モバイル wifi wimax。 WiMAXとワイモバイルのポケットWiFiを比較!料金・速度・対応エリア

@nifty WiMAX|@nifty(ニフティ)プロバイダ

モバイル wifi wimax

モバイルWi-Fiルーターの契約を検討中の方であれば、1度は ポケットWiFi(Pocket WiFi) 、WiMAX(ワイマックス)という言葉を耳にしたことがある方が多いと思いますが、いったい何が違うのでしょうか? 見た目はソックリですが、 実は料金やサービスには大きな違いがありました。 わからないまま契約してしまい、後々「他にいいサービスがあった!」と気付いても、契約期間内の解約は違約金が発生してしまうため、すぐには解約出来ません。。 そこで今回は、目的に合わせた 失敗しないモバイルWi-Fiルーターの選び方をご紹介します。 ポケットWiFi・WiMAXって何なの? 料金やサービスに触れる前に、1つだけ前提のお話をします。 一般的に「ポケットWiFi」という言葉は、持ち運び出来るWi-Fiルーター(モバイルWi-Fiルーター)を総称して使われることが多いのですが、実は違います。 ポケットWiFi(Pocket WiFi)は ワイモバイル社(旧イーモバイル)が提供しているモバイルWi-Fiルーターの名称です。 ここを勘違いしたまま、ポケットWiFiだけ調べてしまうと、もしかするとあなたの目的に適したモバイルWi-Fiルーターを見逃してしまうかもしれません。 そしてもう一方の「WiMAX」は、 UQコミュニケーションズ社の「UQ WiMAX」というモバイルWi-Fiルーターを表しています。 ガチャピン・ムックのイメージキャラクターで有名ですね。 それでは、以上を踏まえて、実際にポケットWiFi(Y! mobile)、WiMAX(UQ WiMAX)のサービス・料金の違いなどを見ていきましょう。 ポケットWiFi・WiMAXのサービスの比較 ポケットWiFi(Y! mobile)とWiMAX(UQ WiMAX)のサービス内容について、気になるポイントを比較しました。 稼動時間やサイズなどに関しては、購入する機種によって様々になりますが、回線の速度では WiMAXが速くなっています。 最新機種では、1,237Mbpsにも対応しているようですが、まだエリアは一部に限られるようです。 今後のエリア拡大に期待ですね。 参考情報として、一昔前までの光回線の速度が主に100Mbpsでした。 今では1Gbpsや、2Gbpsが主流となってきていますが、無線で最大867Mbpsは、かなり高速な回線と言えるかと思います。 エリアに関しては、どちらもLTEエリア対応となるため、双方とも幅広い地域に対応しています。 どちらも簡単にエリア確認をすることができます。 mobile)- AXGPエリア エリアマップを比較するとよくわかりますね。 契約の際には、利用場所がどの回線速度で使えるエリアなのかをしっかり確認しましょう。 ポケットWiFiとWiMAX、どちらがお得なんでしょう? Y! 違約金にやや違いはありますが、料金や契約期間にはほぼ違いがありませんでした。 用途に合わせて選びましょう それでは、サービス・料金の比較を踏まえたうえで、用途別に見ていきましょう。 まずは自分の目的・用途が何なのかを考えて、最適なサービス・プランを選びましょう。 以上が、ポケットWiFiとWiMAXの違いになります。 少しでも契約時の参考になりますと幸いです。 おわりに それではお待ちかねの、 WiMAXの月額料金を1,500円以上安く契約する方法です。 既にご存知の方も多いとは思いますが、実はWiMAXを提供しているのは、UQ WiMAXだけではありません。 回線や端末はまったくUQ WiMAXと同じですが、販売サイトによって料金が違います。 安い理由としては、UQ WiMAX以外のWiMAX販売業者が価格競争をしているため、公式と料金の差が出ているようです。 その競争の中でも、Broad WiMAXがおすすめです。 他にも公式にはない様々なキャンペーンを実施してますが、中でも魅力的なサービスが、 『 』です。 かなりオススメです。

次の

WiMAXとWiFiの違いは?契約内容や仕様の違いを比較

モバイル wifi wimax

【読者限定のお知らせ】ずーっとおトクなPocketWiFiがついに登場! 出典: 月額料金初月0円・端末代金ずっと0円、 月額料金ずっと2,980円~でとにかく安くカンタンにインターネットが使えるしました! 格安SIM通信WiFiは、ずっと変わらないシンプルでおトクな料金プランになっており、メールやLINE、 Web ページの閲覧などがメインでインターネットを使うという方に特におすすめです。 操作が大手キャリアの4G LTE回線を利用しているのでどこでも繋がりやすく、通信速度を気にせず快適にインターネットを使うことができます。 ついに登場した「格安SIM通信WiFi」、この機会にぜひお早めにお申し込みください。 WiMAXとは WiMAXはUQコミュニケーションズが運営している回線サービスであり、厳しい審査によってサービスを提供する通信事業者が決められています。 そのため、WiMAXを提供している通信事業者なら基本的には信頼度が高く、便利に使いやすいと考えられます。 WiMAXのサービスは複数のプロバイダが提供していますが、使用している回線は同じのため通信速度や性能などに違いはありません。 ただし、プロバイダごとに月額料金などの設定は異なったり、実施しているキャンペーンが違ったりします。 契約する際はそれぞれの内容をチェックしておきましょう。 WiFiとは WiFiとは「WiFi Alliance」と名付けられた通信規格の名前を指します。 無線LANを使用してネットに接続できるサービスであり、WiMAX同様に複数のプロバイダがサービスを提供しています。 WiMAXとの違いは運営元がそれぞれ異なるという点であり、よいサービスもあれば、悪いサービスもあります。 信頼度でWiMAXのほうが絶対的に優れているというわけではないため、選び方さえ間違えなければ快適に利用できます。 WiMAXとWiFiの違いは接続方式や利用範囲 運営元が異なるだけではなく、WiMAXとWiFiでは接続方式や利用範囲が異なります。 そのため、それぞれの違いを知り、自分が利用するエリアではどちらのほうが便利に使えるかを考えるとよいでしょう。 WiMAXの接続方式や利用範囲 WiMAXのサービスはUQコミュニケーションズが運営している、WiMAX回線を利用しています。 基地局を経由する電波の送受信であり、エリアによって繋がりやすいかどうかが異なります。 有料オプションを付加することで、auの4GLTE回線も利用可能です。 WiMAXの回線のみでは繋がりにくい場合は、有料オプションを利用することでより広範囲での高速通信ができます。 WiFiの接続方式や利用範囲 WiFiの電波は光回線やケーブルテレビの回線などを利用し、無線LANルーターを使用してネットに接続できるようになっています。 利用可能な範囲は広く、自宅から外出先まで幅広いエリアで使用可能です。 自宅据え置きの固定回線はもちろん持ち運びが可能なものもあり、近年では様々な施設で無料で利用できるWiFiも登場しています。 WiFiの電波が届いている範囲で接続できる機器があるなら利用できるため、使えるエリアは広いです。 モバイルWiFiの接続方式や利用範囲 WiFiの中でも、持ち運びが可能な携帯端末をモバイルWiFiと呼びます。 モバイルWiFiのサービスを提供するプロバイダは多く、それぞれで使用している回線が異なります。 基本的にはWiMAXと同じ仕組みですが、使用している回線がドコモやソフトバンク、auといったキャリア回線を利用している点が大きな違いです。 モバイルWiFiでは、それぞれのキャリアの4GLTE回線を利用しています。 WiMAXとモバイルWiFiを比較 実際にサービスの違いを知るために、利用範囲や通信速度、料金などを比較します。 それぞれネットに接続できるという点は同じですが、サービスごとに使い勝手は異なります。 WiMAXは「UQ WiMAX」、モバイルWiFiはワイモバイルの「Pocket WiFi」、格安モバイルWiFiとして「どんなときもWiFi」を例に、違いを比較していきましょう。 そのため、主要都市ではほとんどの場所で利用可能です。 ただし、WiMAXは山間部などで電波が途切れやすいこともあり、安定した通信環境を実現するには、有料オプションの4GLTE回線を利用する必要があります。 また、主要都市であっても、地下や建物の中などは構造の問題で電波が届きにくいこともあります。 WiFiのほうがキャリア回線を利用するため繋がりやすく、山間部でも問題なく利用できることも多いです。 特にどんなときもWiFiは、ソフトバンクとドコモ、auの三大キャリアの回線を自動で切り替えて接続できるため、より広範囲で利用しやすいといえます。 通信速度を比較 契約先や利用する端末によって通信速度は変わりますが、基本的には速度の違いは次のようになっています。 2Gbps• WiFi接続時867Mbps 75Mbps ワイモバイル Pocket WiFi 803ZT ソフトバンク4GLTE• 988Mbps• WiFi接続時866Mbps 37. 格安モバイルWiFiのどんなときもWiFiのみ、下りの最大速度が150Mbpsとなっています。 プロバイダによって多少速度は違いますが、格安モバイルWiFiは大体同程度の通信速度になると考えましょう。 料金を比較 それぞれの通信サービスの料金の比較は、次の通りです。 社名 プラン 初回登録料 月額料金 契約年数 契約解除料 UQ WiMAX ギガ放題 3,000円 3,880円 2年 1,000円 更新期間を除く ワイモバイル Pocket WiFiプラン2 ベーシック アドバンスオプション加入 3,000円 4,380円 なし なし どんなときもWiFi 3,000円 3,000円 3,480円 クレジットカード払いの場合 2年 9,500~19,000円 更新月を除く 同じサービスでも、契約するプランによって料金は異なります。 また、どんなときもWiFiのように、支払い方法によって月額料金が異なることもあるため注意しましょう。 どんなときもWiFiでは、口座振替を選択すると月額料金が500円プラスとなります。 速度制限を比較 速度制限の要件は、サービスによって異なります。 月間のデータ容量が決まっているプランでは、その容量を超過すると翌月まで制限がかかります。 ギガ放題や使い放題のプランで利用した場合の速度制限の要件は、次の通りです。 3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯 18時頃~翌2時頃• 4GLTEを使用した場合は翌月まで• 概ね1Mbps• 4GLTEを使用した場合は128kbps ワイモバイル 前日までの3日間で10GB以上 当日18時~翌1時 概ね1Mbps どんなときもWiFi なし 不正利用・ネットワーク占有レベルの大容量通信を除く — — 使い放題のプランでも、直近3日間で10GB以上の通信量があると一時的に制限がかかります。 また、WiMAXの場合は有料オプションの通信を使った場合、通常モードでの通信を合わせて月に7GB以上使うと翌月まで制限がかかります。 このときの制限は通常モードよりも厳しくなるため、利用する際には通信量に気をつけてください。 どんなときもWiFiは通常速度制限はありませんが、不正利用や短期間でネットワークを占有するレベルでの通信を行うと一時的に制限がかかることもあります。 速度制限は快適に利用する上での重要なポイントとなるため、細かくチェックして自分に合ったサービスを選びましょう。 各サービスはどんな人におすすめ? それぞれのサービスで違いがあるように、どのような人にWiMAXやモバイルWiFi、格安モバイルWiFiが適しているかは異なります。 UQ WiMAXがおすすめな人 出典: がおすすめなのは、次の特徴に当てはまる人です。 WiMAXは山間部でも利用可能ですが、より快適に使うためには有料オプションが必要になるかもしれません。 電波が届きにくいエリアを中心に使用する人よりは、接続しやすい大都市近辺で使う人のほうが、快適に利用しやすいでしょう。 また、プランによっては高速通信も快適に行えるため、通信速度を確保しながら、安価で利用したい人にもおすすめです。 WiMAXは自宅据え置きだけではなく持ち運びが可能な携帯端末もあるため、自宅だけではなく外出先で利用したい人にも向いています。 ワイモバイルのPocket WiFiがおすすめな人出典: のPocket WiFiがおすすめなのは、次の特徴に当てはまる人です。 山間部などの幅広いエリアで利用できるPocket WiFiですが、快適に使うなら主に主要な都市で利用するほうがよいでしょう。 また、大容量バッテリーの端末もあるため、外出先で長く使い、かつ高速通信を行いたい人にもおすすめです。 Pocket WiFiは契約期間の縛りがない点が魅力であり、期間に関係なく自由な使い方をしたい人に向いています。 ので、ぜひご一読ください。 がおすすめなのは、次の特徴に当てはまる人です。 どんなときもWiFiは長く使っても月額料金が変動しない点が魅力であり、安く利用したい人に向いています。 また、端末の性能上、WiMAXなどと比較すると下りの通信速度はそれほど速くないため、スピード重視ではない人にも向いているでしょう。 制限なしで利用できるのも大きな特徴であり、使用するデータ容量を気にしたくない人にもおすすめです。 クラウドSIMを導入したことで広範囲で利用できる点もどんなときもWiFiの魅力であり、国内外の幅広いエリアで利用したい人にも向いているでしょう。 おすすめのWiMAXと「格安モバイルWiFi」 WiMAXや格安モバイルWiFiには多数のプロバイダがあり、それぞれ月額料金や契約内容の詳細が異なります。 同じサービスでも複数社比較しておくことで、より便利に使えるサービスを見つけやすくなります。 WiMAX WiMAXのサービスを提供している代表的なプロバイダとしては、次の3つがあげられます。 カシモ WiMAX• GMOとくとくBB WiMAX• Broad WiMAX それぞれで月額料金はもちろん、実施しているキャンペーンの内容も異なります。 プロバイダ名 データ無制限プランの月額料金 3年間利用した場合の月額料金総額 契約年数 カシモWiMAX• 初月:0円• 1ヶ月目:1,380円• 2〜24ヶ月目:3,480円• 25ヶ月目以降:4,079円 130,368円 3年 GMOとくとくBB WiMAX• 1~2ヶ月目:3,609円• 3ヶ月目以降:4,263円 152,160円 2年 Broad WiMAX• 1~2ヶ月目:2,726円• 3~24ヶ月目以降:3,411円• 25ヶ月目以降:4,011円 128,626円 1年 カシモWiMAX 出典: はキャッシュバックがない分、月額料金が安く設定されています。 データ容量無制限のギガ放題プランの場合、契約初月は0円、1ヶ月目は1,380円、2〜24カ月目は3,480円、25ヶ月目以降は4,079円です。 業界最安級をうたっており、今なら端末代金が無料、送料が無料という特典も実施しています。 契約年数の3年間で最大62,755円お得です。 プロバイダ選びに安さを重視している人におすすめのプロバイダといえます。 GMOとくとくBB WiMAX 出典: ギガ放題プランだと、は月額3,609~4,263円で利用できます。 1~2ヶ月間は月額3,609円で利用でき、3ヶ月目以降は4,263円です。 月額料金が最初の2ヶ月間割引となっているため、安価で利用しやすい点が魅力でしょう。 契約期間が3年であるため、長く使いたい人におすすめのサービスです。 GMOとくとくBB WiMAXは端末代が無料であり、申し込みのタイミングによっては即日発送してもらえるため、すぐに使いたい人にも向いています。 また、最大31,600円のキャッシュバックもあるため、コストパフォーマンスは非常に高いです。 こちらの記事は、しているので、ぜひご覧ください。 Broad WiMAX 出典: ギガ放題のプランでを契約した場合は、月額料金は2,726~4,011円です。 1~2ヶ月目までは2,726円ですが、3~24ヶ月目までは3,411円となります。 25ヶ月目以降は4,011円であり、段階別に月額料金が上がります。 契約期間は3年であり、更新月以外で解約すると9,500~19,000円の違約金がかかるため、注意しましょう。 Broad WiMAXでは初期費用や端末代の無料や、他社サービスから乗り換える際の違約金の負担などもあるため、安価でサービスを利用したい人にもおすすめです。 「格安モバイルWiFi」 格安のモバイルWiFiは、次の2つのサービスがあげられます。 めっちゃWiFi• よくばりWiFi それぞれで月額料金や詳細な契約内容は異なるため、細部の違いまでチェックしておきましょう。 会社名 月額料金 契約期間 解約金 めっちゃWiFI 3,480円 2年• 1〜24カ月目:9,800円• 25ヶ月目以降:0円 よくばりWiFi• 1ヶ月プラン:4,880円• 24ヶ月プラン:3,450円 2年• 1〜12ヶ月目:18,000円• 13〜24ヶ月目:12,000円• 26ヶ月目以降:9,500円• 更新月:0円 めっちゃWiFi 出典: は料金プランが1つであり、契約時から3,480円で利用できます。 長く使っても料金の変動はないため、長期間同じ料金で利用したい人におすすめです。 契約期間は2年となっており、2年以内で解約すると9,800円の違約金がかかります。 25ヶ月目以降は無料で解約できるため、更新月以降の解約でもコストはかかりません。 よくばりWiFi 出典: は1ヶ月と24ヶ月の2つのレンタルプランがあり、1ヶ月プランだと4,880円、24ヶ月プランだと月額3,450円で利用できます。 1ヶ月プランのほうが月額料金は高いですが、他社で1ヶ月利用だと5,000円程度かかることもあるため、安価で利用可能です。 更新月以外で解約すると違約金が発生し、1~12ヶ月目は18,000円で、13~24ヶ月目までは12,000円となります。 更新月のみ無料であり、以降は9,500円です。 (違約金はすべて不課税) データ容量は無制限で利用でき、国内外の幅広いエリアで利用できるのも魅力の1つでしょう。

次の

【徹底比較】WX06は契約すべき?WiMAX最新機種を大解剖!

モバイル wifi wimax

ただし、他の nifty接続サービスをご利用中の場合はかかりません。 利用登録月と nifty入会月が異なる場合、利用登録月はが発生します。 ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。 この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。 エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。 東京都、埼玉県の一部エリアで提供します。 対象エリアは今後順次拡大予定です。 USB3. 0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要です。 Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。 全国(各都道府県一部エリア)で提供。 表記の通信速度は、システム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により異なります。 実際の通信速度は、通信環境やネットワーク混雑状況などに応じて低下します。 下り最大440Mbps対応エリアの情報は、でご確認いただけます。 上り最大30Mbpsは一部エリアから提供。 エリア情報の詳細は、でご確認いただけます。 東京都、埼玉県の一部エリアで提供します。 対象エリアは今後順次拡大予定です。 ハイスピードプラスエリアモード(有料)ご利用かつLANケーブル接続時。 LANケーブル接続時は下り最大1,000Mbps、Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。 全国(各都道府県一部エリア)で提供。 通信環境や時間帯などにより記載通りの速度がでない場合がございます。 詳しくはUQコミュニケーションズをご確認ください。 なお、料金プランによりご利用の回線は異なります。

次の