コールド プレス ジュース 通販。 good juice

今さら聞けない!コールドプレスジュースの効果は何?スムージーとは違うの?

コールド プレス ジュース 通販

みなさんは「コールドプレスジュース 」って知っていますか? 実はスムージーとは全然違う、コールドプレスジュースは摂取できる栄養素が多く、「健康に良い」、「お肌に良い」、「ダイエットに良い」、「便秘に良い」等、様々な効果が期待できます。 ここでは詳しく 「コールドプレスジュース 」について説明したいと思います。 美味しくて飲みやすいジュースですよね。 一方、「コールドプレスジュース」はあまり聞いたことがないという方も多いのでは無いでしょうか? 実はこのスムージーとコールドプレスとの間には、作り方から効果、摂取できる栄養素まで大きく違いがあるのです。 スムージーとは? スムージーとは 「凍らせた野菜や果物をミキサーにかけた飲み物」の総称で、野菜や果物を組み合わせてつくるアメリカ生まれのジュースです。 スムージーの栄養素や効果としては、 ミキサーでつくるため食物繊維も残し、素材のもつ栄養素などをそのまま摂取することができます。 他にも、果物の皮ごとミキサーにかけることによって「ファイトケミカル」と言った酵素をとりやすくしてくれると言ったメリットもあります。 寒い時期には生の素材で作ったり、暑い季節は冷凍した素材で作ったり季節に合わせて旬の食材も取り入れて気軽に楽しめる。 スムージーの中でも 特に注目となったのが、グリーンスムージーですが、「グリーンスムージーダイエットで痩せた!」などのトピックがテレビや雑誌で取り上げられているところを目にする機会も多かったのではないでしょうか。 しかしながら、ミキサーにかけてつくるスムージーはその高速回転により高い温度を発生させることから、酵素が壊れてしまうというデメリットも存在します。 また、食物繊維をとることにより、消化器官には食べ物を摂る時と同じように負担をかけることになるので、例えばファスティングの間に摂る食事としてはあまり望ましくはありません。 コールドプレスジュースとは? コールドプレスジュースとは、コールドプレス製法(低速低温圧搾法)という製法で作られたジュースのことです。 低速回転のスロージューサーを使って食材をゆっくり優しくプレスする製法で搾り出されるコールドプレスジュースは大切な栄養素が失われることなくそのまま取り残されます。 コールドプレスジュース は1本のボトルに1. 2〜1. 6kgの原材料を使い素材の水分だけを搾り出しているので、 保存料などの 添加物はもちろん、余計な水分も一切加えておりません。 また、低速回転で食材に圧縮をかけ、絞り出すため、温度が高温にならず、酵素を崩さずに絞り出してくれる。 スムージーよりも酵素をふんだんに摂取することができます。 これらの特徴を持つ「コールドプレスジュース」は• 「ダイエット」• 「食生活の乱れの栄養不足、偏り」• 「胃腸を休めたいとき」• ファスティング など、様々なシーンでサポートしてくれます。 ジュースクレンズ?効果は? クレンズとは洗浄のことで、ジュースクレンズはジュースで体内を洗浄することを意味します。 腸内環境を正常な状態にして、身体機能の活性化を促すのですね。 固形の食事の代わりにコールプレスジュースのような消化器官に負担のかからない栄養摂取をすることで、身体を一次的に休ませてあげる事ができます。 普段消化に使っているエネルギーの一部を「排出」や「再生」へ使う事ができるようになるのですね。 新たに取り入れる栄養素を吸収しやすい状態へと導く事でもあり、体質改善や内臓脂肪の減少になり、結果的にはダイエット効果、便秘解消効果、不眠症改善効果など、様々な効果が期待できます。 断食との違いは? 断食とジュースクレンズは考え方は基本的には同じですが、断食は 基本的には水飲みで過ごし、食事や味覚をリセットする意味があります。 しかしながら、ジュースクレンズの場合は酵素等の栄養素やカロリーも摂取し、ジュースを味わいながら行えますので、 断食よりも健康的に、美味しく、楽しく行うことができます。 コールドプレスジュースの効果を高める「6のコツ」 実は、誰でもどんな時でも、飲めるというものではありません。 飲み方によっては効果が半減してしまうともあります。 注意点やコツを6つに分けてご紹介します。 その1:常温は避ける! 「コールドプレスジュース」は、生きた酵素が入っているため、常温での保存ができません。 体のために冷たいものを避けて、 常温の飲み物を飲んでいる女性も多いとは思いますが、コールドプレスジュースは「冷やして」お飲み下さい。 その2:風邪、妊娠中は飲まない! 栄養素や、生きた酵素が、上記の方々には腸内で栄養素が強く作用し、 お腹をくだしてしまう可能性があります。 風邪をひいた時に「簡単に栄養をとりたい!」と思って飲むことは、実は逆効果になることがあります。 健康状態の良い時に飲むようにしましょう。 その3:デトックスダイエットは「短期間」での実施を! コールドプレスジュースを長期間でたくさん飲めばとっても効果的だという訳ではありません。 というのも、野菜と果物からだけでは身体に必要な栄養素を全てを摂取することはできないので、長期間でコールドプレスジュースでジュースクレンズし続けてしまうと、結果的には 栄養バランスが崩れてしまいます。 絶食の補助食としての飲用の場合、 1~3日間での実施がベスト! その4: 「お水」と「ハーブティー」を一緒に摂取しよう! コールドプレスジュース以外にも、 「お水」と「ハーブティー」でしたら飲んでも大丈夫です。 お水やハーブティーを一緒に飲むことにより、酵素が活性化し、効果的になるのでぜひ実践してみてください。 茶葉を使用していない、「黒豆茶」や「カフェインレスコーヒー」などでも代用できます。 その5: 生理中には飲まない方が良い! 生理中は特にホルモンバランスが崩れがちになります。 そんな時は、 デトックスダイエットではなく、しっかりと食事をしてホルモンバランスや栄養バランスに気を使うようにしましょう。 しかし、逆に排卵日が近くになると代謝が上がるのでより効果的に摂取できます。 その6: クレンズの前日は食事の量を控えめに! いきなりお腹に食事が入らなくなると腸もびっくりしてしまいます。 2日前には食事の量を減らしたり、うどん等の消化しやすい食べ物をとるように心がけましょう。 また、 なるべく数日前から食べる量を減らすことによって、「胃を小さくする」という効果もあります。 そうすることによって急激な空腹も避けることができるんですね。 まとめ 1日の食事の1食を 「コールドプレスジュース」に置き換えて飲むという方法もオススメです。

次の

【楽天市場】湘南茅ヶ崎の高品質・低価格なコールドプレスジュースの全国通販:shonan smoothie and juice[トップページ]

コールド プレス ジュース 通販

野菜やフルーツを発酵させて作られる 酵素ドリンクは、栄養素だけでなく、身体に必要な酵素もしっかり補いたい人におすすめです。 数十種類の野菜やフルーツの栄養素を凝縮しており、美容成分などが配合されているものが多いのも特徴。 コストも抑えめで日持ちするものが多いため、定期的にクレンズしたい人にも向いています。 一方で、発酵させるときに糖分を使うことが多く、 他のドリンクよりもカロリーが高くなってしまいがち。 食事代わりとして飲むのはOKですが、ダイエット目的で食事と併せて摂取するのにはあまり向いていません。 商品によって酵素の配合量にも違いがあるため、できるだけたくさんの酵素が含まれているものを選びましょう。 この商品は、High Pressure Processing HPP という方法によって製造されています。 この製造方法では、 海底の約6倍の圧力 約600Mpa によって高圧殺菌を行うのが特徴です。 一般的なコールドプレスジュースは、熱が加わらない低速のミキサーなどによって絞り出すため、殺菌処理ができません。 それに対しHPP製法は冷温高圧殺菌をしているので、冷凍で2年間保存することも可能。 コールドプレスジュースを自宅にストックしておきたいという人にもぴったりです。 フレーバーは5種類展開で、丸ごとフルーツを食べているかのようなフレッシュな味わいを楽しむことができますよ。 タイプ ストレート 特徴的な原料 ほうれん草・グァバ・ケールなど 種類によって異なる カロリー - 種類 5種類 人工甘味料・人工着色料 - 容量 200ml 5種類のフレーバーを楽しめるコールドプレスジュースです。 1本飲むだけで、500〜750gの野菜や果物の栄養素を摂取することができますよ。 また、消化を妨げる不溶性植物繊維を製造過程で取り除いているため、しっかりと胃腸を休めたい時にもぴったりです。 味にアレンジを加えたい時は、1本あたり200mlの豆乳や牛乳と割って飲むのもおすすめ。 6本セットで購入すると、5種類のフレーバーに合わせてランダムでもう1種類がついてきますよ。 1日ファスティングに挑戦する時はぜひこのコールドプレスジュースを試してみてくださいね。 タイプ ストレート 特徴的な原料 ケール・竹炭・小松菜など 種類によって異なる カロリー - 種類 5種類 人工甘味料・人工着色料 無 容量 200ml シニア野菜ソムリエがレシピを監修しているコールドプレスジュースです。 現代人の野菜不足を解消する「飲むサラダ」として、栄養価やおいしさ、素材の組み合わせにも配慮して仕上げられています。 一般的にコールドプレスジュースは、全ての素材を合わせてジューサーにかけることが多いですが、このジュースは素材ごとにジューサーにかけた後、混ぜ合わせて作られています。 そのため雑味が出にくく味が一定に保たれているのが特徴です。 野菜のえぐみが気になってコールドプレスジュースが苦手という人でも飲みやすいですよ。 1本飲んだ後、2〜3時間後を目安に次のドリンクを摂取するのが目安です。 6種類のフレーバーセットで、飽きることなく味を楽しむことができるのも嬉しいですね。 タイプ ストレート 特徴的な原料 アサイー・セロリ・パイナップル・小松菜など 種類によって異なる カロリー 39〜54kcal 種類によって異なる 種類 6種類 人工甘味料・人工着色料 無 容量 400ml タイプ ストレート ストレート ストレート ストレート 粉末 特徴的な原料 アサイー・セロリ・パイナップル・小松菜など 種類によって異なる 竹炭・セロリ・小松菜など 種類によって異なる ケール・竹炭・小松菜など 種類によって異なる ほうれん草・グァバ・ケールなど 種類によって異なる 明日葉・スピルリナなど カロリー 39〜54kcal 種類によって異なる - - - 23kcal 種類 6種類 6種類 5種類 5種類 - 人工甘味料・人工着色料 無 - 無 - 有 容量 400ml 200ml 200ml 200ml 150g 商品リンク• この商品は、ファスティングに特化した酵素ドリンクです。 1年半もの時間をかけて自然発酵させた70種類の原料には、有機栽培や無農薬のものが使用されており、安全性にも配慮されています。 また、健康維持に役立つマグネシウムやL-カルニチン、美容に良いMSMなどを配合し、ファスティングの効果をサポートしてくれるのも嬉しいですね。 そのままで飲むこともできますが、味の濃さが気になる時は水で割って飲んでみてくださいね。 値段が高めですが、本気でファスティングをしたい時に強い味方になるドリンクと言えるでしょう。 タイプ ストレート 特徴的な原料 黒糖・イチョウの葉・ウコンなど カロリー 217kcal(100ml) 種類 - 人工甘味料・人工着色料 - 容量 500ml 酵素の吸収率にこだわって作られた酵素ドリンクです。 熱や酸に弱いとされる酵素の弱点を克服すべく、酵素活性化分子であるL-カルニチンを配合。 また、1つ1つの分子を小さくして、体に吸収されやすいよう仕上げています。 165種類の野菜や果物をブレンドしているので、食物繊維が豊富で満腹感を得やすいのが嬉しいですね。 さらに、 ダイエット中に不足しやすいヒアルロン酸やプラセンタなど4種類の美容成分も含まれています。 モンドセレクションを6年連続授賞している、クオリティの高さも魅力的です。 タイプ 液体稀釈タイプ 特徴的な原料 馬プラセンタ・エンザミン・オリゴ糖など カロリー 130kcal(100ml) 種類 - 人工甘味料・人工着色料 - 容量 710ml.

次の

コールドプレスジュースは効果がない?最安値で購入するには通販がいいの?

コールド プレス ジュース 通販

みなさんは「コールドプレスジュース 」って知っていますか? 実はスムージーとは全然違う、コールドプレスジュースは摂取できる栄養素が多く、「健康に良い」、「お肌に良い」、「ダイエットに良い」、「便秘に良い」等、様々な効果が期待できます。 ここでは詳しく 「コールドプレスジュース 」について説明したいと思います。 美味しくて飲みやすいジュースですよね。 一方、「コールドプレスジュース」はあまり聞いたことがないという方も多いのでは無いでしょうか? 実はこのスムージーとコールドプレスとの間には、作り方から効果、摂取できる栄養素まで大きく違いがあるのです。 スムージーとは? スムージーとは 「凍らせた野菜や果物をミキサーにかけた飲み物」の総称で、野菜や果物を組み合わせてつくるアメリカ生まれのジュースです。 スムージーの栄養素や効果としては、 ミキサーでつくるため食物繊維も残し、素材のもつ栄養素などをそのまま摂取することができます。 他にも、果物の皮ごとミキサーにかけることによって「ファイトケミカル」と言った酵素をとりやすくしてくれると言ったメリットもあります。 寒い時期には生の素材で作ったり、暑い季節は冷凍した素材で作ったり季節に合わせて旬の食材も取り入れて気軽に楽しめる。 スムージーの中でも 特に注目となったのが、グリーンスムージーですが、「グリーンスムージーダイエットで痩せた!」などのトピックがテレビや雑誌で取り上げられているところを目にする機会も多かったのではないでしょうか。 しかしながら、ミキサーにかけてつくるスムージーはその高速回転により高い温度を発生させることから、酵素が壊れてしまうというデメリットも存在します。 また、食物繊維をとることにより、消化器官には食べ物を摂る時と同じように負担をかけることになるので、例えばファスティングの間に摂る食事としてはあまり望ましくはありません。 コールドプレスジュースとは? コールドプレスジュースとは、コールドプレス製法(低速低温圧搾法)という製法で作られたジュースのことです。 低速回転のスロージューサーを使って食材をゆっくり優しくプレスする製法で搾り出されるコールドプレスジュースは大切な栄養素が失われることなくそのまま取り残されます。 コールドプレスジュース は1本のボトルに1. 2〜1. 6kgの原材料を使い素材の水分だけを搾り出しているので、 保存料などの 添加物はもちろん、余計な水分も一切加えておりません。 また、低速回転で食材に圧縮をかけ、絞り出すため、温度が高温にならず、酵素を崩さずに絞り出してくれる。 スムージーよりも酵素をふんだんに摂取することができます。 これらの特徴を持つ「コールドプレスジュース」は• 「ダイエット」• 「食生活の乱れの栄養不足、偏り」• 「胃腸を休めたいとき」• ファスティング など、様々なシーンでサポートしてくれます。 ジュースクレンズ?効果は? クレンズとは洗浄のことで、ジュースクレンズはジュースで体内を洗浄することを意味します。 腸内環境を正常な状態にして、身体機能の活性化を促すのですね。 固形の食事の代わりにコールプレスジュースのような消化器官に負担のかからない栄養摂取をすることで、身体を一次的に休ませてあげる事ができます。 普段消化に使っているエネルギーの一部を「排出」や「再生」へ使う事ができるようになるのですね。 新たに取り入れる栄養素を吸収しやすい状態へと導く事でもあり、体質改善や内臓脂肪の減少になり、結果的にはダイエット効果、便秘解消効果、不眠症改善効果など、様々な効果が期待できます。 断食との違いは? 断食とジュースクレンズは考え方は基本的には同じですが、断食は 基本的には水飲みで過ごし、食事や味覚をリセットする意味があります。 しかしながら、ジュースクレンズの場合は酵素等の栄養素やカロリーも摂取し、ジュースを味わいながら行えますので、 断食よりも健康的に、美味しく、楽しく行うことができます。 コールドプレスジュースの効果を高める「6のコツ」 実は、誰でもどんな時でも、飲めるというものではありません。 飲み方によっては効果が半減してしまうともあります。 注意点やコツを6つに分けてご紹介します。 その1:常温は避ける! 「コールドプレスジュース」は、生きた酵素が入っているため、常温での保存ができません。 体のために冷たいものを避けて、 常温の飲み物を飲んでいる女性も多いとは思いますが、コールドプレスジュースは「冷やして」お飲み下さい。 その2:風邪、妊娠中は飲まない! 栄養素や、生きた酵素が、上記の方々には腸内で栄養素が強く作用し、 お腹をくだしてしまう可能性があります。 風邪をひいた時に「簡単に栄養をとりたい!」と思って飲むことは、実は逆効果になることがあります。 健康状態の良い時に飲むようにしましょう。 その3:デトックスダイエットは「短期間」での実施を! コールドプレスジュースを長期間でたくさん飲めばとっても効果的だという訳ではありません。 というのも、野菜と果物からだけでは身体に必要な栄養素を全てを摂取することはできないので、長期間でコールドプレスジュースでジュースクレンズし続けてしまうと、結果的には 栄養バランスが崩れてしまいます。 絶食の補助食としての飲用の場合、 1~3日間での実施がベスト! その4: 「お水」と「ハーブティー」を一緒に摂取しよう! コールドプレスジュース以外にも、 「お水」と「ハーブティー」でしたら飲んでも大丈夫です。 お水やハーブティーを一緒に飲むことにより、酵素が活性化し、効果的になるのでぜひ実践してみてください。 茶葉を使用していない、「黒豆茶」や「カフェインレスコーヒー」などでも代用できます。 その5: 生理中には飲まない方が良い! 生理中は特にホルモンバランスが崩れがちになります。 そんな時は、 デトックスダイエットではなく、しっかりと食事をしてホルモンバランスや栄養バランスに気を使うようにしましょう。 しかし、逆に排卵日が近くになると代謝が上がるのでより効果的に摂取できます。 その6: クレンズの前日は食事の量を控えめに! いきなりお腹に食事が入らなくなると腸もびっくりしてしまいます。 2日前には食事の量を減らしたり、うどん等の消化しやすい食べ物をとるように心がけましょう。 また、 なるべく数日前から食べる量を減らすことによって、「胃を小さくする」という効果もあります。 そうすることによって急激な空腹も避けることができるんですね。 まとめ 1日の食事の1食を 「コールドプレスジュース」に置き換えて飲むという方法もオススメです。

次の