五行 相性。 五行説と漢方医学への応用(五行と五臓)|漢方アーカイブ

五行の相性−陰陽五行思想(木火土金水)の無料占い

五行 相性

何故あの人はあの様な考え方をするのだろう、 あの人とは馬が合わない、 あの人といると何だか心が安らぐ、 好きなあの人に好かれるにはどうしたら良いだろうか、 成功するために多くの人に好かれたい、 何をやっても上手く行かないがどうしたら良いのか分からない、 過去の偉人は何故成功したのだろうか、 体調が悪いけどどの様に治療すれば良いのだろうか… 多くの人は見える情報から 知識的に物事を見ようといたしますが、 その解釈は 所詮知識の域を出ることはできません。 知識の及ぶ範囲は知識の枠の中でしか戦えず、 智恵の域にまでその思慮が及ぶことありません。 だから多くの方は、 日常生活で悩み、 人間関係で悩み、 恋愛で悩み惑わされるわけです。 その悩みを減らすためには、 物事の本質を知り、 世の中の理を理解することが大切です。 五行思想は、そんな貴方の人生を 成功に導き、 悩みを減らし、 より豊かに彩るために存在しております。 また、その 5元素は互いに影響を与え合い、 その 相互作用によって天地万物が変化し循環する、 という考えにつながります。 外側の円の関係です。 矢印の先のものはエネルギーを受け取ることができるので、 自身を強化するために矢印元の要素を活かせるというわけです。 星型の関係です。 矢印の元のものは矢印の先のものからエネルギーを受け取ることができるので、 自身を強化するために活かせるというわけです。 ・木は土から栄養を吸い取り ・土は水の流れをせきとめて汚し ・水は火を消しとめ ・火は金属を溶かし ・金属は木を傷つける 相生と相剋のバランス 一般に相生は相性の良い組み合わせ、 相剋は相性が悪い組み合わせとされますが、 相生と相剋は陽と陰の関係であり、 両者が存在してこそ バランスが成り立ちます。 エネルギーは高ければいいというわけではありません。 時には抑えることも必要でしょう。 例えば、五行思想では 五臓・五腑・五官なども 対応している各要素がありますので、 各臓器の調子が悪いとなれば必要に応じて その機能を抑えることが重要です。 そうすることによって、ダメージを受けている臓器の悪い状態の機能を抑え、 回復を早めるわけです。 五行思想を使うと、 気の足りないところに 相生の効果を与えたり、 気が暴走しているところに 相剋の効果を与えたりする目安になります。

次の

名前の相性診断:最高のパートナーを探そう

五行 相性

陰陽五行説について 太陽と月、男性と女性のように、 物事には表と裏が存在しているよね。 というのが、 「陰陽」。 また、 万物は(生き物以外)木・火・土・金・水の5つの要素から成り立っているよね。 というのが、 「五行説(五行論)」。 この2つを組み合わせたものが、 「陰陽五行説」です。 五行の相生(そうしょう)と相剋(そうこく)の関係性 五行には相生(たすける関係性)と相剋(攻撃、抑制する関係性)の相性があります。 黄色い矢印:相生(たすけ合う、生む) 青い矢印:相剋(攻撃する、抑制) 相生の相性(たすける関係性) 何故、五行が存在しているのかというとそれぞれが 地球にとって必要なもの だからなはずです。 と、考えるならば、 全ては自分が生きていく上で学ぶことのできる大事な存在であり、必要じゃない人は誰一人いない。 と考えられるのではないでしょうか。 もしかしたら、学校に、職場に、仲間内に、苦手な人がいるかもしれません。 その人と無理してでも仲良くなれ、とは言いません。 しかし、もしかすると学ぶところが少しはあるのかもしれません。 半面教師になるのかもしれないし、自分の苦手とすることをいとも簡単にしてしまうから嫉妬していることを知るかもしれません。 まとめ どちらにしても、 全て自分にとってプラスになると考えることが出来たら、人生はもっと楽しくなるんじゃないかなと思います。

次の

五行 相性-五行でみる男女の相性「追いかける愛になる相性は?」

五行 相性

四柱推命館の「どんとこい名前相性診断」へようこそ。 当サイトは無料です。 友だち、恋人、職場の上司や部下、仕事上のパートナーの相性チェックにぜひご利用ください。 当サイトの相性診断は五行論に基づいています。 相性診断のやり方 相性診断の際は、自分と相手の名前の漢字とひらがなを入力してください。 自分の名前が「太郎」、相手の名前が「花子」の場合は、自分の名前に「太郎」と「たろう」、相手の名前に「花子」と「はなこ」を入力します。 名前診断は漢字とひらがなの両方を用います。 名前がひらがなの場合も、漢字の欄にひらがなをご記入ください。 例えば相手の名前が「さくら」の場合、「さくら」と「さくら」を入力します。 相性診断は二つある 相性診断は名前の最初の読み(ひらがな)を用いる かな相性と、名前の地格(名前の合計画数)を用いる 地格相性の二つがあります。 かな相性と地格相性は五行論に基づきます。 五行は木・火・土・金・水の元素を表し、元素の組み合わせに良し悪しがあります。 例えば火から見た土はいい関係であり、水から見た火は悪い関係です。 名前のかな相性 自分が「太郎」で相手が「花子」の場合、「たろう」の「た」と「はなこ」の「は」を使います。 詳しくは後述)に変換します。 「た」は火、「は」は水になります。 つまり太郎さんから見た花子さんの相性は大凶となります。 かな相性の求め方をまとめるとこうなります。 二人の名前(ひらがな)の頭文字をとる• それらを五行にする• 五行論に基づいて関係を求める 今回の例はたまたま火と水でしたが、組み合わせがいいと大吉になります。 五行の組み合わせは全部で25通りあり、大吉は5通り、中吉は5通り、吉は5通り、凶は5通り、大凶は5通りあります。 名前の地格相性 続いて地格相性を考えてみましょう。 地格はの一つで、名前の合計画数を意味します。 変換方法は後述の「数を五行にする」をご覧ください。 13は火、10は水となります。 五行論の基本 五行論では木、火、土、金、水に相生と相剋の関係があると考えます。 相生はAがBを生むという関係で、次の五つが相生にあたります。 木は火を生む• 火は土を生む• 土は金を生む• 金は水を生む• 水は木を生む 相剋はAがBをいじめるという関係で、次の五つが相剋にあたります。 木は土をいじめる• 土は水をいじめる• 水は火をいじめる• 火は金をいじめる• 金は木をいじめる 相生は相性が良く、相剋は相性が悪いというイメージです。 人気占いの一つである四柱推命はこの相生と相剋をもとに壮大な理論を作っています。 姓名判断と四柱推命はどちらも五行を基礎にしているのです。 相生は良い関係、相剋は悪い関係とみなすことが一般的です。 相生も悪い面、相剋も良い面を持っていますが、ここでは「相生は良い、相剋は悪い」くらいに考えてください。 四柱推命はもっと複雑に考えますが、姓名判断はこのようにわかりやすく考えます。 ところで上にあげた10通りは五行の組み合わせの一部でしかありません。 相生の逆、相剋の逆、そして同一という関係もあります。 五行の組み合わせをいいものから順に並べると次のようになります。 相生の逆• 相剋の逆 木と火は相生ですが、火と木は相生の逆です。 同様に水と火は相剋ですが、火と水は相剋の逆です。 金と金は同一です。 五行の組み合わせは必ず相剋、相生の逆、同一、相剋、相剋の逆のどれかに属します。 姓名判断はそれぞれを大吉、中吉、吉、凶、大吉とみなします。 これは五行論が相生と相剋を次のように解釈するためです。 ペア 意味 相生 生む 相生の逆 生まれる 同一 同じ 相剋 いじめる 相剋の逆 いじめられる 相生は母から見た子の関係、相生の逆は子から見た母の関係です。 同一は相手が自分にそっくりということで、可も不可もありません。 相剋とその逆が良くないことは明らかです。 大凶は相剋の逆で、自分が相手にいじめられる関係。 相性診断の大凶はつまるところ相剋の逆で、その本質は相手の勝手や横暴に従うという意味です。 ひらがなを五行にする ひらがなは行ごとの五行と対応しています。 数を五行にする際は下一桁に着目します。 下一桁が1または2の場合、その数は木になります。 下一桁が3または4の場合、その数は火になります。 下一桁が5または6の場合、その数は土になります。 下一桁が7または8の場合、その数は金になります。 下一桁が9または0の場合、その数は水になります。 例えば13は火になり、25は土になります。 注意事項 当サイトの相性診断と姓名判断はすべて無料ですが、吉凶の厳しい結果が出ることを予めご了承ください。 姓名判断はあくまでも占いの一つであり、占いから人生のすべてがわかることはなく、良くない結果でも気にする必要はありません。

次の