蛍光 灯 ジー。 蛍光灯のジージーうるさい音は安定器のせい?ノイズ・雑音の原因と対策についても!

天井に設置している一部の蛍光灯が「ジー」っとセミのように鳴り、音が止まりません。電灯自体を新しい物に

蛍光 灯 ジー

Q 蛍光灯からのジー・・音 蛍光灯から点けてしばらくするとジー・・という音がします 何か共鳴した様な感じのジー・・という音で、検索すると安定器というものが原因らしいです 音がしているのは家庭の照明器具で 垂れている紐を引くと灯る、輪っか型の蛍光灯です 安定器の交換で直るらしいのですが、素人には無理とか修理代を考えると照明器具ごとインバータ式に替えた方が良いそうです 基本的に家庭用、オフィス用(棒形の天井に取り付けてあるタイプ)に関わらずジー・・音の解消の為の安定器交換は素人の場合、本体の照明器具ごとの交換が一番安上がりなのでしょうか? また家庭用の紐、引っぱるタイプはどこに安定器があるのですか? どれが安定器なのか良く分からないのです。。 安定器取り替えについて「引掛シーリングが付いていれば、簡易取付タイプの器具であれば工具不要で簡単に取り替えられる」と書かれている方がいましたので、もしかしたらと思い質問させて頂きました A ベストアンサー 安定器の取替えに関してですが #1さんが書かれている様に 器具ごと交換する方が 確実です。 それでも取り替えたい、と言うのであれば 現在使用中の器具を分解して 安定器の型番を、確認して下さい その時に使用できる、ワット数・本数が書いてありますので それと同じ規格のモノを、ご用意下さい。 ココで注意ですが、蛍光灯のタイプを 間違えないで下さい。 因みに FL=スターター型 FLR=ラピッドスタート型 FHF=高周波型 それぞれ対応する安定期は、異なります。 また安定器の価格ですが 安い物で5,000円程度から 高いものだと30,000円 あるいは、もっと高価な物も あります。 逆にペンダントタイプの照明器具だと 明るさにもよりますが 5,000円で、おつりがくる物も 少なからず存在、致します。 ですからこの際、器具自体を 交換した方が、安上がりだと思いますよ。 但しココで注意 角形引っ掛けシーリングで旧タイプ 設置したのが、20年以上昔の物に多いですが……… が 設置されていたら、現行タイプに交換しましょう。 なぜなら、現行の照明器具では 対応出来ない物が多いのと 接続時に家電事故 する事 が、あるからです。 因みに参考URLのページに掲載されている 画像の物がそうですが 角型引っ掛けシーリングと、書いてある物は 現行品です。 ペンダントの取り付けの所に、掲載されている物が 旧型ですので、お間違いの無い様に願います。 sekichu. html 安定器の取替えに関してですが #1さんが書かれている様に 器具ごと交換する方が 確実です。 それでも取り替えたい、と言うのであれば 現在使用中の器具を分解して 安定器の型番を、確認して下さい その時に使用できる、ワット数・本数が書いてありますので それと同じ規格のモノを、ご用意下さい。 ココで注意ですが、蛍光灯のタイプを 間違えないで下さい。 因みに FL=スターター型 FLR=ラピッドスタート型 FHF=高周波型 それぞれ対応する安定期は、異なります。 また安定器の価格ですが 安い物で... A ベストアンサー 安定器ですね。 照明器具の型番がわかれば、メーカーサービスから部品として入手可能です。 でも高価です。 平均6000円くらいです。 新品を買い直したほうが安いくらいです。 それに発売から10年以上過ぎている場合は代替パーツになっていたりするので、付属する説明書をよく読んで作業しなくてはなりません。 パーツが無い場合もあります。 ホームセンターで入手できるかどうかはそのホームセンターの取引先によります。 常時置いてあることはありません。 各社、各型番で違いますから、基本的にお取り寄せです。 作業は電気工事士の資格がないとダメです。 その資格を持っている人の監督のもとで、無資格店員が作業することはあります。 素人でも手先の器用な人なら出来ます。 でも有資格者に監督してもらわないとダメです。 A ベストアンサー 既に多数回答されている様に、プラグの刃を挟む力が弱くなり接触不良を起こしているのですが、電気工事店に頼む前に以下の確認をしてからでも遅くないと考えられます。 一口に何台も高消費電力の機器を接続して同時利用の場合もあります。 1.プラグを一度抜いて刃先の丸い穴付近を清掃してください。 ついでにプラグ全体とコンセント部分を清掃すると長期間の埃ゴミを除去することでトラッキング現象防止にもなります。 2.プラグの後に接続されている電気器具の消費電力の合計は適切ですか? 最近エネタップ、省エネタップに何台もの高消費電力の機器を数珠繋ぎにして分岐分配しておられる方を見掛けますが、二口コンセントであれば配分を変えて接続しても同じですか? *上記確認を実施しても同じなら、電気工事店に依頼されるようですね。 近所付き合いで外灯取り付けなど修理や世話をしていますが、以外とテーブルタップや省エネタップで何段も接続している家庭が多く、コンセント交換はあまりないですね。 (本業ではないですが、もちろん電験と電気工事士の資格は取得していますので近所付き合いのサービスですが・・・・) 既に多数回答されている様に、プラグの刃を挟む力が弱くなり接触不良を起こしているのですが、電気工事店に頼む前に以下の確認をしてからでも遅くないと考えられます。 一口に何台も高消費電力の機器を接続して同時利用の場合もあります。 1.プラグを一度抜いて刃先の丸い穴付近を清掃してください。 ついでにプラグ全体とコンセント部分を清掃すると長期間の埃ゴミを除去することでトラッキング現象防止にもなります。 2.プラグの後に接続されている電気器具の消費電力の合計は適切ですか? 最近エネタッ...

次の

蛍光灯をつけると鳴る、ジー、という音はなんですか?

蛍光 灯 ジー

蛍光灯からのジー・・音 蛍光灯から点けてしばらくするとジー・・という音がします 何か共鳴した様な感じのジー・・という音で、検索すると安定器というものが原因らしいです 音がしているのは家庭の照明器具で 垂れている紐を引くと灯る、輪っか型の蛍光灯です 安定器の交換で直るらしいのですが、素人には無理とか修理代を考えると照明器具ごとインバータ式に替えた方が良いそうです 基本的に家庭用、オフィス用(棒形の天井に取り付けてあるタイプ)に関わらずジー・・音の解消の為の安定器交換は素人の場合、本体の照明器具ごとの交換が一番安上がりなのでしょうか? また家庭用の紐、引っぱるタイプはどこに安定器があるのですか? どれが安定器なのか良く分からないのです。。 安定器取り替えについて「引掛シーリングが付いていれば、簡易取付タイプの器具であれば工具不要で簡単に取り替えられる」と書かれている方がいましたので、もしかしたらと思い質問させて頂きました 安定器の取替えに関してですが #1さんが書かれている様に 器具ごと交換する方が 確実です。 それでも取り替えたい、と言うのであれば 現在使用中の器具を分解して 安定器の型番を、確認して下さい その時に使用できる、ワット数・本数が書いてありますので それと同じ規格のモノを、ご用意下さい。 ココで注意ですが、蛍光灯のタイプを 間違えないで下さい。 因みに FL=スターター型 FLR=ラピッドスタート型 FHF=高周波型 それぞれ対応する安定期は、異なります。 また安定器の価格ですが 安い物で5,000円程度から 高いものだと30,000円 あるいは、もっと高価な物も あります。 逆にペンダントタイプの照明器具だと 明るさにもよりますが 5,000円で、おつりがくる物も 少なからず存在、致します。 ですからこの際、器具自体を 交換した方が、安上がりだと思いますよ。 但しココで注意 角形引っ掛けシーリングで旧タイプ 設置したのが、20年以上昔の物に多いですが……… が 設置されていたら、現行タイプに交換しましょう。 なぜなら、現行の照明器具では 対応出来ない物が多いのと 接続時に家電事故 する事 が、あるからです。 因みに参考URLのページに掲載されている 画像の物がそうですが 角型引っ掛けシーリングと、書いてある物は 現行品です。 ペンダントの取り付けの所に、掲載されている物が 旧型ですので、お間違いの無い様に願います。 家庭用の丸形蛍光灯器具で「ジー」と言う音なら間違いなく安定器から出てる音です。 安定器はエナメル線が巻かれたチョークコイルですがエナメル被覆が劣化するとエナメル線同士でショート状態になるので唸りますが、それがジー音です。 そのまま使用を続けると発熱が酷くなり最悪は発火しますので交換は必須です。 但し、安定器は交換を前提に考えてない為にリベット止めになってる場合が多いです。 メーカーでは安定器寿命を蛍光灯器具の寿命と考えているからです。 ですから安定器単品の販売はしてないはずです。 また、別な器具から外した安定器でも適合ワット数が違ったりしますから蛍光灯器具を充分理解してないと難しいと思いますし、配線に圧着端子が必要になりますので工具類が無いと無理だと思います。 安定器の取り付け位置は、丸形蛍光灯器具の場合は上部の黒く塗装された部分の内側にあります。 蛍光灯の反射板を外さないと見えませんから外見からは安定器が何処に取り付けてあるのか分からなくて当然です。 失礼ですが、素人さんなら普通に考えても蛍光灯器具ごとの交換が安全で確実です。

次の

蛍光灯がジージーうるさい!異音の原因を放置すると火災になる!?

蛍光 灯 ジー

直管蛍光灯を購入したことはありますか? もし自分で購入したことがなくても、見たことはありますよね?輪っかになってる物や丸い電球ではなくて、細長いあの蛍光灯です。 実はあの直管蛍光灯には種類があるのをご存知でしょうか? 1つは 「グロースタータ形 スタータ形 」、もう1つは 「ラピッドスタート形」と言われるものになります。 蛍光灯の寿命などによる買い替えの際は、当然ながら 同じ種類でなくてはいけません。 両方とも一般的に多く使用されていて、残念な事に見た目もほぼ同じに見えます。 実際に私が働いていたお店でも、どの蛍光灯を選べばいいのか解らないというお客様がとても多かったですね。 同じものを購入する為に古い蛍光灯を持ってきていても、それがどちらの種類か解らなければ選べません。 ではどうすればいいのでしょうか? 店員に聞く? 勿論それでもいいのですが、実はこの二種類の蛍光灯はよく見れば誰でも簡単に見分ける事が出来るんです。 という訳でここでは「スタータ形」と「ラピッドスタート形」の簡単な見分け方を説明します。 ラピッドスタート形について ラピッドスタート形は簡単に言うと、点灯管 グロー球 が必要ないタイプの蛍光灯です。 ちなみに間違えて覚えてしまっている方が結構いるのですが、ラビット 兎 じゃありませんラピッド 速い です。 直管蛍光灯の見分け方 さていよいよ本題のスタータ形とラピッドスタート形の見分け方について説明します。 こちらは上がラピッドスタート形で下がスタータ形の40形蛍光灯です。 当然パッケージにはしっかりと「スタータ形」、「ラピッドスタート形」と表記してあります。 でも蛍光灯の空箱を取って置く方はいませんよね。 箱から出すとこんな感じ。 そこで注目してもらいたいのが蛍光灯本体に印字してある文字です。 基本的に蛍光灯には端っこの方にゴチャゴチャっとメーカー名や型番が印字されています。 「FL」と「FLR」 パッと見た感じだと何がなんだかわかりませんね。 正直いって後半の部分はどうでもいいんです。 見て欲しいのは最初の部分だけ。 この最初の 「 FL」は Fluorescent Lamp 蛍光灯 の頭文字です。 そして 「 FL R」はFL 蛍光灯 に Rapid 速い の頭文字をつけたものになります。 つまり蛍光灯の表記を見て最初が 「FL~」だったらグロースタータ形、 「FLR~」ならラピッドスタート形ということです。 FL : グロースタータ形 FLR : ラピッドスタート形 ここだけ見ればいいんです。 ね?簡単でしょ? 「FHF」について 実は直管蛍光灯には「FL スタータ形 」、「FLR ラピッド形 」以外にも 「FHF」という表記の蛍光灯があります。 こちらはインバーター回路によって始動するもので、 「インバーター形 Hf蛍光灯 」と呼ばれます。 高周波で動作するため点灯した際のチラツキがなく、省エネ性能が良かったりするのですが一般家庭にはあまりないかもしれませんね。 また当然ながらこのインバーター形も専用器具じゃないと使えないのでご注意ください。 LEDの直管蛍光灯について 発売当初に比べると価格が随分下がってきたお陰で、お部屋のシーリングや電球はだいぶLEDが普及してきました。 そして最近は丸型蛍光灯や直管蛍光灯もLEDタイプがお店に並んでいるのを見かけます。 ここで注意して欲しいのが 直管LED蛍光灯も グロー式器具専用など器具を選ぶ物が少なくありません。 しっかりと説明書きなどを読んでから購入するようにしましょう。

次の