刑室」へと送られた 10人の少年達も エマ達の活躍で 見事にそこを「脱出」する! が!? ピーターは依然動じない。 エマ達をわざと「侵入」させてから その出口を塞ぎ、 この園中で「一網打尽」にしようと 企んでいたのだ!? ところが事態は 思わぬ方向へと転がる!? 「在庫保管室」に集まったエマ達は 内側から「鍵」を閉めてしまったのだ!? 彼らはピーターの「作戦」を読んでおり 最初から逃げるつもりがなかったのだ。 みんなが見上げる空間には 「GF」農園の「見取り図」のヴィジョンが 浮かび上がっている。 」 オリバーがその全体像に驚嘆する。 「こりゃ、まるで『蟻塚』だな・・・」 「みんなは何処に?」 シスロが尋ねる。 「恐らくここだ。 」 レイが図の中の一点を指す。 「地下2階の『第2備品庫』」 「だろうな。 」 ヴィンセントが同意する。 「ここならあの人数を 最小警備で閉じ込めておける。 」 「極力人目にもつかずにね。 」 ノーマンが補足する。 「『GF』全体の警備は?」 ジリアンが訊く。 」 エマが即答する。 「ただ・・・『GF』では その『鬼』の約半数が盗難抑止の『警備兵』、 プラス100人以上の人間職員がいる。 」 ノーマンがさらに細かく説明する。 「貴族ほどじゃないにせよ 〝腕利き揃い〟ってことか。 」 ザックが呟く。 「人間も合わせれば 数自体も結構厄介ですよね・・・」 ハヤトが後を受ける。 「後は——— ラートリー家と王兵2000だな。 「いた! 奴ら到着したぞ!」 望遠鏡を覗くシスロが叫ぶ。 「やっぱり『王兵』達は 農園の外に配置している。 」 「まあ、入りきらんし 固めるなら外だわな。 」 レイがさも当然と言い切る。 (私達の予想通りだ・・・) エマが黙考する———— 「よし! 予定通りに『作戦決行』だ! このまま3手に分かれて『侵入』する!」 ノーマンが「最終決定」を下す。 」 こうして———— エマ達の「GF」への潜入が 幕を開けるのだった—————!? 「GF」潜入作戦のミーティングで 全ての知恵を絞り尽くすエマと仲間達。 これが———— 全てを懸けた最後の「作戦」だけに 細部を詰めながら ひたすら「熟考」に「熟考」を積み重ねていく! そんな中——— ここで一番驚いたのは 「GF農園」の 驚くべき「全体像」だろう!? オリバーの呟いた「感想」は 我々読者の「感想」を そのまんま「代表」しているのだ! しかし・・・こんなに大きかったのか・・・ これなら確かに 前にミネルヴァさんが言ったように この「GF農園」にも 「人間界」に続く「道」があるという事も 十分に頷けるのである。 「来たか。 」 ピーター・ラートリーが満足気に声を上げる。 」 「ではお手並み拝見といこうじゃないか。 」 ピーターはあくまで無表情で言い放つ。 「もうすぐ予備電源に切り替わります。 「大丈夫よ、 みんなすぐに終わるわ。 」 ママが語りかける。 そしてもう一つ気になるのは ママがエマ達が見せた————— 笑っているのか蔑んでいるのか分からない 微妙な「表情」だ!? 一体それは何を物語っているというのか!? エマ達が 助けに来たことへの喜びか? それとも——— その逆で「どうせ捕まるのに」 という嘲りなのか? それはこれから順を追って 明らかになっていく筈である。 ピーターの思惑!? レイ達を追いかけようと身構える「鬼」達に————— 「いや、追う必要はない。 」 ピーター・ラートリーは 部下達から「エマ達の潜入」と 「人質の逃走」の報せを受けて そう言葉を発する!? 「既に出口は全て塞いだ。 そのための敷地外の2000の兵だ。 」 ピーターは続ける。 」 ピーターに邪悪な笑みが浮かぶ。 そんな中でエマが声を上げる。 「退路を塞ぐ? そんなの最初からわかっている!」 (———そして薄く微笑む。

次の

最新ネタバレ『約束のネバーランド』165

約束のネバーランドネタバレ 166

Contents• GFに突入したエマ達 GFではエマ達が侵入したことで警報が鳴り響きます。 さらにエマ達によりGF内で停電が起こりますが、鬼達は、20秒で全階、予備電源に切り替わるため、問題ないと言います。 場面は3日前の11月10日に戻ります。 GF農園の内部を見ながら、まるで蟻塚だと驚くオリバー。 人質の子供たちは、おそらく地下2階の第2備品庫にいると予想するレイ。 ヴィンセントも同意見で、ここならあの人数を最小警備で閉じ込めておけると言います。 ただし、GFでは鬼の約半数が盗難抑止の警備兵、プラス100人以上の人間職員(シスターたち)がいるとノーマンは付け足します。 貴族ほどではなくても、腕利きの鬼たちが揃っているということかとザックは言い、さらにラートリー家と王兵2000。 今朝、11月13日。 王平2000が到着し、農園の外に配置され農園の外を固めますが、これはエマ達の予想通り。 予定通りに3手に分かれてGFに侵入します。 侵入後、まずすべきは人質の奪還と安全確保。 すみやかに地下2階、第2備品庫を目指します。 エマ達が侵入したことに気づいたピーター・ラートリー。 子供たちの周りを鬼で包囲し、お手並み拝見といこうじゃないかと余裕の表情。 イザベラと再会するエマ達 予備電力に切り替わった瞬間、子供達がいる第2備品庫の天井からザックとジリアンが落ちてきます。 鬼もザックとジリアンに気づきますが、閃光を使うザック。 鬼が目をくらました隙に、子供達を誘導するジリアン。 子供達を追う鬼ですが、通路にはオリバーが。 オリバーは追手の鬼達を銃で足止めします。 さらに、第2備品庫の外の警備はドン、ギルダ、アイシェが倒しています。 ジリアンを先頭に逃げる子供達は、ジリアンに、ナット達がまだ残っていることを伝えます。 ガス室のようなところに入れられたナット達。 窓には鬼とイザベラがいます。 すぐ終わるから大丈夫よと、優しい表情で言うイザベラですが、その時、扉を銃で破壊するエマ、ノーマン、レイの三人。 窓越しにイザベラと再会したエマ、ノーマン、レイですが、言葉は交わさずイザベラを睨む三人。 約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読める!? 約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで約束のネバーランドの最新刊を 1冊無料で読むことができます。

次の

約束のネバーランド【166話】のネタバレ|最新話「最終決戦」の感想も!|漫画X

約束のネバーランドネタバレ 166

166話ではまず以下のカットが大きな情報となった。 GF育ちの人間にとっては古巣だと思うけど、そうでない人間にとっては 「まるで蟻塚」という評価のよう。 やはりGF育ちの面々が主力となって引っ張っていく必要があるのは間違いないだろう! 約束のネバーランド166話より引用 GF育ちの面々が主力となって引っ張っていく必要があるのは間違いないだろう! ラートリー陣営から見てみると、エマ・レイ・ノーマンは飛んで火にいる夏の虫のように見えているかもしれない。 相手サイドにはやはりGFによく精通しているママ・イザベラがいる。 彼女がピーター・ラートリーによく従っている限り、GFは非常に堅牢な砦として機能してくることだろう! そしてママ・イザベラはあのエマ・レイ・ノーマンに智謀の面でも完全勝利していたほどの人物。 前回の脱獄はたまたまうまくいったけど、今回の再戦で再び勝利を掴めるとは限らない…! 【スポンサーリンク】 GF制圧戦が開始される!(ノーマンが完全に脇役の立場に!) 今回の166話ではGF制圧戦が開始される流れとなった。 少し前までは全体をとりまとめる帝王として存在していたノーマンが、完全に脇役の立場に立っている感じがするね〜。 作中において主人公はエマであるし、ノーマンがサイドに立っていても別に不自然ではないとは思うんだけど、一部のノーマン(と共に行動してきた)信者はもしかしたら、やや不満を持っているかも知れないな〜、と感じたかも。 しかしともあれ、人間同士で内輪もめしてる場合じゃないのもまた事実。 ここから先は結託して、最終局面に挑むほかない! 約束のネバーランド166話より引用 GF制圧戦が開始される!(ノーマンが完全に脇役の立場に!) GF制圧戦では何といっても、人質の奪還と安全確保が最優先事項。 しかしそれは相手もわかっているため、そこに守備を集中していることは間違いないだろう。 逆をいうとそこが正念場になるため、そこを突破すればかなり勝利に近づくことにもなると思う。 しかし同時に人質の奪還が完了した場合 「守らなければならない者が増える」という側面も生まれてくるはず。 よって、人質の奪還&安全確保を行う際には一石二鳥で、相手陣営の守備網をいくらかでも削るような動きを取っておきたいところ。 ついに動き始める大いなる作戦。 その結末がどこに収束するのか…。 1話から応援してきたバトワンとしては、今からすでに楽しみで仕方がない…!!.

次の