今 植える 野菜。 夏に植える野菜の種類は?

今から植える野菜は何がいいでしょうか??

今 植える 野菜

もくじ• 5月に植える野菜|家庭菜園の5月に定植できる野菜を全部見せます 5月に植えつけられる野菜はたくさんあります。 まずは箇条書きしておくと、• ナス各品種• トマトやミニトマトなど• ピーマン• シシトウ• 万願寺唐辛子• タカノツメ• パプリカ• コリアンレッド• その他の甘唐辛子類など• キュウリ• ズッキーニ• ゴーヤ• ミニかぼちゃ• 大玉かぼちゃ• 大玉スイカ• 小玉スイカ• メロン• 日本カボチャ• ハヤトウリ• まっかウリ• その他のウリ科野菜• サトイモ• ヤツガシラ• トウモロコシ• サツマイモ• オクラ• あおシソ• 赤しそ• バジル• パセリ• ササゲなどのマメ科野菜• チンゲン菜• ほうれん草• 小松菜など• サンチュなどのリーフレタス• 春菊 次に、 わかりやすいように科目別で並べておきました。 また、画像をクリックしていただくとその野菜の育て方を見ることが出来ます。 5月に植えるナス科野菜• トマト• ピーマン• シシトウ• 万願寺唐辛子• シシトウ• タカノツメ• パプリカ• その他の甘唐辛子類など 種まきして準備してきた方も、接木苗を購入して準備してきたかとも、夏野菜の植え付け時期がやってきました。 まだ苗を入手していない方は慌てなくてもよいのですが、いいのがあれば買っておいた方が良いかもです。 ナス科野菜の植え付けや育て方については過去にまとめてありますのでこれからご紹介する記事をご覧下さい。 その他の唐辛子類の野菜としてコリヤンレッドと呼ばれる辛口の唐辛子があります。 現在ではこのサイト内には育て方の記事がないので【私の野菜育て方図鑑】さんの記事を参考にしてください。 コリアンレッドの育て方に関しては別のサイトになりますが、を見てください。 5月に植えるウリ科野菜 5月に植えつける野菜の主役はナス科と、もうひとつは、キュウリなどのウリ科ではないでしょうか? ウリかはつる性の野菜が多いので支柱などを立てないといけませんが、一度立てたしまえば夏の終わりまでそのままで良いので、少し面倒ですが頑張って支柱を立ててみましょう。 支柱の立て方については別の記事を用意していますのでそちらをご覧いただければと思います。 支柱の立て方の記事はこちらからどうぞ。 キュウリ• ズッキーニ• ゴーヤ• ミニかぼちゃ• 大玉かぼちゃ• 大玉スイカ• 小玉スイカ• メロン• 日本カボチャ• ハヤトウリ• まっかウリ• その他のウリ科野菜 それぞれの育て方や栽培方法に関してはこちらの記事にまとめてありますのご覧ください。 かぼちゃの育て方 かぼちゃの育て方のページは現在制作中です。 大玉スイカの育て方 大玉スイカの育て方のページは現在制作中です。 メロンの育て方 メロンの育て方のページは現在制作中です。 日本カボチャの育て方 日本カボチャの育て方のページは現在制作中です。 ハヤトウリの育て方 ページは現在制作中です。 まっかウリの育て方 まっかウリの育て方のページは現在制作中です。 ひょうたんカボチャの育て方 ひょうたんカボチャの育て方のページは現在制作中です。 5月に植えるサトイモ科野菜• サトイモ• ヤツガシラ サトイモやヤツガシラなどは5月の初旬には植え付けてしまいましょう。 まだ大丈夫です。 ヤツガシラをお勧めする理由はいくつかあるのですが詳しくは、こちらの記事をご覧下さい。 トウモロコシ 5月に植えるヒルガオ科野菜• サツマイモ 5月に植えるアオイ科の野菜• オクラ アオイ科にはハイビスカスや酔芙蓉など、大輪の華やかな花を咲かせる植物があります。 オクラもアオイ科の植物だけあって、収穫前には大変綺麗な花をさかせてくれますよ。 オクラの育て方は現在制作中です。 5月に植えるシソ科野菜• 青紫蘇(あおしそ)• 赤紫蘇(あかしそ)• バジル 大葉の育て方は現在制作中です。 5月に植えるセリ科野菜• パセリ 5月に植えるマメ科野菜• ササゲ 5月に植えるキク科野菜• サンチュなどのリーフレタス 5月に植えるその他の野菜 チンゲン菜や小松菜などのアブラナ科やヒユ科野菜の植え付けはまだ間に合いますが、あまりおすすめは致しません。 理由は、夏野菜はほかに豊富にあるし、葉物野菜の旬はやはり冬場だと思うからです。 あえてリストアップしておくと、、• チンゲン菜• 小松菜• ほうれん草 など 5月に植える野菜のまとめと種まきする野菜 5月に植える野菜まとめ 冒頭にも書きましたが、家庭菜園の5月は忙しい月です。 ナスやトマト、きゅうりなどの植え付けが全盛期を迎えます。 園芸ショップにも普段より人がいっぱいいてあわただしいのですが、焦らなくても大丈夫です。 6月頃まではまだまだ植え付けできますよ。 5月に種まきする野菜 5月に種まきできる野菜は別の記事にまとめてありますのでそちらをご覧ください。 今日は最後までご覧いただいてありがとうございます。 この記事が面白い、または参考になるなどと思った方は、ブックマークやシェアしていただけると嬉しいです。 またのご来訪心よりお待ちいたしております。 最後にもう一度、5月に種まきする野菜をまとめた記事へのリンクを張っておきますのでそちらも併せてごらんください。 どちらかとゆうとそちらの方が面白いかと思います。

次の

家庭菜園に最適! 1月に植える野菜5選【畑は小さな大自然vol.64】

今 植える 野菜

スポンサードリンク 夏に植える野菜で初心者におすすめの種類は? 〇野菜を育てるには 野菜を植えるのは春頃で、初夏から夏にかけて収穫するのが一般的です。 夏の収穫が終わったら、今度は秋に収穫できる野菜に植え替えるか、果物、例えばイチゴのようにそのまま翌年に実がなるまで植えておきます。 それでは、夏から新たに野菜を植えるにはどうしたらいいのでしょうか?玄人なら「アレをコレして・・・」「アレを植えて・・・」「次にソレをこうして・・・」と、何を準備して、何を植えるか全て手順が分かっているのでしょう。 でも、初心者にはそんなこと分かるはずもないですよね。 後は日にあたっていれば勝手に育つはず! でもそう簡単にはいかないんですよね・・・・・、「土を手入れして」「たまに栄養になるものを追加して」「雑草を抜いて」、種類によっては「添え木をして」など、これだけのことを初心者がいきなり、そして全部完璧にこなすのは至難の業ですよ! そこで今回の、野菜を育てる第一歩「種から植える」「苗から植える」そんな種類選びに焦点をあてていきますね。 〇野菜を植える環境は? 野菜を育てる環境は人それぞれ、状況次第で色々変わってきますがが、確認することがあります。 1、「家庭菜園?」「自分の庭?」 家庭菜園なら、前に使っていた人が最期に何を植えていたかわかる限りでいいので確認してください。 分からなければ仕方無いです。 土を耕して、植えたい野菜に適したオーソドックスな肥料や土を適度にまいてくださいね。 これは 「連作障害」といって、続けて同じような野菜を育てたときに、 病気・虫の発生・成長が悪くなる障害が起こるのを防ぐためです。 間違っても「眉間にシワを寄せて」考えたり、「一人で頭を抱えて」床をのたうち回ったりしないことです。 自分の家の庭なら、できるだけ午前中から日に当たる場所を選んで耕してくださいね。 夕方日に当たるより朝から昼まで日が当たる方が良いとされています。 でも、プロの畑じゃないんですから、日の出から日の入りまで日が当たり続けるなんて至難の業でしょうから、その辺は気軽に行きましょう! 〇どんな野菜を植えたらいいの? 夏には、 アブラナ科のキャベツ・ブロッコリー・カリフラワー・白菜、キク科のレタスなど。 晩夏になると、 大根、小松菜、ほうれん草など葉物野菜がいいでしょう。 ここで選択に困るのが、「種から育てる」「苗を植えて育てる」このどちらかを選択肢を選ぶことではないでしょうか? 「種から育てる」メリットは、沢山育てられるので安上がりで、デメリットは目が出てある程度育つまで手間と時間がかかることです。 「苗を植えて育てる」メリットは、ある程度育てる手間が省けて収穫し易い事。 でも、デメリットは一苗一つしか収穫できないので、沢山買う場合は割高になってしまうんです。 スポンサードリンク 夏に植える野菜で種から始めるおすすめは? それでは「種」から育てるとき、いつどんな野菜の種をまくといいのでしょうか? 関東から西の地域になりますが、平野部と山岳部で状況が変わってくるので大体の目安程度の参考にしてください。 〇それぞれ植える時期 8月に入ってお盆過ぎ、暖かい場所では9月に入る頃までは、白菜・レタス・キャベツ・ブロッコリー・カリフラワーの種まきがおすすめ。 他にオススメの野菜は、 水菜、小松菜、ニンジン(春より夏からの方が育てやすい2~3か月)、 ジャガイモ(暖かければ秋には収穫) 9月に入ったら、大根、小松菜、ほうれん草などの種まき その他にオススメの野菜は、 水菜、ルッコラ、ミツバ、玉ねぎ、カブなどもいいですよ。 〇植えた野菜の育ちが悪い場合 8月にまいた野菜の種から芽がでない、枯れた、殆ど育っていない場合は、9月に入ったらホームセンターなどで販売されている「苗」を買ってきて植えるという次の手段があります。 9月にまいた野菜も同じで、芽が出ない、育てるのに失敗したときは「苗」に切り替えて植えなおしてくださいね。 夏に植える野菜で苗から始めるおすすめは? もし7月上旬頃に始めるなら、ちょっと遅いけどトマトやキュウリの苗を買ってきて、8月に収穫に挑戦すると良いでしょう。 8月に種まきには挑戦しないで、確実に収穫できるように苗から始めても構いません。 ちょっと早いからまだ店頭に出回っていないかもしれませんが、白菜・レタス・キャベツ・ブロッコリー・カリフラワーの苗の購入です。 ただ、先ほどもご紹介した通り一苗一つしか取れないので、いくつか買ってくださいね。 また、植え時は9月からになります。 考え方として、種まきの1か月遅れが苗の植え頃と思っていいでしょう。 つまり、初心者でも最初は種で挑戦して、うまくいかなければ苗に変更。 この時の経験が翌年に生かしてくださいね。 こうして失敗と成功を繰り返しながら、知識と経験を得ていくことで、気が付いたときには玄人の仲間入りをしているというわけです。 春を逃して夏から植え始める方は、翌年の目安にしてもらえれば幸いです。 土の手入れや追肥など細かいことは一切省いて、夏に植える野菜について紹介してきました。 細かいことはこれからでしょう。 先ずは土に触れて野菜を育てて自家製の野菜を楽しんでくださいね。

次の

夏に植える野菜で初心者におすすめの種と苗の選び方

今 植える 野菜

以前は野菜といえば畑で作るものという認識が一般的でしたが、最近は家庭菜園の人気によりご家庭で手軽に野菜作りを楽しまれる方が増えてきました。 そんな家庭菜園ですが、秋に植える野菜にはどんなものがあるのでしょうか? ここでは 初心者にも育てやすい秋植え野菜を5つご紹介したいと思います。 ネギ ビタミンB、Cをはじめとしてカルシウム、リンなどを多く含むネギ(葉ネギ)は、 暑さ寒さに強いのが特徴です。 病害虫にも強く、初心者にも育てやすい野菜と言えます。 種から蒔く場合は4月から9月下旬までに行い、種を蒔いてから約2カ月半程度で収穫する事ができます。 市販のネギを買った際、切り落とした根元(根の付いている部分)をそのまま土に植えておくだけでも新たに伸びてきますので、ちょっと料理に使いたい時などに重宝します。 薬味としておなじみのネギですが、ざっくりと大きめに切って酢味噌と和える「ぬた」でも美味しく頂けます。 体を温めてくれる作用もありますので、寒くなる秋から冬にかけてたっぷり食べたいお野菜です。 大根 根菜の中でもポピュラーな食材の大根は、 秋まきと春まきの二種類があります。 春には害虫もよく出没しますので、初めて育てる方は病気や害虫の被害が少ない秋に種を蒔くと良いでしょう。 根は土の中で長く成長しますので、プランターで栽培される方は 十分な深さのあるプランターを選ぶか、 小さく育つミニ種を選ぶのがおすすめです。 葉はお浸しや味噌汁などに入れても美味しいですが、細かく刻んでご飯に混ぜ込む「菜飯」も葉のシャキシャキとした歯ごたえと素朴な味わいが楽しめるためおすすめです。 ほうれん草 中央アジア原産のほうれん草は、 寒さに強いのが特徴の食材です。 9月上旬頃から植え付けを始めますが、品種によっては12月末まで植え付けが可能なものもあります。 収穫までは1~2カ月程度と早く、初心者にも育てやすい野菜です。 ビタミンAやビタミンB群、葉酸などが豊富に含まれており、鉄分も多く含まれています。 鉄分は吸収率がそれほど高くない栄養素ですが、葉酸が吸収を促進してくれるため、貧血の方にも効果があります。 代表的なレシピとしては「お浸し」がありますが、 和食だけでなくバター炒めなどの洋食にもよく用いられます。 また、独特のエグ味である「シュウ酸」を苦手とされる方も多いと思いますが、シュウ酸は水溶性の物質のため、 下茹でをする事である程度除去する事ができますよ。 にんにく 疲労回復、殺菌効果、風邪の予防などに効果のあるニンニクは、 家庭菜園でも簡単に育てる事ができる野菜です。 植え付け時期は9月中旬から10月下旬にかけて。 収穫は翌年の5月中旬から6月下旬頃となっています。 ビタミンB1、B2、ビタミンC、カルシウム、リン、カリウム、鉄分など豊富な栄養素を含むニンニクは、 血管を広げて血行を良くするため、冷え症の改善などにも良いとされています。 細かく刻んだり、薄くスライスしたりして用いられる事の多いニンニクですが、皮を剥いたニンニクをオリーブオイルと共にアルミホイルに包み、そのままじっくりと加熱すればホクホクとしたニンニク本来の味わいを楽しむ事ができます。 また、ニンニクの茎(ニンニクの芽)は3cmほどの大きさに切り、豚肉などと合わせれば、シャキシャキとした食感が楽しめる炒め物が簡単に出来上がります。 チンゲン菜 中国野菜の代表格とも言えるチンゲン菜は、家庭菜園でも簡単に育てる事ができます。 乾燥には弱い作物ですので、 気温の下がり始めた9月以降から種を蒔くと育てやすくなります。 食材としてはクセがないのが特徴であり、炒め物、煮物、スープなどどんな調理法にも合わせる事ができます。 中国野菜のため中華料理として使われるケースの多い野菜ですが、お味噌汁や煮浸し、和え物など和食としても使いやすい食材です。 おわりに 今回は秋に植える野菜についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 他の時期に植える野菜についても、別の記事で紹介していますので、ぜひ見てみてくださいね。

次の