生協 外壁 塗装。 生協の生協の外壁・屋根塗装

アイネットコープ埼玉の口コミと評判、体験談

生協 外壁 塗装

【210万円も安くなりました】 厳選された優良業者へ、無料で一括見積もりができ、複数社の塗装・修繕工事価格を比較できます。 この「外壁塗装の価格、費用」は不透明な部分が多く、こちらは業者に出された見積もりが適正なのかどうかもサッパリ分かりません。 その工事項目が必要なのかさえもよく分かりません。 また、同じ工事なのに業者による価格帯が幅広すぎて、 業者が儲けすぎではないか?顧客への説明が足りないのではないか?と怒りすら感じます。 当サイトがあなたに伝えたいこと• 外壁塗装の価格相場を徹底的に伝えます。 具体的な見積もり20事例を公開しています。 かけはなれた費用で工事をさせない。 業者の選び方もイチから分かりやすく解説。 頼もうと思っている業者、大丈夫ですか?• 1日15件の被害相談がある塗装業界です。 業者に騙されない知識をつけよう。 メーカー別比較、耐久性やグレード、価格を調査。 塗料選びに役立てて下さい。 付帯部分(雨どい、破風など)は入っていません。 その家の状態により金額は前後します。 あくまで目安として見て下さい。 述べ床面積(1階+2階面積)ではありません。 住宅 の 建坪 15坪 651,000 693,000 745,500 871,500 955,500 1,050,000 20坪 798,000 850,500 903,000 1,050,000 1,155,000 1,260,000 25坪 861,000 913,500 966,000 1,134,000 1,239,000 1,344,000 30坪 1,050,000 1,113,000 1,113,000 1,365,000 1,491,000 1,617,000 35坪 1,165,500 1,239,000 1,302,000 1,512,000 1,648,500 1,785,000 40坪 1,281,000 1,354,500 1,428,000 1,648,500 1,795,500 1,942,500 外壁塗装は安い買物ではありません。 なのにやり直しがきかず、失敗が出来ません。 是非外壁塗装にも様々な選択肢がある事を知って下さい。 ( 価格、グレード、塗料の種類、耐久性、業者の選択) 外壁塗装の見積もり20事例 早速、外壁塗装の見積もり事例を見て行きましょう。 初めて外壁塗装をする場合、一体いくらかかるのか?ということが全然分からないと思います。 各見積りの問題点、価格の妥当性も記してあります。 是非参考にして下さい。 2階建の場合、1階面積+2階面積=総床面積です。 知恵袋より引用しまとめたものです。 事例一覧 項目 工事内容 工事価格 詳細へ 事例1 生協の外壁塗装の見積もり。 外壁塗装・屋根塗装 ・ベランダ防水 1,436,660円 事例2 ミサワホームの見積もり。 外壁塗装・屋根塗装 1,971,382円 事例3 フッ素塗料。 最後に大幅値引き。 外壁塗装・屋根塗装 1,024,000円 事例4 リフォーム会社からの超まともな見積もり。 外壁塗装・屋根塗装 625,000円 事例5 最高級塗料「ガイナ」使用。 外壁塗装・屋根塗装 1,300,000円 事例6 ボッタクリ業者の見積もり事例。 外壁塗装・屋根塗装 ・ベランダ防水 2,030,400円 事例7 セラミック吹付け。 最後に大幅値引き。 外壁塗装・屋根塗装 1,500,000円 事例8 足場代が無料?築40年住宅事例 外壁塗装 658,000円 事例9 2社の相見積り事例。 実際の工事は下請けへ流しているので中間マージンが多く発生して高額になっている事例。 塗料原価が約13,000円~20,000円(16kg缶)で、1缶で約60m2の範囲を2度塗りできます。 (関連記事:) この事例の場合、塗装面積が180m2なので3缶塗料を使うとすると、塗料の金額は約4万円~6万円ということになります。 で、出ている見積もりは504,000円・・・。 残りは職人さんへの手当と、儲けになります。 かなり高額。 優良塗装業者に相見積りすれば、100万円切る価格でできる。 外壁塗装の価格相場・見積もり事例その2 ホームメーカーである「ミサワホーム」の外壁塗装、屋根塗装リフォームの見積もり事例です。 事例1と同じく中間マージンが多く発生するので、かなり高額な見積もり価格が出ています。 ・スペック 築10年、3階建 ・外壁塗装面積219. 7m2 ・屋根塗装面積124. 5m2 349,595円 高圧洗浄 250円 252. 6m2 63,150円 下塗り 水性ミラクシーラーエコ(エスケー化研) 3,100円 219. 6m2 43,610円 下塗り マイルドシーラーEPO(エスケー化研) 2,200円 124. ミサワホームでの外壁塗装は、塗料が独自メーカー塗料「水性Mコートフッソ」というものを使うので、塗料の単価が不明です。 フッ素塗装なのでかなり餅は良いと思われますが、1m2あたりの単価が3,100円は結構高いほうです。 屋根塗装も平米単価が高額になっています。 あと、3階建ってことを考えたとしても足場の単価が高すぎる。 屋根の高圧洗浄も高い。 下請けになっている業者へ直接頼めば、恐らく120万円前後になるはず。 保証有無や信頼性などの点からハウスメーカーへ外壁塗装リフォームを頼む人も多いと言います。 塗装内容や工事は同じ内容で6~7割の価格で出来ますから、これは大変勿体無いです。 (関連記事:) 外壁塗装の価格相場・見積もり事例その3 最後に大幅値引きといってかなりの費用をマイナスする会社事例。 安いけれども、その代わりに最高級フッ素塗料で見積もりを出して来ています。 外壁塗装の塗料平米単価:5,300円!! 屋根塗装の塗料平米単価:5,700円!! ・・・凄い価格ですが、AGCコーテックのフッ素塗料は平米単価4,500円~5,500円位が相場なので、この業者は高額にボッタくってはいないです。 実施例として掲載してくれれば値引き、という事の方が気になります。 値引き額が約44万円と相当大きいので、最初の見積もりはなんだったのか?という不安があります。 ほぼ、妥当な金額で見積もり価格が出されています。 費用も安く抑えられ、優良な業者です。 こういう業者と出会いたいものです。 ・スペック 築7年 木造モルタル一戸建て ・外壁塗装面積124. 5m2 ・屋根塗装面積62. 5m2 106,500円 養生 45,000円 高圧洗浄 250円 155. 6m2 38,900円 その他 下地処理、運搬搬入諸経費 28,000円 下塗り 水性ソフトサーフSG(エスケー化研) 800円 124. 1m2 15,525円 下地処理 10,000円 下塗り マイルドシーラーEPO(エスケー化研) 600円 62. 1m2 37,260円 中・上塗り ヤネフレッシュ(エスケー化研) 800円 62. 1m2 99,360円 値引き -22,145円 屋根塗装 合計 140,000円 この業者はリフォーム会社で、足場の単価が平均より安いです。 (関連記事:) 塗料はNo. 1の見積もり事例と同じ水性セラミシリコンでの見積もりですが、比べてみると単価の違いは歴然。 1の業者がどれだけ高く見積もっているか分かります。 屋根塗装についての見積もりも妥当な金額です。 あとは、この業者が塗料のランクを顧客に説明してくれているかどうかです。 外壁塗装の価格相場・見積もり事例その5 遮熱、断熱効果に優れ、冷暖房費が圧倒的に下がると話題の「ガイナ」塗料を使用した見積もり。 外壁も屋根もガイナ塗料での見積もり事例です。 塗料自体の値段は35m2塗れる14kg缶が45,000円位。 (関連記事:) この見積もりだと、塗装範囲が330m2なので9缶必要。 塗料代に約40万円かかります。 工事の単価としては、平均単価がだいたい1平米あたり4,500~5,000円と言われているのでこの見積もりはまぁ妥当だと思います。 GAINAを検討している方は、上記平均単価を参考にしボッタくられないように注意です。 また、ガイナは艶けししか選択肢がない、むらが出やすいなどデメリットも多くあります。 あとはこうやって外壁+屋根塗装一緒に見積もりを出されると、相見積りをした他社と比較しにくいので、できれば外壁塗装と屋根塗装は別々に見積もりを出してもらった方が良いです。 外壁塗装の価格相場・見積もり事例その6 かなりのボッたくり業者の見積もり事例です。 養生と足場代が含まれていないため、この見積もりよりもさらに料金を上乗せで請求される可能性が高いです。 見積もり時、よく項目を確認し、足場にかかるお金は、必ず業者へ確認しておくようにしましょう。 また、高圧洗浄が高すぎます。 高圧洗浄にかかる単価はだいたい1平米あたり高くても200~250円です。 使用している塗料も、そんなに良いものを使っているわけでもないのに高いですし軒天塗装に45万円もかかる意味が分かりません。 こういう訳のわからない業者に頼む事だけは避けたいものです・・・。 (関連記事:) 外壁塗装の価格相場・見積もり事例その7 セラミック吹付けの見積もり事例です。 某有名外壁塗装訪販業者の見積もり。 やはりそれは、安く見せるテクニックであり「今しか値引きできない」などと言って即決を迫られる、といった契約の手段であります・・。 この見積もりを見ると、足場や高圧洗浄などの単価は一般的ですがやはり高いのは外壁の塗料代です。 セラミック吹付けで15年以上は持つはずで、この値段は妥当ではないかとも一瞬思わせますが、この業者の評判を見ると「8年ともたなかった」などと、どうも悪い口コミがかなり目立ちます。 セラミック吹付けは見た目も良く耐久性の高いとても素晴らしい塗装ですが、価格が高いので数社から見積もりを取り、適正価格を知る事が大切です。 飛び込みで来た業者で即決なんていうことは絶対に避けましょう。 外壁塗装の価格相場・見積もり事例その8 足場代がサービスで無料となっている見積もり事例です。 外壁塗装の見積もりでは、足場代は大きな費用がかかるはずですが、無料というのはどういうことか考えてみましょう。 この塗料は16kgでおよそ100m2の範囲を塗布できます。 塗料の価格は15kg缶が12,000円~18,000円程度。 (関連記事:) 2度塗りするためこの事例(124m2)だと、3~4缶使用だとして塗料の原価は36,000円~高くても7万円位。 この塗料部分の見積もり額が約30万円なので・・・人件費を入れ、儲けを入れたとしても足場代はココに含まれているのでは?と推測します。 高圧洗浄も高いので、ココにも足場代が含まれてる。 というわけで、足場代サービス!というのは本当に無料な訳ではない、と覚えておきましょう。 外壁塗装の価格相場・見積もり事例その9 2つの業者で相見積りをした事例。 料金的には大差ないように見えますが、内容が実は全然違います。 相見積りを取る時は、それぞれの単価に注目します。 7m2 53,460円 新規取付 2,700円 29. 7m2 80,190円 雨どい交換 既存撤去 1,200円 68. 7m 82,440円 新規取付 68. これではどこの会社の塗料なのか知りようがありません。 必ずどこの会社の塗料を使うのか確認するべきです。 日本の3大塗料メーカーはエスケー化研・日本ペイント・関西ペイントです。 この3つから選ぶのが安心です。 また、2社目の見積もりでは足場の単価が高すぎます。 これはもう少し安くして貰うべきです。 高圧洗浄も単価500円はかなり高いです。 屋根の平米数はまだ良いのですが、外壁の平米数がちょっと両社で違いすぎるのではないか、というところも気になります。 平米数によって見積もり額は大きく変わるので、相見積り後の比較であまりに平米数が違うときは業者にその旨伝え、測り直してもらうのが安心です。 外壁塗装の価格相場・見積もり事例その10 雨漏りの工事と外壁塗装を一気にやりたい場合の事例。 1m 45,720円 下地直し 1,500円 57,150円 棟瓦敷き 1,800円 68,580円 廃材処理 7,000円 諸経費 11,550円 屋根塗装 合計 190,000円 まず、足場代が高いです。 足場は平米単価600~800円のところが多いですし、安ければ400円、500円という業者もあります。。 飛散防止ネットが1平米500円かかるというのも、通常の4~5倍位の単価です。 高圧洗浄はこんなものだとしても、足場とネットの料金がかなり怪しいので、この業者に対する信頼がそれだけで一気にガタ落ちです。 塗装に下塗りが含まれていないですし、1度しか塗らないのでしょうか。 2度塗りだとしても単価1,800円はユメロックにしては高いと思いました。

次の

生協のリフォームって千葉で評判良いの?【詳細や特徴まとめ】

生協 外壁 塗装

TELまたはインターネットによる見積もり受付 受付担当者に「見積希望」とお伝えください。 担当者より施主様へTELの上、訪問日決定 見積担当者より施主様へご連絡の上、訪問日を決定します。 現場調査 現地に訪問し、建物の状況の確認・施主様のご希望等をお伺いします。 現場調査報告書およびお見積書の提出 現地調査報告書・お見積書を作成し、その内容についてご説明にお伺いします。 工事工程段取り ご契約後、塗装工事の段取りに入り、工期等のご連絡をいたします。 各種申請・近隣へのごあいさつ 塗装工事着工前に各種申請ならびに近隣の方へのごあいさつを行います。 工事開始 塗装工事期間中は周囲の安全に充分配慮し、必要な補修、塗装、付帯工事を行います。 工事完了(完了確認) 塗装工事完了後、施主様立ち会いのもと、工事の完了確認を行います。 アフターメンテナンス 塗装工事完了後も経過状況の確認などのアフターメンテナンスを定期的に行います。 塗装工事の目安 時期を誤ると美観上の問題ではなく下地まで傷めてしまいます。 資産価値の低下や本格的な改修工事が必要となってしまいます。 外壁関連(外壁塗装)? 高圧洗浄・清掃工事 長年にわたって蓄積された汚れ・ゴミと下地材から浮いた塗膜を、高圧の水で洗い流します。 又、状況によっては溶剤ぶきを行い汚れを取り除きます。 点検・補修 汚れを取り除いた下地を、隅々まで確認し、必要な所を補修します。 補修をしっかり行う事で完成後の機能性を高めます。 下地整正 高圧洗浄では取りきれない油分や薄さびを溶剤でふき取り、ブラッシングを行います。 下塗り・縁切り材取付 これから施工を行う塗膜がしっかり接着を続けられるよう、シーラー又はプライマーと呼ばれる塗剤を塗っていきます。 中塗り 塗膜の厚さを大きくし、塗装性能を十分に発揮させる為に中塗りを行います。 上塗り 塗膜の表面となる上塗りを行います。 隅々まで塗り込み、一体的な塗膜を形成し、より耐候性の向上を行います。 高圧洗浄・清掃工事 屋上に溜まったほこり、ゴミ等を洗い流します。 きれいに清掃する事が防水性能の向上となります。 点検・補修 床面・立上り部分はもちろん、笠木などの金物についても確認を行います。 下地をしっかりした点検・補修を行わなければ防水性は低下します。 下塗り(プライマー塗り) しっかり洗浄した後、下地と防水層をしっかり接着させる為の塗料(プライマー)を塗布します。 補強布の貼り付け 床面と立上り部分の接続部など、防水層の弱点になる箇所を補強します。 中塗り(2回) 肉厚な防水層を形成すべく、主材と呼ばれる塗剤を2回塗ります。 これにより、今後の耐衝撃性も向上させることになります。 仕上げ塗り(トップコート) 仕上げ塗りを行います。 トップコートによって紫外線や摩擦から防水層を守ります。

次の

外壁塗装と屋根塗装

生協 外壁 塗装

複数の見積書を比較する事は非常に重要となります。 住まいのコープにて外壁のリフォームをしました 生協系の業者ということで安心感があったので、見積もりに来てもらった業者のなかから住まいのコープを選びました。 住まいのコープの見積り自体も予算内で抑えられたこと、デザインなどの融通が効くことも選択したことに大きく影響しています。 住まいのコープに外壁塗装を依頼するきっかけは一括見積というもので、ネット上で見つけた無料サービスでした。 色々な種類があるようですが、外壁塗装専門の一括見積もあったので利用してみました。 外壁塗装は業者間の料金差がかなり開くこともあるようなので便利なサービスなのですが、見積りを申し込む業者数が多いとちょっと面倒になるみたいです。 私の場合は住まいのコープを含めた5社の塗装業者に見積もりが依頼できたので全部に申し込んでみたのですが、実際に家を見に来るわけですから対応する必要がありました。 仕事が忙しい時期だったので見積もりをすべて終わらせるまでに時間がかかってしまい、一月半ほど掛けました。 ただ、多い見積もりはその分選択の幅を広げてくれたので費用面で有利になってくれました。 見積額は軸にして見積もり時の対応や塗装プランなどの説明等色々と考えた結果、生協系で対応もよく費用面でも有利だった住まいのコープを選択、住まいのコープから説明のあとに契約をして塗装の準備に入りました。 外壁をどのような形にして仕上げるかを住まいのコープと話し合うのですが、色やデザインはすでに決めてあったのでスムーズに進みました。 ただ、塗料の種類によって断熱性や遮音性が期待できるということなので、耐久性を重視しながら断熱性のあるものを選択しました。 塗装についての話し合いが終わり、工事日が決まると住まいのコープ側でご近所への塗装開始あいさつがあり、その後塗装が始まりました。 塗装中の作業員(職人さんだと思いますが)が手際よく外壁を塗っていく姿は見ていて面白かったです。 簡単そうに塗っているのですが、かなりの熟練度がないと無理でしょう。 作業の経過は嫌でも見られるのですが、説明を求めると作業の内容を教えてくれたりと少しでも不安を取り除こうという姿勢がありました。 塗装工事は14日間で終ったのですが、当初は16日の予定だったので2日ほど早く終わりました。 塗装後の外壁は色の鮮やかさがまるで違い、思っていた通りのデザインに仕上がり満足です。 最終確認のあとに保証についての説明があり、何か問題があっても補修してくれるということでした。 この辺りは生協系らしくしっかりとしていると思います。 ただ、ちょっと気になったのは作業中と作業後の臭いです。 作業中は塗料の臭いらしきものがたまに部屋にまで入ってきていました。 きつい臭いではないのですが、家族がどうも園においがダメなようだったので空気清浄機や換気扇は回しっぱなしでした。 これでかなり緩和されたのですが、住まいのコープに相談したところ色々と対策をしてくれたようです。 臭いの問題はありましたが費用面でも塗装面でも満足の行く結果でした。

次の