女性 ソイプロテイン ランキング。 【最新2020】人気の女性向けプロテイン おすすめランキングTOP5~筋肉増強・ダイエット・減量に~

ソイプロテインおすすめ人気ランキングTOP15!3つの効果についても【2018年最新版】

女性 ソイプロテイン ランキング

女性ホルモンのバランスを整える、美容をサポートする、ダイエットに効くなどの理由で絶大な人気を誇っています。 プロテインと言えば、アスリートや肉体改造中の男性が利用するイメージをお持ちの方も多いですが、実は女性の美容と健康のケアにも向いているのです。 本記事では元スポーツトレーナーの筆者が、ソイプロテインの効果や正しい飲み方などを詳しく解説いたします。 話題の人気の商品もランキング形式でご紹介しますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。 あなたのトレーニングライフにソイプロテインを取り入れて、より健やかな体づくりを目指しましょう! 目次• 良質な植物性タンパク質が豊富に含まれているため、効率よく筋肉強化をサポートしてくれます。 体に必要な栄養素もぎっしり詰まっており、普段運動をしない方が不足しがちな栄養を補えるという点もソイプロテインの特徴です。 最近では十分な栄養補給ができるよう、健康フードを混ぜたものやスムージータイプなども販売されています。 食物性タンパク質であるソイプロテインは体内での吸収が緩やかなので、満腹感が持続するのも人気の理由のひとつ。 ダイエット中に間食としてソイプロテインを摂取することで、空腹感を感じずにボディメイクが成功できるケースも少なくありません。 【こちらもCHECK】プロテインに関連するおすすめ記事はこちら ホエイプロテインとの違いは? 肉体改造トレーニングやスポーツのパフォーマンス能力向上を目指している方のなかには、ホエイプロテインを選んでいる方も多いです。 牛乳が主成分で吸収が早いホエイプロテインは、筋肉の回復をスムーズにする効果が期待されるため、筋疲労を少なくしてトレーニングの結果を早く出したい方に向いています。 そんなホエイプロテインとソイプロテインの大きな違いは価格です。 ソイプロテインの方が比較的安価な商品が多いため、経済的に継続しやすいのが大きなポイントです。 さらにうれしいのが、脂肪や糖質をカットしているものが多いため、ダイエッターにも向いているという点。 短期間で肉体改造をしたい方はホエイプロテイン、よりコストをおさえてダイエットを成功させたい方はソイプロテインを選ぶとよいでしょう。 男性が飲むのはアリ? ソイプロテインは大豆イソフラボンが豊富に含まれていることで知られています。 大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンと似た働きをするため、女性が摂取するものだと思い込んでいる方も多いのですが、ソイプロテインには、大豆イソフラボンのみならずビタミンやミネラルなどの栄養素も含まれているため、性別を問わず飲むことができます。 ホエイプロテインやカゼインプロテインではお腹をこわしてしまうという方も、ソイプロテインでタンパク質を摂取するといいでしょう。 また脂肪や糖質がカットされているものが多いため、ダイエット中の男性にも向いています。 ソイプロテインとホエイプロテインが混ざっている商品もあるので、はじめての方はそのようなハーフタイプから試してみるのもよいでしょう。 比較的糖質が少ないソイプロテインは、余分なカロリー摂取の心配もなく、またうれしいのが、大豆を主成分としているため食物繊維が豊富に含まれており、腸の働きを活発にして便通を促してくれる点。 便秘でお悩みの方は、ぜひソイプロテインを利用してお腹をすっきりさせましょう! さらに食物繊維は腸内で大きく膨らむため、満腹感が持続するというのもうれしいポイントですね。 ソイプロテインをうまく取り入れれば、空腹を感じずに無理なくダイエットを継続することができますよ。 筋トレを行って傷ついた筋繊維を素早く修復し、次のトレーニングに備えられるため、筋肉の成長を早めることができるのです。 その効果を得るためには、栄養の吸収率が高まる運動後30分以内のタイミングでプロテインを摂取するとよいでしょう。 筋肉量が増えると基礎代謝が上がり、痩せやすい体質に近づくというメリットもあるため、ぜひソイプロテインで筋肉の成長を促し、本格的な肉体改造に役立ててみてください。 そのためソイプロテインを取り入れることで、肌トラブルに働きかけたり生理中のイライラを緩和する効果も期待されます。 一度飲んだからといって明日美肌になれるというものではないので、最低でも3か月間は継続して様子を見てください。 多くの女性がお悩みの便秘の症状を和らげる効果も高いので、ホルモンバランスとともに腸内環境も整えて健やかな体づくりを目指しましょう。 各パッケージに記載されている栄養成分を確認して、自分にあったプロテインをチョイスしましょう。 タンパク質の含有量を「アミノ酸スコア」で表記している商品もありますが、このアミノ酸スコアの数値が100とされているものは良質なタンパク質を含むプロテインだと言えます。 粉末は飲みにくいと感じる方や、お腹がゆるくなるという方は、スティックタイプや錠剤を試してみるとよいでしょう。 スティックタイプはコンビニやスーパーで気軽に購入できますし、錠剤タイプは外出先でも手軽に飲めるといったメリットがあります。 粉末タイプやスティックタイプ、錠剤タイプをあなたのライフスタイルにあわせて選んでくださいね。 そのため多くのメーカーが飲みやすさにこだわって、ココアやストロベリー、ヨーグルト味などの美味しいプロテインを開発しています。 スーパーフードを混ぜた喉越しのよいスムージータイプもあります。 お好きなテイストのプロテインを選ぶには、一度試飲をしてみたり、一袋500円~1,000円前後のお試し品にチャレンジしてみたりするとよいでしょう。 無理なく継続するためにお好みの味のソイプロテインを見つけて、意欲的なトレーニングライフをお過ごしください。 ソイプロテインの最安値と価格帯の特徴一覧 ソイプロテインを購入する際に気になるのが価格です。 初心者がリーズナブルなものから試したいという場合は、1本約100円~200円で販売されている1回きりスティックタイプのプロテインにトライしてみるとよいでしょう。 一般的な粉末タイプのプロテインは一袋2,000円~3,000円、粉末タイプで大容量の商品や錠剤タイプは3,000円~5,000円前後で販売されています。 プロテインは最低でも3か月間は同じ種類を飲み続ける必要があるため、継続できる価格のものを選ぶようにしてくださいね。 最安値 売れ筋・人気 高額・高級品 価格 約100円~ 約2,000円~3,000円 約3,000円~ 特徴 コンビニやフィットネスクラブでも購入できるスティックタイプのソイプロテイン。 使い切りタイプなので、続けたい方はまとめ買いしておくとよいでしょう。 1か月前後で飲みきれる容量の商品が多いです。 配合されている栄養素や味の種類に富んでおり、満足感が高いことが特徴。 優れた栄養素が豊富に含まれているものや、3か月間分などの大容量の商品も多いです。 ソイプロテインおすすめ人気ランキングTOP15 ここからは、ソイプロテインの総合ランキングTOP15を紹介していきます! 総合ランキングに続き、無理なく続けるカギとなる美味しいソイプロテインのランキングも見ていきますので、あなたの目的にあうソイプロテインを選んでトレーニングを充実させましょう。 減量中は空腹などでイライラしてしまう方も多いですが、プロテインに含まれているカルシウムにはメンタルを落ち着かせる作用があるため、ダイエットに集中することができます。 さらにカルシウムの吸収を促すビタミンDも含まれているので、上手にストレスをコントロールしながらシェイプアップに励みましょう。 こんな方におすすめ• 病みつきになる味のプロテインに出会いたい方• 溶けやすいプロテインをお探しの方 ソイプロテインの飲み方 ソイプロテインは水や豆乳、牛乳で割って飲むのが一般的です。 特に豆乳と一緒に飲むことで、さらなる大豆イソフラボンの効果が期待されますが、注意したい点は、糖質が多く含まれているジュースに混ぜて余分なカロリー摂取をしないようにすること。 ソイプロテインを飲むタイミングとしては、運動後の30分以内が吸収率が高いため効果的です。 美容効果を発揮させたい方は、朝食をソイプロテインに置き換えて栄養補給するのもひとつの手ですよ。 Amazonのソイプロテイン人気ランキング Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!.

次の

ソイプロテインが女性におすすめな6つの理由【美容・ダイエット効果】

女性 ソイプロテイン ランキング

プロテインとは? プロテインとは、運動をする時やダイエットの時などに飲む飲料や、 その元となる粉末の意味で使われていますが、日本語でタンパク質という意味です。 実際にあの粉末や飲料の主成分はタンパク質であり、牛乳や大豆などからできています。 つまりプロテインとは、タンパク質を効率良く補給するための食品(サプリメント)ということです。 プロテインの種類 実際に販売されているものを見てみればわかりますが、 プロテインにも原料によって何種類かに分かれており、 何を目的に飲むかによって、自分に合ったプロテインを選ぶ必要があります。 選び間違えないように、プロテインの種類と特徴を事前に知っておきましょう。 ホエイプロテイン ホエイとはチーズを作るときにできる副産物で、 そのホエイ(乳清)を原料とする一般的なプロテインです。 原料が牛乳なので、動物性タンパク質が多く含まれています。 消化や吸収が早いという特徴があり、 筋トレ後などに飲むことで 筋肉の増強や体重を増やしたいときに向いています。 ソイプロテイン 大豆を原料として作られており、植物性タンパク質が多く含まれています。 植物性タンパク質は消化や吸収が遅いため腹持ちも良く、 代謝を高める働きがあるので、筋肉増強というよりも ダイエットや足りないタンパク質を補うための栄養補給として向いているプロテインです。 また、大豆イソフラボンの抗酸化作用や、 大豆にはコレステロールや中性脂肪を下げる働きも期待できるため、健康や美容目的にもおすすめです。 カゼインプロテイン ホエイプロテインと同様に牛乳を原料として作られていますが、 消化や吸収に時間がかかるという逆の特徴があります。 また、豊富に含むグルタミン酸の働きにより 筋肉の分解を防ぐので、ダイエット中にもおすすめです。 カゼインプロテインは ホエイプロテインと混ざった状態で販売されているのが一般的で、 単体で販売されていることは珍しいです。 エッグプロテイン 卵の卵白を原料としたプロテインで、 消化や吸収が早く、筋肉増強に適したプロテインです。 脂肪分やコレステロールを含んでいないという特徴がありますが、 ホエイプロテインと比べると高価な上に吸収率も少し劣るので、 日本ではほとんど販売されていません。 ホエイプロテインが身体に合わないという方以外はあまり利用しないかもしれません。 プロテインの効果的な飲み方 プロテインを効果的に摂取するには、 目的に合わせて飲むタイミングを変えると良いです。 タイミングによって期待できる効果も変わるので、 自分に合ったタイミングでプロテインを飲みましょう。 プロテインを運動後30分以内に飲む 筋力アップを目指すのならば、 運動後(筋トレ後)30分以内が良いです。 この30分間は成長ホルモンが活発に分泌されており、 ゴールデンタイムと言われるほど筋肉の修復に最適なタイミングです。 このタイミングで飲むのは、 すぐに吸収されるホエイプロテインのような動物性プロテインが適しています。 プロテインを運動する前に飲む 筋トレや運動をする前に飲むことによって、 必要なエネルギーを確保し、 筋肉の疲労を軽減させることができます。 飲んですぐに吸収されるわけではないので、 運動前の1〜2時間前が良いとされています。 プロテインを朝食前に飲む 睡眠中にタンパク質を消費されており、 起床後は新しいタンパク質を身体が求めている時間帯です。 朝食の前に飲むことによって、 必要なタンパク質を効率良く摂取することができます。 プロテインにはタンパク質以外にも 色々な栄養素が入っているので、 栄養補給にはベストなタイミングです。 プロテインを寝る前に飲む 寝ている間にも成長ホルモンが多く分泌されており、 寝る前に飲むことによって筋肉を効果的に修復することができます。 また、肌のターンオーバーにもタンパク質は必要なので、 美容のためにも良いタイミングと言えるでしょう。 このタイミングで飲むプロテインは、 ソイプロテインなどの植物性タンパク質が適しています。 寝る1〜2時間前に飲むのが理想的です。 ダイエット中にプロテインを飲む理由 プロテインを飲むと筋肉がムキムキになるという イメージを持つ方が多いかもしれませんが、 極度に負荷をかけた筋力トレーニングでもしないかぎりそんなことはありません。 ダイエット中の食事制限によってエネルギーが足りなくなってしまうと、 筋肉まで燃焼してしまい、筋肉量が減ってしまうこともあります。 筋肉量が減ると基礎代謝も落ちてしまい、 体重が減っても太りやすく痩せにくい身体になってしまうので、リバウンドの原因にもなります。 そういったことを防ぐため、 プロテインを飲むことがダイエットに効果的だと注目されています。 プロテインを食事の代わりに飲むことによって、 摂取カロリーを抑えることができ、筋力アップするだけでなく、 脂肪の燃焼効率を上げ、効果的にダイエットを進めることができます。 また、健康的な肌を作るためにもタンパク質は 必要不可欠な栄養素なので、綺麗に痩せるためにもプロテインを取り入れることは効果的だと言えます。 プロテインダイエットの方法 まず、 ダイエットに最適なプロテインはソイプロテインです。 多少飲みにくいといったデメリットはありますが、 腹持ちも良く代謝を上げてくれる効果が期待できます。 多少お金がかかっても摂取カロリーを抑えたいという場合は、 ダイエット食品として販売されているプロテインを使ってみるのも良いでしょう。 プロテインを取り入れたダイエット方法には 食事の代わりに置き換える方法と、食事の量を減らしてプロテインをプラスする方法があります。 いきなり置き換えると空腹感もかなり感じるため、後者の方がおすすめです。 また、食事の内容も高タンパクな食事になるため脂肪の燃焼効率を上げることができます。 プロテインの飲み方 プロテインは水に溶かして飲む方法と、牛乳で溶かして飲む方法があります。 水で飲む場合は、カロリーを抑えられるというメリットはありますが、 飲みにくさと腹持ちが悪いといったデメリットもあります。 反対に牛乳で飲む場合は、飲みやすく腹持ちは良くなりますが、 牛乳のカロリーがプラスされるため必然的にカロリーが高くなります。 1日の摂取カロリーや食事の量と相談し、 摂取カロリーが多めなら水、それほど多くないなら牛乳で飲むようにするのがおすすめです。 おすすめのソイプロテインBEST3 ザバス ウェイトダウン 出典: 参考価格:3,888円(1050g) プロテインと言えばコレ!というほど認知度も高く人気のザバス。 様々な種類のプロテインが販売されていますが、 ウェイトダウンはダイエットにピッタリのソイプロテインで、 筋肉を減らさずに痩せたい女性におすすめです。 ダイエット時に不足しがちなビタミンや、 カルシウムなどの栄養素もしっかり補給できます。 ソイプロテインであっても比較的飲みやすく、 味はヨーグルト味だけだったのですが、 最近チョコレート味が追加されたので、飽きずに飲み続けることができておすすめです。 ドラッグストアなどはもちろん、ネットでも購入できます。 Kentai パワープロテイン 出典: 参考価格4,317円(1. 2kg) Kentaiのプロテインもザバスと同様に知名度もあり、人気のプロテインです。 こちらのパワープロテインは9種類の必須アミノ酸、 11種のビタミン等を配合し、栄養バランスも優れたソイプロテインです。 プロテインの甘みが嫌いという方も多いですが、 プレーンタイプとバナナ、ココア風味が用意されているので、 甘くないプロテインを探している方、飲みやすいプロテインを探している方、 どちらにもおすすめできるプロテインです。 価格も少し安く、プレーンタイプであれば3kgのバリュータイプもあるのでお得です。 スポーツ用品店やスポーツジムなどでの取り扱いが一般的ですが、ネットでも購入できますよ。 プロテインを飲んでダイエットするなら運動は必要! プロテインの効果を最大限に生かすのには運動は不可欠です。 置き換えなどによって摂取カロリーを減らすだけでは、 食事制限と変わらないので、リバウンドする確率も高くなります。 激しい運動やハードな筋トレは必要ないですが、 軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れ、 適度に身体を動かすことで代謝を落とさず脂肪を燃焼することができます。 筋トレをするなら様々な部分の筋肉を使うスクワットがオススメです。 まとめ ダイエットは代謝を落とさずキレイに痩せることが理想です。 そのためには食事制限などによって不足した栄養を補給することが大切です。 もちろん 食事からたんぱく質を摂取することも可能ですが、 カロリーや脂肪分も多くなってしまいがちです。 プロテインなら低カロリーで効率よく たんぱく質を補給することができるので、ダイエットにもおすすめです。 プロテインを上手に取り入れることによって、 理想の身体をつくる味方になってくれることでしょう。 また、代謝を落とさずダイエットする方法として、酵素ドリンクも人気があります。 酵素ドリンクは飲みやすいものが多く、 プロテインよりも大幅にカロリーをカットできるので、早く結果を求めたい人にはおすすめです。 酵素ドリンクの効果や飲み方については、 こちらの記事に詳しくまとめてありますので、興味のある方は是非参考にしてください。

次の

女性におすすめのプロテインは、ホエイプロテイン・ソイプロテイン・カゼインプロテインのうちどれ?ランキング形式で、種類とそれぞれの効果や特徴などの比較とおすすめのプロテイン紹介!

女性 ソイプロテイン ランキング

ソイプロテインを選ぶポイント ソイプロテインは、ホエイやカゼインと違い、ただ筋肉を付けるためのプロテインではありません。 そのため、選び方も全く違います。 選ぶポイントとしては、 美容に関連した成分が多く含まれているのかどうか、を見極めるのが良いでしょう。 例えば、ソイプロテインには アルギニンが含まれています。 このアルギニンは肥満の改善に役立つといわれており、多く含むことで体型を保ちながらきれいに筋肉を付けることができます。 また、ダイエット目的であれば、 ヒスチジンの含有量も気にしましょう。 ヒスチジンは食欲を抑制する効果が期待できるといわれており、ダイエットには欠かすことができません。 このように目的によって、 選ぶソイプロテインも違ってきます。 7種のビタミンB群とビタミンCの配合により、 身体作りと体調維持を同時に行うことができます。 ナイアシンを含み、 脂質と糖質の分解を手助けしてくれるため、ダイエット目的でソイプロテインを選ぶ人にはおすすめです。 ソイプロテインの中でも良いレビューが多く、 知名度の高いザバス製品ということも考慮して、第1位は間違いないでしょう。 大豆由来の成分を含んでいるほか、11種類のビタミンと3種類のミネラルも含まれています。 ガルシニアエキスは、 肥満抑制に効果があるといわれているため、ダイエットや減量目的でプロテインを探している人にはおすすめです。 口コミも相当数ある中で 良い評価が目立ち、身体のことも考えてビタミンやミネラルといった栄養素も含んでいることから、ソイプロテインランキング第2位です。 アンチエイジング効果のあるアルギニンと、ダイエット効果のあるヒスチジンを含んでいるのが特徴です。 糖類無添加のため、ダイエットをしている人やカロリーを気にしている人には、おすすめのプロテインです。 評判も良く身体のことも考え、 ユーザーのことも考えて溶けやすくしたこの商品は、文句なしの第3位にランクインです。 また、11種類のビタミン、鉄、カルシウム、マグネシウムを配合しているのも特徴です。 フィッシュコラーゲンは 美肌効果に期待が持てることから、肌にハリを持たせたい人にはおすすめのプロテインです。 このような商品は珍しく、第4位以上は間違いありません。 大豆臭が少なく、従来のソイプロテインに比べると飲みやすいのが特徴です。 低粘度で粉っぽさがないので、ソイプロテインが苦手な人にはおすすめです。 新規製法の採用で飲みやすくし、 国内製造の安心できるソイプロテインは、誰にでもおすすめできるため第5位にランクインです。 11種類のビタミンと3種類のミネラル、さらには豊富なBCAAも含むため、 筋肉を付けつつ栄養補給を考えている人には、おすすめのプロテインです。 免疫力向上やアンチエイジング効果が期待できるアルギニンと、身体作りに欠かせないBCAAを多く含むメガバリューは、堂々の第6位です。 ビタミンやミネラルのほか、大豆たんぱくに食物繊維がプラスされており、 栄養面でもサポートしてくれます。 単なる減量やダイエットではなく、 身体を引き締めながらウエイトダウンを心がけている人には、おすすめのプロテインです。 栄養面でのサポートのほか、 溶けやすくて美味しいkentaiのウエイトダウンソイプロテインは、第7位にランクインです。 大豆臭が少なく、 スッキリとした味が特徴です。 通常の大豆プロテインに比べると、 たんぱく質含有量が多くて低脂肪です。 そのため、余分な脂肪を付けずに筋肉を付けたいという人には、おすすめのプロテインです。 栄養バランスと必須アミノ酸バランスに優れ、 グルタミンの含有率も高いことから、総合的に見ても第8位以下は考えられません。 水に良く溶ける水溶性プロテインを使用しているため、ソイプロテインを飲みにくいと感じている人にはおすすめです。 アミノ酸バランスや消化吸収にも優れ、遺伝子組み換え大豆を使っていないアクティブプロテイン100は、第9位にランクインです。 アミノ酸をバランス良く配合するだけではなく、カルシウムや亜鉛などのミネラルもきちんと含まれています。 ダイエットに有効な成分でもある アルギニン、ヒスチジンも含まれているため、体重を落とすのにも最適です。 日頃からトレーニングをしてはいるものの、 中々脂肪を落とすことができないと感じている人には、おすすめのプロテインです。 必須アミノ酸やミネラル、さらには様々な成分を含み、 トレーニングやダイエットで複数の効果が期待できることから、第10位以下はありえません。

次の