シュタット ベルケ。 第10回 最先端のまちづくり「シュタットベルケ型官民連携」とは?|新・公民連携最前線|PPPまちづくり

自治体電力はドイツに学べ、日本シュタットベルケ・ネットワークが始動【エネルギー自由化コラム】

シュタット ベルケ

設備を市民に公開する機会もある。 写真は50周年記念にあわせたイベントの一幕(筆者撮影) もともと同市は先駆的な環境都市のひとつとしても知られているが、気候保護のために、交通やエネルギーなど総合的な政策を打ち出しており、シュタットベルケも一緒に取り組んでいる。 たとえば市内のCO 2排出削減といった取り組みは電力から公共交通まで、町のインフラ全体をカバーする会社だからこそ効果も高い。 さらに「われわれの電力会社」であるわけだから、市民からの期待もある。 そのため同社代表のヴォルフガング・ゴイス氏は「町のエネルギー長官」のような立場で、地元紙などにもよく登場する。 シュタットベルケが成り立つ条件とは? こういった町の様子を見ると、電力会社が地元の市民からの負託を受けたような構造があり、自治の力が伴った適度に狭い範囲で政治・経済と連携することが、シュタットベルケが成り立つ条件なのだろう。 「フクシマ」以降、ドイツでもエネルギーの地産地消が大きな議論となったが、100年単位でみると、もともとドイツの都市が持っていた性質をもう一度刺激したと見るほうが自然だろう。 日本でエネルギーの地産地消を推進する場合、課題も多いが、ドイツの様子からいえば、自治の力が伴う「われわれの発電所」という意識と、それを具体化する構造を地域内で作ることが、成功の大きなカギとなりそうだ。 なお、ドイツでも電力自由化に伴い、現在は利用者は電力会社を選ぶことができる。 そのため他地域のシュタットベルケからセールスの電話がかかってくることも多い。 同市に住むある女性もそういう電話を受けたそうだが「自分の町の電気を使うのでいりません」と、きっぱり断ったそうだ。

次の

実践活動報告(その8) ~ドイツ・シュタットベルケ視察報告~(研修レポート)

シュタット ベルケ

疲弊する日本の地域社会 課題解決の糸口はどこに? いま私は滋賀に住んでいますが、日本の田舎には色々な問題があると実感しています。 小さな集落に限らず、人口20万・30万の地方都市でも、社会インフラの老朽化や、空き家の問題、学校の閉鎖、シャッター通り、買い物難民、独居高齢者……等々、課題を挙げればキリがありません。 そもそもの問題は、急激に進んだ少子高齢化にあります。 このままいけば、2050年には日本人の60%以上が60歳以上になるという、世界中どの国も経験したことのない社会に突入します。 地方はこれを先取りし、悪循環に陥っているといえるでしょう。 人口が減って、需要が減って、生産が減って、収益が減って、所得が減って、雇用が減って、地域経済が停滞・縮小する。 それによって、さらに人は流出し、お金も都市へと流れてしまう。 そうして自治体の収益・税収は、ひたすらに減り続ける……。 同時に、こういう状況にあるからこそ、地方自治体に対する要求は増えています。 環境整備、福祉関係、医療関係、生活保護…、すべてはお金のかかる話です。 しかし、財政は既に逼迫していて、そのお金を絞り出すのは困難と言わざるを得ません。 結果として、公共事業の民営化、事業を民間に渡してしまうことが、一般的な流れになろうとしています。 それで良いのでしょうか? こういった問題は、すべて公共インフラ・公益サービスに関わるものであり、住民生活の基盤になっているものです。 民間経営で解決できるかのような論調もありますが、簡単に民間に委ねて良いものではないでしょう。 民間企業は経営効率を重視し、収益の最大化を図らなければなりません。 その収益を投資家に還元することが民間企業の使命です。 そして、この民間企業が地域外の資本であった場合、その事業から生まれる収益は、大半が地域に還元されることなく、地域から出ていってしまいます。 一時的に効率は上がるかもしれませんが、地域の持続可能な発展には、なかなか結びつきません。 公共性・公益性・公平性が求められるサービスには、やはり自治体が主体的に関わっていくべきなのです。 しかし、自治体だけでは課題解決が困難なのも事実。 そこで出てくるのが、民間なみの経営センスと自治体の公共性が融合したビジネスモデル=シュタットベルケというわけです。 日本版シュタットベルケが 地域再生の切り札になる! 日本版シュタットベルケはまだ産声を上げたばかりですが、そこには大いなる可能性があります。 太陽光や風力など再生可能エネルギーのメリットを、地元で最大限に享受することができます。 電力消費モニタリングによる高齢者支援・見守りサービスは、既に各地で始まっています。 電力を中心とした地域エネルギー事業を柱にしつつ、水道・下水処理・ごみ処理など他の部門と連携することで(セクターカップリング)で、日本ならではの相乗効果を発揮させることもできるでしょう。 老朽化した公営住宅や工業施設など、これまで負の財産と思われていたものが、セクターカップリングによって新たな価値を生み出すかもしれません。 目覚ましい発展を遂げている環境技術やデジタル技術を駆使すれば、これまでにないサービスを低コストで提供することも可能になるでしょう。 シュタットベルケは、個別的・部分的な最適化ではなく、地域の全体最適を図ることのできるネットワーク型のプラットフォームです。 地域外に流出していたお金を地域内に留め、地域内で循環させ、持続可能な地域づくりを推進することのできる仕組みなのです。 日本シュタットベルケネットワークは、来る9月11日(火)、を開催します。 お蔭様で、既に定員いっぱいとなりましたが、シンポジウムの内容は後日ホームページに公開いたします。 引き続き、ご関心をお寄せいただければ幸いです。 地域を元気にする取り組みを、共に盛り上げてまいりましょう。 DATA 取材・文/廣町公則.

次の

人口減対策の切り札はシュタットベルケ|日経BizGate

シュタット ベルケ

疲弊する日本の地域社会 課題解決の糸口はどこに? いま私は滋賀に住んでいますが、日本の田舎には色々な問題があると実感しています。 小さな集落に限らず、人口20万・30万の地方都市でも、社会インフラの老朽化や、空き家の問題、学校の閉鎖、シャッター通り、買い物難民、独居高齢者……等々、課題を挙げればキリがありません。 そもそもの問題は、急激に進んだ少子高齢化にあります。 このままいけば、2050年には日本人の60%以上が60歳以上になるという、世界中どの国も経験したことのない社会に突入します。 地方はこれを先取りし、悪循環に陥っているといえるでしょう。 人口が減って、需要が減って、生産が減って、収益が減って、所得が減って、雇用が減って、地域経済が停滞・縮小する。 それによって、さらに人は流出し、お金も都市へと流れてしまう。 そうして自治体の収益・税収は、ひたすらに減り続ける……。 同時に、こういう状況にあるからこそ、地方自治体に対する要求は増えています。 環境整備、福祉関係、医療関係、生活保護…、すべてはお金のかかる話です。 しかし、財政は既に逼迫していて、そのお金を絞り出すのは困難と言わざるを得ません。 結果として、公共事業の民営化、事業を民間に渡してしまうことが、一般的な流れになろうとしています。 それで良いのでしょうか? こういった問題は、すべて公共インフラ・公益サービスに関わるものであり、住民生活の基盤になっているものです。 民間経営で解決できるかのような論調もありますが、簡単に民間に委ねて良いものではないでしょう。 民間企業は経営効率を重視し、収益の最大化を図らなければなりません。 その収益を投資家に還元することが民間企業の使命です。 そして、この民間企業が地域外の資本であった場合、その事業から生まれる収益は、大半が地域に還元されることなく、地域から出ていってしまいます。 一時的に効率は上がるかもしれませんが、地域の持続可能な発展には、なかなか結びつきません。 公共性・公益性・公平性が求められるサービスには、やはり自治体が主体的に関わっていくべきなのです。 しかし、自治体だけでは課題解決が困難なのも事実。 そこで出てくるのが、民間なみの経営センスと自治体の公共性が融合したビジネスモデル=シュタットベルケというわけです。 日本版シュタットベルケが 地域再生の切り札になる! 日本版シュタットベルケはまだ産声を上げたばかりですが、そこには大いなる可能性があります。 太陽光や風力など再生可能エネルギーのメリットを、地元で最大限に享受することができます。 電力消費モニタリングによる高齢者支援・見守りサービスは、既に各地で始まっています。 電力を中心とした地域エネルギー事業を柱にしつつ、水道・下水処理・ごみ処理など他の部門と連携することで(セクターカップリング)で、日本ならではの相乗効果を発揮させることもできるでしょう。 老朽化した公営住宅や工業施設など、これまで負の財産と思われていたものが、セクターカップリングによって新たな価値を生み出すかもしれません。 目覚ましい発展を遂げている環境技術やデジタル技術を駆使すれば、これまでにないサービスを低コストで提供することも可能になるでしょう。 シュタットベルケは、個別的・部分的な最適化ではなく、地域の全体最適を図ることのできるネットワーク型のプラットフォームです。 地域外に流出していたお金を地域内に留め、地域内で循環させ、持続可能な地域づくりを推進することのできる仕組みなのです。 日本シュタットベルケネットワークは、来る9月11日(火)、を開催します。 お蔭様で、既に定員いっぱいとなりましたが、シンポジウムの内容は後日ホームページに公開いたします。 引き続き、ご関心をお寄せいただければ幸いです。 地域を元気にする取り組みを、共に盛り上げてまいりましょう。 DATA 取材・文/廣町公則.

次の