総社 デニム マスク。 デニムマスク、即完売 総社市の旗振りで生産急ピッチ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

総社デニムマスク総合問い合わせフォーム

総社 デニム マスク

マーケットプレイスおよびFBA の活用によって、総社市の障がい者雇用事業を支援 Amazon(所在地:東京都目黒区)は、岡山県総社市が推進する「障がい者雇用事業千五百人雇用プロジェクト」と連携して、7月31日(金)より、地域の障がい者のみなさんが働く就労支援事業所が製造するデニムマスクの取り扱いを開始します。 Amazonの西日本エリアの物流拠点である岡山フルフィルメントセンター(以下、岡山FC)は、2017年の開業後、2018年よりこのプロジェクトに参画しており、地域と岡山FCのコミュニティ活動を促進するための交流を積極的に行っています。 岡山県内の障がい者就労支援事業所が、Amazonに出品するのは初めてとなります。 Amazonでは、2002年に販売事業者様を対象とした出品プログラム「Amazonマーケットプレイス」の提供を開始しました。 また2008年には、販売事業者様がAmazonのフルフィルメントセンター(FC)に納品された商品に関し、24時間365日体制で保管、注文処理、梱包、配送、カスタマーサービスを代行する「フルフィルメント by Amazon(FBA)」のサービスを開始しました。 今回、総社市の就労支援事業所はAmazonマーケットプレイスおよびFBAを活用して、デニムマスクをAmazonで販売します。 総社市 片岡聡一 市長は次のようにコメントしています。 「岡山FCの2017年の開業以来、Amazonのみなさんと良好な関係を築くことができ、とても嬉しいです。 総社市の独自政策である『障がい者千五百人雇用事業』は、新型コロナウイルスの影響により障がい者のみなさんの仕事が奪われてしまうという危機にさらされていました。 しかし、総社市で1,000人以上働く障がい者のみなさんが立ち上がり、「マスクが無いなら作ってしまおう!」と地域の連携によって誕生したデニムマスクは、岡山県の地場産業であるデニム生地を用いて、一生懸命に制作されています。 その製品が、Amazonを通じて全国、さらには世界を見据えた展開が出来ることは、製造するすべての人々にとって誇りであり,新たな挑戦への原動力になるものと期待しています。 」 総社デニムマスク実行委員会 坪井直人 委員長のコメント。 「発売を決断してから、私たちは販売に関するリソース不足に悩んでいました。 今後の商品戦略において、発送についてのコスト増に頭を悩ませていたところ、地域連携の一環として、フルフィルメントby Amazonの担当者のみなさまには、とても親切に相談に乗って頂き、短時間での販売が実現したことを大変ありがたく思っています。 おかげさまでコスト構造の改善が進み、障がい者の皆さんのお給料を上げていくことができます。 こんなにも嬉しいことはありません。 」 岡山フルフィルメントセンター サイトリード 高尾昌樹のコメント。 「Amazonで働くすべての従業員は、地域社会の一員として、地域の課題解決をサポートするためのコミュニティ活動に積極的に協力したいと考えています。 今回、私どもが最も得意とする物流面でのソリューション提案によって、地域の障がい者の皆様のビジネスが促進されることを、とても誇りに思います。 今後も、このような形のコミュニティ活動に従業員一同、積極的に参加して参ります。 FBAがご提供する在庫保管、注文処理、梱包、配送、カスタマーサービスをご活用いただくことで、さらなる事業の成長を支援させていただきたいと考えております。 amazon. jpg ] <Amazonについて> Amazonは4つの理念を指針としています。 お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。 カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。 aboutamazon. jp)から。 「Amazon」をもっと詳しく.

次の

デニムマスクを総社市が販売サイズは?予約の仕方から洗い方まで調査|情報屋ピッピ通信

総社 デニム マスク

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• マスクが手に入りにくくなっているのを受け、岡山県総社市の障害者福祉施設が布製マスクを手作りし、市役所の1階ロビーで販売を始めた。 販売初日の16日は用意した100枚が20分で完売。 平日だけの販売予定で、24日までの整理券を急きょ発行した。 当面は計1万枚を目標に、急ピッチで生産するという。 市内七つの就労継続支援A型・B型両事業所に通う人たちが、市の呼びかけに応じて生産を開始。 素材は総社産のデニム生地で、男性、女性向けのそれぞれのサイズを用意し、一つ400円(税込み)。 1人2枚まで。 販売開始に立ち会った片岡聡一市長は「ジャストフィット。 守られている感じがする。 洗えば洗うほど風合いも出ます」と出来栄えを絶賛。 手作りのため、当面は1日40~50枚が精いっぱいで、量産に向け「学校などで眠っているミシンを借りるなどして態勢を整えたい」という。 16日は市役所の販売場所に200人が列をつくった。 マスクを作ったのは初めてという関信江さん(53)は「マスクは今や貴重品。 布製なので繰り返し洗って長く使ってもらえれば」と話していた。 (小沢邦男).

次の

岡山県総社市が障がい者と一緒に真心を込めて製作!『総社デニムマスク』が全国発売開始

総社 デニム マスク

デニムマスク倉敷児島総社から販売! 岡山はデニムの産地として有名です。 岡山デニムのマスクは評判もよく世界からも注目を集めています。 岡山で販売されているデニムマスクを観ていきましょう! 全国から予約が殺到中のこちらのマスク! 総社市から販売されています。 総社市の障害者福祉施設で販売されています。 なんとこちらのマスクは障害者さんたちがひとつひとつ丁寧に作られております。 通販サイトのURLはのちほど載せますね。 続きまして倉敷市のマスクです。 そろそろ市販マスクが底をつくので、まずはスタッフ用に… — 倉敷着物小町 kazuhiroterao 倉敷着物小町さんから販売しているマスクになります。 こちらも話題になっているみたいですね。 今は生産ピッチをあげて作成されているようです!! 続きましてジーンズの生産が多い児島です。 総社以外のマスクはまだ在庫があるようなのでお早めにどうぞ!.

次の